実績報告

垣生だより一覧

  • ケアプラス垣生 看護師便り~熱中症?脳梗塞?~ 垣生だより 看護師だより 2020年07月03日

    皆さま こんにちは。ケアプラス垣生 看護師です。

    年々と気温が高くなる暑い夏がやってきますが、体調はいかがですか?昨年、日本では熱中症で医療機関に救急搬送された人の半数以上が、65歳以上の世代だったようです。これから頻繁に耳にする『熱中症』暑さや、喉の渇きを感じにくくなる高齢者は特に注意が必要ですね。

    暑い時期に《ちょっと変?》と感じると熱中症と思ってしまう人は多いですが、実は症状が似ているために、【夏に起こる脳梗塞】は見逃されやすいのです。脳梗塞は、動脈硬化や心臓に原因があるとされていますが、水分補給が充分でないと脱水を起こしてしまいます。

    ☆脱水状態になると…

    血液濃度が上がるため 、首や脳内の動脈、心臓などで血栓ができやすくなります。

    ☆血圧が低下すると…

    脳内の細い血管に血液を 送る力が低下するため、 動脈硬化で血流ができず   詰まってしまいます。

    脳梗塞と聞くと、よくテレビドラマで見る〔急に激しい症状が起こり、救急車で運ばれる〕といったイメージですが、〔夏の軽度の脳梗塞〕を見逃さないためにも、チェックする【FASTチェック】があります。

    ●Face/顔…口や顔の片側が歪んだり、下がったりする。

    ●Arm/腕…目を閉じて、手のひらを上に向けて、両腕を前に伸ばす。

      

    〇 片方の腕が下がったり、 手のひらが内側に向いたりする。

    ●Speech/言葉…ろれつが回らない、言葉が出ないなど。

    これらのサインが1つでも見られたら…

    ●Time/時間…症状が起こった時刻を確認して、すぐに救急車を呼ぶ。

    ※脳梗塞を発症した直後は、血圧が上がることが多い。

    ※熱中症の場面は、血管が拡張するので、血圧は普段より低くなることが多い。

    7月に入り、これから益々暑い日が続きますが、ケアプラス垣生の利用者様はみなさんお元気に過ごされていらっしゃいます。

    屋外では《暑さ指数》を確認して、できるだけ暑い時間帯の外出は避けましょう!また、屋内でも熱中症は起こるので、こまめな水分補給を心掛けて血圧の変動も注意してみましょう!

     

    では、また次回も宜しくお願いします。

  • 皆さん、こんにちは。

    うっとうしい雨が続き梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    まだまだコロナ対策が必要で気持ちも沈みがちな今日この頃ですが、そんな気持ちを少しでも吹き飛ばして皆様に楽しいひと時を過ごして頂こうと、ケアプラス垣生では6月もいくつかのイベントを開催しました。

     

    まずは計4回開催しましたビンゴ大会です。これは毎月行っておりますが、とても盛り上がるイベントで、利用者様も大変楽しみにされております。リーチになってから残り一つの数字がなかなか呼ばれずヤキモキする方や、ブービー賞を数人で狙う最後の緊迫感など、いつも見どころ満載のイベントとなっております。

     

    次に6/19にゲリライベントとして「めくってチャンス」というクイズを行いました。これは40分割された画面の下に色々な画像が隠されており、順番にビンゴを回し出てきた数字と同じ所をめくっていき隠された画像は何かを当てるゲームです。コスモスの画像はすぐに当たりましたが、将棋盤やタンポポは意外に難しく中々答えが出ませんでした。

     

    以上、紹介しましたイベントの写真は7月号の新聞に掲載されておりますので是非、ご覧ください。

     

    来月もケアプラスではいくつかのイベントを予定しております。今後は熱中症に注意しなければいけない時期となりますが、皆様、十分に体調管理に気を付け、ケアプラス垣生で心うきうきな時間を過ごしましょう。

     

    それではまた次回のブログでお会いしましょう。

  • 皆様こんにちは。空の青さが夏らしい輝きを増してきました。今年もはや半年が過ぎようとしていますがいかがお過ごしでしょうか?

     

    さて今回は利用者のN様のリハビリを紹介したいと思います。

    N様は、小脳出血の後遺症で立位・歩行時にふらつきがあり、普段は手引きで歩行をしています。

    転倒予防のため、体幹・下肢筋力の強化を行っています。

     

    お尻強化運動!

