実績報告

垣生だより一覧

  • ケアプラス垣生 介護員だより~桜咲く春到来!~ 垣生だより 介護員だより 2020年03月27日

    皆様、お元気ですか?ケアプラス垣生 介護スタッフの森野です。

    ようやく松山でも桜が咲き始めましたね。我が家にはソメイヨシノの大木がありますが、それ以外の桜の木も何種類か植えており、早咲きの山桜がすでに満開を迎えております。

    デイの皆様にもお花見気分を味わっていただきたく、この桜を数本、飾らせていただきました。

    これから様々な花が咲き誇る季節となりましたが、今年は例のウイルスのせいで浮かれ気分とは縁遠い春になってしまいましたね。ケアプラス垣生でも予定していたイベントが中止になり、仕方ないとはいえ、残念です。

    その代わり、相談員メンバーの主催で歌自慢大会やクイズ大会が行われ、大変盛り上がりました。こちらのイベントの様子は相談員ブログの方で詳しく紹介しておりますので、ぜひそちらをご覧下さい!私も歌いましたよ!

    イベント以外でも利用者様方には楽しく過ごしていただけるよう、様々な創作レクを用意しております。その創作レクでの作品を紹介してまいります!

    まず、3月にホールを飾った貼り絵はやっぱりお雛様。

    貼り絵を毎回熱心に作成して下さる方々に感謝です。

    個人制作のミニカレンダーは2月は3月用ですので、やっぱりお雛様ですね。

    3月には4月用のを作成していただきました。

    4月は桜とチューリップをアレンジしております。皆様、それぞれ可愛く出来ております。

    次は日曜のレクでの作品です。合作塗り絵は、これも春らしい可愛い絵ですね。

    工作ではひょうきんなお雛様が出来上がっております。

    和紙を貼り付けたつるし飾りも華やかに仕上がりました。

    桜の花飾りも素敵ですね。

    この花飾りで、ご自宅でも花見を楽しんでいただきたいですね。

     

    ケアプラス垣生は、これからも皆様が安心して楽しめる時間を提供して参ります。興味を持たれた方はぜひご連絡下さい。

    それでは皆様、くれぐれもお身体にお気を付け下さい。

    次のブログでお会いしましょう。

  • 皆さん、こんにちは。ケアプラス垣生の堀川です。

    3月も後半に入り日ごとに暖かくなってきていますね。

    木々の芽も膨らみ春の到来を感じる事が多くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

     

    さて今回のブログですが先日垣生で行われましたイベントの紹介を行いたいと思います。

    普段の日は午後からカラオケを楽しんでいただく時間を設けておりますが、

    その自慢の歌声を披露していただく場を…との事でカラオケ大会を開催しました。

     

    当日は、ご利用日ではない利用者様もご参加いただき、いつもよりたくさんの歌声を聞くことが出来ました。

     

     

     

    皆様、「恥ずかしい」「緊張する」と言われながらも「氷雨」や「さざんかの宿」、「命くれない」などを熱唱され、素敵な歌声を聞かせてくださいました。また中にはデュエット曲の定番「銀座の恋の物語」を披露して下さった方もおりました。

     

     

     

    そして利用者様の歌の合間には衣装もバッチリな職員のカラオケもありました。

     

     

    ※因みに曲は「帰ってこいよ」と「また君に恋してる」です。

    普段は中々聞くことのできない職員の歌声に皆、手を叩いて大喜び!とても盛り上がりました。

     

    このように垣生では今後もイベントを多数、予定しております。

    興味のある方、参加してみたいという方は、お気軽に職員までお申し付けくださいね。

    それではまた次回お会いしましょう!

  • ケアプラス垣生 看護師便り~寝入りが良くなる為に~ 垣生だより 看護師だより 2020年03月13日

    皆様 こんにちは!ケアプラス垣生看護師の八石です。

    新型コロナウイルス感染に伴い外出等も制限され、我々にとりましてもストレスを感じる毎日ではないでしょうか。感染予防対策はもちろんの事、食事と睡眠をとり免疫力を高める事が大切であると言われています。春野菜には免疫力を高める作用があると言われています。しつかり食べて、この国難を乗り越えていけたらと思うばかりです。

    今回は、睡眠について考えていきたいと思います。

    春分の頃は陰と陽のバランスが乱れ、睡眠にも支障がでると言われています。寝つきが悪い、眠りが浅い等、不眠で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。不眠の多くは生活習慣を見直すことで改善できるので、ご紹介したいと思います!

