実績報告

心うきうきだより一覧

  • ケアプラス三津 介護員だより~門松作り~ 三津だより 介護員だより 2021年01月25日

    皆さん、こんにちは(^^)

    新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します(^^)

    ケアプラス三津 介護員の松岡です!

     

    初雪も降り、冷え込みましたね…。皆さんは体調を崩したりされていませんか?私は大好きな伊達巻きや黒豆、昆布巻きなどをしっかり食べてました^^皆さんはおせちで好きな具材は何ですか?家庭によって入っている物も違うかもしれないですね(^_^)

     

    さて、そんな折に昨年ケアプラス三津ではお正月飾りの定番!門松作りを行いました!門松といってもミニサイズの物ですが・・・(^_^;

    紙コップにオアシスを入れ後は、折り紙で作った竹を入れて完成です。

    最初は「難しそうやな~」「できるかな?」などの声も聞かれましたが、皆さん集中して作業されていました。難しいところはお隣のご利用者様同士で教えあったり、「ここにこれを挿した方がいいんやない?」とアドバイスをしあいながら制作されていました。

    ご利用者様のセンスの光る思い思いの門松ができあがりました!

    皆さん納得の表情に、いい笑顔ですね^^こちらまでうれしくなってしまいます。

     

    ところで門松はなぜ飾られるのかご存じですか?

    門松は家を訪れる年神様のための目印の為の正月飾りの中でも、門や玄関前に飾る門松は、年神様が家へ尋ね入るにあたっての目印だとされているようです。私の祖母からの教えですが、私もその時に初めて知りました(^_^;

    地域によっては、松の枝に水引をかけて飾る門松や、紙に門松の絵を印刷したものを貼るといった飾り方も見られるようです。門松は7日まで飾るのが一般的らしいですよ^^

     

    今年も皆様に楽しんで頂けるように精一杯頑張って楽しいレクリエーションや活動を企画していきたいと思いますのでよろしくお願い致します!

    皆様の1年が幸多き、実り多い一年になりますように(^^)

     

    では、また次回のブログでお会いしましょう^^

     

  • ケアプラス北宇和島 介護員便り~新春!笑顔いっぱい!~ 北宇和島だより 介護員だより 2021年01月23日

    新年あけましておめでとうございます!

    ケアプラス北宇和島介護員の東出です。

    本年も皆様にブログと通じてご利用者様の笑顔をお届けしていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

     

    昨年末より冷え込みが強くなり、今季最大の寒波到来!各地で大雪となっておりますが、ケアプラス北宇和島のご利用者様は寒さもなんのその!

    そんな様子を今回はお伝えしたいと思います。

    お正月明け皆様も「体が重い…」「お腹周りが大きくなったような…」などなど気になったことはないでしょうか?僕自身も休日中はダラダラと過ごすことが多く、年明けには体が重く感じていました。ご利用者様からもそんな声が聞こえてきます。しかし!そこで終わりません!「しっかり体動かしてもとに戻そう!」「休みの間はリハビリできんかったから、今日は頑張る!」と意欲満々!

    「これはどう使うの?」「腰回りを鍛えたいんやけど」と筋トレマシーンでさらに体を引き締めようとされています。

    「明けましておめでとう、今年もよろしく」「お孫さんは大きくなっとったかな?」「おぉ~久しぶり元気そうで何より」と思い思いに年始の挨拶かわし、レクリエーションに取り組んでおられます。

    脳トレや手指運動と楽しく過ごしていただいています。「この前のパズル解けなかったからもう一度挑戦する!」と意欲的に参加されています。

    コロナ禍はまだまだ収まりを見せず拡大しております。ホールの消毒・換気・手指の消毒などをしっかりと行い、ご利用者様が安全に楽しく過ごしていただけるように職員一同が感染予防に全力で取り組んでおります。

    皆様も体調管理をしっかりと行って、また次回のブログでも元気に笑顔でお会いいたしましょう!

