実績報告

大洲だより一覧

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲です。

    桜の見ごろが近づいてきましたね。まだ暖かかったり寒かったりの日々ではありますが、皆様はいかがお過ごしですか?

     

     

    ケアプラス大洲では、3月も沢山のご利用者様と共に笑顔溢れる時間を過ごしました。

    3月7日には先行して心うきうき祭りを開催いたしましたので、今回はその他のイベントと併せてご紹介してまいります。

     

    まずは3月7日に行った『心うきうき祭り~春の陣~』です。

    久し振りの開催となった心うきうき祭り。楽しみにしていたのはご利用者様だけでなく職員も同じです。

    フリスビーやボーリング、絵合わせ等、春らしく花の装飾が散りばめられた今回のイベントは、気持ちも明るく笑顔の花も沢山咲かせる事ができました。

     

    お次は3月12日に行った『ケアプラス大洲~春場所~』です。

    ご利用者様より熱望され満を持しての開催です。色々な相撲を行うこのイベントは職員が大いに体を張ります(笑) 手押し相撲、腕相撲。

    ここで発覚したのが女性職員の安定感…人気も集まり男性職員を弾き飛ばします。大きな声援と笑い声に包まれ大盛況で終えました。

     

    お次は3月16日に行った『春を描こう』です。

    絵具と綿棒を使って、色画用紙のキャンバスへご自身が思う『春』を描いていきます。

    春風や色とりどりの草花、春を連想させる色合いで素敵な作品が出来上がりました。

    お隣の方の絵からヒントをもらい、自分の作品に追加していく方もおられ、想像力が膨らむ素敵な時間でした。

     

    最後は3月20日に行った『リハビリ甲子園』です。

    野球ファン待望のリハビリイベントを開催です。二人一組になり、野球のユニフォームを模った的めがけて新聞紙で作ったお手製ボールを投げて倒します。

    その様子はまるで剛腕ピッチャーです。順番を待っている間はクイズ大会で盛り上がりました。童心に帰り楽しむ事ができました。

     

    4月も下記日程にてイベントを予定しておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

    4月11日(木) 春を作ろう

    4月19日(金) カラオケ大会

    4月24日(水) 職員ダービー

     

    見学来所や一日体験利用、振替・追加利用は随時承っております。

    徐々に暖かくなり活動的になるこの季節。出かける事で気分転換にも繋がります。

    私たちと一緒に今日よりプラスの明日を過ごしませんか?

    皆様の参加をお待ちしております。

  • ケアプラス大洲 リハビリ便り ファシアゆるゆる体操で機能向上! 大洲だより AIチェックリハビリ 2024年03月29日

    皆さんこんにちは。

    機能訓練指導員の長谷部です。

    段々と暖かくなり身体も動かしやすく、新しいことにも取り組みやすい時期となりました。ケアプラスでも2月からファシアゆるゆる体操という新たな取り組みを行っています。

    ファシアとは体や臓器や骨、血管、そして筋肉などを覆う、全身に張り巡らされた「ゆるゆるの組織」です。

    今回紹介するご利用者様は、機能訓練とファシアゆるゆる体操を継続したことにより姿勢改善と動作の向上が見られましたので、ご紹介していきたいと思います。

     

    所見として、円背姿勢による肩の筋緊張と膝の屈曲位によるO脚、膝痛と立ち上がり動作時のふらつきが見られました。

    はじめに円背姿勢と肩の筋緊張の改善を図れるように自宅でも行えるファシアゆるゆる体操を紹介し継続して実施して頂きました。

    二つ目に、ベッドで仰向けに寝て頂き両足でお腹を押すように力を入れる運動を行いました。この時に膝が開きすぎないように気をつけます。負荷量を調節することで下肢の伸展筋群の筋力の向上を図りました。

    三つ目に、O脚の改善を図るために座位状態でボールを両脚で挟んで頂き、落とさないように注意しながら片脚ずつ膝を伸ばして頂く運動で、下肢内転筋群の向上と伸展筋群の動作の向上を図りました。

    四つ目に、立ち上がり動作の改善を図るために先程と同様に座位状態でボールを挟んで頂き、その状態のままボールが落ちないように気を付けながら、脚をしっかり伸ばしての立ち上がり訓練を行いました。この時、足は肩幅程度開き、つま先が開きすぎたり閉じすぎたりしないように注意して頂きます。