     

    簡単ではございますが、寝つきの悪さを解消する4ヵ条とは…

    1 朝は太陽の光で体内時計を整える。

    2 毎朝決まった時間に起きて、カーテンを開けて太陽の光を浴びる。

    3 日中は活動的に、昼と夜とで生活にメリハリをつける。眠る前にリラックスする。(移行期が必要)

    4 休日も朝は同じ時間に起き、昼寝等を活用する。

    しかし、上記の4つにこだわり過ぎず、自分にできる事を行ってみましょう。

     

    私も休日は極力人混みを避け、買い物以外は自宅で過ごす事が多くなりました。部屋の片付けをしたり、玄関に花を飾ったりと、家での楽しみを見つけました。無観客でスポーツも開幕されていますが、選手達の事を思うと少し寂しくなります。

     

    もう少しすると桜便りも聞かれ、ウキウキする季節が巡って参ります。利用者様も、私達スタッフも健康第一で過ごしましょう!

    最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

  • みなさん、こんにちは。

    はじめまして、ケアプラス垣生、柔道整復師の玉井です。

     

    だんだんと春が近づき、日中の暖かさが心地よくなってきましたね!

    その分朝晩の冷えが応えますが、みなさん体調を崩されたりしていませんか?

     

    朝の寒さでなかなか布団から出られない...

    着替えに時間がかかる...

    なんて事態は私だけではないはず(笑)

     

    そんな、みなさんが毎日行っている「着替え=更衣動作」をテーマに、ケアプラス垣生ではリハビリ部主催のイベントを開催しました!

    その名も、「第8回 FC垣生」です!

    FCはフィットネスクラブの略で、健康のための体操やトレーニングをするという意味です。

    ケアプラス垣生の5人のリハビリスタッフが、スムーズにそして安全に着替えを行えるような体操をご用意致しました!

     

    それでは「第8回FC垣生」の一部を紹介させて頂きます!

     

    トレーニングの前に、まずは今回のFCの目的を兼ねて、更衣動作(着替え)と日常生活の密接な関わりを説明させて頂きました。

     

     

     

    皆様、真剣に聞いて下さっています!

    なぜなら最後に〇✕クイズがあり、その答えが隠れているからです。

     

    そして本題の体操タイムに行きましょう!

     

    まず、上着を羽織りやすくするための体操です!

    肩の関節を柔らかくすること、両手の連動がスムーズになることを目的としています。

    皆さん元気にタオルをグルグルと回されていました!

     

     

    肩凝りにも効果があり、職員もこっそりやっていました(笑)

     

     

    次は袖に腕を通すための、肩甲骨のストレッチです。

    グーっと背筋を伸ばしたり、腕をクロスして、肩甲骨をたくさん動かして頂きました!

     

     

    最後には、太ももの前の筋肉を鍛えるトレーニングと、ももの裏を伸ばすストレッチで、ズボンの上げ下ろしや、靴下の着脱に役立つ体操を行って頂きました!

     

     

    そして〇✕クイズ!

    更衣動作とは着替えのことである。〇か✕か?

    などなど5問ほど出題させて頂きました!

     

     

    なんと!みなさん全問正解でした!!

     

    更衣動作は1日のうちで何度も繰り返される動作であり、年齢の影響を受けやすい動作であると言われています。

    特に、ズボンの上げ下ろしが一人でできるということは、トイレに一人で行くための第一歩となります!

     

    このように、ケアプラス垣生ではみなさんが健康で元気に日常生活を送れるように、リハビリスタッフもイベントに参戦しています!

    参加して頂いた利用者様が楽しんで下さり、今後もリハビリのイベントを行って欲しいとのお言葉を頂き、我々スタッフも嬉しさでいっぱいです!!

    気になる方は、是非是非見学や体験をお待ちしております!

     

     

    以上、ケアプラス垣生、柔道整復師の玉井でした!

    読んで頂き、ありがとうございました!

    皆様、風邪にもインフルエンザにも、そしてコロナウイルスにも負けずに!

