実績報告

宇和島だより一覧

  • 皆様こんにちは。

    ケアプラス宇和島機能訓練員の中田です。

     

    今年度が始まり早一か月が過ぎました。新型コロナウイルスは変異し感染の拡大が深刻な問題となっています。しかしゆっくりではありますが、

    ワクチン接種も進んでいます。

    こうした中ではありますが、今回の話は歩くことができなかったA様が杖歩行にて移動が可能となった事を報告していきたいと思います。

     

    A様は両下肢の運動障害を発症され移動は車椅子となっていました。移乗は見守りで可能でしたが、疲れやすくデイ利用中は車椅子での生活時間が長かったです。

    目標は移乗や移動が安定して行える様になることです。

     

    訓練は背臥位にて下肢筋力や体幹筋力の強化・起き上がり訓練を中心に実施、さらに四月中旬からはマシントレーニングにも参加されました。

     

    結果、四月下旬には見守りにて杖歩行が可能となり、デイ利用も杖歩行にて参加されています。写真は訓練風景です。

     

    姿勢写真も撮影できました。

     

    現在は屋外の散歩に参加できればうれしいと目標を持ちデイに参加されています。

    今回はA様について報告させて頂きました。体が弱った事を歳のせいだけにせず小さな努力の継続は生活の変化に繋がっていく事が分かります。

    一人一人が持っている小さな可能性がしっかり引き出せるサービスが今後も行えるよう努力して参ります。

    ありがとうございました。

  • ケアプラス宇和島 看護師だより~毎日を楽しく~ 宇和島だより 看護師だより 2021年04月27日

    皆さまこんにちは。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

     

    あと3日ほどで5月を迎えます。今が一番過ごしやすい気候となりました。5月といえば晴れる日が多く、すがすがしいといった印象があります。「五月」のつく言葉を探してみると沢山ありびっくりしました。端午の節句に絡んだ言葉は、五月人形、五月のぼり、五月鯉。端午の節句に絡んだ言葉の他にも、五月雨(さみだれ)、五月躑躅(さつきつつじ)、五月蠅い(うるさい)。「蠅」は「ハエ」のことと云われているそうです。旧暦5月の梅雨時期に入ると、そろそろハエが出てきます。古代からハエは「うるさい」といわれ、やがて「五月蠅い」という文字をあてるようになったそうです。

    「五月」は、梅雨の頃の印象を含んだ言葉として残っているようなので季節を感じてみてはいかがでしょうか?

     

    現在、新型コロナウイルス感染症の影響により外出を控え自宅で長時間過ごされている方も多いかと思います。

    心と身体の健康を維持するための「あかさたなはまやらわ」あ(歩く)・か(かがむ)・さ(ささえる)・た(立つ)・な(何でも食べる)・は(吐く)・ま(回す)・や(休む)・ら(ラジオ体操)・わ(笑う)」という言葉に沿って、ストレッチ体操や日常動作などを紹介されていたのを目にしました。

    ご利用者様の真剣な顔でのゲームやタオル体操の一部をご紹介いたしましょう。

    棒体操で足首の曲げ伸ばしや肩甲骨を開いたり、閉じたり。ウエストも細くなったかしら?

    ジェンガ、トランプで「ワイワイ」「あっ、あっ」と言いながら楽しい時間を皆さまと過ごして頂きました。

     

    最後に、お帰り際に利用者様へ宛てたお手紙をご紹介いたします。

    とてもすてきな言葉です。「あなたと仲良くしようという希望。これは私の希望です。」これはほんの一部です。帰りの車の所で「今日はとても楽しかった(^_^)」と一言言われて帰られました。

     

    「とっても楽しかった。また来るけんね」この一言はとっても大きく響き、うれしい一言でした。

     

  • ケアプラス宇和島 ~相談員便り~ 『日中の過ごし方』 宇和島だより 相談員だより 2021年04月20日

    皆さま、こんにちは。

     