     

  • ケアプラス宇和島 介護員だより~デイサービスでの様子~ 宇和島だより 介護員だより 2021年01月19日

    皆さんこんにちは。ケアプラス宇和島 介護員の坂本です。

    2021年になり、はや半月が過ぎましたね。今年は年明けから、寒波が到来して普段はあまり雪が積もらない宇和島でも10㎝ほどの雪が積もりました。家のあちらこちらでは可愛い雪だるまが顔を出し、送迎中の車内で「可愛いなぁ~」や「昔はかまくらとかも作りよったな。」と会話が弾みました。

    寒波が到来した後、まるで春になったかのような暖かな日がありました。今まで寒くて外に出るのを躊躇っていた方も久々のお散歩を楽しまれました。ケアプラス宇和島がある青葉台は車通りが少なく、安心してお散歩が出来ます。

    ケアプラス宇和島の周辺にはお花を植えている家が多くあり、そのお花を眺めながら気分転換をされる方が多くいらっしゃいました。お散歩から帰ってくると、手指消毒と温かい緑茶を提供しています。ちなみに、緑茶にはインフルエンザや現在、感染拡大しているコロナウィルスを無害化させる効果があるそうです。皆さんも緑茶を飲んで水分補給しながら、感染予防をしていきましょう。

    お散歩以外にも、お正月の間に休まれていた脳トレを取り組む方も多くいらっしゃいます。「頭すっきり体操」ではお正月にちなんだクイズや漢字のなぞなぞクイズ等、様々なバリエーションの脳トレに熱心に取り組まれています。

    また、リハビリをしながら同時に脳トレをする「マルチタスクトレーニング」にも取り組まれています。皆さんの熱心さには、スタッフ一同いつも驚かされています。

     

    ケアプラス宇和島では様々なレクリエーションやリハビリを提供して、ご自宅での生活意欲向上を目指しています。

    また、今後も様々なレクリエーションを考えておりますので、お楽しみに!

     

  • 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

    旧年中はケアプラスをご愛顧賜り、誠にありがとうございました。本年も昨年以上に、ご利用の皆様、ご家族様に満足頂けるサービスをご提供出来ますよう、最大限の努力をする所存ですので、変わらぬお引き立ての程よろしくお願いいたします。

     

    堅苦しいご挨拶はこれまでにしまして…

    皆さんこんにちは。ケアプラス道後持田介護スタッフの櫛辺です。

    今冬は特に寒く感じますね。私の場合、手足が冷えてしまい目が覚めることが多いです。そこでまず、朝起きて暖かいお湯で手を温めます。本当は足湯もしたいのですが、時間に余裕が無いので休日の暇な時に足湯を行っております。これ、結構いいんだそうです。冷え性改善、リラックス効果、肩こり改善、手の疲れ緩和、日比谷しもやけの改善などなどに効くのだそうです。皆様も集めのお湯で手湯、やってみてはいかがですか?

    さて、新年最初のブログは1月に行われましたイベントを紹介していきたいと思います。

    ではまず、1/4に行われました「スゴロクゲーム」の様子をお届けします。

    上記の写真のように顔よりも大きなサイコロを転がします。出た目の分だけ進みますが、様々なトラップが仕掛けられておりました。特に面白かったのが「お題カード」ですね。そのマスで止まると複数用意されているお題をクリアしなければなりません。成功すれば進むことが出来ますが、その中には失敗すれば「何マス戻る」なんてことも( ^ω^)・・・

    面白いことに今回のスゴロクは「何マス戻る」がかなり多く利用者様から悲鳴が沢山あがっておりました…それでもぴったりのマス目や大きいマス目が出た時は大盛り上がり。長期戦になりましたが無事終える事が出来ました。利用者様も「楽しかったよ」「また中身を変えてやりたいね」とご好評でした。

    最後に1月の壁面貼り絵は富士山の初日の出をモチーフに作成されました。門松も細かくキレイに貼れていますね!いつも利用者様に楽しくお話しながら丁寧に貼って頂いております。

    それでは皆さん、また次回のブログでお会いしましょう。

     

  • 新年 明けましておめでとうございます。

    ケアプラス大洲 介護職員の松浦です。

     

    昨年は、コロナウイルスが流行した為、旅行にも遊びにも行く事ができず、一日でも早く落ち着いて欲しいです。また、ケアプラスの様々なイベントやカラオケなども中止になってしまうなど、皆さんにはご迷惑をおかけすることも多く申し訳ございませんでした。今年は少しずつケアプラスらしいイベントを行っていけたらいいなと思っております。そして、元気に皆様と新しい年を過ごせれるよう職員一同頑張って参ります。