    そして転倒やケガもなく、元気に過ごしましょう!!

  • 窓から見える山々も色づき始め、ようやく春の訪れを感じる頃ではないでしょうか。

    しかし、朝夕はまだ肌寒いですね。皆さんいかがお過ごしですか?

     

     

    さて、ケアプラス垣生新聞3月号が完成いたしました。

    紙面には、2月に行われたイベントの写真が掲載されておりますのでご紹介したいと思います。

     

     

    まずは、2月6日に行われました「三味線コンサート」です。

    今回も嶋本慶様にお越しいただき、沢山の楽曲を披露して下さいました。

    手拍子をしたり一緒に歌われたり、とても楽しまれておりました。

    昭和の曲や明治の曲、沖縄民謡など幅広い楽曲で会場を盛り上げて下さいました。

     

     

    続いて2月11日に「頭スッキリケアプラスダービー」が行われました。

    今回は「あなたのお名前なんて~の?」「ご当地名産〇×クイズ」「脳トレクイズ」「めくってチャンス」の4つを行いました。

     

    漢字の読み方問題や○×クイズ、計算問題等々いろんなジャンルのクイズに挑戦して頂きました。今回も4つのグループに分かれてチーム戦で行いました。

    グループ内で意見を出し合いながら、真剣に考えておられました。

     

     

    まだ寒い日が続くみたいですが、体調を崩されずに元気で過ごしましょうね!

    それでは、次回のブログでお会いしましょう。

  • こんにちは。ケアプラス垣生介護員の武田です。

    気温はまだ低いとはいえ、窓から入る春めいた日差しが嬉しいこの頃です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。体調など崩されてはいませんか?もうしばらく寒さが続くようですが、乗り切りましょうね!

     

    さてさて、今回のブログでは2月に行われたイベントのご紹介をしたいと思います。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

    まず2月6日に行われました、嶋本慶様による「三線のコンサート」です。垣生では恒例となってきたこのイベントですが、今回も素晴らしい演奏で大変盛り上がりました。

    まずは、おなじみの「あさどやユンタ」から始まり、沖縄民謡の「たんちゃめぶし」や明治の歌の「カチューシャの歌」等々、計15曲披露してくださいました。利用者様も一緒に歌われたり、手拍子をしたりとても楽しまれておりました。

    次に「ケアプラスダービー」が11日に行われました。今回は、「あなたのお名前なんて~の?」「ご当地名産〇✕クイズ」「脳トレクイズ」「めくってチャンス」の4部門に分けて行われました。職員の衣装にも気合が入っておりましたよ!

    まず、最初は「あなたのお名前なんて~の?」です。ここでは、前のテレビ画面に映し出される漢字の読み方を当てるゲームです。問題1の漢字はこちら☞「亜米利加」画面を見るなり、皆さんすぐにペンをはしらせておりました。簡単でしたかね?(笑)

    正解は...「アメリカ」です!

    続いて問題2はこちら☞「甘焦」さてこちらは何と読むのでしょうか?ヒントは果物です!

    正解は...「バナナ」です!ちなみに私はバナナが嫌いで全く食べないです(苦笑)こんな感じで、計8問のクイズに挑戦して頂きました。

    次に行ったのは、「ご当地名産〇×クイズ」です。このゲームはその名の通り、問題に対して〇か×を答えていただく簡単なゲームです。

    問題1

    「キウイフルーツの生産量、第1位は福岡県?」皆さんはどっちだと思いますか?

    正解は...「×」です!なんと、愛媛が1位なんですね!知りませんでした...(笑)

    では、問題2「みかん味のブリがいる?」さて、この問題はどうでしょうか。

    正解は...「〇」です!これは私もわかりました!学生時代、お寿司屋さんでバイトしていたのが役に立ちました!このクイズは計10問出題し、利用者様の正解率も素晴らしかったです。

    続いては、「脳トレクイズ」です!ここでは「ひらがな計算・虫食い熟語」というものに挑戦していただきました。

    問題1 「じゅうにたすじゅうはちはいくつ?」

    正解は...「30」です! 数字で書かれていないのでなかなか苦戦したのではないでしょうか?

    問題2 □に入る漢字は何でしょう?

    正解は...「合」です。正解出来ましたか?

