実績報告

大洲だより一覧

  • 皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲 生活相談員の詰石です。

     

    朝晩は少し肌寒いですが日中は少し暑く感じる日が増えてきましたね。

    寒暖差が激しく体調を崩しやすくなりますので、ご自身の体調管理をしっかりと行い、元気に過ごしていきましょう!

     

    ケアプラス大洲ではうちわを使って「運んで運んで!」というゲームをしたり、紙コップと毛糸を使って小物入れを作ったり、チーム戦でクイズ大会を行ったりしております。

     

     

     

    レクリエーションの詳細はぜひ『ケアプラス大洲 介護員便り』をチェックしてみてくださいね( ´∀` )

    皆様頑張って体を動かしたり頭を使ってみたり…

    とても頑張って下さっていますが、水分補給は出来ていますでしょうか?

    まだ5月に入ったばかりだから…。まだ朝晩は寒いから…。

    と、油断していると脱水症状を起こす可能性があります。

    日中の気温が上がってきておりますので、こまめに水分補給し早めに脱水症・熱中症予防に努めましょう。

     

    前回のケアプラス大洲相談員ブログで新しい職員の紹介をさせて頂きましたが、覚えてくださっているでしょうか??
    前回は新入社員の菊池くんをご紹介いたしました。

    1ヵ月経っての感想を突撃インタビューしてみました!
    「利用者様との良好な関係を築けてきていると思うので、この状態を続けられるよう仕事に打ち込んでいきます!」

    との事でした!

    ご利用者様からも「よく動いてくれるなあ。頑張ってよ!」とのお言葉を頂いております♪

    私も負けじと頑張っていきたいと思います!!

     

    5月も元気いっぱい頑張って参りますので宜しくお願い致します。

  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲での一日~ 大洲だより 介護員だより 2021年04月29日

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の城戸です。

    4月も終わりに差し掛かり、冨士山の山頂付近はツツジが咲き始めた為、綺麗なピンク色に染まっております。今年は残念なことに新型コロナウイルスの影響にて、先週末から冨士山へ車で上がることは禁止となり、せっかく咲いた花も誰にも見られることなく今年は散ってしまう事を考えると、何だか残念でなりません。先日、東京オリンピックの聖火リレーも大洲で行われましたが、実際に観に行かれたというご利用者様からは「もう少し人がおるかなと思ってたけど、そんなに人もいなくて逆にびっくりしたんよ」とお話を聞きました。本来であれば、貴重なイベントのはずなのに制限された中で素直に開催を喜べないと話をされるご利用者様もいらっしゃいます。どうかオリンピックが開催されるまでには現状よりコロナが落ち着いていけばいいなと願うばかりです。

     

    暗い話になってしまいましたが、今月2度目の大洲介護ブログです!まだまだケアプラス大洲の明るい話題と魅力をお伝えしていきたいと思います。

    今回は新年度に突入したということで、改めましてケアプラス大洲での1日のご様子をお伝えしていきたいと思います。

    まず、ご利用者様が揃いましたら朝の挨拶を行います。お一人ずつお名前を呼ばせて頂くのですが、大洲のご利用者様は元気なお返事をして下さる方がたくさんいらっしゃる為、私の方が元気を頂くことが多くあります。挨拶が終わりましたら、お席でラジオ体操と脳体操を行います。まだまだ眠たい(それは私だけ?)体と頭をまず動かすことで、ケアプラスで1日元気に過ごして頂きます。

    その後はお風呂に入ったり、リハに呼ばれた方は運動をされます。それまでの間の時間では塗り絵や脳トレの問題に取り組まれる方や、ご利用者様同士でお喋りを楽しまれるなどして過ごされます。スリングリハをされる方や、どこまでも行くぞと気合を入れてエアロバイクを漕がれる方がいらっしゃいます。

    また、束の間のリラックスタイムで仲良しの方同士、マッサージチェアにてお喋りをしながら気持ちよさそうに過ごされる方もいらっしゃいます。カメラを向けると素敵な笑顔を見せて下さりました。

    昼食を挟み、午後からはフロアでレクリエーションを行います。脳トレ問題には皆様熱心に参加して下さります。

    頭を働かせた後は体を動かします。リハスタッフによるマルチタスクの体操です。この時は、小さく膨らませた風船をできるだけたくさん握っています。力を入れ過ぎて風船を割ってしまうご利用者様もいらっしゃいますが、そのようなハプニングも全員で笑って楽しく取り組んでいます。

