実績報告

道後持田だより一覧

  • ケアプラス道後持田新聞 2020年7月号が更新されました!

     

     

    今年は一足早く梅雨に入りぐずついた天気が続いておりますが、気温は上昇し真夏日となる日も増えてまいりました。ただ、今年はいつもの夏とは異なり新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、新しい生活様式を求められるようになってまいりました。

    厚生労働省からの注意点としては、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いとのことですが、真夏の高温・多湿の環境の下では熱中症のリスクが高くなるため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにとの話が出ています。また、マスクを着用する場合はこまめな水分補給を心掛けるほか、暑い時間帯に外出することを避け涼しい服装を心掛けて欲しいとの話もあり、例年とは異なる夏になりそうです。

    皆様も体調を崩されないようお気を付けください。

     

    さて、それではこの度のイベントについて紹介させていただきます。

     

    【晴れの日お楽しみ会】

    晴れの日お楽しみ会開催しました!

    夏に入り晴れの日が続くかと思いきや、例年に比べいち早く梅雨の季節に入りぐずついた天気が続いております。本イベントの日も、今ひとつパッとしない天気となってしまいましたが、イベントを楽しんでいただき晴れやかな気持ちを感じていただければと思います。

     

    さて本イベント、最初はじゃんけんゲームです!

    これは、1テーブル毎にグループとなりじゃんけんをしていただくのですが、勝負は勝ち・負けではなく…『あいこ』になること。1テーブルに4人座られているわけですので、4人の心が一つになることが大事なゲームです。2~3人ぐらいなら、まだ『あいこ』がでることもあるかと思いますが、4人ともなるとなかなか『あいこ』が出にくくなります。

    実際、10回~20回とじゃんけんしようが『あいこ』にならないこともあります。このような中で4人とも同じ手を出すのは、まさに以心伝心の関係が必要ですね。

     

    続けては新聞紙を用いた玉入れゲームです。まずは新聞紙を4分の1のサイズにちぎり、丸めてボールの形にします。そして丸めた新聞紙ボールを箱に投げ入れていきます。普通の玉入れではボールを上手く箱に入れられるかが大事ですが、今回のゲームでは上手く新聞紙をちぎれるか、そして丸められるかの方が重要になってきますね。どちらかというと新聞紙を破るのが主かもしれません。皆様、先を争うように新聞紙を破り・丸められるなど、楽しまれておられました。

     

    最後は〇×クイズです。今度は頭を使っていただくゲームとなりますが、答えが〇の時は両腕で〇の形を、答えが×の時は両腕で×の形をとっていただくなど、身体を動かす要素もあるゲームです。やはりクイズは皆様楽しみな様子で、質問に色々と予想を立てたり、答えを聞いて「え~」やら「そうだんだ」等々、びっくりしたり納得したりする声が様々あり楽しんでおられる雰囲気が伝わってきました。

     

    今しばらく梅雨の時期が続きますので、不安定な天気が続きますが、イベントに参加いただき楽しんでいただければと思います。

     

    【梅雨に負けず頑張ろうイベント】

    梅雨に負けず頑張ろうイベント開催です!

    日増しに気温も上がり汗ばむ日々が増えてきました。本イベントの日も梅雨の合間の晴れの日でかなり暑くなりますが、本日も頑張って身体を動かしていきましょう!

     

    最初は準備運動から行いましょう。いきなり身体を激しく動かすと身体を痛めてしまうこともあるため、準備運動により少しずつ身体を動かし温めていきます。この度は、上肢の運動を伴うイベントでしたので、肩まわりを中心に上肢を動かす準備運動を実施しいたしました。前に立っているスタッフに合わせて1、2、3、4と身体を動かしていきます。皆様、「身体が温まったね」との話もあり適度に身体を動かしていただきましたので、イベントへの準備は万端ですね!