    最後のゲームは「めくってチャンス」です!前の画面に絵が出てきますが、その絵には番号が振られており隠されている状態です。

    ビンゴゲームで使われるおもちゃを使って、数字を出します。出た番号をめくり、数字の下に隠されている絵は何の絵なのかを答えていただくゲームになります。

    問題1は「大洲の鵜飼い」が答えになります。ここでは3枚目で正解出ました。

    大洲の鵜飼いは伝統漁法の1つで、「日本書紀」や「古事記」等に記載されており、1300年もの歴史があると言われているそうです。松山の大洲以外にも、岐阜県長良川や大分県日田市三隅隈川とともに日本三大鵜飼いに数えられているそうです。

    利用者様も笑顔で楽しまれ、今回のイベントも大いに盛り上がりました。帰りの送迎の際にも「今日はよかったよー!」と仰って下さいました!

     

    さてさて、ケアプラス垣生では3月もイベント盛り沢山です。ご参加されたい方は、是非スタッフにお声がけください。最後となりましたが、皆さんお付き合いいただきありがとうございました。

    寒さが続きますがお身体には十分に注意してお過ごし下さい。それでは次回のブログでお会いしましょう!

  • みなさんこんにちは!ケアプラス垣生相談員の寺川です。

     

    いよいよ春本番が近づいてきましたね。新年を迎えて、1月2月があっという間だったように感じますが、皆さまはいかがだったでしょうか?

    さて今世間では、風邪やインフルエンザよりも新型肺炎コロナウイルスのニュースが連日報道されていますね。

    単純なことですが、【手洗い・うがい】を普段の風邪予防よりも意識して取り組むだけでもちがってきますので、今自分たちにできる予防対策をしっかりと行っていきましょう!

     

    さてさて、今回の垣生相談員ブログ。

    タイトルにある通り、今回は改めてケアプラス垣生の職員紹介第二弾をしていきたいと思います。

    その中でも【機能訓練指導員】に焦点を当てていきます。

     

    まずは簡単に機能訓練指導員について説明していきたいと思います。

    機能訓練指導員は下記の資格のどれかが必要となってきます。

    ①柔道整復師

     

    ②作業療法士・理学療法士

     

    ③言語聴覚士

     

    ④あんまマッサージ師

     

    ⑤看護師、准看護師

     

    ケアプラス垣生では、柔道整復師・作業療法士・理学療法士・看護師が機能訓練指導員を担っています。

    では次にどんなことを主に行っているかと言いますと…

    高齢化社会といわれる日本で、高齢者の方が、できるかぎり「自立した生活」を送れるよう支援するのが、機能訓練指導員の役割です。主には歩行練習や筋力トレーニング、マッサージなど、高齢者の方一人ひとりの症状や目的に合わせプログラムを実施します。

     

     

    それでは実際にケアプラス垣生でのリハビリの様子を見ていきましょう!

     

    まずはじめに実際にベッド上での【徒手訓練】に入る前に当日の体調等についてお尋ねします。

    「今日はどうですか?どこか痛いところとかありますか?」

    「ううん、ないよ。今日もよろしくお願いします。」

    「はい、今日も一緒に頑張りましょう!」

    そんなやり取りを毎回行っています。

     

    お一人お一人その日の状態等に合わせて、指導員が直接身体に触れながらストレッチや

    マッサージを行っていきます。

    …おや?カメラ目線の職員が??

     

    さて徒手訓練以外ではどんなことをやっているのでしょうか?

    おやおや何やら皆さんで画面を見ながら同じ動きを…?

    ここでもばっちりとカメラ目線いただきました。

    こちらは【スリングリハビリ】と言います。

    不安定な環境下で運動することで、上肢・体幹筋向上や可動域拡大、基礎代謝向上による柔軟性やリラクゼーション効果を得ることができます♪

     

    その他にもこんなリハビリをお一人お一人に合わせてメニューを決めて取り組んでいただいています。

    【エアロバイク】

    座位で運動するため下肢疾患の負担軽減しながら運動することができます。

    また、体幹・下肢の筋力向上や関節運動も図れ、歩行の前準備運動としても効果的です。

     

    【ボールを使ったトレーニング】

    【ストレッチ】

     

    【立位・歩行訓練】

     

    その方にとって今どんなトレーニングが必要か、またご自宅での生活を続けるためにもどんなことが出来るようになれば良いのか、を考えながら一緒に取り組んでいます。

     

    中にはこんなことも…

    【洗濯を干す】

    これもりっぱな日常生活動作の訓練ですね。

    実際に毎回職員と一緒に干されている方にお話しをお聞きすると「家でも洗濯の手伝いを続けられるようになった」や「昔からしてることだからね」なんてお話されていました。

    (もちろん転倒等がないよう職員が安全に配慮を行っています)

    ※その他の職種についても不定期で紹介していきたいと思います!