    最後にスーパーガンバタイムを行います。今回はうちわの柄に切った牛乳パックを引っ掛けて隣の人に渡してリレーを行い、曲を流す間に幾つ運べるかを競います。皆様勝負ごとになるととても真剣な表情になり、「はよはよ」と頑張られます。

    一日笑顔で楽しく過ごして頂き、ご利用者様から「今日も楽しかった」と言って頂けるのが私たちスタッフの励みにもなります。

     

    なかなか大きなイベントが出来ない状況が続いており、ご迷惑をおかけしてしまうことも多々ありますが、皆様に楽しんで過ごして頂けるよう今年度も職員一同励んで参ります。

     

  • 皆さんこんにちは。ケアプラス大洲、機能訓練指導員の竹田です。

     

    大洲の冨士山にはツツジが目立ち始め、初夏の訪れを感じております。

    気候の変化に体調が崩れやすい時期になります。

    くれぐれもお体にはご自愛ください。

     

    さて、ケアプラス大洲のご利用者様。利き手が動かしにくく字は書けるものの、思い通りにならない為、少しでも楽に出来るようなれば。と、お話がありました。

    腕や肩に余計な力が入っておりましたので、ウォーミングアップがてらお手玉を掴んでバケツに入れる運動を行って頂きました。

     

     

     

    回数を重ねる事に余計な力が抜けておりましたので、次にペットボトルの飲み口に割り箸を一本ずつ入れて頂きました。

     

    細かい動作の為、最初はなかなか思うように動かなかった手も少しずつ要領を掴まれておりました。

    ただ、字を書くだけの練習だけでなくゲームを通して楽しく取り組んで頂き、こちらとしても楽しい限りです。

    また、デイ内のお席で休まれている際も、利き手でテニスボールを転がし指の柔軟性も向上されており以前にも増して意欲的なお姿が印象的でした。

    少しでも楽しく取り組んで頂くことで、継続的に行えるのではないかと思います。

     

    これからもご利用者さまが楽しく取り組んで頂け様なリハビリをご提供できればと思います。

     

     

  • ケアプラス大洲 看護師便り~紙コップと毛糸で小物入れ~ 大洲だより 看護師だより 2021年04月15日

    こんにちは、ケアプラス大洲、小嶋です。

    春の日差しが心地よい毎日ですね。たくさんの花が咲き誇る季節になり、利用者様からお花をいただくことも多くあります。事業所に大切に飾らせていただいています。アイリスやフリージア、マーガレット、スズランなど愛らしく咲く姿に癒されます。

     

    さて、先日、看護イベントにて小物作りを行いました。

    紙コップを9等分にカットし、そこに交互に毛糸を巻いていきます。

    一段一段、手を動かしながら毛糸を編んでいくうちに皆さん集中されている様子でした。

    手や指の関節を動かすことで関節拘縮予防の効果や、無心に編み続けることで脳のリラックス効果もあるようです。

    黙々と作業をすすめてあっというまに1時間が過ぎました。各々、お好きな色を選んでいろいろな小物入れが完成しました。毛糸以外の紐やリボンなどでもできるそうです。

    ぜひ、ご自宅でもチャレンジしてみてください。

  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『新入社員ご紹介』 大洲だより 相談員だより 2021年04月08日

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲 生活相談員の詰石です。

    気候が安定してきましたので過ごしやすくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

    新年度になり、新たな一年の始まりですね。

    さて、この時期は人の動きがあったり新しい仲間が増えたりする時期です。

    ケアプラス大洲にも新しい職員が入社致しましたのでご紹介したいと思います。

     

     

    【コメント】

    こんにちは。作業療法士の菊池です。

    入社してまだ間もないですが、早くご利用者様のお顔とお名前を覚えて、皆様と楽しく関りを持ちながらお手伝いさせて頂ければと思います。宜しくお願い致します。

     

    ここで詰石ワンポイント情報♪

    送迎車内でこっそり聞いた情報なので内緒ですよ!

    好きな食べ物は…『りんご』だそうです(*^-^*)(笑)

     

    新しいスタッフが増えるとなんだか嬉しいですね。

    ご利用者様もまるでお孫さんと接する様に優しい表情でお話をして下さっています。

    一番の先生はやっぱりご利用者様ですね(^_-)-☆

    これからも職員みんなでケアプラス大洲を盛り上げていける様頑張ってまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

     

     

  • 皆様こんにちは。

    今年は桜の開花も早く満開を終えようとしています。

    今年は天候にも恵まれ長い間、きれいな桜を見ることができました。

    春の訪れを感じる毎日ですね。

     

     

    さて今回は、3月に開催したイベントをご紹介いたします。

     