     

    まずは輪っか通しゲームからです。このゲームは、対面に座っているご利用者様二人で協力して行います。まず、一人が輪っかを水平に持ち正面に掲げます。対面の方はボールを持ち、掲げられた輪っかにボールを通します。このようなゲームであるため、輪っかを掲げる側とボールを入れる側の呼吸を合わす必要があります。あまり輪っかが高すぎると入れにくくなりますが、皆様対面の方と呼吸を合わせて輪っかにボールを通されており息の合った様子が見られました。

     

    続けては滑車廻しゲームです!紐を通した滑車をスタッフが吊り下げ、ご利用者様に紐を思いっきり引いていただきます。滑車自体は滑らかに動きますが、スタッフにより掲げられた滑車に手を伸ばし紐を引っ張る動きが必要です。皆様、最初は少し不慣れな様子がありましたが、隣や周囲の方がやっているのを見て、最後は思いっきり引っ張れていました。上手く引けると、皆様「オォー!」と感嘆。熱中して取り組んでいただけました。

     

    来月もまた別のイベントをご用意しておりますので、皆様お時間の許す限り是非イベントに参加して身体を動かしていきましょう!

     

    【7月イベント情報】

    7月のイベントは、

    7月7日(火)  七夕イベント

    7月17日(金) 梅雨を吹き飛ばせイベント

    7月20日(月) 夏来る!暑さに負けるなイベント

    を予定しております。

    お誘い合わせの上、是非ともご参加下さい。

    また、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス道後持田 介護員だより~夏がやってきました!~ 道後持田だより 介護員だより 2020年07月01日

    皆様、こんにちは。ケアプラス道後持田介護職員の石川です。

    ジメジメとした梅雨も終盤を迎え日中30℃近くなる日が続いております。「今日は暑いねえ、そういえば最近向日葵が咲いてるのを見た」や「近所の田んぼで田植えされてた」などのお話しや「暑いねえ~」と言われながらうちわを使用し扇いでいたり、、、とデイ内でも夏を感じる機会が増えたように感じます。

    皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    デイの中の掲示物もすっかり夏仕様になっております。

    まずはモビールからです。セミ、スイカ、向日葵を折り紙で折り貼り付けていきます。とあるテーブルでは「昔は縁側でスイカを食べたのよ、懐かしい」など夏を感じながら懐かしむ会話が聞こえてきております。

    7月といえば七夕です!七夕という事で壁面カレンダーも七夕仕様になっております。利用者様同士で協力しながら七夕らしい飾りを作り季節感あふれるカレンダーが完成致しました。「次は何色を使ったらいいかなあ、水色かなあ・・・」と色合いを迷われながらもカラフルに貼り付けていただきました。

    完成した作品をみたN様から「すごくかわいい、笹の部分は私が貼り付けた所だね~」と嬉しそうにお話ししてくださいました。

    7月に入り暑い日が続いておりますが・・・

    先日の介護イベントでは「新聞紙丸めてドン!」というゲームを行いました。まずは新聞紙を破ります。「早く破らんと負けてしまう!急がんと!!」と言われながら破っていきます。

    新聞紙を丸めて箱に入れていきます。かなりの勢いで沢山丸めております。

     ゲーム終了後には箱からあふれる程に沢山入っております。「見て!沢山丸めたんよ!もしかしたら1位なんじゃない~?」「沢山丸めたけど凄い暑くなった!」などと凄く楽しまれております。

     7月に入り本格的な夏がやってきました。水分補給をしっかり行いながら暑い夏を乗り切りましょう!

    それではまた次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『梅雨の楽しみ方』 道後持田だより 相談員だより 2020年06月24日

    みなさま、こんにちは。

    ケアプラス道後持田 生活相談員の松浦です。

     

    梅雨に入り、ジメジメした気分的にもどんよりした毎日が続いていますね。

    そんな中、雲一つないお天気の日があると、普段の晴天の日より嬉しさが倍増しているような気がします。

    近所では田植えも終わり、夜中はカエルの合唱。

    犬の散歩しながら、秋にかけてまたお米の成長をみたいと思っております。

     