     

    今回は12月に行った「クリスマス会」についてご紹介いたします。

    12月といえば「クリスマス」がメインだと思います。そこでケアプラスでは、クリスマスプレゼントを用意して、ビンゴ大会を行いました。「どんなプレゼントがあるんかな?」「いつも最後の方だから、今回は早く終わりたいなぁ」と言われる方がおられました。職員はサンタクロースの帽子を被ったり、トナカイさんのカチューシャを付けたり、盛り上げていきました。

    ビンゴ大会を始めると、まず初めにガラポンを回す人を選ぶのですが、いつも回したい人が沢山おられて、回す事を楽しんで頂いています。数字を発表する際、「早く言って~」「私その数字ないよ~」「お!ここにあった!」など様々な声が聞こえて私自身も楽しむことができました。

    徐々にビンゴになる方が増えてきて、「これは家で使える!」「孫にあげれるプレゼントが出来た」「これ欲しかったのよ」など喜びの声を聞くことが出来ました。

    利用者様が「私もそのカチューシャ被りたい」「サンタさんになれるかな?」と言われておられたので、皆さんにもして頂きました。とても可愛いトナカイさん。かっこいいサンタさんがケアプラス大洲にいました。

    職員とも一緒に写真撮影!!

    コロナ禍の中で大変な時期ですが、皆さん楽しんで参加されていました。

     

    今月も3つのイベントを考えております。ぜひ皆様参加してください。

  • ケアプラス道後持田新聞 2021年1月号が更新されました!

     

     

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。

    気がつけば2020年も過ぎ去り新しい年が始まりました。昨年は今まで経験したことがないような新型コロナウイルスの話題一色の年となったように思います。日本では2月に新型コロナウイルスのワクチン接種が開始される予定となっておりますので、今しばらくではありますが新型コロナウイルス対策を継続して感染拡大防止に努めていきましょう。

     

    なお、新型コロナウイルス対策について政府より『5つの場面に気をつけよう』との周知が出されております。これは、これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面を明らかにしたものですのでご紹介させていただきます。

     

     

    〇5つの場面 ~https://corona.go.jp/proposal/ より引用~

     

    1.飲食を伴う懇親会

    飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。

    また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。

    特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。

    また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

    2.大人数や長時間の飲食

    長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。

    大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

    3.マスクなしでの会話

    マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。

    マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。

    車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

     

    4.狭い空間での共同生活

    狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。

    寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

     

    5.居場所の切り替わり

    仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。

    休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

     

     

    【スーパーガンバタイムご紹介】

    たまごケースに入ったピンポン玉をひっくり返す『たこ焼きゲーム』、割り箸で器用にピンポン玉をひっくり返します。割り箸の先に輪ゴムを巻いているので、上手く輪ゴムの摩擦を利用できるかがポイントです。

     

    『輪ゴムリレー』では輪ゴムを割り箸に引っ掛けて隣へ隣へ渡していきます。これは割り箸を使って輪ゴムをすくい取る技術はもちろん、隣の人が取りやすいように輪ゴムを持っていくのも大事なゲームです。

     

    細断された牛乳パックを上へ上へ積んでいくのが『牛乳パックジェンガ』です。牛乳パックは四角の形をしていますので、下に積んだ牛乳パックと角をずらすのが高く積むポイントでしょうか。皆様苦戦しつつも高く高く積み上げることができました!

     

     

    ケアプラス道後持田では、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス今治新聞 2021年1月号が更新されました!

    皆様こんにちは!

    先日、毎年の恒例行事である京都の清水寺で発表される「今年の漢字」が発表されました。

    「今年の漢字」は「密」。コロナウイルスの蔓延、東京オリンピックの中止などその意味の通り内容の濃い一年だったと思います。

    生活様式もこれまでと一変。昨年の今頃、こんな状況になるなんで全く予想もつきませんでしたね。

    不安なく過ごせる日々が戻ってくることを祈りながら、日々安全に過ごしていただけるよう職員一同業務に臨んで参ります。

     

    それではケアプラス今治令和3年1月号のご紹介。

    今回掲載しております写真は12月26日に開催させていただいた

    【年末SP「超」BINGO大会】の模様となります。

    年末SP(スペシャル)という事で月末恒例のBINGO大会が更にパワーアップ!

