実績報告

道後持田だより一覧

  • ケアプラス道後持田 看護師便り~寒い時だからこそ~ 道後持田だより 看護師だより 2021年01月27日

    皆様こんにちは、2021年が始まりもう早1月が終わろうとしておりますが、今年初めてのブログとなります。

    今年も宜しくお願い致します。

    新年も始まり、コロナは落ち着く気配は無く、愛媛でも警戒レベルとなり再び不自由な生活を送られていると思います。

     

    感染拡大回避行動として

    1・うつらないように自己防衛!

    こまめな手洗い、換気、十分な栄養と休養で健康管理

    2・うつらないように周りに配慮!

    体調不良の時は、まず自宅療養。他人と接する時は距離をとる

    3・習慣化しよう3密回避!

    「3つの密」のある場所へ外出注意

     

    など県でも呼びかけを行っております。もうしばらくは気を付けて生活を送って頂けたらと思います。

     

    話は変わりますが・・・

    もうすぐバレンタインという事で、日曜レクでは可愛い作品の作成中です。

    皆様器用に毛糸を巻き、熱中され作業を行っております。完成が楽しみです!!

     

    さて、まだまだ寒さは続き、この時期気を付けたいのがコロナウイルス、インフルエンザの他、咳症状です。

    咳が出てまず思うのは「風邪かな?」ですが症状が2週間以上続く時は風邪とは別のものを考えます。風邪の場合、ウイルスが身体の中に侵入しても免疫機能が働き安静にすることで、症状が治まります。しかし咳が長い期間続く、咳症状が激しい場合は肺がん、結核、間質性肺炎、心不全等考えられることもあります。

    その他でも長引く咳症状として「喘息」もあります。

    喘息は気道の粘膜に炎症が起こっている状態です。ホコリ、冷たい空気、香り、花粉などちょっとした刺激に過敏に反応し咳が止まらなくなります。風邪からの喘息もありますがストレスにより症状が現れる事もあると言われており、放っておくと症状が悪化する事もありますので注意が必要です。

    天気によって、咳がひどくなる、夜間、明け方に咳がひどくなる、冷たい空気に触れると咳がでる、風に反応して咳が出る、湯気に反応して咳がでる、咳が出始めると止まらない、息切れ、呼吸がぜいぜい、ヒューヒューするなどの事が一つでも当てはまる場合は、喘息の可能性がありますので適切に受診されることをお勧めします。

    咳症状の予防法としてはちみつ、コーヒーの飲用が進められております。はちみつには抗炎症作用があったりコーヒーには気管支拡張作用があり症状が楽になります。その他として現在コロナウイルス対策として室温、湿度は気を付けていると思いますが適切な温度、湿度に保つこと、マスクの着用も症状の予防に繋がります。咳が酷い、長く続く場合に是非試してみて下さい。

     

    では、暑さ寒さも彼岸までと言われます。しばらくは寒い日も続きますので体調管理に気を付けてお過ごしください。

     

  • 皆さんこんにちは、ケアプラス道後持田 理学療法士の神崎です。

     

    1月に入ってから日ごとに気温の差が大きくなり体調を安定させるのが難しくなってきましたね。水分補給や部屋の換気、

    ご自宅で体を元気よく大きく動かして健康な体を保っていきましょう。

     

    今回は運動器具での訓練を毎回欠かさず実施したことにより半年で姿勢が改善した利用者様をご紹介したいと思います。

     

    A様はケアプラスに来ると必ず以下の写真の器具を使用しております。

     

    これらの運動器具を使用したことで上肢・下肢・体幹筋力と体力の増加に繋がったことにより姿勢が改善されました。

     

    正面から見た状態は左の写真が5月で右の写真が11月の写真です。

    左に比べて右の方の姿勢が真っすぐになっております。

     

    この利用者様は大腿四頭筋の筋力低下があり、それにより体幹が前傾しておりました。また、体幹筋の柔軟性も低かったため左右差が出ていましたが

    運動器具により全身の筋の柔軟性向上及び筋力増加が図れたため姿勢の改善が改善されました。

     

    本人様も比較写真を見て良くなっている状態を喜んでおられました。

     

    姿勢が気になっている皆さんも今回の利用者様の様に体を動かす時間を確保して健康的な体を作ってみませんか?

     

    ケアプラスデイサービスセンターでは自身の体と心と向き合い心身共に成長・改善できるように機能訓練指導員などの職員がサポートして参ります。

    元気で楽しく生活をしたいと思っている方はぜひ体験利用しに来てみませんか?