    そんな風情ある「梅雨」の時季ですが、注意しないといけないことたくさんありますね。

    湿気で体の水分が出にくくなりむくみが出たり、だるさ、頭痛、腹痛の症状が現れます。

    そんな時、ビタミンB群の摂取が梅雨時期の体調維持に良いようです。

    玄米や鶏のもも肉、魚介類、牛乳乳製品、きのこ類、緑黄色野菜など。

    気温は髙くなりますが、梅雨時期は食べる物で体を温めるネギやしょうがの摂取がおすすめとのこと。

    まだしばらく梅雨は続きますので、身体も心もしっかり管理していきましょう。

     

    道後持田では梅雨の飾りや、7月のカレンダー作り真っ最中です!

    7月はハワイアン♪が聞こえてきそうですね。

    ハイビスカスを作っております。

     

     

     

     

     

    製作中「早いねえ」「もう7月か」とのお声がよく聞こえました。

    感染防止対策で例年とは違う時間の経ち方、みなさま一緒のようです。

     

     

     

    私の梅雨の楽しみ方は、雨傘やこれから必要になる日傘を「今年はどんな傘があるかな」と調べること。

    もっぱら、欲しいものがありすぎてデザインをみて…終わることが多いです。

    それも、毎年この時期の楽しみであります。

     

    梅雨から真夏にかけて、外へ出る機会が減ってきます。

    ご自宅での運動不足解消のため、家でも出来る運動をぜひ実施してみてください。

    どんな運動をしていいのかわからないと思われる方は、是非スタッフへご相談ください。

     

    まだデイサービスをご利用されていらっしゃらない方、ケアプラスでは体験利用もお受けしております。

    一緒に体を動かし、楽しい時間を過ごしませんか。

     

    気温が高くなっております。

    しっかり水分補給をし、これからの暑い夏に負けない体作りをしていきましょう。

  • ケアプラス道後持田 看護師便り~今年の夏、マスクの夏?~ 道後持田だより 看護師だより 2020年06月17日

    皆様こんにちは、道後持田の看護師です。

    ここ最近雨降りの日もありますが、日中気温も上がり汗ばむ季節となりました。今年は異例のマスク着用の夏となりそうで、暑さも倍増。より一層の水分補給が重要となってきますね。気温も高くなるとコロナ対策に加え「夏バテ」を注意する必要があります。

     

    「夏バテ」とは・・・

    夏にばてることを総称して「夏バテ」と言われています。夏になると高温、多湿の状態が長く続きますが、その状態に身体が上手についていくことができず、様々な症状を来してしまいます。

    主な原因として、体内の水分またはミネラル不足による脱水症状。気温上昇から食欲が低下し栄養不足となる。室温管理でエアコンを使用しますが、体温調節がうまくコントロール出来ないことによる自律神経の乱れなどがあるようです。自律神経が乱れると多岐にわたり症状が現れ、体調不調に陥りいわゆる夏バテといわれる状態になります。

    症状として、以下の内容が代表的にあげられます。

    ・全身の怠さ、疲労感

    ・イライラする

    ・無気力

    ・食欲不振

    ・胃腸症状(便秘、下痢等)

    では今年の夏、マスクの夏をどう過ごしましょう?

    まずは規則正しい生活を心がけましょう。

    食事:どこかで食事を抜かず3食きちんと摂取しましょう。栄養分も偏らないように色々な物を適度に召し上がりましょう。

    水分:夏の時期は汗もたくさん出るので、こまめに水分補給、塩分摂取を行って下さい。特に今年はコロナ対策をしながらの生活になると思いますので、例年よりより気を付けて水分摂取を行う必要がありそうですね。

    運動:暑さから身体を動かすのが億劫になりがちですが、適度に身体を動かすことも夏バテ予防に繋がります。ただ気温が高い日は無理して屋外等に出ての運動せず、涼しい場所での運動を心がけて下さい。ここでも重要なのが水分補給です。喉が渇く前に補給することを習慣づけましょう。