    お尻は“抗重力筋のひとつ!抗重力筋とは、立っている時に重力に負けないように対抗して働く筋肉です。

    これが弱ってしまうと、姿勢が重力に負けて崩れてしまいます。

     

    まず仰向けに寝た状態で膝を曲げ、足裏を床につけます。お尻を持ち上げ、10秒キープし、3セット行います。

    これを行うことでお尻だけでなく、大腿四頭筋や腹筋も鍛えることができます。

     

    内転筋強化運動!

    内転筋は太ももの内側にある筋肉です。足を閉じる動きや、骨盤を安定させる働きがあります。

     

    これも仰向けに寝た状態で膝を曲げ、足裏を床につけます。一方は足を開く力を、一方は閉じる力を入れ、これを何回か行います。

    内転筋を鍛えることで開いている足を閉じる動きや左右の足で物を挟むときなどに力を発揮します。

     

    体幹強化運動!

    体幹とは、首から上と腕・足を除いた部分のことを言います。姿勢の崩れ防止や転倒しにくくなるなどの働きがあります。

     

    まず両手を肩幅に開き、四つん這いになります。その姿勢で片手を前に出し、10秒キープします。同じように片手も行います。

    次に同時に片手・片足を出し、10秒キープします。この時、しっかり手や足を伸ばすことがポイントです!

     

     

    立位バランス訓練・体幹回旋運動!

    バランスが良くなると関節に関わる負担が減り、制御能力が向上します。

     

    N様の場合、四つん這い状態からゆっくり立ち上がります。

    この時、倒れないように後ろからしっかり支えます。時計を見て時間の確認や周りにある物を数えたり

    ポスターなどの文字を読んでもらうなど体幹の回旋も同時に鍛えます。

     

    N様に行っているリハビリは、ご自宅でも簡単にできますので皆様ぜひ実践してみてください!

     

    このようにケアプラスは、リハビリに力を入れており、気になる方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

    読んで頂きありがとうございました!

    これから夏本番となり暑い日が続きますので、皆様こまめな水運補給をしましょう!

    そしてコロナに負けないように手洗い・うがいも引き続き忘れずに!!

    以上、ケアプラス垣生、柔道整復師の越智でした!

     

  • 皆様、こんにちは。ケアプラス垣生 介護職員の森野です。

    今年も梅雨の季節がやってまいりました。蒸し暑く、鬱陶しくて気分が滅入ってしまいそうです。ですが、雨だからこそ濡れたアジサイの花が鮮やかに見えますね。

    梅雨が明ければ灼熱の季節の到来です。今年は様々な祭りも中止になり、いつもとは違った夏になりそうです。静かな夏もたまにはいいかな?と気持ちを切り替え、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

    さて今回のブログでは、5月末にケアプラス垣生で行われたゲリライベントの様子を紹介します。5月27日水曜日、相談員の寺川さんと私で『心うきうきゲリライベント』を開催しました。

    まず始めに寺川さんからの『私は誰でしょう?』クイズ!3つのヒントで答えを当てていただきました。寺川さんのユニークなしゃべりに皆様、笑顔で楽しまれていました。正解者にはガンバのプレゼントです。

    その後は司会者交代で『めくってチャンス!』を行いました。これは今年の2月に行われたイベント『ケアプラスダービー』で使われたスライドクイズですが、ダービーの当日、時間の都合で全問出来なかったのが勿体ないと思っておりました。更にダービーの実施日とは曜日も違う為、利用者様方は問題を知らない方が殆どです。そこで今回、再利用をしようとスライドを引っ張り出してきました。最初の一問目、なんと海しか写ってない写真で『来島海峡大橋』と正解が!ビックリです!

    その後のパネルではなかなか正解は出ませんでしたが、皆様、写真とにらめっこして「あれかな?いや、違うかな?」と首を捻っていらっしゃいました。

    最後はジャンケン大会です!ご夫婦対決になったり、親しい人どうしで対決されたりと盛り上がっていました。

    ゲリライベントは6月にも実施予定です。その詳細はまた次のブログで紹介させていただきますね。

     

    更に6月7日日曜日には梅雨入りビンゴ大会を実施しました。

    今回は利用者様方に順番にビンゴの玉を引いていただきました。なかなかビンゴにならなくても、自分で引いたから仕方ないと皆様、苦笑されていました。

     

    それでは、次は利用者様方の創作レクでの作品紹介です。

    まずは貼り絵。6月のホールを飾る貼り絵は、トト〇!

