実績報告

大洲だより一覧

  • ケアプラス大洲 看護師便り~感染性胃腸炎を防ごう~ 大洲だより 看護師だより 2021年01月21日

    こんにちは、ケアプラス大洲の看護師小嶋です。

    みなさまもニュース等でご存じの通り、愛媛県内では新型コロナウイルス感染陽性者が増えております。感染により体調をくずされている方々の1日も早い回復を祈っております。ひきつづき、手洗い、うがい、マスク着用等、できることを確実におこなっていくことが一人一人にできることだと思います。

     

    1月に入り、冬特有の感染症が増加しているようです。とくに感染性胃腸炎の報告件数が増加しているようです。そこで、今回はノロウイルスについておさらいしていきます。

    感染性胃腸炎は、発症から短期間で症状が悪化することから急性胃腸炎ともいわれます。その原因は、細菌性・ウイルス性があり、ノロウイルスはウイルス性胃腸炎の一種です。ウイルス量が極少量でも感染するほど、感染力が強いウイルスです。

    【症状】

    潜伏期間は24~48時間。激しい嘔吐、下痢、腹痛、発熱。その他、身体のだるさ、頭痛、悪寒、筋肉痛など初期症状は風邪やインフルエンザなどと間違えることもある。症状は3~5日でおさまるが、高齢者や幼児、虚弱体質な人は症状が長期化・悪化する場合もある。

    【予防と対策】

    とくに気をつけたいのが二次感染です。嘔吐物や排泄物には大量のウイルスが含まれています。その吐物や排泄物に接触した手指を介して感染する接触感染、嘔吐物からの飛沫を吸入して感染する飛沫感染、吐物などの処理が適切に行われず残存したウイルスを含む細かい粒子が空気中を舞い、それを鼻や口から吸入して感染する空気感染などにより感染が広がります。症状がおさまっても1か月程度はノロウイルスが便とともに排泄されるといわれます。

    ■手洗いを頻回に行う(特にトイレの後、食事前後)

    ■二枚貝などを生で食べない

    ■野菜などはボイルして使用する

    ■調理器具は洗ったあと、次亜塩素酸ナトリウムで消毒を。

    ■汚染したシーツや衣類にふれる時は、マスク・手袋・エプロンを装着し、しぶきが飛ばないように洗剤を入れた水の中でもみ洗い、その後、次亜塩素酸ナトリウムにつけ消毒する。熱湯に1分つけてもよい。

    ■トイレは飛沫飛散を防ぐためふたを閉める。

    今回はノロウイルスについてのおさらいでした。

    自分の身体にウイルスを侵入させない、これが一番の予防策です。新型コロナウイルスの流行で、私たちの生活習慣の中にそれ以前の生活の中ではあまり意識していなかった【手洗い・うがい・マスク着用】という新習慣が身についたのではないでしょうか。それ以外にも、食事や睡眠に注意し自己免疫力を高める、適度な運動で体力をつけるなど、自分の意識が変化したことがたくさんあると思います。今年もどうぞ皆様が健やかに過ごされますように、お手伝いできればと思っております。

  • ケアプラス大洲機能訓練員の中田です。

     

    2021年が始まりました。本年は東京オリンピックが開催される予定となっており、日本にとっては特別な一年となる事が考えられます。

    さらに新型コロナウイルス対策ではワクチン摂取が始まる事が考えられます。本年は新型コロナウイルスが克服できた記念すべき年となる事を心から願っています。

     

    今回は右半身の運動障害を患ったHさんの身体機能が回復している話をしていきたいと思います。Hさんは運動障害を患って約10年。

    お食事は左手を使い摂取されています。以前は右上肢にてお茶を飲むことさえできなかったHさんでした。

    週二回の利用回数は休まずデイを利用。訓練は肩関節インナーマッスル強化訓練や前腕回内回外運動・手指構築動作運動を行ってきました。

    手指の構築動作は実践練習としてスプーンや箸を使った食事動作訓練です。

     

     

    結果現在は右上肢を使って飲み物を飲むことが出来る様になりました。

    ご本人様も「右手でお茶を飲んだのは10年ぶり」と笑顔で訴えられました。さらに箸を使いビー玉を挟む動作も可能となりました。

    写真は訓練風景のお茶を飲まれる姿と箸でビー玉を挟めるようになった姿です。

     