    上記の運動を行ったことにより肩周囲筋の筋緊張の改善が図れ、円背姿勢の改善が見られました。また、膝内転筋群の筋力向上と伸展筋群の運動機能向上により、膝屈曲位姿勢の改善と立ち上がり動作のふらつきの軽減を図ることができました。ご利用者様からも「もっといろんな運動を頑張りたい。歩きやすくなった。」と喜んで頂く事ができております。

    今後もケアプラスでは、ご利用者様の在宅生活継続の支援と、転倒や怪我等のリスク軽減を図れるように努めてまいります。

    皆様も体調を崩さず元気にリハビリを頑張っていきましょう。

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲介護員の宮内です。

     

    朝はまだまだ寒いですが、日中は温かく過ごしやすい季節となりました。

    早咲きの桜は満開を迎え、ソメイヨシノ桜のつぼみも少しずつ膨らみ開花宣言が聞けるのももうすぐかと思います。

     

    さて今回のブログですが、先日開催しました「心うきうき祭り」でのご利用者様の様子をご報告させて頂きたいと思います。

     

    久しぶりに開催された心うきうき祭り。種目は3つです。

    一種目めの花フリスビーでは花の絵を貼った30枚の的をめがけて2名ずつが順番にフリスビーを投げ、チームで何枚の的を倒すことが出来たかを競うゲームです。

    フリスビーのコントトールは思う様にいかず、皆様の表情は真剣そのものです。多くの的を倒した時には歓声があがり、順番を待つご利用者様も大きな声援を送っておられました。多くの声援と笑顔に包まれた花フリスビーでした。

     

     

    二種目めのスカッとボウリングでは、30本のピンをめがけてT字杖でボールを打ち、転がしてピンを倒します。普通は歩くための歩行補助具として使用するT字杖ですが、この日はボールを打つための杖に早変わり。

    少しでも多くのピンを倒そうと、皆さん狙ってボールを打ちます。「あー。打ち損ねた。」と残念がる声、上手に倒せて「やった。上手に倒せた。」と湧き上がる歓喜の声と色々な声が沸き上がったスカッとボウリングでした。

     

     

    三種目めの絵合わせピッタンでは、ばらばらに置かれた職員と春の花の写真の中から、指定された職員の写真を釣り上げていきます。

    ブース補助をしている職員にも熱が入ります。「私を釣り上げてください!ここです!ここ!ここですー!!」と猛アプローチ(笑)「よっしゃ分かった!ありゃ…なかなか連れん。嫌や言いよるぞ~(笑)」とまるで漫才のような掛け合いが聞こえます。

     

     

    久し振りの開催となった心うきうき祭り。今回は~春の陣~を行いましたが、今後は定期的な開催が決定し、今から次回の開催を楽しみにして下さっているご利用者様が多くおられます。「とても楽しかったよ。」「また次が決まったらすぐに教えて!」と次回の開催が待ち遠しいご様子でした。

    これからもご利用者様に喜んで頂けるイベントを考えていきたいと思っておりますので、楽しみにお待ちくださいね。

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲です。

     

    突然ですが、『学習療法』と聞いて、皆様はどんな印象をお持ちでしょうか?

    学習療法をお勧めすると、大抵の方は「難しい問題を解くんじゃないの?」と仰られますが、どのような事を行い、どのような効果があるのかをお話すると、表情は柔らかくなり「これなら出来そう!」と学習療法を開始される方が多いです。

     

    前頭前野を活性化させ、認知機能の維持・改善を図る事を目的とする学習療法ですが、そもそも前頭前野が担っている主な働きはご存じでしょうか?

    ・考える

    ・コミュニケーションをとる

    ・意識を集中させ意思決定をする

    ・感情や行動を制御する

    ・記憶をコントロールする

    ・注意力を分散し危険回避する

    ・意欲を出す

     

    簡単な読み書き計算が脳のトレーニングとなり、作動記憶を鍛える事で、様々な情報を記憶した上で物事を対処する事が出来る様になります。さらに、その他の能力も一緒に伸びやすい事が確かめられている為、認知機能の改善に適しています。

     

     

    今回は、コミュニケーションと意欲の向上を目的として学習療法を開始されたM様のご様子をお伝えしていきたいと思います。

    M様はご病気から言葉の出にくさがみられます。思う様に意思を伝える事ができず、コミュニケーションを諦めてしまう事もありました。学習療法開始するにあたり、視力低下により文字が見えず記入ができないという課題も出てきました。