    傘を持ったト〇ロ、可愛いですね。もう一つの貼り絵は、アジサイです。

    味のある出来上がりです。

     

    ミニカレンダー、7月用は海と七夕をテーマにした絵柄です。イルカを上手くアレンジされている方がいますね。

    日曜工作は梅雨なのでテルテル坊主を作りました。皆様、頑張ってお花紙を蛇腹に折っていましたよ!目を付ける位置で表情が微妙に違って見えます。どれも可愛いですね。

    テルテル坊主は好評で、ご自宅の玄関に飾って下さったり、後日送迎で訪れた職員に見せる方がいたりと喜んで下さった様子で、発案者としては嬉しく思いました。別の日曜日には相談員の堀川さん発案でフェルトのアジサイを作ったそうです。

    テルテル坊主と一緒にこのアジサイもご自宅に飾られている方がいました。他にもデイのフロアには利用者様方が協力して作成して下さる合作塗り絵のカレンダーがあります。

     

    今月も来月用のカレンダーを頑張って作成して下さっています。

    仕上がりが楽しみですね。

    これからも利用者様方の楽しみ兼リハビリとなります様、イベントや創作レク等を提供して参ります。暑さに負けないよう、皆様、御自愛下さい。

    ではまた次のブログでお会いしましょう♪

     

  • ケアプラス垣生 ~相談員便り~ 『手を動かすこと』 垣生だより 相談員だより 2020年06月12日

    皆さま、こんにちは!ケアプラス垣生の生活相談員 寺川です。

     

    ついにやってきました梅雨の季節…。

    心も身体もじめじめっとしがちな季節ではありますが、こんな時こそケアプラス垣生で気分転換をしていきませんか?

    そこで、今回の垣生相談員ブログではケアプラス垣生で行っているリハビリの一部や

    小物づくりをご紹介したいと思います。

     

    手や指先を動かすとどういった効果があるのか…

    手先・指先を使ったり動かすことで、脳を刺激し、認知症予防に効果があります。

    高齢者の皆様に健康的な生活を送ってもらうためには、筋力を高める運動も大事ですが、同時に手先を使うレクリエーションなども行うことで

    、脳を活性化させるトレーニングにつがなってきます。

     

    ケアプラス垣生では皆様に貼り絵(ちぎり絵)や塗り絵等を手指リハビリの一環として取り組んで頂いています。

     

     

     

     

    取り組みかたは皆さまそれぞれでお話をしながら貼り絵されたり、集中して指先を動かして色を塗ったり…

     

    もちろんこれだけではありません。

    小物づくりでの達成感も味わうことが出来ます。

     

     

     

    今月にちなんだアジサイの置き飾りを作って頂きました。

    ご自分で色を選んで、ご自分で張り付ける、これも立派なリハビリの一つとなりたとえ簡単なものだったとしても、創造の喜びを感じることができます。

     

    その他にはビンゴゲーム!

    え?指先使う?と、思われたそこのあなた様!!

    実はビンゴカードの穴を開ける…これも指先を動かすリハビリの一つでもあります。

     

     

    ご自分のカードと出た数字を照らし合わせたりと…これまた脳トレにも繋がっています。

     

    いかがでしたでしょうか?

    一言で手や指を使う・動かすと言ってもいろいろな方法があります。ご自宅で出来る事もあればお一人ではなかなか難しい事も…

    ぜひそんなときはケアプラス垣生にご相談ください♪

    職員一同でそのやりたい!と言ったお気持ちのお手伝いをさせて頂きます。

    何か一つでも気になる事がありましたら…

    見学・体験利用も随時受け付けておりますので、ご興味いただけましたら

    遠慮なくご連絡ください!

     

    ケアプラスデイサービスセンター垣生

    (連絡先)089-089-6516

    担当:寺川・堀川・伊藤

     

    それでは、次回のブログでお会いしましょう!

  • ケアプラス垣生 看護師便り~高齢者と薬~ 垣生だより 看護師だより 2020年06月05日

    皆さま こんにちは。ケアプラス垣生 看護師です。

    新型コロナウイルスの影響で《自粛》《3密》《STAY  HOME》などなど インパクトのあるフレーズの日々でしたが、皆さまの体調はお変わりないですか?最近では緊急事態宣言も解除され、子供たちが通学する姿を見ると少しホッとする感じもしますが、まだ気が緩む事なく丁寧な手洗いとマスクの着用、こまめな換気、毎朝の体温測定、健康チェックなど引き続き行っていかないといけませんね。