     

    一日のリハビリの終わりに改めて体調の聞き取りを行います。

    「終わってみてどこか違和感とかありますか?」

    「ないよ、今日も気持ちよくできたよ、ありがとうね」

     

    素敵な笑顔を見せていただきました♪♪

     

    いかがでしたでしょうか?

    【機能訓練指導員】…よりもどちらかというと【リハビリ】の紹介になってしまいましたね。

    ただどのリハビリの場面にも必ず【機能訓練指導員】の見守り・声掛けを行っていますので、ご安心ください。

     

    毎日元気いっぱいに皆さんの事をリハビリルームにてお待ちしています!

    お一人お一人のご自宅での生活が今より安心して続けられるよう、スタッフ一同応援しています。

     

    実際に今回のリハビリを受けてみたい、指導員を見てみたいと思った、そこのあなた様!!

    見学・体験利用も随時受け付けておりますので、ご興味いただけましたら

    遠慮なくご連絡ください!

     

    ケアプラスデイサービスセンター垣生

    (連絡先)089-089-6516

  • ケアプラス学習療法だより 2020年2月号 垣生だより 2020年02月16日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス垣生の堀川です

    2月に入り立春も過ぎましたが、まだまだ寒さが厳しい日が続きますね。とはいえ昼間、暖かい時もあり春が近づいて来るのを感じられる日が増えてきたように思います。春が来るのが待ち遠しいですね(^^♪

     

    さて今回のブログですが、学習療法について改めてご紹介したいと思います。

    学習療法は簡単な読み書き、計算、すうじ盤の3種類を声に出しながら行うものです。

    この「簡単な問題を声に出しながら行う」という事が大切で、難しい問題を黙って考えるよりも脳が活発に働くそうです。また、ただ問題を解いてもらうだけでなく、楽しく話をしながら行うという事も大切にしています。その方自身の昔の話や、読み書きの教材に出てくる懐かしい物事を題材にコミュニケーションを取りながら学習療法を進めていきます。どの方も自分に馴染みのある話題では会話も弾み、普段ご自分からあまりお話されない方も沢山お話して下さいます。

    本日、学習療法に取り組まれた方の写真を撮らせて頂きましたが、どの方も素敵な笑顔だと思いませんか?学習療法って難しそう…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、興味のある方は気軽に職員にお声かけください。

    楽しいひと時を過ごせると思いますよ(*^^*)

     

    それではまた次回の学習療法ブログでお会いしましょう。

  • ケアプラス垣生 看護師便り~体温と咳~ 垣生だより 看護師だより 2020年02月14日

    例年になく、椿まつりも早く終わり気が付けば2月も中旬。

    まだまだ寒さも続きますが、皆さまの体調は大丈夫ですか?ケアプラス垣生の看護師 山中です。

    最近、テレビで見ない日はないほど世界中で話題の「新型コロナウイルス肺炎」ですが、発熱・喉の痛み・咳・胸部不快など、肺炎症状が見られるケースが多いとされているようですね。

    ・・・ということで今回は、体温と咳についてお話したいと思います。

    【体温って そもそも何?】

    体の中では、

    ○基礎代謝(栄養素の燃焼)

    ○日常生活時の筋肉のふるえ(振戦)

    ○運動時の筋肉運動、各種ホルモンや交感神経の働きなどが行われ、その経緯・結果において常時熱が作り出されています。

    体温のエネルギーとなる食物摂取の時間、運動の有無などで体温は影響しますが、一般的に、早朝は低く、食事や運動を始める時間帯から夕方あたりまでは高くなり、その後は低下に向かいます。体温の年齢による差は〈体温調節機能〉によりますが、新生児は、その機能が未発達のため体温は高く、高齢者の場合は、皮膚の熱伝導率が少ないため体温は一般的に低い傾向です。