    それでも、どうすればクリアできるかを考える事数日…子どもが使わなくなった画板を見つけ学習療法に取り入れる事にしてみると、見えやすい位置に固定できる事や肘の位置が定まる事でスムーズに行える様になりました。

     

     

     

    そこからM様は学習療法を楽しみにして下さるようになり、今では「もう一回したいくらいやなぁ!」と活き活きとした表情です。出にくかった言葉も、日によりますがはっきりと聞こえる事が増えました。

    自信が意欲の向上に繋がり、コミュニケーションにより考える事も増え、良い効果が見られています。今後もデータを取りながら継続して行う事で、より充実した学習療法が行える様サポートしていきたいと思います。

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲 看護師の宇田です。

     

    大洲の五郎では菜の花は見ごろで連日賑わっています。日中は春らしい気候となってきましたが、朝晩の寒暖差が「体にこたえるなぁ。」とおっしゃられるご利用者様もおり、私自身もなんとなく体のだるさを感じています。せっかくの春を満喫するにはどうすれば良いでしょう。

     

     

    今回のブログでは、「その不調、春の気象病かも…」という事で注意点などをお伝えしていこうと思います。

     

    昔から「季節の変わり目には眩暈がする」「天気が崩れる前には頭痛がする」等、気象の変化によって持病が悪化する事を「気象病」と呼んでいます。その中でも鬱や不安といった気分障害にまつわる物を「天気病」と名付けられており、天気病は気候が変わりやすい春や、低気圧が続く梅雨、台風の多い秋などに特に起こりやすいとされています。

     

     

    特に春は寒暖差と共に気圧の変動によっても自律神経のバランスを崩しやすい季節です。

    気圧が上がったり下がったりすると、耳の奥にある内耳が敏感に感知し、内耳が感じ取った気圧低下などの情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を引き起こし、交感神経が興奮状態になります。その結果、抑うつや眩暈の悪化、心拍数の増加、血圧の上昇、慢性痛の悪化などの症状が現れます。

     

    もともと人間はある程度の外部環境ストレスに耐えられる様になっていますが、そのバランスとして機能するのが自律神経です。自律神経が正常に機能する為には、汗をかく事が必要となります。しかし、空調が完備された環境で暮らしていたり、昼夜逆転するなど、生活リズムが乱れたりすると自律神経が整いにくくなってしまいます。その結果、気圧の影響についていけない体になってしまうのです。

     

    では予防する為にはどうすれば良いか見ていきましょう!

    ■朝食を必ず食べる

    ■ゆっくり長くできる運動をする

    ■手首にある内関のツボを押す

     

    ケアプラスでは日々の体調確認はもちろんですが、「オールタイムリハビリ」を実践中です。身体機能維持の為のリハビリに加え、一日過ごしていただく中で全てをリハビリに!と、数種類の体操も行って頂いています。

     

    健康管理においてはこの様な体操がとても大切ですが、なかなか一人では億劫になりがちですね。ケアプラスをご利用いただく事で楽しみながら体操を行い、知らぬ間に自律神経も整えてしまうなんて一石二鳥です。

    皆様も健康的に春を満喫できる様、是非一度生活習慣を見直してみてくださいね!

  • ケアプラス大洲 リハビリ便り ふらつき防止訓練の実施 大洲だより AIチェックリハビリ 2024年03月01日

    皆さま、こんにちは。

    ケアプラス大洲 機能訓練指導員の城本です。

     

    少しずつ日脚が伸び、吹く風にも春のにおいが感じられます。

    節分を過ぎてもまだ寒さが続きますが、少しずつ気候の変化を感じる様になりました。

    皆さま体調はいかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目ですので、風邪など引かない様に手洗い・うがいをしっかり行っていきましょう。

     

    さて、早速ではありますが今回のブログではAIチェックリハビリを用いて訓練に反映させ、現在も継続して行っているH様のご様子をお話して参ります。

     

    今回ご紹介するH様は、歩行時の歩幅が小さく転倒へのリスクがみられます。

     

    始めて体験利用された際には、歩行時に足の痛みがあるとおっしゃられておりましたので、徒手療法を行い疼痛軽減を図っています。

     

    次に、下肢のストレッチを行い、足を上げる動作訓練も行いました。

     

    上記の継続した機能訓練による結果と致しまして、三か月前と比較し、以前は歩行時にふらつきが強く目立ちましたが、現在は軽減が見られています。

     

    安定した歩行を目標としておりますが、お一人で外に出かける事もある様ですので、身体状態の確認を行いながら転倒のない歩行と現状維持につながるよう今後もリハビリを行って参ります。

    また、今後もAIチェックリハビリによる定期的な確認を行いながら、疼痛緩和や転倒予防に繋がる様、無理のない範囲でサポートが出来たらと思っております。

     

    AIチェックリハビリについて、気になる方はお気軽にお問合せくださいね。

    体験利用や見学も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲です。

    やわらかく暖かい日差しが心地よく感じられ、花木が本格的な春の到来を伝えてくれます。まだまだ体調管理が大切な時期ですが、皆様はいかがお過ごしですか?

