実績報告

大洲だより一覧

  •  

    皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲機能訓練員の中田です。

     

    残暑が続きますが、暦の上では秋です。皆様がお変わりなくお元気で日々過ごされていることを願っています。

     

    今年の夏はコロナの影響で仕事中もマスクの着用となっています。そんな中施設に通っていただいている利用者様と共に、汗だくになりながら日々を送っています。

    しかしコロナは、当たり前に楽しめていた日常がどんなに幸せであったかを教えてくれました。

     

    さて今月は姿勢解析の撮影の結果について着目し、リハビリがどのような事を行い結果どうなったかを報告していきたいとおもいます。

     

    利用者様の状態。

    自宅階段にて転倒し退院後利用となっています。

     

    家族様の目標は「元気になってほしい。」「居住が二階である為、階段の昇降がもう少し円滑に行える様になってほしい。」

     

    身体機能の変化

    以前は杖と手引き介助歩行においても時間がかかっていた。現在はややスムーズになり介助時間の短縮となっています。

    さらに、家族様より「自宅階段の昇降が前より安定し、早くなった。」と喜びの声も頂いています。

     

    リハビリ内容はバイク漕ぎや平行棒内歩行、重心移動訓練や段差昇降訓練。手すりの持ち方の練習等を行ってきました。

    バイクは現在10分行え、平行棒内歩行は10往復以上行える様になりました。

     

    姿勢解析は54点から57点に向上。下の写真は以前と現在で比較した物です。

     

     

    姿勢で大きく変わったのは、頚部の左側屈と屈曲が軽減し綺麗な立位に変わっています。お歳は87歳ですが、日々の努力は自身に帰ってくることがわかります。

    現在姿勢が変化し悩まれている方は多いです。しかし、サービスを利用し自身が変わった事に気が付く方は少ないでしょう。

    姿勢解析はこのような方が受けたサービスに納得できる機会を与えてくれると私は思います。皆様にも是非体験し納得して頂けるよう日々努力していきます。

     

     

    最後にこの度のブログを快く承諾していただいたご本人様、家族様に深く感謝を申し上げます。

     

     

  • ケアプラス大洲 看護師便り~笑って、免疫力アップ~ 大洲だより 看護師だより 2020年09月03日

    こんにちは。ケアプラス大洲 看護師の宮﨑です。

    梅雨明け後、今年の夏は全国的に平年より気温が高く、厳しい暑さとなっています。また、9月に入っても高温傾向が続き、お彼岸の頃までは残暑が厳しくなりそうです。また今年は、新型コロナウイルスの感染に伴い、なんだか気分も沈みがちですよね。皆さんは、こまめな手洗いや咳エチケットなどの感染対策の他、どんなことをされていますか。感染予防のためには、免疫力を上げることも大事だと言われています。

     

    そこで今回のテーマは「笑って、免疫力アップ」です。『笑う門には福来る』『笑いは副作用のない妙薬』という言葉があるように、昔から笑いは良いものとされてきていました。

    笑顔の効果

    1 ストレス解消、リラックス効果

    笑顔の最大の効果はストレス解消です。笑顔になると、脳内には幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」がたくさん分泌され、ストレスが解消されます。

    また気分が落ち込むようなことがあっても、笑顔でいると自分自身を明るい気持ちにしたり、前向きになれたり、リラックスできる効果もあります。結果として免疫力も高まります。

    2 免疫力アップ

    笑顔でいる人の方が、不機嫌な人よりも寿命が長いとされています。笑顔はナチュラルキラー細胞という免疫細胞を活性化する力があり、笑顔によって免疫力が高まります。ナチュラルキラー細胞は、がん細胞や体内に入ってくる細菌やウイルスと戦います。

    3 血行促進

    思いっきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態にあります。そのため、体内に酸素を多く取り込むことができるため、血行が良くなり新陳代謝が促されます。その結果、免疫力が高まるだけでなく、見た目も若く見えるようになったり、脳梗塞など血管がつまる病気の予防にもなります。

    4 幸福感と鎮静作用

    笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。この物質は幸福感をもたらすほか、“ランナーズハイ”の要因ともいわれ、モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減します。

    5 筋力アップ

    笑っているときは、心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば 『内蔵の体操』の状態です。静かに過ごすより笑っているほうが、カロリーの消費量が多くなります。さらに大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、肋間筋、顔の表情筋などを動かすので、多少ながら筋力を鍛えることにもなります。

     

    以上のように、笑いにはいい効果があることが分かっていますが、疲れていたり、落ち込んでいるときに、お腹をかかえて笑うのはなかなか難しいですよね。そんな時は、つくり笑いでも、リラックス効果や免疫力を高める働きがあるそうなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

     

    ~笑顔のつくり方~

    1 大きく深呼吸

    2 楽しいことやうれしいことを思い浮かべる

    3 ゆっくり息を吐きながら、口角をあげる

    ※口角が上がらないという方は、「ウイスキー」や「キムチ」というと口角が上がりますので、その状態を覚えておくといいかもしれません。

    さらなる長期戦が予想される新型コロナウイルスとの闘い。笑って免疫力を高めて困難な時期を乗り越えましょう!