    足早に桜の季節も過ぎ、ケアプラス宇和島に向かう坂道ではつつじが美しく咲く頃となりました。

    日中は少し汗ばみ、初夏の気配を感じる季節となりました。

     

    本日のケアプラス宇和島相談員ブログは日中に過ごし方について簡単にご紹介したいと思います。

    ご利用者様の中には創作活動がしたいという方もおられますが、そういうのは少し苦手で・・・。という方ももちろんおられます。

    皆さんで同じレクリエーションをというのではなく、ケアプラスでは個別での活動を大切に活動しております。

    「家では一人で話す相手もおらん」と言われ、デイサービスでお会いするお仲間の方々とコミュニケーションを図って過ごされる方もおられます。

     

     

    「やっぱりリハビリをせんとな」と言われ、自主訓練に取り組まれる方も。

     

     

    「今日は天気が気持ちいいから外の空気を吸いたい」と屋外歩行に出られる方も。

     

     

    食後や合間には横になって休みたい、という方にはスペースもご用意しております。

     

     

    もちろん創作活動を楽しみにされている方もおられます。

     

     

    今月はどんな作品が仕上がるか楽しみですね。

    この他にも、将棋、花札、麻雀、トランプ等その方々に合わせた活動を提供しております。

    ケアプラス宇和島では、体験利用も行っています。

    興味のある方は、一度ご連絡ください。お待ちしております。

     

  • 皆さんこんにちは。ケアプラス宇和島 介護員の坂本です。

    暖かい気候が続き、とても過ごしやすくなってきました。花粉症の方はとてもつらい時期ですが、それもあともう少しで終わりそうですね。

     

    さて、今回のブログでは「桃の節句」のレクレーションについてお伝えします。

    宇和島では「桃の節句」は4月3日の旧暦にお祝いをします。3月3日から「桃の節句」に向けてご利用者様と一緒にお雛様の飾りを作りました。

     

    お雛様とお内裏様の着物を千代紙で折って、、、

    お雛様とお内裏様の顔を貼って、、、

    かわいい飾りが完成しました。

    女性の方は本物の着物の柄を選ぶようにセンスが冴えわたり、とても可愛らしい組み合わせのお姫様とお内裏様が出来上がりました。

     

    これからも色々なレクレーションをしていきたいと思いますので、お楽しみに!

     

  • 皆さん、こんにちは!

    ケアプラス宇和島、作業療法士の田中です。

     

    4月に入り、宇和島は桜が葉桜になりつつあります。

    風邪や花粉症等に気を付けて、日々健康に過ごしていきましょう!

     

    今回ご紹介するのは、日々リハビリやレクリエーションに熱心に取り組まれているI様です。

    I様はご自宅では杖や歩行器で移動し、食事はスプーン・フォークを使って食事をされています。

     

    I様に行っている訓練の一つとして、利き手の右手を使った積み木を積む巧緻動作を行っております。

    一つずつ持ち、積み木を崩されないよう、ご自身のペースで積まれております。

     

    最近取り組んでいる訓練として、缶の中に入っているペグ(木釘)をバネ箸でつまみ、机上へ運ぶ動作を行っています。

    スプーン・フォークから箸へと食事動作が出来る様に手のリハビリとして行っております。

     

    フロアで過ごされている時もパズルを完成させようと、マイペースに両手を使い、楽しく取り組まれております。

     

    I様にあった機能訓練を提供するため、ニーズに沿った生活動作改善を行っております。またご自宅でも行えるよう自主運動を勧めております。

    ご利用者様の機能訓練に対する意識向上なども図らせて頂いております。

     

    ケアプラスでは皆様の生活に支援出来るよう少しでもお手伝いできればと考えております。

     

  • 皆さんこんにちは。

    桜も満開になり、春らしくなってきた今日この頃。

    皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

    ケアプラス宇和島の周りにもたくさんの桜が咲き乱れ、皆さんとお花見気分やね~と話しながら過ごしています。

     

     