    寒かったり暖かかったりの日々ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

     

    さて、早速ですがケアプラス大洲では2月もイベントを開催いたしましたので、そのご様子をお伝えしてまいります。

     

    まずは2月6日に行った『豆まきイベント』です。

    2月といえば節分ですね。この日のイベントではてっきり豆まきをすると思いきや…

    始まったのはリハビリイベントでした!まずは巧緻性向上の豆掴みです。

    手指を動かす事は脳にも良い影響を与える事をしっかりとお伝えし、皆様集中して取り組んでいただく事ができました。集中した後はもちろん発散ですね(笑)

    鬼の的をめがけてボールを投げますが、鬼職員が邪魔をします。わざと職員めがけて投げるご利用者様もおり、笑い溢れるイベントとなりました。

     

    お次は2月14日に行った『川柳大会』です。

    この日の為に職員は川柳を作り、皆様にはどの職員が作った川柳なのかクイズとして出題したところ、

    「これは〇〇さんやろ?」とドンピシャリ!普段から職員の事をよく観察しておられた事に一同驚きでした(笑)

    その後は皆様にも一句よんでいただき発表会です。ご家族への愛が詰まった素敵な川柳や、

    リハビリ意欲を感じられる川柳など素敵な川柳ばかりで、ほっこりする穏やかな時間を共有する事ができました。

     

    最後は2月22日に行った『これなぁに?』です。

    久々の開催となったクイズ大会ですが、今回はプリントを用いて脳トレ要素を取り入れました。

    お隣の方と協力して解かれたり、一人で黙々と解かれたりと様々でしたが、苦戦する様に考えて作成した問題が難なく解かれていきます。

    これには職員も「回答が早すぎませんか?」と本音がポロリ(笑) ご利用者様もしてやったりで満面の笑みです。

    心うきうきで、頭しっかりなイベントとなりました。

     

    3月も下記日程にてイベントを予定しておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

    3月 7日(木) 心うきうき祭り ~春の陣~

    3月12日(火) ケアプラス大洲 ~春場所~

    3月16日(土) 春を描こう

    3月20日(水)リハビリ甲子園

     

    3月はお待ちかねの心うきうき祭りを開催予定です。

    大人気イベントにつき、定員が早々に埋まってしまう可能性がございますので、お早目にお問合せくださいませ。

    見学来所や一日体験利用、振替利用や追加利用は随時承っております。

    皆様の参加をお待ちしております。

  • 皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲、柔道整復師の冨士渕です。

     

    寒さ厳しい季節になりましたね。先月は雪が積もって驚きました。子供の頃はあんなに嬉しかった大雪も大人になると降らないで欲しいと思うようになりました。暖かい春が待ち遠しいですね。

     

    さて、今月はケアプラスで行っている取り組みの一部のご紹介をさせて頂きます。

    ケアプラスでは、ご利用時以外にもリハビリを行いさらに元気になっていただけるようその方に合わせたご自宅にて行えるリハビリを紹介させて頂いております。

     

    例えばリハ職員が数種類の運動を組み合わせたメニューを組みご自宅での運動時に見ながら取り組めるように資料をお渡しし、その後ご自宅にて実践しての感想など聞き取りを行い負荷調整し無理なく続けやすいようサポートしています。

     

    自宅でできる簡単な体操として棒体操も肩回りのストレッチなどの効果があります。

     

    その他にもご自宅リハビリパックというものもご用意しております。

    ご自宅リハビリパックとは身近な物を使ってできる日常動作訓練や筋力訓練がご自宅でできるようケアプラスの作業療法士が考案した物でご利用者様のご希望や身体状態等考慮してその方に合わせた物を提供させていただいております。

     

    タオルを使用したタオルギャザーで足指の運動行い歩行能力の向上。

     

    ゴムボールを使って指の運動や握力強化。

     

    重りを付けての下肢の筋力訓練。

     

    今回紹介させていただいた物はほんの一部で、食事動作や着替え動作の練習になるようなものもあります。

    デイでの運動だけではなく、ご自宅でできる運動の提供をすることで運動習慣を身に付けて、いつまでも元気で過ごせるようお手伝いしていきます!