  • 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

    旧年中はケアプラスをご愛顧賜り、誠にありがとうございました。本年も昨年以上に、ご利用の皆様、ご家族様に満足頂けるサービスをご提供出来ますよう、最大限の努力をする所存ですので、変わらぬお引き立ての程よろしくお願いいたします。

     

    堅苦しいご挨拶はこれまでにしまして…

    皆さんこんにちは。ケアプラス道後持田介護スタッフの櫛辺です。

    今冬は特に寒く感じますね。私の場合、手足が冷えてしまい目が覚めることが多いです。そこでまず、朝起きて暖かいお湯で手を温めます。本当は足湯もしたいのですが、時間に余裕が無いので休日の暇な時に足湯を行っております。これ、結構いいんだそうです。冷え性改善、リラックス効果、肩こり改善、手の疲れ緩和、日比谷しもやけの改善などなどに効くのだそうです。皆様も集めのお湯で手湯、やってみてはいかがですか?

    さて、新年最初のブログは1月に行われましたイベントを紹介していきたいと思います。

    ではまず、1/4に行われました「スゴロクゲーム」の様子をお届けします。

    上記の写真のように顔よりも大きなサイコロを転がします。出た目の分だけ進みますが、様々なトラップが仕掛けられておりました。特に面白かったのが「お題カード」ですね。そのマスで止まると複数用意されているお題をクリアしなければなりません。成功すれば進むことが出来ますが、その中には失敗すれば「何マス戻る」なんてことも( ^ω^)・・・

    面白いことに今回のスゴロクは「何マス戻る」がかなり多く利用者様から悲鳴が沢山あがっておりました…それでもぴったりのマス目や大きいマス目が出た時は大盛り上がり。長期戦になりましたが無事終える事が出来ました。利用者様も「楽しかったよ」「また中身を変えてやりたいね」とご好評でした。

    最後に1月の壁面貼り絵は富士山の初日の出をモチーフに作成されました。門松も細かくキレイに貼れていますね!いつも利用者様に楽しくお話しながら丁寧に貼って頂いております。

    それでは皆さん、また次回のブログでお会いしましょう。

     

  • 新年あけましておめでとうございます。

    道後持田の北川です。

     

     

    皆様は年末年始をどのように過ごされましたか?

    私は大掃除をして、テレビを見て、年越しそばを食べて、恙無く過ごしました。今年は初詣に行かず家でゆっくりお正月を堪能しました。

     

    去年はコロナの影響でイレギュラーな1年となりました。

    こまめな手指消毒、マスク着用の徹底、アクリルパーテーションの設置等、様々な制約があったと思います。

    今年は皆様にとって楽しいことがたくさんあるといいなと願うばかりです。

     

     

    年が明けてご利用者様にも2020年はどうだったかを聞いてみました。

    「コロナの影響で色々大変だった」「なかなか孫に会えなかった」と渋い表情をされる方。「コロナ対策の新しいゲームが楽しかったよ!」「家で家族とゆっくり過ごす時間の大切さを改めて実感した」と、

    コロナ禍だからこそ発見できた新たなことに笑顔を見せて下さる方も。この状況をプラスに捉えるポジティブ思考…私もぜひ身につけたいものです。

    どんな大雨でもやまない雨はありません。「去年は大変な1年でしたね」とマスクをとって笑い合えるような日が必ず来るはずです。いつか来るその日を待ち遠しく思います。

     

     

    さて、“一年の計は元旦にあり”ということわざがありますが、皆様は今年の抱負はもう決めましたか?

    ちなみに私の今年の抱負は、責任感を持ち、律儀であることです。

    相談員としても社会人としてもまだまだ勉強中で未熟な身。一つひとつの事に対してそうありたいと思います。

     

     

    皆様も抱負が決まったらぜひお聞かせください。ともに達成できるように一日一日をケアプラスで過ごしていきましょう!

     

     

    今年も皆様とたくさんお話できるのを楽しみにしています!

    2021年もケアプラス道後持田をどうぞよろしくお願いします!

     

     

  • ケアプラス道後持田新聞 2021年1月号が更新されました!