     

  • 皆様こんにちは。

     

    暦の上では秋となりましたがまだまだ暑い日が多く、過ごしにくい日々が続きますね。

    水分補給をしっかりとし、熱中症・脱水症状に気を付けましょう。

    さて8月にケアプラス大洲で開催したイベントを紹介いたします。

     

    13日(木)に行われました【私はだーれ?】

    事前に職員に「自分の性格を一言でいう?」や「私、こう見えて○○です。」といった質問を準備し、その回答をヒントに、それはどの職員の事かご利用者様に当てて頂きました。

    すぐに「あの職員だな」と分かるものもあれば「これは誰かな?」と頭を悩ませるものもあり、とても盛り上がっておりました。

    また、レクリエーションを通じ職員とのコミュニケーションが図れた、良いイベントになりました。

     

    次に24日(月)に行われました【夏のお楽しみイベント】

     

    職員が箱の中身を手探りだけで当てるゲームを行いました。ご利用者様にヒントを頂きながら行いましたが、職員のリアクションも様々で楽しい時間を過ごすことが出来ました。

    また、イントロ当てゲームも行いました。懐かしい曲でも皆さん、すぐに答えられており頭スッキリできたのではないでしょうか。

     

     

    また9月も様々なイベントを計画しております。

    ご利用者様と、職員が一緒になって楽しい時間が過ごせるよう取り組んで参ります。

    今月も暑さに負けず、元気に過ごしていきましょう!

  • 皆様こんにちは!

    ケアプラス大洲柔道整復師の冨士渕です。

     

    最近ますます暑さが厳しくなってきましたね!

    暑いのが苦手な私にとって嫌な季節がやって来てしまいました。

    毎日汗だくになって動いています。

     

    今年はマスクを着用する機会が増えますので熱中症のリスクが高くなりますので、

    こまめな水分補給を心掛けるなど熱中症対策をしっかりと行い、元気に乗り切って行きましょう!

     

    さて、今月は姿勢に着目したリハビリの様子をご紹介させていただきます。

     

    現在ケアプラスではタブレットで撮影した写真を使用して姿勢測定を行っています。

     こちらが3ヶ月前と今月の測定結果を比較したものです。

     

     

    左が3ヶ月前に撮影したもので、左と前に傾いていること、O脚気味になっていることが分かります。

    そこで内転筋群のトレーニングや膝周りの筋肉、体幹筋の筋力アップなどを中心にリハビリに取り組んでいただきました。

     

    右の画像が今月撮影したもので、3ヶ月前に撮影したものと比べると左右の傾きも前後の傾きも改善しています。

    O脚も改善が見られております。O脚の改善により膝の痛みの緩和も見られています。

     

    今後も姿勢測定を用いながら、その方により良いリハビリを提供していきたいと思います。

    姿勢改善することでご利用者様の日常生活がより良いものとなるように取り組んで参ります。

     

  • 皆さん、こんにちは。

    ケアプラス大洲、所長の竹田です。

    暑い日が続き、連日熱中症のニュースをよく耳にしますね。

    水分摂取はもちろんですが、短時間の外出でも帽子を被り風通しの良い服装を選ぶなど、衣服の調節も行い熱中症予防していきましょう。

     

    さて、今年5月よりケアプラス大洲をご利用中のK様。

    ご利用開始当初は歩行中のふらつきもみられており、

    また、ご自宅でお一人になられる時間もある為ご家族様も心配されておりました。

     

    デイ内ではエアロバイクや平行棒内歩行を中心に持久力向上を行い、

     機能訓練指導員のもとステップ運動や体重移動訓練を中心に実施致しました。

    また、杖の使い方も練習し日常生活に基づいた機能訓練も行いました。

     

    約3か月間、ほとんどお休みされる事もなくご利用頂き、ご利用当初と比べ最初は右側に体重が掛かり

    肩や骨盤の傾きが出ておりましたが左右のバランスも均衡が取れておりました。

     

     

    以前より、ご自宅の段差もスムーズに上り下り出来るようになられており、歩行時もふらつきが減少されておりました。

    立位時も余計な力が抜けており安定しております。

    これでご家族も安心して頂けるのではないかと思います。

     

    これからも、しっかりと結果が出る機能訓練をご提供できればと思います。

     

     

     