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様の生活をしっかりとサポートさせて頂きます。

    見学や体験利用随時行っておりますのでご興味のある方は気軽にお問い合わせください。

  • 皆様こんにちは。

    暦の上ではもう春ですね。2月に入っても相変わらずの寒さですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

    コロナウイルスやインフルエンザ等、まだまだ体調管理が大切ですが、

    ご自宅内でも手洗いうがい換気に加え、こまめな水分補給も忘れず過ごしていきましょう!

     

    さて、ケアプラス大洲では1月もイベントを開催いたしましたので、そのご様子をお伝えしてまいります。

     

    まずは1月5日に行った『書初め大会』です。

    書初めという事で、なんだか気持ちが引き締まります。筆を握ると皆様の集中力は素晴らしく、表情もキリっとしている様に感じます。

    何枚も書き直したり、一発勝負であったりと様々でしたが、中には「何を書こう…」と悩んだ挙句、

    チラシに掲載されていた文字を書き写す方も…(笑)個性的で素晴らしい作品が沢山出来上がりました。

     

    お次は1月10日に行った『椿の壁飾り作り』です。

    久しぶりの創作イベントです。細かい作業は巧緻性向上に繋がり、楽しみながらもリハビリが出来ます。

    苦手な方もおられますのでしっかりと職員がサポートしながら作品を完成させる事ができました。

    色とりどりの椿で素敵な作品が出来上がりました。

     

    お次は1月16日に行った『新春すごろく大会』です。

    リハビリ職員考案のすごろく大会という事で、すごろくマスには運動メニューが盛り沢山です。

    サイコロを振って駒を進めますが、チーム戦で行いましたので止まったマスのお題は全員でクリアしていきます。

    楽しみながら運動できるリハビリイベントは毎回好評です。また次回の開催もお楽しみに♪

     

    最後は1月25日に行った『宝くじBINGO』です。

    いつものBINGOがパワーアップして登場です。お題をビンゴマスの中に記入していただき、BINGOスタート!揃いそうで揃わない…今回もドキドキの展開です。

    順位によってガンバ額が変わりますが今回は最後に特別ボーナスチャンスが待っていました!ビンゴマスの四隅に記入したお題にご注目。

    見事引き当てられればボーナスガンバ獲得となります。

    「隣に書いとるー!!」「今年はツイとるぞ!」皆様楽しんでくださったご様子でした。

     

    2月もイベントをご準備しております。

    下記日程にて予定しておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

    2月6日(火) 豆まきイベント

    2月14日(水) 川柳大会

    2月22日(木) これなぁに?

     

    見学来所や一日体験利用、振替利用や追加利用は随時承っております。

    皆様の参加をお待ちしております。

  • ケアプラス大洲 介護員便り ~新年イベント紹介~ 大洲だより 介護員だより 2024年01月27日

    皆様こんにちは!介護員の森です。

    遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

     

     

    早速ですが、新年大洲1回目のブログは今月行ったイベントを2つご紹介したいと思います!

    1つ目は5日に行われた「書初め大会」です!

    書初めという事で、皆様には好きな文字を書いていただきました。

    久しぶりに筆を触られた方が多く、思い通りに書けないと苦戦されていました。

     

     

     

     

    皆様に書いていただいた習字は壁に貼り、展示しております!

    それぞれ個性が溢れた作品となっております。

     

     

     

    2つ目は、10日に行われた創作イベント「椿の壁飾り作り」です!

    色画用紙の台紙の好きな場所に、好きな色の椿を貼っていきます。

     

     

    細かい作業もありましたが、皆様お隣の方とコミュニケーションを図りながら取り組んでおられました。素敵な作品に仕上がりましたので、出来た作品は自宅でも飾れる様、紐を通し持ち帰っていただきました。

    ご自宅でも季節感を楽しんでいただきたいですね!

     

     

    1月も早いものであっという間に過ぎようとしています。

    まだまだイベントをご準備しておりますので、気になる方はお気軽にお問合せください。

     

     

    今年も1年、ご利用者の皆様と元気に過ごしていきたいと思っております。

    2024年もケアプラス大洲をどうぞよろしくお願いいたします!