     

     

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。

    気がつけば2020年も過ぎ去り新しい年が始まりました。昨年は今まで経験したことがないような新型コロナウイルスの話題一色の年となったように思います。日本では2月に新型コロナウイルスのワクチン接種が開始される予定となっておりますので、今しばらくではありますが新型コロナウイルス対策を継続して感染拡大防止に努めていきましょう。

     

    なお、新型コロナウイルス対策について政府より『5つの場面に気をつけよう』との周知が出されております。これは、これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面を明らかにしたものですのでご紹介させていただきます。

     

     

    〇5つの場面 ~https://corona.go.jp/proposal/ より引用~

     

    1.飲食を伴う懇親会

    飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。

    また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。

    特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。

    また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

    2.大人数や長時間の飲食

    長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。

    大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

    3.マスクなしでの会話

    マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。

    マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。

    車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

     

    4.狭い空間での共同生活

    狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。

    寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

     

    5.居場所の切り替わり

    仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。

    休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

     

     

    【スーパーガンバタイムご紹介】

    たまごケースに入ったピンポン玉をひっくり返す『たこ焼きゲーム』、割り箸で器用にピンポン玉をひっくり返します。割り箸の先に輪ゴムを巻いているので、上手く輪ゴムの摩擦を利用できるかがポイントです。

     

    『輪ゴムリレー』では輪ゴムを割り箸に引っ掛けて隣へ隣へ渡していきます。これは割り箸を使って輪ゴムをすくい取る技術はもちろん、隣の人が取りやすいように輪ゴムを持っていくのも大事なゲームです。

     

    細断された牛乳パックを上へ上へ積んでいくのが『牛乳パックジェンガ』です。牛乳パックは四角の形をしていますので、下に積んだ牛乳パックと角をずらすのが高く積むポイントでしょうか。皆様苦戦しつつも高く高く積み上げることができました!

     

     

    ケアプラス道後持田では、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラスデイサービスセンター道後持田 作業療法士の平岡です。

     

    12月の中頃まで15度前後の気温でしたが、後半急速に気温が下がってまいりました。

    冬本番を感じさせるような気温となってきましたが皆様体調は崩されてはいませんか?

    冬に入り新型コロナウイルス感染者も再拡大しているなか、なかなか外出もできず身体を動かす機会が少なくなってきているかと思います。

    身体機能を維持できるよう少しずつでも身体を動かしていきましょう!

     

    さて、この度は継続した運動への取り組みにより立位姿勢の改善が見られた方をご紹介させていただこうと思います。

     

    この度ご紹介するA様、ご自身で立位姿勢を維持できるよう訓練を重ねた結果、ご自身で平行棒を把持し立位姿勢を維持できるようになってまいりました。

     

     

    以前の状態をご紹介します。はっきりわかるように輪郭で示しております。

     

     

    左側が3ヶ月ほど前の状態です。

    上半身が接地面より後方へ傾くなど重心が後方に移動してしまい、介助による支持なしでは立位を保つことができませんでした。

     

    右側が先ほども写真で示した最近の状態です。

    上半身と接地面が同じくらいの位置にあるなど安定した様子が見られており、身体をご利用者様自身で支えることができております。

     

     

    昔に比べ「筋力が落ちた」と感じる方は多いのではないでしょうか。筋肉も使わないでいると段々と細くなり筋力が落ちていきます。

    ただ、この度ご紹介させていただいたように地道なトレーニングを続けることで低下した筋力を向上させることができます。

    今の時期は家にいることが多いかと思いますが、少しずつでもご自身のペースで筋肉のトレーニングを続けていくようにしましょう!

     

    ケアプラスではご利用者がより安全で快適な生活ができるようリハビリを提供しております。

    見学や体験利用も可能ですので興味のある方は是非ケアプラス道後持田までお越し下さい。

    スタッフ一同心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス道後持田 介護員だより~冬本番になりました~ 道後持田だより 介護員だより 2020年12月16日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス道後持田介護職員の石川です。

    12月に入り外の気温がぐっと下がり、風が冷たくなってきましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    12月といえば…そうです、クリスマスです。今年はコロナウイルスの影響でイルミネーションを見に行けないのが残念ですがデイの中はクリスマス仕様に飾りつけを行いました。先日「クリスマス」というお題で連想ゲームを行った際にはジングルベル、サンタさん、トナカイ、クリスマスケーキ、クリスマスツリーが出てきました。

    クリスマスといえばクリスマスツリーですよね!という事で先日毎年恒例のクリスマスツリーの飾りつけを行いました。「どのパーツを飾ろうか」と少し盛り上がりを見せながら飾りつけを行います。クリスマスらしくなってきましたね。

    仕上げに雪を飾り付けていきます。

    完成したツリーをみて「可愛い、クリスマス気分味わえる」と楽しんで頂けました。

    毎月の持ち帰りカレンダーの折り紙を創作レクリエーションで作っております。今月はクリスマスバージョンで作っております。

    利用者T様がデザインを可愛くアレンジしており素敵でした。

    デイの壁面カレンダーもクリスマス仕様になっております。

    2020年も残り半月という事で12月の日曜レクリエーションでは正月のしめ縄作りを行いました。今回は紙紐でしめ縄を作っていきます。「こんな紐でできるん?!」とびっくりされながら皆さんで作っていきます。