  • ケアプラス大洲 介護員だより~私はだーれ?~ 大洲だより 介護員だより 2020年08月20日

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲、介護職員の城戸です。

    8月に入り、益々暑さも厳しくなってきました。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、職員やご利用者様もマスクを着用しております。一層暑く感じてしまうかもしれませんが、感染予防の為にも、マスク着用のご協力をお願い致します。また、ご利用の際には、しっかりと水分補給を行いながら、入浴されたり、リハビリに取り組まれて下さいね。

    今回のブログでは先日介護職員主催で行った「私はだーれ?」というイベントの様子をお伝えします。

    このイベントを行うにあたり、事前に職員全員へいくつかの質問をしておきました。職員からの回答を一つずつヒントとして出し、どの職員のことを言っているのか、ご利用者様に考えて当てて頂きました。ちなみに、職員へは「誕生日」、「性格」、「趣味」、「旅行に行くならどこへ行きたいか」、「休みの日は何をしているか」、「もし、1週間の休みがあれば何をしたいか」、「もし、宝くじが当たればどうするか」、「こうみえて私は○○なんです」といった質問をしました。

    一つずつ、発表したのですが、ご利用者様の反応も良く「えー、誰の事やろ?」、「なんでそんな所に行きたいと思ったんじゃろね」、「○○さんやない?」と様々な声が聞かれました。

    やはり、1つのヒントで正解するのは難しかったようですが、2、3ヒントを出すと答えが分かったご利用者様が出てきましたのでわかった方には、手を挙げて頂き職員に耳打ちして答えて頂きました。それでもなかなか正解できない職員もおり、ヒントを全部出して、ようやく正解することができました。

    ご利用者様からは「これはわかりにくかったけど意外やなぁ」、「これは○○さんな気がしたんよ」と皆様からの楽しそうな反応が多くありました。

    正解されると、職員に前に出てもらいご利用者様からの質問に答えて頂きました。特にどの職員にも共通して「なぜその場所に旅行に行きたいのか」との質問がみられました。それぞれ説明させて頂き、なるほどねと納得されていました。

    時間の都合で全職員について出来なかったので、また午後のレクリエーションの時間などで、続きもできたらなと思っております。

     

    最後に、今月末に予定していたケアプラス心うきうき夏祭りが新型コロナウイルスの影響で中止となりました。楽しみにして下さっていたご利用者様には申し訳ない気持ちでいっぱいですし、何より5月のうきうき祭りに続いての中止となり私自身も残念な気持ちです。中止になってしまった分、他のイベントを行うなど、ご利用者様にそれでもケアプラスは楽しいなと思って頂けるよう日々のレクリエーションから楽しいことを行いたいと思います。

     

    それでは、また次回のブログでお会いしましょう!

  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『コロナに負けるな!』 大洲だより 相談員だより 2020年08月13日

    皆さん、こんにちは!ケアプラス大洲 相談員の美國です。

     

    今年の夏はいつもと違って静かです。夏の風物詩でもある花火大会も中止になりました。

    お盆に帰省される方も自粛ムードで少ないようです。お孫さんなどご家族と会うのを楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか。

     

    ご利用頂いているご利用者様、ご家族に感染拡大防止についての取り組みについての書面を配布させて頂きました。ご自宅での検温をお願いし、検温して頂いてご協力ありがとうございます。

     

    机の上に、飛沫防止の為、アクリル板を設置しました。

     

     

    場所をとるのと、前の人と話が出来ないとクレームもあるのですが・・・

    再開していたカラオケもまた中止とさせていただいた為、がっかりされている利用者様も多いです。(歌うのが好きなご利用者様が多かったので)

     

     

     

    空いている時間を見つけては、お箸を使ったトレーニングや脳トレ問題などに、それぞれが取り組まれています。脳トレは点つなぎが一番人気のようです。

    スーパーガンバタイムでは、「長―く,ビリビリ」広告をビリビリと割いていきます。どれだけ長く広告を割いていけるのか?

     

     

    職員にお手伝いしてもらいながら、ビリビリ

    今は、こういう時期ですが、頑張りましょうね

  • ケアプラス大洲 看護師便り~熱中症対策~ 大洲だより 看護師だより 2020年08月06日

    皆様こんにちは。

    梅雨明けして気温が高く暑い日が続きますね。皆様夏バテしていませんか??1日3食バランス良く食べ、十分に睡眠をとり、バテないように過ごしていきましょう!