     

    失敗も多くありましたが、一日一日根気よく訓練を継続し現在の機能獲得となりました。

     

     

    私はH様のように障害があってもその方々には多くの使える機能があると信じています。この可能性が今後も発展していくように目標を持ち

    日々努力していきたいと思っています。自身の体が不自由になり苦しまれている方々。是非ケアプラス大洲に足を運んでください。

    小さな可能性を支援し大きな未来に繋がっていくよう支援いたします。ありがとうございました。

  • 新年 明けましておめでとうございます。

    ケアプラス大洲 介護職員の松浦です。

     

    昨年は、コロナウイルスが流行した為、旅行にも遊びにも行く事ができず、一日でも早く落ち着いて欲しいです。また、ケアプラスの様々なイベントやカラオケなども中止になってしまうなど、皆さんにはご迷惑をおかけすることも多く申し訳ございませんでした。今年は少しずつケアプラスらしいイベントを行っていけたらいいなと思っております。そして、元気に皆様と新しい年を過ごせれるよう職員一同頑張って参ります。

     

    今回は12月に行った「クリスマス会」についてご紹介いたします。

    12月といえば「クリスマス」がメインだと思います。そこでケアプラスでは、クリスマスプレゼントを用意して、ビンゴ大会を行いました。「どんなプレゼントがあるんかな?」「いつも最後の方だから、今回は早く終わりたいなぁ」と言われる方がおられました。職員はサンタクロースの帽子を被ったり、トナカイさんのカチューシャを付けたり、盛り上げていきました。

    ビンゴ大会を始めると、まず初めにガラポンを回す人を選ぶのですが、いつも回したい人が沢山おられて、回す事を楽しんで頂いています。数字を発表する際、「早く言って~」「私その数字ないよ~」「お!ここにあった!」など様々な声が聞こえて私自身も楽しむことができました。

    徐々にビンゴになる方が増えてきて、「これは家で使える!」「孫にあげれるプレゼントが出来た」「これ欲しかったのよ」など喜びの声を聞くことが出来ました。

    利用者様が「私もそのカチューシャ被りたい」「サンタさんになれるかな?」と言われておられたので、皆さんにもして頂きました。とても可愛いトナカイさん。かっこいいサンタさんがケアプラス大洲にいました。

    職員とも一緒に写真撮影!!

    コロナ禍の中で大変な時期ですが、皆さん楽しんで参加されていました。

     

    今月も3つのイベントを考えております。ぜひ皆様参加してください。

  • みなさん、新年あけましておめでとうございます。

    ケアプラス大洲です。

    初春の候、厳しい寒さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

    昨年も皆様に支えられ、無事一年を終える事が出来ました。誠にありがとうございました。

     

     

    さて、先月も様々なイベントを行いました。

     

    まずは17日に行われました【クイズ大会】

    昭和に関するクイズを用意し、ご利用者様に応えて頂きました。

    当時、流行っていたものなど、昔を思い出して懐かしんで頂けたのではないでしょうか。

     

    続いて24日に行いました【Xmas会】

    12月と言えばクリスマスですね。今回はビンゴ大会を行いました。

    景品を用意していることをお伝えすると、皆様の目の色が変わり、大盛り上がりとなりました。喜んで頂けて何よりでした。

     

    今年も新しい一年が始まります。

    寒い日が続きますが、ご利用者様の体調が崩れないよう配慮し、昨年よりも更に笑顔が溢れる時間をご提供できるよう、頑張って参ります。

     

    本年も変わらぬご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。

  • ケアプラス大洲 看護師便り~小さな体調の変化~ 大洲だより 看護師だより 2020年12月24日

    こんにちは、ケアプラス大洲、看護師小嶋です。

    寒い日が続きますね。先週は大洲では雪が降りました・・・。送迎中、窓からの風景が季節の移り変わりとともに変化し、利用者さまとその風景を見るのが一つの楽しみになっています。今年も残すところ1週間となりました。一日一日を大切に過ごしていきたいですね。

    私事ですが、このケアプラス大洲で利用者様達と同じ時間を過ごす日々、利用者様みなさまが、その方らしく1日をお元気に過ごしていただけるお手伝いが出来れば・・と思いながら勤務しております。