    3月は天候の良い日が多かったので、皆さんとお散歩に出かける機会がたくさんありました。

    冬の間は寒くてお散歩をお休みされていた方も、

    「暖かいけん、行ってみようか。」や「桜見に散歩行こうかね。」と春の陽気に誘われてお散歩されました。

     

    また、宇和島では「桃の節句」は旧暦の4月3日にお祝いをする為、

    その日に向けて可愛いひな人形の飾りを皆さんと作りました。

    皆さん、手の細かい作業を簡単に出来ており、日ごろからのリハビリの成果が発揮されていました。

    また、ひな人形の着物は千代紙で作成したので、

    女性の方にはお雛様とお内裏様の着物の組み合わせをアドバイスして頂き、可愛く仕上がることが出来ました。

     

    今月も沢山のレクリエーションをご用意しておりますので、楽しみにしていてください。

    まだ、花粉症の方は辛い時期が続き、感染症も流行っておりますので、

    体調には十分気を付けてお過ごしください。

  • 皆さんこんにちは!

    ケアプラス宇和島、作業療法士の千頭です。

     

    3月も後半になり、宇和島は桜が8割ほど咲いています。

    暖かくなり身体が動かしやすい季節になってきましたね!

    私は花粉症ではなかったのですが、最近目がかゆくなってきて発症したのではと怯えております(笑)この季節は花粉症の方が外に出るのが辛い時期ですね。

    屋内で出来る運動もたくさんありますので、よりよい身体つくりの為に、リハビリを頑張っていきましょう!

     

    今回は、最近杖歩行訓練を始められたA様をご紹介させて頂きます。

    A様は右半身に運動障害が残存されており、普段は車椅子で移動をされています。

    現在は移乗動作も見守りでされ、支持物なしで立った姿勢を保つ事が出来ております。

    4点杖歩行では時折躓きがありますが、一部介助で50m程、歩行することが出来ており、A様も少しずつ出来る事が増えていく事に喜びを感じられております。

     

    杖歩行の安定性をより向上できるために、立位姿勢の分析をさせて頂きました。

    正面からの写真では、左側に傾きがみられ、上半身の不安定さや右側への荷重不足が改善点としてみられます。

    側面からの写真では、首が前にずれており、巻肩になり円背になっていることから、体幹筋の弱さの改善点がみられました。

     

    その視点からリハビリを行う事で、

    殿筋への筋トレを行ったり、体幹筋向上を目的とした運動リハの時間を延長して行って頂いたり、より具体的なアプローチに努めています。

     

    前向きでとても明るく、スタッフや皆様に元気を配ってくださるA様なのですが、最近はよりリハビリへの意欲が上がる事で

    他の利用者様のやる気も上がっている様に感じます!

     

    何か出来るようになると、とても前向きな気持ちになれますよね。

    右手での細かな作業も練習されている為、塗り絵等も挑戦して頂いております。

     

    一つの事から少しずつプラスの連鎖を広めていければと思っております!

    興味のある方はぜひ、ケアプラスにお立ち寄りください!

     

     

     

     

     

  • ケアプラス宇和島 看護師便り~心を動かす~ 宇和島だより 看護師だより 2021年03月30日

    皆さまこんにちは。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

     

    桜も咲きはじめ、今年もうぐいすの慣れないさえずりが聞こえてきましたね。そして月日が経つのが早いもので、明後日には4月を迎えようとしています。「別れ」と「出会い」誰もが経験する新年度のスタートが始まります。環境、人間関係の変化、気温の変化で暖かくなり自律神経の乱れ。4月には、何となくやる気が低下し、不安や緊張が続き、その精神ストレスから体調不良が起こります。皆さまも経験があるのではないでしょうか?

     

    自律神経を高めるには、

    ・朝食を摂り、お風呂に入る

    ・腸内環境を整え、少し体を動かしてみては如何でしょうか?