    一番良い春の季節はあっという間に過ぎ、もぅ梅雨の時期ですね。くせ毛の私は、湿度で髪型が変わるので正直、あまり好きではない季節です。…ですが先月、娘から母の日にと紫陽花が送られて来ました。

    毎年帰ってたのですが、コロナの影響で郵送されてきました。思いがけないプレゼントはやはり嬉しいものですね。そんな母の日の出来事などを利用者さんとお話してたら、「私は娘から よくお母さん、ちゃんと薬のみよる?って言われるんよ。私 昼はよく忘れるけん、ここに来たらご飯終わったら配ってくれるけん安心よ。」と笑って話される方が何人かおられます。

    内服薬は病気の診断、治療、予防、もしくは健康回復、向上などを目的としています。

    薬の治療効果は、その薬の性質を基本に、用法、用量、その人の年齢、性別、薬の併用、耐性などが影響します。

    【食前薬】

    ★空腹時:速やかな全身作用、下剤、駆虫剤など。

    ★食事前:胃液分泌促進、食欲増進剤など。

    【食後薬】

    ★食直後:鉄剤などのように徐々に吸収される薬物。

    ★食後30分:通常、この形で用いられることが多い。

    【食間薬】

    食後23時間で服用し、吸収が早いので胃腸壁に直接作用させたい薬が多い。

    【必要時服用剤】【頓服】

    発熱し疼痛、発作などの場合に用いる。

    【就寝前服用剤】

    睡眠剤、下剤など。

     

    診察に行くと医師は「薬が残ってないか。」と尋ねられることがありますよね。それは、飲み忘れや飲み間違いをしていないか、そのような場合は原因を探って、より確実に飲める方法を見つける必要があるためです。ところが《残さずに飲む》ことが目標になり、飲み忘れた分をまとめて飲まれている方もおられます。しかし、もし《朝・夕に飲む薬》を夜にまとめて飲んだら一度に2倍の量を飲んだことになります。薬の量が多ければ、より効果が高くなるわけではなく、薬の副作用は起こりやすくなります。

    一般に薬は【1回分が抜ける】ことよりも【2回分をまとめて飲んで薬の量が多くなる】方が危険です。

    高齢者の場合、薬の副作用が出やすいこともあるため、特に注意が必要になります。例えば(昼飲む薬は忘れやすい)とわかれば、服薬を朝・夕にまとめられないかなど処方の見直しが必要かもしれません。もし、(飲みにくい)(飲むと具合が悪くなる)など、飲みたくない理由があれば、その対応が先決です。まずは自分の判断で服用を中断せず、医師に相談して対策を考えましょう。

     

    それでは 次回も宜しくお願いします。

     

  • 皆さん、こんにちは。

    初夏に入り汗ばむ陽気になり半袖姿の人も見かけるようになりましたね。

    まだまだコロナニュースが連日続いている状況ですが、ケアプラス垣生では少しでも気分転換して頂こうと5月もイベントを開催しました。

     

    まずは、毎月開催しておりますビンゴ大会。5月は計4回行いました。

    何れの日も皆様、ビンゴカードとにらめっこされ、目当ての数字が呼ばれるのを今か今かと待っておられました。

     

    5/27には職員主催のクイズ大会を行いました。

    連想クイズやじゃんけん大会、パネルをめくって何の画像か当てるものなど、3つのゲームで楽しんで頂きました。

    新聞には、ビンゴ大会とクイズ大会の楽しそうな様子を写真入りで紹介しております。

     

    6月も職員主催のイベントを予定しておりますので、7月号の新聞でまた紹介したいと思います。お楽しみに!

     

    季節の変わり目を迎え体調を崩しやすい時期ですが、ケアプラスの心・頭・体のリハビリで健康な体作りを行っていきましょう。

  • こんにちは。

    日中は汗ばむくらいの初夏のような陽気が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?ケアプラス垣生では、皆様早くも汗を流しながらリハビリに励んで頂いております(笑)

    汗かきにはとても大変な季節がやってこようとしていますね…(笑)

     

     

     

    さて、今回は背中の丸み、『猫背・円背』、

    そしてそこから起こる肩凝りについてお話していきます!