    入浴:高温浴は避け温めのお湯にゆっくり入る事で、自律神経を整え心身ともにリラックスし、体調改善に繋がります。

    よく耳にするのは「エアコンは体に悪い」という事を聞きますが、エアコンもうまく使い室温をコントロールすることが大事で、自然の風にだけ頼らず、エアコン、扇風機なども稼働し、外気との温度差が無いようにして下さい。

    どうしても食欲のわかない日はうどん、そうめんなどのど越しの良い物を食べ、低栄養にならないようにしましょう。

    発熱、著しい食欲の低下等みられる時は無理せず安静にし、適宜病院受診をするのも良いでしょう。

     

    さあ、今年の夏、コロナ対策の夏! 元気に乗り切りましょう!!!!

     

  • 皆さんこんにちは。

    このブログは、コロナウイルスの影響で大好きな野球やソフトボールが出来なくなり悲しみに暮れている櫛辺がお送りいたします。

    今回のブログはケアプラスで行っているマルチタスクトレーニングについてご紹介します。

    そもそもマルチタスクトレーニングとは…

    おしゃべりしながら散歩するとか、料理を作る、洗濯しながら掃除をするなど日常動作でよく行っています。

    これは複数のことに注意を向けられる能力とも言えますね。

    歩くときにも周囲を気にして歩かないと転倒することがあります。注意を分散する能力の維持向上により転倒予防にもマルチタスクトレーニングは効果があります。

    そして今月のテーマは「集中力」と「注意喚起」です。

    集中したままの状態であっても複数の物に視線をおくれるように視野を広げたり、注意力をあげようという取り組みです。

    では、さっそく紹介していきます。見てくださってる方もご一緒に行ってみてください。

    まず、右手はジャンケンでいうグーとパーを繰り返します。以降右手はグーとパーで固定します。続いて左手は円を描きます。これを同時に行います。

     

    次は左手で三角を描きます。

     

    次は左手で八の字を描きます。

    見ていると意外と簡単に見えますが、実際に行っている利用者様からは「難しい…(汗)」「右手と左手が同じ動きになる…(汗)」

    「まるで私達音楽の指揮者みたい…(笑)」という様々な反応が返ってきます。

     

    ですが、利用者様も慣れてくるとノリノリで笑顔で掛け声をかけて下さいます。

    今後も楽しくできる運動をマルチタスクトレーニングをはじめ様々な運動を利用者様に提供していきます。

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております。

     

    それではまた次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス道後持田 介護員だより~じゃんけんぽ~ん!~ 道後持田だより 介護員だより 2020年06月03日

    皆様こんにちは、ケアプラス道後持田介護職員の石川です。

    6月に入り気温が一気に上がり日中25度を超す日が多くみられ夏が近づいてきました。室内でも汗ばむ場面が多くなってきましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

    外では紫陽花が咲き始め季節を感じる機会が多くなってきました。先日H様のお宅に朝のお迎えに行った際外で水やりをされていたのでお花を見てみると珍しい紫陽花が綺麗に咲いていました。「母の日にもらったの、すごく珍しくてねえ見てると癒される。」と嬉しそうにお話しされております。

      

    他利用者様も母の日プレゼントでお花の鉢植えを貰った、とデイで嬉しそうにお話しされております。すごく綺麗に咲かせていたので写真を撮らせていただきました。

     

    今回は先日行いましたイベントのご紹介です。

    最初のゲームは以心伝心じゃんけんです。ルールは簡単にじゃんけんであいこになった回数を競うゲームです。元気よくあちこちで「じゃんけんぽい!!」「もう一回!」「あいこになった~~!」とワイワイと盛り上がっております。

    あいこになったチームは同時に「イエーイ!!」と元気よく合図していただきました。

     

    お次は絵しりとりです。

    ホワイトボードに絵を描きしりとりを行いました。

    皆様表情良く楽しんでいただけました。また来月のイベントでも新型コロナウイルスに負けず楽しんでいただけるといいですね!!