    【咳が出るのはどんな時?】

    咳は、気道に侵入した異物や嚥下気道内の分泌物を排除し、気道を清浄化するために起こる反射・防衛反応です。風邪や気管支炎、急性肺炎など他の肺疾患などで粘膜に色々な刺激(炎症・化学物質・温度変化)が生じると、異物の感知と同様に咳が出ます。

    咳には・・・
    乾いた「乾性咳嗽」

                  ・初期の肺結核

                  ・胸膜炎

                  ・肺腫瘍

                  ・突発性間質性肺炎など痰はありません。

    湿り気のある「湿性咳嗽」

                 ・気管支炎

                 ・気管支喘息

                 ・急性肺炎

                 ・気管支拡張症など

    この季節 『低温・乾燥』でウイルス性の疾患が増えて体調を崩しがちです。ウイルスの大きさからすれば、咳やクシャミによる飛沫感染を完全に防御できるわけではないのですが、マスクを着用することで、飛沫の唾などは止めることができます。

    また、こまめな手洗いを行うことは手から環境中のウイルスを拾い、鼻や咽頭に運ぶことを防ぎます。インフルエンザウイルスは、気温が低く乾燥した環境においては、身体の外に排出されても長い間 感染力を持ち続けてしまう性質がありますが、手洗い・うがい・人に移さないマスクの着用も心掛け、この時期を乗り越えましょう。

    ケアプラス垣生では、松山空港が近いので窓の外から近距離で飛行機も見えますよ。

    ぜひ一度、体験利用をしてみて下さい。

    では、次回も宜しくお願いします。

  • 皆様、こんにちは。

    鬼は外・福は内!!!皆様、鬼退治できたでしょうか?(笑)

    齢の数だけ豆は食べましたか?私は三十…数個食べました(笑)

    さて今年の2月はうるう年です。4年に一度366日となります。

    そしてオリンピック・パラリンピックの開催年となります。

    テレビで競技を観戦するのも良いですが、皆様も選手並みに(笑)リハビリで身体を動かしましょう!

     

     

     

    今回は利用者のY様とのリハビリを紹介したいと思います。

    普段杖歩行で両膝の痛みを訴えられており、特に左膝の痛みに悩まれていらっしゃいます。

    ご自宅で行われている動作が負担少なく続けられるよう、また痛みの軽減ができるよう、リハビリに取り組まれております。

     

    膝の痛みを軽減するのに大切なのは…筋肉です!!!

    特に太ももの前側の筋肉が重要です。

    Y様は四頭筋訓練機にて、筋力向上を目指しております。

    初回使用時には3回行うだけがやっとでしたが、今ではなんと、200回!!!

    ご自宅では台所でつかまり立ちするのがやっとでしたが、今では何も持たずに立てるようになっています。

     

     

    他にも平行棒内でバランスパッドを用いて不整地歩行の訓練も行っています。

    膝が変形しており足首にも負担がかかる為、足底接地を確認しながら訓練しています。

     

     

    もちろん筋力トレーニングだけでは筋緊張が緩和されない為、機能訓練士がリラクゼーションやストレッチを行い、筋緊張の緩和・関節可動域の拡大などを図り徒手訓練を行います。

    生活動作の負担を軽減・痛みの緩和を図っております。

     

     

    徒手訓練後は朝より歩きやすくなり、エアロバイク訓練をしても膝に痛みがありません。

     

     

    今後は太もも前側の筋肉だけでなく、内側筋・外側筋・後ろ側のハムストリングスの筋力トレーニングもレクチャーしていきたいと思っております。

    より膝周りの筋力を強化し、痛みとさよならできるように…!

    もちろん本人様の頑張りが一番大切です。

    その補助をリハビリスタッフ一同、Y様と共に頑張らせて頂きます。

     

     

     

    このようにケアプラスはリハビリに力を入れており、気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

     

    読んで頂き、ありがとうございました!

    皆様、風邪やインフルエンザをもらわないよう、手洗いうがいを忘れずに!!!

    以上、ケアプラス垣生、柔道整復師の香川でした!