     

    「背中が丸いよ!姿勢が悪いよ!」

    なんて言ったこと、もしくは言われたことのある方、多いのではないでしょうか?(笑)

    悪い姿勢が続いて猫背になると、首・肩の筋肉が常に引っ張られた状態になり、肩凝りに繋がります。

    高齢の方では、杖での歩行やシルバーカーによる歩行が猫背の原因になることが多く、

    年齢問わず、スマートフォンの普及やデスクワークなどによる猫背の方もたくさんいらっしゃいます。

     

    特に高齢者の方は、猫背が進行し、骨盤から背骨までが曲がってしまった『円背』が深刻です。

    この状態が続くと、足腰に負担がかかるのはもちろんのこと、背骨が潰れてしまい、転んでもいないのに「いつのまにか骨折」を引き起こしてしまう危険もあります。

    また、誤嚥のリスクが高まったり、呼吸がうまく出来ず息苦しくなったりと、いろいろなことが起きてしまうのです…

     

    少し怖いですよね…ですが!良い姿勢でいればそんな心配は軽減します!

     

    そして猫背が解消することでよい姿勢になることができ、肩凝りの解消にも繋がります!

     

     

    それでは、実際にいつもご自宅でやって下さっているご利用者S様にモデルになって頂き、お家でできる簡単な体操をご紹介したいと思います!

     

     

    まず、丸めたバスタオルを用意します。

    準備物はこれだけです!

    それを肩甲骨の下あたりに横向きで入れ、仰向けに寝転がります。

    そしてバンザイの体勢をとります!この状態で3~5分寝転がります!

     

     

     

     

    そして、次は丸めたバスタオルを縦にして、背骨に沿わせるようにします。

    そのまま肩を外周りでグルグル回します。

    この時、腕だけではなく肩甲骨や肋骨を動かすように意識して大きく回すのがポイントです!

     

    なんとこれだけです!

     

    一度しただけでも胸が広がり、少し変化を感じられます

       ➡➡➡    

     

    S様は普段シルバーカーを押してお買い物に出かけたり、お散歩をされているので、

    自然と前かがみの姿勢をとることが多くなり、

    背中の丸みや、それによって起こる肩凝りをとても気にされておりました。

    ですがこの体操をご自宅で行って頂いて姿勢が良くなり、肩凝りも軽減したと喜んでいただいております!

     

    肩凝りに悩んでいる方、猫背が気になる方、円背を予防したい方は是非一度お試しください!

     

     

    このようにケアプラスは、それぞれのお悩みに合った、ご自宅でできるリハビリもご紹介しております!気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

     

    読んで頂き、ありがとうございました!

    皆様、まだまだ油断のできない日々が続いておりますが、負けずに頑張りましょう!!!

    手洗い・うがい、そして水分補給も忘れずに!!!

    以上、ケアプラス垣生、柔道整復師の玉井でした!

     

     

  • 皆様、こんにちわ。ケアプラス垣生 介護職員の森野です。

    5月も早や下旬となり、あちこちの田畑では田植えの準備や夏野菜の植えつけが始まっていますね。山では柑橘の花が咲き、甘い香りが満ちています。

    世間では、あのウイルスの問題がまだまだ治まっていません。それでも自然界は着実に季節を紡いでいます。ケアプラス垣生の建物の近くに柵で囲われた空港管理地があり、そこは人も犬猫も入り込めない草むらとなっています。そういう所なので安全と判断して草むらに巣を作ったのでしょう。晴れるとヒバリが賑やかにさえずっています。その鳴き声を聴いているとあまりにのどかで、ほっとする事が出来ます。

    皆様もウイルスの事を忘れて過ごせる時間を持たれていますか?

     

    さて今回のブログですが、祝祭日に行われたビンゴ大会の様子や、利用者様方の工作等の作品の紹介をいたします。
    ケアプラス垣生では祝祭日に合わせてビンゴ大会を行っております。今月はゴールデンウィークがありましたので、連続ビンゴ大会となり、利用者の皆様に沢山のガンバ券を獲得していただきました!「ビンゴはダメなんよ。いっつもドゲが近いんよ。」と始める前にぼやいていた方が上位でビンゴになり、「嘘みたい!」と喜ばれていました。

    日曜日の工作では職員と一緒に折り紙の万華鏡を作成しました。

    合作塗り絵は鯉のぼりです。

    この合作塗り絵、今月は貼り絵として作成しております。完成品はまた次のブログでご紹介しますね。

    日曜日以外にはミニカレンダーの作成や貼り絵等、利用者の皆様が楽しんでいただける様な作業レクを行っております。5月用のミニカレンダーは、これも鯉のぼりをメインとしたイラストを貼り付けていただきました。

    6月用はアジサイやカエルが沢山です。皆様、思い思いにアレンジされていますね。

    フロアに飾られている貼り絵はやはり、鯉のぼり!今回は作成中の利用者様の様子も写真に収めることが出来ました。

    見事な貼り絵の完成です。

    皆様、ありがとうございます!