    続いては飾りつけです。南天の実を作っていきます。

    造花などで作ったパーツを飾り付けて完成です。

    完成した作品をみて「お正月に飾るのがすごく楽しみ」「紙紐って意外としっかりしてるのね」と季節を感じながら喜んでいただけました。

     

    今年も残り半月になりました。2021年も道後持田で楽しくお過ごししていただいている様子を皆様にお伝えできればと思います。

    それではまた1月のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『来年も笑顔で』 道後持田だより 相談員だより 2020年12月09日

    皆様こんにちは。

    ケアプラス道後持田・相談員の松浦です。

     

    今年は暖かい日が続いておりましたが、急に冬がやってきましたね。

    朝夕と日中の気温の差があり体調を崩しやすい季節になりましたが、皆様おかわりございませんか。

    最近のお休みは専ら「こたつの番人」の私です。

     

    今年はコロナ影響で窮屈な生活を送ることになり、色々予定を立てていたのに中止になった方もいらっしゃると思います。

    来年は会いたい友達にも会いに行くことが出来る、美味しいものを食べに出かけられる、素敵な景色が見に行ける、そんな年になって欲しいと願っております。

     

    ケアプラス道後持田でも安心してご利用いただくために感染防止に努めてまいりました。

     

    送迎の車は換気、使用後はしっかり消毒を。

     

     

    到着後の手指の消毒。

     

     

    フロア内も空気の流れを替えながら換気の実施。

    職員はマスク・フェイスシールド着用。

    拡声器を使用し、皆様にはいつもと変わらず朝の挨拶を。

     

     

    リハビリ機器・フロアのテーブルや椅子の消毒。

    アクリル板もしっかり消毒しております。

     

     

    まだ先が見えないコロナの状況です。

    職員・ご利用者ともにマスクを外して笑って過ごせる日が来年は来ますように!

     

    冬の間は着るものも多くなり動きにくく、身体も動きにくくなります。

    床に物は置いていませんか?新聞紙やチラシなど踏んですべるような物はおいていませんか。

    急に動くと危ないですので、動く時は一呼吸おいて慌てず行動しましょう。

     

    寒い間も体を動かして筋力が落ちないようにしましょう。

    座って、横になって出来る体操もありますので、是非リハビリスタッフにお問い合わせください。

     

    今年最後の道後持田相談員ブログとなりました。

    来年も道後持田で楽しくお過ごしいただいている様子をブログでたくさんお伝え出来ればと思っております。

     

    それではまた1月のブログでお会いしましょう。

    今年一年ありがとうございました!

     

  • ケアプラス道後持田 看護師便り~この時期必須のマスク~ 道後持田だより 看護師だより 2020年12月02日

    皆様こんにちは、道後持田の看護師です。

    ここ最近、連日コロナ感染者の報道が後を絶たず感染対策の強化が必要となってきますね。クリスマス、お正月何かと楽しみなイベントもありバタバタと忙しい12月ですが、何だか今年は一歩外に出るのもこれまでとは違いますね。

     

    愛媛県下では感染警戒期という事で、当デイサービスでも十分に感染対策を行いながら利用者様の安全の確保に努めております。利用中、飲食以外はマスクの着用、移動時の手洗い、消毒のご協力も皆様、積極的に実施して頂き、皆様のご協力が無駄にならないようコロナウイルス収束に向け奮闘していきたく思っております。

     

    さて、感染対策の為もありマスクは今では生活の一部となり外出先等で長時間着用する事と思います。そこで現れてくるのが「頭痛」です。

    マスクによる頭痛の原因として大まかに2つに分けられるようです。一つはマスクの紐によって頭や耳の筋肉が引っ張られ、筋緊張状態によって引きおこる頭痛。二つめは酸欠状態です。マスクをしていると呼吸がし辛くなり、血中の酸素濃度が下がり、二酸化炭素濃度が上がります。酸欠状態が続くことで頭痛やめまい、自律神経の不調をきたします。

    マスク頭痛の予防策として・・・

    ・自分にあったマスクを選びましょう。

    ゴムひもの幅、ガーゼ、布等、最近では多様な種類が売られています。色々試着してみて自分に合うマスクを選びましょう。

    ・充分にソーシャルディスタンスを保てる時は、マスクを外し深呼吸をしましょう。

    何分かだけでも外して呼吸を整えるのも頭痛改善に繋がります。

    ・睡眠、食事等気を付け自律神経の乱れを改善することも大いに有効です。

    自律神経が乱れると筋肉も緊張状態になり、身体に障害を及ぼし、頭痛、めまいに繋がる事あります。

    ・耳、頭部のマッサージやストレッチを行いましょう。

    特に頭の横が痛い方はマスクの圧迫による頭痛と考えられます。耳を上下に引っ張りながらのストレッチなども筋緊張の緩和に良いと言われてます。

     