    さて、今回はこの時期に一番気を付けたい『熱中症』についてお話ししたいと思います。

    暑さ厳しいこの時期、「熱中症に注意しましょう」と言いますが・・・どういう点に注意するのかをおさらいしていきましょう。

    1 暑さを避けましょう。

    ・新型コロナウイルスの感染防止のため、窓開放によって喚起を確保しつつ、エアコン等で温度設定をこまめに調整しましょう。

    ・外出時は暑い時間をさけ、無理の無い範囲で活動しましょう。

    ・涼しい複素王を心掛け、外に出る際は日傘や防止を活用しましょう。

    ・少しでも体調に異変を感じたら涼しい場所に移動し、水分補給をしましょう。

    2 適宜マスクを外しましょう。

    ・気温、湿度が高い中でマスクをすると熱中症のリスクが高くなるため注意が必要です。

    ・屋外で十分な距離(2m以上)が確保できる場合はマスクを外しましょう。

    ・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動は避け、周囲の人と距離を十分に確保したうえで適宜マスクを外して休憩をとりましょう。

    3 こまめに水分を補給しましょう。

    ・喉が渇く前にこまめに水分をとりましょう。

    ・たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩飴などで水分とともに塩分も補給しましょう。

    4 日頃から体調管理をしましょう。

    ・日頃から体温管理や健康管理をしましょう。

    ・体調が悪いと感じた時は、無理をせず静養しましょう。

    5 暑さに備えた体づくりをしましょう。

    ・暑くなり始めの時期から適度な運動をしましょう。

    ・水分補給は忘れずに、無理の無い範囲で行いましょう。

    ・「やや熱い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度行い、暑さが身体に慣れるようにしましょう。

     

    以上参考にして頂き、日頃から新型コロナウイルスの感染予防と一緒に熱中症も予防していきましょう!

     

    最後に、撮りたてほやほやのケアプラス大洲での一コマを写真でご紹介します^^

    ビンゴ大会で「心うきうき」♪

    リハビリイベントで「体しっかり」!

     

    夏はまだまだこれからです。暑さにもコロナにも負けず元気に過ごしていきましょう!

    次回も宜しくお願い致します。

  • 皆さま、こんにちは。

     

    暑さが身にこたえる時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

    夏バテしないよう、しっかりと食事、睡眠を取り元気に楽しくすごしていきましょう!!

     

     

    先月、ケアプラス大洲では様々なミニイベントを行いました。

     

    まずは7月7日に行われました【七夕イベント】

    7月といえば七夕を連想される方も多いのではないでしょうか。

    ケアプラス大洲でも大きな笹を用意し、ご利用者様に短冊を作って頂きました。

    ご自身の事や、ご家族様の健康を願われる短冊が多く見受けられました。

     

    そして7月23日に行われました【リハビリイベント】

    ボールや風船を使用したゲームを行い、いつも以上に体を動かして頂きました。

    また、ゲームを通して皆様に大きな声を出して頂く事によって心身ともにリフレッシュされていました。

     

    今年の夏も暑い日が続きそうです。デイ内での水分補給はもちろん、ご自宅でも安全に過ごして頂けるよう皆様にお声かけしております。

    また、これからお盆など忙しい時期です。ご都合がつかない場合は振替利用も承っておりますのでお気軽にお声かけ下さいね。

    今月も毎日楽しくご利用頂けるよう、スタッフ一同取り組んで参ります。

  • 皆様こんにちは。

     

    ケアプラス大洲柔道整復師の冨士渕です。

     

    今年の梅雨は長いですね。雨だと出かけるのがおっくうになったりして引きこもりがちになってしまいますが、

    家で出来る運動もありますし、元気に頑張りましょう!

     

    さて、今月はM様のリハビリの様子をご紹介させていただきます。

    歩行の改善をしたいとリハビリを頑張って下さっています。体力強化や筋力強化、立位バランス向上の為に平行棒内での歩行訓練や

    エアロバイク、スリングリハビリを行っていただいています。

    それに加えて、ストレッチを行い足関節などの柔軟性向上を図っております。

    各関節の柔軟性向上を図る事で立位や歩行の改善にも繋がります。

     

     

    次は負荷をかけて筋力強化を行っております。

    少しずつ負荷を調整しながら痛みが出ないようにやっています。

    デイの無い日でもご自宅で出来るメニューをやって頂いているので以前に比べてかなり力が入るようになってきています。

     

     

    立位での動作訓練を行っています。

     

     つま先立ちで足先を鍛えて踏ん張る力を鍛えたり、歩行時の重心移動の感覚を養っています。

    わざと不安定な体制をとる事で体を戻そうとして体幹やバランス能力の向上も図っております。

     

     

    最後にトレッドミルを実施して頂いています。

     以前は3分で息切れしていましたが、現在は5分実施しても息切れなく行えております。

    M様はご自宅近くのスーパーまで歩行器を使用されて買い物に行かれているのですが、「5分前に出たら丁度開店やったのに

    最近は2分くらい待たんといけんなったわ」と笑って話してくださいました。

    少しずつ体力もついてきている様子で、「今年中にはトレッドミル10分歩けるように」を目標に頑張って下さっています。

     

    少しずつでもご利用者様の生活が改善されるように今後も精一杯お手伝いさせて頂きたいと思います。

     

    日常生活で困っている事などありましたら、お気軽にご相談ください。