    その中で、特に利用者様の体調の小さな変化に気付くことを大切にし、健康を維持するお手伝いができればと思っています。そのためには利用者様の普段の様子を把握しておくことが、「いつもと違うな」と気づくヒントになりとても重要なことであると思っています。

    日々、利用者様との会話の中で、「昨日はあんまり眠れなかった」「ちょっと身体がだるい」「膝が痛い」「便が出にくかった」など・・・いろいろな状況をお聞きします。睡眠や食事、排泄、着替えなどの動作や歩行の状態など、いろんな場面で利用者様が「なんか気になるな」と思うことは、ぜひ遠慮なく伝えていただきたいと思います。

    体温・血圧・脈拍などの測定はもちろんのこと、生活する上で気になることを共有させていただき、利用者さまの状態に合わせて、その日の活動に参加していただけるようにお手伝いさせていただきたいと思っております。

    コロナ感染拡大により制限されることも多いですが、できないことがあふれる中にもできることに目を向けて、安全に安心して過ごしていきましょう。

  • 皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲機能訓練員の中田です。

     

    2020年も後一か月となりました。今年は東京オリンピックが開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった年となりました。

    卒業式や各大会等も自粛や中止となったものが多いです。しかし今現在、元気に日々を過ごせている事は何よりの幸せです。今年も残りわずかとなりましたが、

    一日一日充実した時間が過ごせる様心がけて行きたいと思います。

     

    今回は食欲の低下・動作時の息切れ・坐骨神経痛等が発症されたk様が生活や動作において改善的変化が診られ始めましたので報告していきたいと思います。

    症状は動いた際の息切れや疲労感・下肢の痺れや運動後翌日に筋肉痛の痛みが出現していました。

     

    訓練はストレッチや筋力強化訓練を行った後、スリング利用したバランス運動。トレッドミル歩行5分を行って行きました。

    開始始めは翌日に筋肉痛のなど強く出現し、何回も利用を休もうかと思った。との訴えがよく聞かれていました。

    これらの運動を継続する事2か月。現在は自宅周囲を押し車を押しながら歩かれる姿が見られるようになっています。

    結果休まずに施設に来て良かったとの訴えが聴かれるようになりました。

    85歳以上とご高齢ではありますが、コロナ渦の中で自身が目標をしっかり持って施設を利用して頂いた結果だと感じています。

     

    写真は訓練風景です。

    スリングス立位体操

     

     

    トレッドミル歩行訓練

    人生100年と言われ始めた時代。その時間を充実したものとする為に、努力が必要です。いろんな情報が多く何を自分が行えばいいのか分からない方も

    多いのではないでしょうか?ケアプラス大洲では一人一人あった訓練を指導員がサポートしています。k様のように歳に応じた努力はいかに大切かを

    今後も考え一人でも多くの利用者様が増えるように支援していきたいと思います。

    最後に協力して頂いたk様やスタッフ様に感謝して終わりたいと思います。ありがとうございました。

     

  • 皆様こんにちは。ケアプラス大洲、介護職員の宮内です。

    早いもので今年も残すところ後1か月となりました。朝・晩の気温もぐっと下がり、朝お迎えに伺うと、「寒いね。今年もあと少しやね。また一つ齢をとるね。」などのお話が挨拶のようになってきました。先日の寒かった朝には、大洲名物の「肱川あらし」が発生しており、利用者様同士や、職員と利用者様の会話でも話題になっておりました。これからがまだまだ寒くなってきます。皆様、お身体に気を付けて頑張りましょうね。

     

    さて、今回のブログでは、クリスマスに向けて制作をしております壁画作りと午後のレクリエーションの様子を紹介したいと思います。縦160㎝、横90㎝の大きな壁画です。クリスマスにちなみ、大きなモミの木を色紙のちぎり絵でつくり、トナカイやサンタクロース、星などを折り紙で作り飾りつけをしました。

    現在、コロナ感染予防の一つとしてテーブル中央にアクリル板を置いている為、大きな用紙を小さく分割し、お隣の方と一緒に制作して頂きました。あらかじめ職員が下書きを描いており、それに沿って皆様上手に色紙を貼って頂きました。

    飾りつけ用の折り紙は職員と一緒に「懐かしいね、なかなか上手くできんね。」と話をしながら一生懸命に折られていました。出来上がった壁画はご利用者様が一番よく見える場所に飾り、クリスマスまで楽しみたいと思っております。