    ご利用者様の大好きなガンバ通貨の増額に加えて今回は景品もご用意!

    さらにさらに今年は2Days(2日間連続)での開催となりましたよ!

    盛り上がっているのは利用者様だけではございません。職員もイベントに合わせて気合いの入った仮装での参加となりました。来年の干支を模した仮装をする職員、めでたい鯛を頭にかぶった職員、動物や恐竜を被った職員、はたまた「あの有名な方?」まで登場し、

    センター内は笑いに包まれました。

     

    さて、最後になりますがご利用者様やそのご家族様をはじめケアマネジャー様、施設の職員様など今年一年お世話になった皆様に職員一同改めて心より感謝申し上げます。

    来年はケアプラス今治設立2年を迎えます。

    これまでと変わらず、利用者様の為に何が出来るかを追求し、利用者様の満足に応えれるよう業務に臨みます・。

     

    それでは、皆様よいお年を!

     

  • 皆様、新年あけましておめでとうございます。

    旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございます。

    本年もよろしくお願い申し上げます。

    皆様にとって素晴らしい年になりますよう、心より願い、

    スタッフ一同、誠心誠意御援助させていただきます。

     

    さて、北宇和島でも、寒さが厳しくなってまいりました。

    ゆっくりと体と頭を動かして、寒さに負けないように頑張っていきましょう。

     

    ケアプラス北宇和島新聞1月号では、

    ご利用者様のレクリエーションやリハビリの様子をご紹介させていただきます。

    皆様、マスクをしていても笑顔がわかりますね。

    カメラを持っていることに気が付くと、

    笑顔でピースをしていただけます。

    真剣にリハビリをされている写真もありますが、

    カメラを向けると、ついお顔が緩んでしまう方もおられます。

     

    笑う門には福来る。

    笑うことによって体内の免疫細胞が活性化するともいわれています。

    笑顔で今年一年も過ごしてまいりましょう。

     

    体調を崩しやすい時季となりますが、

    皆様しっかり暖かくしてお過ごしくださいね。

     

  • みなさん、新年あけましておめでとうございます。

    ケアプラス大洲です。

    初春の候、厳しい寒さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

    昨年も皆様に支えられ、無事一年を終える事が出来ました。誠にありがとうございました。

     

     

    さて、先月も様々なイベントを行いました。

     

    まずは17日に行われました【クイズ大会】

    昭和に関するクイズを用意し、ご利用者様に応えて頂きました。

    当時、流行っていたものなど、昔を思い出して懐かしんで頂けたのではないでしょうか。

     

    続いて24日に行いました【Xmas会】

    12月と言えばクリスマスですね。今回はビンゴ大会を行いました。

    景品を用意していることをお伝えすると、皆様の目の色が変わり、大盛り上がりとなりました。喜んで頂けて何よりでした。

     

    今年も新しい一年が始まります。

    寒い日が続きますが、ご利用者様の体調が崩れないよう配慮し、昨年よりも更に笑顔が溢れる時間をご提供できるよう、頑張って参ります。

     

    本年も変わらぬご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。

  • 新年、明けましておめでとうございます。

    本年も宜しくお願い致します。

     

    年末年始は寒波がやってきてとても寒いお正月でしたね。

    皆さんはゆっくり過ごせたでしょうか。

     

     

     

     

    さて、昨年を振り返ってみると新型コロナウィルスの感染拡大により、普段と違う制限された生活が続きました。

    皆さんも中々外へ出かける機会も少なかったのではないでしょうか。

    今年は新型コロナウィルスの感染拡大も落ち着き、少しでも今までの生活に近づけるよう願っております。

     

    しかし、そんな中でもケアプラス宇和島では昨年1年、たくさんのご利用者様の笑顔を拝見することが出来ました。

    12月は折り紙でクリスマスツリーの飾りを創作しました。

    家の中でゆっくり過ごすクリスマスをキラキラ光る手作りクリスマスツリーで華やかに過ごして頂きました。

     

    今年もたくさんの創作レクレーションを用意していますので、お楽しみに!

    改めまして、本年も宜しくお願い致します。