     

    それでは最後に4月から道後持田の介護職員として入社致しました大下七瀬さんのご紹介です。

    初めまして、大下 七瀬です。趣味は音楽を聴くことです。仕事で心掛けていることはいつでも明るく元気に利用者様に接する事です。これからも頑張って何事にも一生懸命取り組み利用者様から必要とされるような介護士になりたいと思います。よろしくお願いします。

     

    連日ムシムシとした暑さが続いております。皆様水分補給はしっかり行い熱中症にはお気を付けください。

    それではまた次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス道後持田新聞 2020年6月号が更新されました!

     

    早朝や夕方にヒンヤリとした空気を感じることはありますが、次第に気温も上がり日中に汗ばむことが増えてまいりました。また、新型コロナウイルスの蔓延も国内では収束傾向が見られており安心できる材料が整ってまいりました。ただ、まだ以前の様に自由に外出できる環境ではありませんが、少しずつでも出かけることができるようになり喜ばしいことだと思います。夏に入り気温も暖かくなってきましたので、在宅の機会が多くなるとはいえ適度に水分を摂り熱中症の予防に努めていきましょう。

     

    さて、それではこの度のイベントについて紹介させていただきます。

     

    【心ウキウキイベント】

    心ウキウキイベント開催しました!

    新型コロナウイルスによる外出抑制のなか出かけることが難しくなっている今日この頃ですが、心ウキウキイベントで楽しんでいただき心と身体をリフレッシュしていただければと思います。

     

    さて、今回はまず以心伝心じゃんけんゲームで楽しんでいただきました。これは、1つのテーブルに座っているメンバーでじゃんけんをしていただき、あいこになった数を競い合うゲームで単なるじゃんけんとは異なるものです。だいたい、1テーブルで4人程のご利用者様が座っておられますのでその4人でじゃんけんをすることになるわけですが、4人も相手がいるとなかなか全員が同じ手を出すことがありません。

    実際、以心伝心じゃんけんをした方は、「じゃんけんには勝ったけどあいこにならないな~」とばかりのご様子で、普段と違ったじゃんけんに悩みながらも楽しんでおられました。2~3人だとあいこが出やすくなりますが、それだと面白くないですからね!

     

    続けては絵しりとりゲームです!

    これは皆様ご存知でしょうか?ホワイトボードに絵を描き、その描いた絵を当ててもらいしりとりを行っていきます。今回はスタッフが順番にホワイトボードに絵を描かせていただき、ご利用者の皆様に当てていただきました。やはりこのゲームは皆様に人気のゲームで、絵が描かれるたびに「何かな」「何だろう」等々、皆様周りの方と相談されなから口々に予想を立てておられます。また、わかりやすい絵やわかりにくい絵など様々な絵が見られますので、皆様それも楽しみにされている模様。笑って楽しんでいただき、しっかりと心も身体もリフレッシュしていただけたと思います。

     

    今後も外出がし辛い状況が続きますので、イベントに参加いただき楽しんでいただければと思います。では次回のイベントにも是非ご参加ください!

     

    【初夏さわやかイベント】

    初夏さわやかイベント開催です!

    朝夕はまだ涼しげな日もありますが、日中は気温も高くなり汗ばむ日が多くなってまいりました。夏にかけてまだ身体が暑さに順応できていないので、運動を行う場合は、適度に水分を補給して熱中症の予防に努めてまいりましょう!

     

    この度は上肢の運動を中心にイベントを開催いたしました。

    まずはしっかりと準備運動をしていただきますが、身体だけでなく頭の運動にもなるようなマルチタスクな運動を取り入れさせていただきました。これは、準備運動の要素に楽しさを加えたものです。実際、スタッフの動きとずれてしまうこともありますが、皆様笑いながら取り組まれていました。

     

    次いで輪っかくぐりゲームです。

    これは輪っかを頭からくぐらせ腰まで通した後、隣の方に輪っかを手渡しするゲームで、更衣動作を模倣するように上肢を動かしていただくものです。ゲームですので大きめの輪っかを用意しましたが、少し苦労される方もいらっしゃるご様子。普段無意識に行っている更衣動作もかなりの上肢動作を必要としますので、その練習になったのではないかと思います。