    続いて午後からのレクリエーションについてご報告させて頂きます。

    ホワイトボードを使って、ご利用者様全員でしりとり、難読漢字、日本列島クイズなど色々なレクリエーションを楽しんで頂いております。先日、。この花、なんの花?クイズを行いました。きゅうりやトマト、かぼちゃの花は皆様よく知られており、すぐに答えらえられていました。しかし、もやしやさつま芋、里芋の花は見たことのないご利用者様も多く、「こんな花が咲くんやね。知らなんだ。」とびっくりされておりました。

    カラオケもまだしばらくの間は再開できそうにないため、カラオケが好きなご利用者様には申し訳なく思っております。職員一同、ご利用者様に楽しんで頂ける様なレクリエーションを考えていきたいと思っております。

     

    また、これからはコロナに加えてインフルエンザも流行してきます。しっかりと体調管理には気を付けて、今年一年を「よい年でした」と言えるように支援して参りたいと思います。

  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『生活相談員として』 大洲だより 相談員だより 2020年12月03日

     

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲 生活相談員の二宮です。

    寒がりの私には辛い季節の到来で、ご利用者様からは『今日もホッカイロ貼ってきたかい?』とお声を掛けて頂く程…。

    もちろん今日も貼ってます!(笑)

     

    さて…話は変わって、前回のブログではコロナの影響でご家族様と長期間会えない事で、

    ご利用者様の中には気持ちの落ち込みがみられている方がおられるという事をお伝えしたかと思います。

    未だ先の見えない状況の中で不安を抱えておられる方も多いのではないでしょうか。

    それは私たちも同じで毎日感染状況を確認し、予防対策を行いながらも大きな不安を抱えています。

    しかし、安心してご利用頂き、その方にとって必要な支援が行える様に。

    そしてコロナ感染拡大による不安、ご病気から来る心配や不安を少しでも軽減できるように、生活相談員として今出来る事にしっかりと向き合い取り組んでいます。

    そして、このコロナ禍で見えてきた事は、これまでよりも時間をかけてご利用者様と向き合う事が必要だという事です。

    様々な心配を抱えて過ごしておられるご利用者様の気持ちを理解し、寄り添って初めて見えてくる問題もあります。

    そこで皆様にこのブログを通してお願いがあります。

    ・遠方に住まわれているご家族様からお電話等でご利用者様へ連絡した際に、気落ちしている様子やいつもと違った発言がみられた。

    ・ご自宅で一緒に過ごす時間が長くなった事で喧嘩してしまう事が出てきた。

    等々、少しでも変わった様子があれば教えて下さい。

    ご利用頂く中で、必要な支援を引き続きお手伝いさせて頂きながら、心のケアも行っていきたいと考えています。

     

    A様のお写真です。

    県外、海外にお住まいのご家族様へ向けて…

    『暫く会えていないけれど、今日もデイサービスで頑張っているよ。コロナが落ち着いたら会いに来てね。』

    ご利用中の様子を知りたいと思われましたらケアプラス大洲までお気軽にご連絡下さいね。

    皆様が今日も笑って元気に過ごせますように…

  • 皆さんこんにちは。ケアプラス大洲です。

     

    朝晩の冷え込みが日に日に増しておりますが皆様、いかがお過ごしでしょうか。

    先月5日には今年初めての肱川あらしも観測されました。

    冬の到来を告げると言われている肱川あらしです。

    日中、暖かさを感じる日もありますので、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

     

     

     

    さて、先月もケアプラス大洲では様々なイベントを行いました。

     

    まずは【書道イベント】

    筆と墨汁を準備し、ご利用者様に「私の好きなもの、こと」を題材として

    様々な書をかいて頂きました。

    皆さん、慣れたご様子で筆を走らせる姿は流石の一言に尽きます。

     

    続いて【リハビリイベント】

    今回は、まずプリントを用意し人の体について座学を行いました。

    頭で理解して頂いた上で、次にビー玉をコップやスプーンで運ぶゲームを行いました。

    ただ楽しくゲームを行うだけではなく、頭で理解することにより、目的をもった時間をご提供できたのではないでしょうか。

     