    まずは3/4(木)に開催されました「リハイベント」です。

    フォークでビー玉をすくいスプーンで隣の席の方へ渡すゲームを行いました。

    細かい動作を行うことで、手の運動はもちろんですが、集中力も養われ頭の体操にもなりました。

    最後に春を感じて頂くために「ウグイス」の塗り絵を行いました。

    今にも鳴き声が聞こえてきそうな素敵な作品ができました( ´∀` )

     

    次は3/9(火)に開催しました「お花見イベント」です。

    現在お花見に行くのが難しい為、雰囲気を味わって頂ければ…と考え開催いたしました。

    桜の花びらの形に切った画用紙に「今年1年頑張りたい事ややりたい事」を書いて頂きました。

    お隣の方と「何を書いたの?」とお話しながら思い思いに書かれていました。

    書いて頂いたものを1本の木に見立て、壁に掲示させて頂きました♪

    少しは雰囲気を味わって頂けたでしょうか??

     

    4月も皆様と楽しく過ごせたらと思います♪

    また、お休みされた際には振替利用も承っておりますのでお声掛けください。

     

  • ケアプラス大洲 介護員だより~お花見イベント~ 大洲だより 介護員だより 2021年04月01日

     

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲 介護職員の松浦です。

     

    桜も満開になり、気温も暖かくなってきた頃になりました。以前休みの日、祖母と一緒にフラワーパークへ行き、チューリップを見に行きました。桜だけではなく、チューリップも綺麗に咲いていて、癒されてきました。「4月まで咲いていたらいいのにな」なんて思いながら、ドライブを楽しみました。

     

    さて今回は、3月9日に行われました【お花見イベント】についてご紹介致します。

    今コロナ禍の遠くに行けない、楽しい事がない、と思われる方がおられると思います。何かできないかなと思い、お花見に近いイベントを考え、今回行いました。

    まず始めに、桜の形に切った画用紙に、今年の目標やお願い事を書いて頂きました。中には、孫に会いたいやもう一度車の運転がしたいなど個性豊かな桜の花びらが出来ました。始めは、なんて書こうかな。書くことない。など言われる方もおられましたが、書き出すと幾つも書く方もおられました。皆さん楽しそうに行っておられました。

    その後は、桜の木となる部分を貼り絵で行って頂きました。こんなに大変やねと言われていましたが、皆さん黙々と作業しておられ、職員も参加しましたが、だいぶ疲れました(笑)何とか半分まで行ったら休憩を繰り返し頑張っておられました。

    次は、桜の木の下に咲いている菜の花をイメージして黄色の紙花を作りました。女性の方には、紙花を折って頂き、男性の方には、紙花を開けて頂きました。中々上手に出来なくて困っておられる方もおられましたが、周りの利用者様がお手伝いをして上手にできていました。ご利用者様同士の交流も深めれたと思います。

    なんと大きな桜の木が完成しました。

    完成したのをみて「すごい、大きいね」と言っておられる方がいました。「私が書いたのがある」「こんなこと書いてるのね」など様々な声が聞こえました。また、「お花見に来ているみたい」と言われる方もおり、行ってよかったなと実感しました。

     

    来月も楽しい創作レクをいくつか考えていますのでぜひご参加ください。

     

  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『ご家族からの質問』 大洲だより 相談員だより 2021年03月25日

    皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲 生活相談員の二宮です。

    桜の花が満開で、送迎時の車内ではお花見を楽しみながら会話が盛り上がっています♪

    結果、出掛ける事で、行き帰りの道中が気分転換にも繋がっている様で、改めて四季のある日本って素晴らしいなぁ(^^♪と感じています。

     

    さて、今回のブログで何をお伝えしようかなぁ。

    と考えながら過ごしていたところ、生活相談員として担当者会議に出席させて頂く中で、ご家族様より『リハビリやお風呂を待っている間は、

    どんな風に過ごしているんですか?』というお言葉が聞かれる事がありましたので、

    今回のブログではリハビリや入浴を待って頂いている時間の使い方として、ご利用者様がどのように過ごされているのかをブログにて発信させて頂こうと考えました。

     

    ご利用曜日によってご利用人数は異なりますので、バイタル測定後に直ぐ入浴やリハビリとはいかない場合があります。

    その間は読書や脳トレプリント、机上リハビリ等々、ご利用者様それぞれの過ごし方がありますが、集中して取り組まれる方、お話を楽しまれる方など様々です。

     

     

     

     

    そして、その中で構築される他のご利用者様との良好な関係性が、楽しみにも繋がっているという方が多いのはご存じですか?