     

    ケアプラスでは、意欲を導きだすようなコミュニケーションが取れるように支援させて頂いております。

     

    ご利用者様の心を動かし、「快」の働きかけを基本に全スタッフで取り組んでおります。

    昔はよく字を書かれていたとかで、認知症予防の為にも日々頑張っておられます。

    元美容師をされており、引退はされていますがとてもおしゃれな方です。色彩感覚も抜群で、写真のようにぬり絵などもして過ごされています。

    閉ざされていた扉を開き、心が動き、体を動かして「自分でやっている」という感覚を持って頂けるような支援・援助を4月からの新スタートに向けて全スタッフで頑張って参りたいと思います。

     

    来年度もよろしくお願いいたします<(_ _)>

  • 皆様こんにちは! ケアプラス宇和島、柔道整復師の渡部です。

     

    3月も中旬を過ぎ、少し肌寒い風と日中のぽかぽか陽気に眠気を誘われますね(笑)

    景色を見渡せばひと足先に山桜が満開となり、濃い緑の中に点在する淡いピンクのコントラストが、山々を優美に彩っております^^

     

    さて今回ご紹介させていただくのは、多趣味かつ芸達者でいつも元気にリハビリや創作等に励んでおられるN様です。

    基本的な歩行や日常生活動作はほぼ自立されており、リハビリにおいても高い身体能力にて、お手本となるような動作で行われております。

    そんなN様ですが、熱心に創作等を行うあまり、ついつい背中や肩が凝り固まってしまうようで、やや背筋が丸くなりがちで歩行時の姿勢が

    前傾してしまうという癖がありました。

     

    N様の行っている訓練は、不整地な場所や段差など、いかなる場所においても安定した移動ができるための、応用的な歩行訓練です。

    今回は段差を使用し、昇降の際に一回立ち止まり背筋の前傾を戻し、確認してから移動を行うという方法で行いました。

     

    また、肩~背中の強い緊張を緩和するため、自宅でできるボールを使ったエクササイズを指導させていただき、

    肩の緊張を緩和させることによる姿勢の歪みの改善を目指しました。

     

    その甲斐あってか・・・(?)

    以前より、立位の安定感が増し、何より両肩の均整が目に見えて改善されています。

    恥ずかし気に写真を見るN様でしたが、客観的に見てわかる自分の姿勢の改善状況に喜ばれておりました。

     

    N様には今後も自宅での活動にエクササイズを取り入れ、いつまでも安定した姿勢を保っていただきたいと思います。

    また他のご利用者様においても、ご自宅での活動をより良いものにしていけるようその方の生活に合わせたご自宅でも行える訓練等、

    随時発信していければと思っております。

     

    本日もお疲れ様でした!

     

     

     

     

  • ケアプラス宇和島 介護員だより~可愛いお雛様~ 宇和島だより 介護員だより 2021年03月16日

    皆さんこんにちは。ケアプラス宇和島 介護員の坂本です。

    3月も中旬を迎え、宇和島も3月12日にソメイヨシノの開花宣言がされ、春が来たなぁと感じる今日この頃。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は花粉症の為、この季節は少し辛いものがありますが、周りの風景がだんだんと明るくなってきているのを感じると、なんだか心も明るくなります。

     

    さて、今回のブログでは「お雛様飾り」の作っている様子をお届けしようと思います。

    ここ宇和島ではお節句は旧暦で行っているため、桃の節句は4月3日に行っています。3月からお雛様の飾りを作るため、下準備からご利用者様と取り組んでします。今回は飾りのパーツが細かいため、手先のリハビリとして熱心に作業されていました。

    和柄の千代紙で色鮮やかな着物を作り、綺麗なお雛様が完成!皆さん、「この着物は可愛いね!」と言いながら、それぞれお好きなお雛様を手にされていました。

    今年は大々的なイベントができませんでしたが、桜が満開になる4月3日の桃の節句まで、皆さんと可愛いお雛様の飾りで楽しく過ごしていきたいと思います。

     

    まだまだ朝晩が冷え込みますので、体調には十分気を付けてお過ごしください。