    今年も早いもので残すところあと1ヶ月となりました。

    良い1年の締めくくりが迎えられるよう今月も楽しい時間をご利用者様にご提供できればと思います。

     

  • ケアプラス大洲 看護師便り~たかが呼吸、されど呼吸~ 大洲だより 看護師だより 2020年11月26日

    皆さま、こんにちは。ケアプラス大洲、看護師小嶋です。

    11月も下旬となり、気温が下がりますます寒くなってきましたね。寒くなると人は自然と猫背や巻き肩などの姿勢になり、それに伴い肩こりや腰痛を起こすだけでなく、血行不良や冷えの原因になったりもします。そして、猫背や巻き型の姿勢は、呼吸を浅くしてしまうことにも大きく影響しています。今日は、呼吸についてお話をしていこうと思います。

     

    呼吸は誰からも教わることなく生まれると同時に始まり、私たちが生きている間、常に行われる大切な運動です。

    【呼吸のおさらい】

    呼吸機能は肺が担っています。肺は胸郭の左右にあり、左肺は心臓がある分少し小さくなっています。空気が鼻から吸い込まれ、気管支を通り左右の肺に分かれたあと肺胞という部分で毛細血管を介して酸素と二酸化炭素が交換されます。肺胞はとても小さくその数は約3億個ともいわれています。息を吸うことで酸素を体内に取り入れ、息を吐くことで不要になった体内の二酸化炭素を対外に排出することを呼吸といいます。

    では肺はどのように動いているのでしょうか。肺は一人では膨らんだり元に戻ったりすることができません。肋骨や胸椎、胸骨、それに付着する筋肉(横隔膜や肋間筋など)にまもられており、それらが動くことで肺は膨らんだり元の場所に戻ったりすることができます。中でも横隔膜は深い呼吸に大きく影響しています。

    【呼吸はコントロールできる】

    人は、手や足、関節など身体の動きをコントロールし動かすことができますが、心臓の動きや血液の流れ、体温などは自分でコントロールすることができません。でも、その中で唯一、無意識から意識的にコントロールし変化させることができるのが呼吸です。

    【深い呼吸をするとどんな良いことがあるの?】

    人は安静にしている時、1分間に12~16回くらい呼吸をしています。深く呼吸をし、1回の呼吸で効率良く酸素を取り込み、二酸化炭素を排出し換気量があがると、下記のようなメリットが得られます。

    • 副交感神経が優位になりリラックス効果が得られる。ストレス緩和。
    • 脳内のセロトニンが発生するのを助長し、精神を落ち着かせることができる
    • 休息(睡眠)の質が向上する
    • 横隔膜の上下運動により代謝がアップする
    • インナーマッスルが鍛えられ、姿勢改善の効果が期待できる
    • 血流が改善され冷え性が改善する
    • 副交感神経が優位になることで血管が拡張し血圧の安定に効果がある
    • 鼻呼吸のフィルター効果で免疫力向上の効果が得られる

    などなど様々なメリットがありますが、呼吸を丁寧に行うことは、とくに自律神経の調整に効果的であるようです。まさに今のような季節の変わり目は、寒暖差などの温度変化に身体がついていけず、自律神経のバランスを崩される方が多いです。そんな時は、ゆっくり丁寧に呼吸をすることを意識してみてください。

    【どんなふうに呼吸すればいいの?】

    理想は胸とお腹を使った胸腹式呼吸ですが、あまり考え過ぎず、ゆっくり大きく胸やお腹を動かすといいです。7~8割くらいの深呼吸をこころがけると続けやすいと思います。息を吸うと横隔膜が下がり、吐くと横隔膜は元の位置に戻ります。横隔膜の動きを良くすれば自然と深い呼吸を行うことができます。吸う息で胸(胸郭)を大きく開き、下腹部を膨らませます。横隔膜が動きやすい姿勢をこころがけましょう。そして、吐く時間を吸う時間よりも長くすることでより副交感神経が優位になります。ご自身の無理の無い範囲で行うのが一番です。

    たかが「呼吸」、されど「呼吸」。深い呼吸を意識することで、少しずつ身体や気持ちの変化を感じられたらうれしいですね。ケアプラス内で行っている体操の中でも、呼吸を丁寧に行いながら身体を動かすことのできる内容がございますので、ぜひご参加ください。