    最後に終わりの見えないコロナウイルスでマスクは話せない物となっておりますが、上手に体調管理を行い健康に過ごしていきましょう。

     

  • ケアプラス道後持田新聞 2020年12月号が更新されました! 道後持田だより 介護員だより 2020年12月01日

    ケアプラス道後持田新聞 2020年12月号が更新されました!

     

    月日は過ぎ去り慌ただしい年の暮れが迫ってまいりましたが、今年は例年とは異なりコロナに始まりコロナに終わる年となったように感じます。県内でもしばらく新規感染者が収まっていた時期がありましたが、再び感染が拡大してきており全国的にも注意が必要となっております。県では感染拡大回避行動を周知しておりますので基本に返り感染予防に努めていきましょう。

     

    〇感染拡大回避行動

    1.うつらないよう自己防衛!

    こまめな手洗いや定期的な換気十分な栄養と休養で健康管理 など

    2.うつさないよう周りに配慮!

    体調不良のときは、まずは自宅療養他人と接するときは、距離をとる など

    3.習慣化しよう3密回避!』

    「3つの密」のある場所への外出注意、3密対策が難しいキャバレーや風俗店等は特に注意 など

     

     

    【深まる秋に想いをはせて】

    深まる秋に想いをはせてイベント開催しました!

     

    木々も紅く染まり秋の深まりを感じる季節となってまいりました。この度も秋を感じていただけるようなイベントをご用意致しましたので楽しんでいただければと思います。

     

    まずは皆様の両手に『〇』と『×』の札を持っていただき準備していただいた後、11月に関する〇×クイズ開始です。問題文が流れるたびに『〇』や『×』の札が上がりますが、中にはどちらを上げるか迷っている方も!

    悩む問題もありますが、皆が〇×の札を上げているのを見ると「自分も上げてみよう!」とやる気になりますね。

     

    続けて食べ物のイラストを元に秋の味覚を当てる秋の味覚探しゲームです。『食欲の秋』の言葉の通り、食事は皆様共通の楽しみの一つだと思います。皆様手元に配られたイラストを見て秋の味覚探しをしつつ思い出話にも花を咲かせるなど、楽しまれたご様子で嬉しく思います。

     

    他にも箱に入ったお題に沿ってジェスチャーを行い当てて頂くなど楽しいゲームもありました。皆様来月からも是非参加して楽しんでください!

     

     

    【秋の夕べも元気に過ごそう】

    秋の夕べも元気に過ごそうイベント開催です!

     

    冬に近づくにつれ日の暮れる時間が早くなってまいりました。最近ではもう17時を過ぎると空が薄暗くなり足早に家路に浮かう人々が目につくようになってきました。このような季節になると家で過ごす時間が長くなりがちですが、イベントを活用することで少しでも身体を動かしていただければと思います。

     

    この度はいくつか体操をご紹介させていただきます。

    まずは指の体操です。

    両手を前に出し、親指と人差し指の指先を合わせた時を『1』、親指と中指の指先を合わせた時を『2』、親指と薬指の指先を合わせた時を『3』、親指と小指の指先を合わせた時を『4』とします。そして『1』、『2』、『3』、『4』の掛け声とともに指を合わせていきましょう。慣れてきましたら、『4』、『3』 、『2』、『1』の逆順で動かしてみたり、順不同で動かしてみるのもよいですね。

     

    続けて手と腕の体操です。

    左右の手を交互に前に出しますが、その際に手をじゃんけんの『グー』、『チョキ』、『パー』の形にします。これを、『前がパー、後ろがグー』、『前がグー、後ろがチョキ』、『前がチョキ、後ろがパー』のように前後の手を変えて出すことで、手や腕の運動だけでなく頭の体操としても使えます。ちなみにこの場合は前側が勝つ手、後ろ側が負ける手になると考えれば覚えやすくなるのではないかと思います。

     

    他には棒を使った体操などもご紹介させていただきましたが、これらの体操の中から気に入ったものを空いた時間に試していただくことで運動量の向上につなげることができます。今後も気温が下がり寒さが厳しい時期となってまいりますが、少しずつでも運動量を増やし身体を元気にしていきましょう!

     

     

    ケアプラス道後持田では、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。