     

    他にはロープまわしゲームにも取り組んでいただきました。これは大きなロープを手づかみし隣の方に渡していくもので、時計回り・反時計回りと手渡していきます。このゲームは特に他の方との協力が必要となるので、ご利用者様の中での交流を深めるきっかけになりました。

     

    来月はまた別のイベントをご用意しておりますので、皆様お時間の許す限り是非イベントに参加して身体を動かしていきましょう!

     

    【6月イベント情報】

    6月のイベントは、

    6月19日(金) 晴れの日お楽しみ会

    6月22日(月) 梅雨に負けず頑張ろうイベント

    を予定しております。

    お誘い合わせの上、是非ともご参加下さい。

    また、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス道後持田 相談員の松浦です。

     

    自宅近くでは田植えの準備が進み、気がつけば5月ももう終わるんだとカレンダーを眺めながら実感しております。

     

    先日母の日、カーネーションと一緒に久しぶりに白と紫の紫陽花を購入しました。

    普段から土いじりはすることがなく素人の私です。

    店頭に並ぶ中、ひとめぼれをして買ったものの、

    紫陽花の手入れの仕方も知らず「お天気いいから外に出そう!」と出していたら夕方花に元気がなくなり、慌てて室内に戻しました。

    安易に水をあげる、日にあてる…だけではだめなんですね。

    植物には水・光・空気・ミネラルが大切で、人と同じように普段からの状態の観察が大切なんだと勉強になりました。

     

     

    4月より新しい仲間が増えております。

    生活相談員の北川美菜子さんをご紹介いたします。

     

    趣味は旅行・スポーツ観戦・カラオケ、特技は絵を描くこと。

    休日はDVD鑑賞と漢字検定の勉強もしているとのこと。

     

    入社して2カ月、仕事をするにあたり心掛けていることは「笑顔を忘れない」

    ご利用者からの「ありがとう!」「頑張ってね」との言葉がとても嬉しく毎日頑張っています、と話をしてくれました。

     

     

    「笑顔と元気を大切に、一歩ずつ成長していきたいと思います!」

     

     

    すでにリーダーとなって朝の挨拶からお帰りまで業務を行っております。

    皆様宜しくお願いいたします!

     

    先日、カエルの置物を製作いたしました。

    私は雨傘のつもりだったのですが、ご利用者から「カエルが日傘もって可愛いいね!」との声が聞こえてきました。

    そうか。

    カエルは雨は好きだから、持つなら「日傘か…」とその瞬間「日傘」に決定しました。

     

     

    今年の梅雨入りはいつかなと思う時期にはなっているのですが、朝晩の冷えがまだまだ続いております。

    日中は汗ばむほどの暑さもありますので、引き続き体調を崩さないようお気をつけください。

     

     

  • ケアプラス道後持田 看護師ブログ~食中毒にもご用心~ 道後持田だより 看護師だより 2020年05月20日

    皆様、こんにちは道後持田の看護師です。

     

    緊急事態宣言も全国的に解除とはいかず引き続きの感染対策が必要な日常です。日々の感染者数も全国的には減少しておりますが、減少傾向による気の緩みが再感染の可能性が高まります。今しばらくは気を引き締めて手洗い、消毒、換気の徹底を実施して頂ければと思います。

    さて、これから夏が近づくにつれて気温も高まり、伴って湿度も高くなる日が訪れます。そこで注意が必要なのが「食中毒」です!!この時期、外出は避け自宅で過ごす事も多いと思いますが是非気にしておいてほしい事です。

    これからの時期に流行するのが腸炎ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌などの「細菌性食中毒」です。

     