    ご利用前は不安を感じておられた方も、ご利用開始されると『同じ曜日に来ている人』から『お友達』となり、この待って頂く時間も楽しみのとなっている方が多いのがデイサービスです。

     

    ですので、安心してください!

    待って頂く時間も大切な心のリハビリになっています(^_-)-☆

     

    このようにケアプラスでは心・頭・体のリハビリを提供させて頂いておりますので、気になる方はお気軽にお問合せ下さいね。もちろん新規ご利用者様もお待ちしております。

    不安や悩みのご相談も承っておりますので何かありましたらご遠慮なくご連絡下さいませ(^^)/

  • こんにちは、ケアプラス大洲、看護師の小嶋です。

     

    毎年、この時期になると大洲市五郎の菜の花が満開になります。休みの日になると多くの方が菜の花畑に足を運んでいらっしゃいます。お近くにお越しの際は立ち寄ってみてください。

    私は、休みの日はなるべく身体を動かすようにしています。散歩をすることが多くて、ペースは速足で歩いたり、のんびり歩いたりいろいろです。その時の体調や気分に応じて決めます。上の写真も散歩中に撮影しました。最近は縄跳びをすることもあります。

     

    さて、何のための散歩をして身体を動かしているかというと「ストレス解消」です。

    散歩=歩くということをみれば、ストレス解消だけでなく他にもいろいろな効果があります。例えば、体脂肪減少や骨粗鬆症の予防といった生活習慣病の予防など、いろいろなメリットがありますね。私の場合は、散歩中、何も考えず一定の動き(歩く動作)を繰り返すことで、もやもや考えていたことが整理されたり、いつの間にか気持ちがすっきりしていたりします。もちろん散歩中の景色や草花をみるのも大好きです。

     

    さまざまの病気の原因の一つに「ストレス」があります。医学的には、「外からの刺激に対する身体や心の反応のことをストレス反応」と呼び、その反応を生じさせる刺激が、いわゆるストレスの原因ということになります。まず、大切なことは、自分自身にとってのストレスの原因って何なのか、どういったことにストレスを感じ、どのような反応をして対処しているのかを、「知る」ことだと思います。自分を知り、ストレスをうまくコントロールすることで身体と心の健やかさが保たれるのではないでしょうか。

     

    みなさんにとっての、ストレス解消は何でしょうか。ケアプラスでは、レクリエーションや学習、リハビリなどいろんな活動があります。自分に合った好きな活動を見つけてみませんか。

  • 皆様こんにちは。。

    ケアプラス大洲機能訓練員の中田です。

     

    今年度も今月が最後の月となりました。今年度は新コロナウイルスの二次感染拡大や、安部総理大臣の辞任など世の中の情勢が変わる波乱の年度となりました。

    しかし新年度に向け新しい目標や希望を大切にする時期でもあります。大洲のケアプラスリハビリでは、目標に向かって努力されている利用者様が達成感を得ながら

    利用を楽しめるよう創意工夫しながら取り込んでいきたいと思っています。

    今回の症例様はハーネスを使ったトレッドミル歩行訓練を他の利用者様が行っている姿を観て「やってみたい」と訴えた事から訓練が始まったS様です。

     

    S様は左側の運動障害を患っている方です。目標は歩くのがもう少し上手くなって散歩に行きたい。との訴えが聴かれます。

    以前は歩いた際に麻痺側左足が床に引っ掛かりつまずく事が観られていました。

    訓練は左足関節の背屈運動や膝関節屈曲運動を主に行っています。その甲斐あって現在は杖歩行訓練中に麻痺足が床に引っ掛かる事が減りました。

    ご本人様も自覚されており、マシーントレーニングの希望となった様です。

     

     

    何度も何度も失敗を重ね訓練を継続した結果、現在は4分間訓練を継続する事が出来ています。写真は実際の歩行訓練の姿です。

     

    さらに姿勢の評価では下の写真の様になっています。

     

    以前は身体が左に崩れがちになっていましたが、やや改善され立位姿勢のバランスが安定しています。

     

    最後に

    訓練後にご本人様より「失敗がなくなってきた」と喜びの声が聴かれます。この小さな繰り返しは目標である散歩への参加に繋がると考えています。

    私たちも利用者様が何度も何度も繰り返し訓練をされる姿に日々感動しています。歳を重ねても人を感動させる姿はカッコイイと思います。

    始めに述べたように創意工夫によってできる事の拡大に尽力していきたいと思います。最後に協力して頂いたS様やスタッフの方に感謝を送りたいと思います。

    ありがとうございました。