     

    もうじき梅雨の季節となりますね。マスクをしていると蒸れて余計に汗をかきます。なのにマスクをしていると喉の渇きを感じにくくなるそうです。これからの季節、熱中症には特に気を付けて下さい。

    では、また次のブログでお会いしましょう!

     

  • ケアプラス垣生 ~相談員便り~ 『身体を動かすこと』 垣生だより 相談員だより 2020年05月15日

    みなさんこんにちは!ケアプラス垣生 相談員の寺川です。

     

    新緑の季節となってきました。デイサービスから見える外の風景や、送迎中に見える木々の緑が日に日に濃くなっていますね。少しずつ過ごしやすい季節になってきたこともあり、

    身体を動かしたくなってきませんか?

    そこで、今回の垣生相談員ブログ。

    タイトルにある通り、身体を動かす事についてお話していきたいと思います。

    …ちなみに、不定期でやっている垣生職員紹介についてはまたのお楽しみを☆

     

    まずは運動について説明していきたいと思います。

     

    運動とは…

     

    運動とは、「からだを動かすこと」で、最近では日常生活での活動(生活活動)と

    スポーツなどの運動を合わせて身体活動と呼ばれています。

     

    ではなぜ運動をしなくてはいけないのか…

    それには二つの理由があります。

    1生活習慣病の予防

    食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが健康の為に良い状態です。しかし食べる量は変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪としてからだに蓄えていきます。この状態が幾度となく繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満となります。そして肥満が原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

    2筋力やからだ機能の維持

    体調を崩し1週間ほど寝込んでいた後は、疲れやすかったり、普段のように動けないなど、体力や筋力、持久力などが衰えていると感じたことがあるかと思います。人間は持っている機能を使わないと驚くようなスピードでその機能は低下していきます。

     

    では上記の理由を踏まえてどのような効果があるのでしょうか。

    運動の効果

    • からだ的な効果

    ・体力、筋力の維持および向上

    ・心肺機能の向上により疲れにくくなる

    ・腰や膝の痛みの軽減

    ・抵抗力を高める(風邪予防)

    • 精神的な効果

    ・認知症の低減
    ・不定愁訴の低減
    ・気分転換やストレス解消

     

    …と、文章で書いてみるとなんのこっちゃ??と、なる方もいらっしゃるかと思います。

    では、ケアプラスではどのような場面で運動に取り組んで頂いているのかをご紹介したいと思います。

    来所後しばらくして皆さんと行っているのが…

    ラジオ体操とみんなの体操

    テレビ画面を見ながらゆっくりと無理のない範囲で身体を動かして頂いています

     

    座ったまま出来るので車椅子の方も安心して取り組んで頂けます。

    ケアプラス垣生の特徴として、デイルームからリハビリ室、トイレ、浴室まで

    すこし距離があります。そこを利用して歩行機会の一環にも役立てています。

    もちろん安全面に配慮したうえでの移動ですので、ご安心ください♪

    その他、入浴をすることでも服を脱ぐ・体を洗う・浴槽をまたぐ・服を着る…

    これも立派な運動!もちろん、リハビリスタッフと一緒に取り組む運動もあります。

     

    午後になると、どうしても眠たくなってくるころかと思います。

    そこで、気持ちをシャキっとすることができる体操がこちら!

     

    ケアプラスリハビリ体操

    こちらもテレビ画面と職員の声掛けに合わせて身体を動かしてもらいます。

     

    あちらこちらで「あ~気持ちよい」「眠たかったけん、ちょうど良いわ」なんて

    会話が良く聞こえてきます。

     

    中には立ったまま運動される方も…。

    (もちろん職員見守り行って安全に配慮しております)

     

     

    お一人ではなかなか運動に取り組むことが難しい事もあるかと思います。

    デイサービスではスタッフだけでなく他利用者様と一緒に取り組むことで、達成感や

    やりがいを持つことが出来るかと思います。

    もちろん、ご自宅で取り組むことのできる運動のご案内も随時行っています。

    何か一つでも気になる事がありましたら…

    見学・体験利用も随時受け付けておりますので、ご興味いただけましたら

    遠慮なくご連絡ください!

     

    ケアプラスデイサービスセンター垣生

    (連絡先)089-089-6516

    担当:寺川・堀川・伊藤

     

    それでは、次回のブログでお会いしましょう!