    症状として、皆様ご存知かと思いますが

    ・下痢

    ・腹痛

    ・嘔吐

    ・発熱

    等があります。

    先程も述べましたが、腸炎ビブリオは塩分を好み、真水や酢に弱く、加熱で死滅します。魚介類は真水でよく洗い・調理のあと直ぐに食べることです。魚介類の保存は低温保存と加熱処理が大切です

    サルモネラは加熱により死滅します。卵は割ったらすぐ食べるようにしましょう。サルモネラは卵の殻を通り抜けて移動しますので、くっつけずに1個ずつ離して置きましょう。保存は低温で、調理する時は十分加熱することが大切です。

    黄色ブドウ球菌はこの毒素は熱に強く、加熱しても無毒にはなりません。調理する人は傷に注意し、調理後は早めに食べることです。お弁当による場合がほとんどですから、作るときは菌が入らないように注意しましょう。

    ボツリヌス菌は空気を嫌う嫌気性菌ですので酸素がなくなると繁殖します。ボツリヌス菌増殖して毒素が出てくると容器がふくらんできます。缶詰、真空パックは膨張していたら食べないように。瓶詰の場合は蓋を開けたときの発泡や臭いなどの異常に気をつけましょう。ボツリヌス菌は自然界や動物の腸管に生息していますので、泥のついた野菜や魚は十分に洗いましょう。

    発生する菌によってそれぞれ対応が違うようですが、加熱調理し調理後は直ぐに消費するのが

    重要になってきます。時間の経った食べ物は食べないようにしましょう。

    調理する人も充分に手を洗い、消毒を行い、傷等のない清潔な手で調理するよう心がけましょう。

    毎月このブログでコロナが収束しますようにと願っておりますが、また今月も収束を願いたいと思います。

    何かしら規制がかかりストレスも多い事と思いますが、体調等崩されないようお過ごしください。

     

  • ケアプラスデイサービスセンター道後持田 作業療法士の平岡です。

    今年に入り新型コロナウイルスの発生により外出の自粛が続いており、ご自宅にて過ごされる時間が長くなっているのではないでしょうか。

    ご自宅で過ごされていると、どうしても外出されるときと比べ活動の機会が低下してしまうため、心身の衰えにつながってまいります。

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田では、ご自宅での運動機会を増やし心身機能の増進を促すため、ご自宅リハビリパックを用いた運動方法をお伝えさせていただいております。

    それでは、この度の『不安定な場所でバランス能力強化グッズ』についてご紹介させていただきます。

     

    このグッズはジョイントマットを用いた訓練器具です。マットは弾力性があるため、普段の床とは異なり不安定な足場となります。

    この足場にて立位姿勢をとっていただくことで、バランス能力を保つための筋力維持および感覚刺激を元にしたバランスの能力の維持を図っていただくことが可能となっております。

     

    この度ご紹介するA様も、日常生活にてふらつきが見られることもあり、バランス能力の強化に興味を持たれておりました。バランスを維持するためには、骨格や筋肉

    そして感覚器など身体の様々な機能が必要となってきますが、このように抗重力姿勢で訓練を行うことにより、身体を支える筋肉や骨へ刺激を与え身体機能の強化を促すことができます。

    他にも、両手で手すりを把持した安全な環境にて片足を持ち上げられるほか、

     

     

    側方への足上げによりバランス能力を強化することも可能となっております。

     

    通常、転倒時に前方へ転倒する場合は手や膝を先につくことにより身体への衝撃を軽減することができますが、横方向へ転倒した場合は衝撃を緩和する手段が少なく

    直に身体を打ち付けてしまう恐れがあります。このグッズはそのリスクの低減にも役に立てることができます。

    人が安全に生活するうえで、筋力に加えバランス能力は大事な要素となってきます。この度ご紹介するグッズをご使用いただくことで転倒リスクの軽減を図ることができますので、

    是非皆様もお試しいただければと思います。

     

    ケアプラスではご利用者がより安全で快適な生活ができるようリハビリを提供しております。

    見学や体験利用も可能ですので興味のある方は是非ケアプラス道後持田までお越し下さい。

    スタッフ一同心よりお待ちしております。