実績報告

体しっかりだより一覧

  • 皆様、こんにちは。

     

    ケアプラス大洲、柔道整復師の冨士渕です。

     

    本格的に梅雨入りし、雨の日が多くなりましたね。

    保育園も雨の日は園庭で遊べないので、子供が家の中で大暴れして我が家の中は大変な事になっております。

    梅雨明け宣言が待ち遠しい日々です。

     

    さて、今回は先日行ったリハイベントの様子をご紹介させていただきます。

     

    今回のリハイベントは指先の操作性や感覚、集中力をあげる事を目的にして行いました。

     

    まずは「積んで積んで」牛乳パックを細く輪切りにしたものをドンドン上に積み上げていってもらいます。

    太さなど様々なので、バランスなどを調整しながら積まないとすぐに倒れて高く積めません。

    10段積めたらいいかなと思っていましたが、15段以上積んだ方もたくさんいらっしゃいました。

     

     

    次は、何人かで協力して積んでいただきました。

    皆様、相談しながらバランスを調整して高く積んでいました!

     

     

    中には中々芸術的な積み方をされているグループもあり、個性が出ていてとても面白かったです。

     

     

    次は「積んで積んで」で使用した牛乳パックを紐の先にクリップを付けたもので釣りをしていただきました。

    皆様、クリップの動きに集中して指先で調整しながらたくさん釣り上げていました!

     

     

     

    息をするのも忘れる程集中して頑張っていただきました!

    気温も高くなってきていますのでイベントの合間にもしっかりと水分補給を行っていただいております。

    今の時期はおうちでもこまめに水分補給を行っていただくと脱水や熱中症対策になるのでしっかりと水分補給していただきたいです!

     

    今回は指先の操作性や集中力にスポットを当てたものでしたが、上肢や心肺機能など様々な所にスポットを当てたイベントも行っております。

    興味を持たれた方がいらっしゃいましたらお気軽に見学や体験にお越しください!

     

     

  • 全国紙、「月刊デイ」にケアプラスで提供している【できリハ】ご自宅リハビリパックの取り組みが掲載されました。

    作例の一部として身近に入手できる風車とロートを使った呼吸訓練の様子や片麻痺の方々でもホワイトボードやマグネットなどを駆使すれば折り紙が折れる方法などが紹介されています。リハビリスタッフ考案のアイデアグッズはこれまで70種以上にのぼりADL・IADL別に見て頂けるよう一冊のカタログにして利用者様に手に取って頂いています。利用者様の取り組みや成功事例は常々、ケアプラス新聞やブログ等でもご紹介させて頂いており、利用者様のモチベーションアップや他利用者様の参考にもなっております。

    また、遠方のご家族への状況報告にもなっており、ご家族から嬉しいお言葉なども頂いております。引き続き、利用者様の笑顔量産できるサービスを提供して参ります。

     

    最近弊社で導入したシセイ測定装置は利用者様から「客観的に自分自身を見ることができ興味深い」とのご意見を頂いております。姿勢測定装置は自身の姿勢を見るいい機会になり、アバターでの3D未来姿勢により現状課題や今後の展望についてお話しできるツールになっております。症状改善はもちろんのこと、姿勢変化に伴う転倒リスクなどもお伝えすることができ、引き続き在宅生活を安全に過ごして頂くためのアドバイスツールとなっております。私たちは分からないことに対する不安・恐怖に駆られることで症状悪化や生活の質悪化を招いてしまいます。姿勢測定装置はそんな不安や恐怖に対し理解しやすいように視覚化されており、ご高齢の利用者にも分かりやすい内容となっております。

     

    今後も利用者様にとって有益な情報を提供できるよう追従した姿勢測定を行い、分かりやすい説明を行って参りたいと思います。

  • みなさん、こんにちは!

    いよいよ、コロナウイルスによる自粛も解禁されて、愛媛県にも他県からの観光客が来るようになっていますね。

     

     

    それに伴い、ケアプラスでもとうとうカラオケレクリエーションが解禁になりました。もちろん、条件付きで!マスク着用・サーキュレーター(扇風機)

    の稼働にて実施しています。待ちに待ったカラオケ解禁で利用者様の意欲も見る見る上がっています。

     

    コロナストレスは歌を歌って解消ですよ~↑↑↑(笑)

     

     

    そして今回は、ケアプラス今治にデモ品として届いたマッスルスーツを試した利用者様の紹介をしたいと思います。

     

    そもそもマッスルスーツって何さ!!ってことですよね(笑)

    ある番組で紹介された、人工筋肉とでも言いましょうか。これを装着すると重たいものが軽々持ててしまうというものです。

     

     

    これは、マッスルスーツを付ける前におよそ7㎏に相当する物を持った状態です。やや重みにより前に持っていかれています。利用者様『結構重たいね』と。

     

    それが、、、

     

    これ、どうですか?安定感もあり、しっかり重みを支えられていますよね。利用者様『さっきと同じ重さ?かなり楽に持てるよ!なんで??』と驚きの表情でした。

     

    これを元に、本来重たいものを持つときに安定すべき体の部位を理解してもらい、日常に生かしてもらうツールとして利用しています。

     

    この様子を見た他の利用者様は『嘘やーん、私もやってみたい!!』など大反響です。

     

     

    ケアプラスは、利用者様に新たな刺激を感じてもらい、デイサービスでやっていることは自宅での生活に生きてくるということを実感していただけるよう様々な取り組みを行っています。

    新たな自分の発見は、とても新鮮で快感として記憶されます。そこに心あるスタッフの温かさを感じるとデイサービスが居心地の良い空間になってくると思います。

    そんなたくさんの発見の場・癒しの場・楽しい場となれるよう、さらにサービスの質が向上するよう努力してまいります。

     

    では、また次回の投稿をお楽しみに~‼‼

     

  • 皆様こんにちは。空の青さが夏らしい輝きを増してきました。今年もはや半年が過ぎようとしていますがいかがお過ごしでしょうか?

     

    さて今回は利用者のN様のリハビリを紹介したいと思います。

    N様は、小脳出血の後遺症で立位・歩行時にふらつきがあり、普段は手引きで歩行をしています。

    転倒予防のため、体幹・下肢筋力の強化を行っています。

     

    お尻強化運動!

    お尻は“抗重力筋のひとつ!抗重力筋とは、立っている時に重力に負けないように対抗して働く筋肉です。

    これが弱ってしまうと、姿勢が重力に負けて崩れてしまいます。

     

    まず仰向けに寝た状態で膝を曲げ、足裏を床につけます。お尻を持ち上げ、10秒キープし、3セット行います。

    これを行うことでお尻だけでなく、大腿四頭筋や腹筋も鍛えることができます。

     

    内転筋強化運動!

    内転筋は太ももの内側にある筋肉です。足を閉じる動きや、骨盤を安定させる働きがあります。

     

    これも仰向けに寝た状態で膝を曲げ、足裏を床につけます。一方は足を開く力を、一方は閉じる力を入れ、これを何回か行います。

    内転筋を鍛えることで開いている足を閉じる動きや左右の足で物を挟むときなどに力を発揮します。

     

    体幹強化運動!

    体幹とは、首から上と腕・足を除いた部分のことを言います。姿勢の崩れ防止や転倒しにくくなるなどの働きがあります。

     

    まず両手を肩幅に開き、四つん這いになります。その姿勢で片手を前に出し、10秒キープします。同じように片手も行います。

    次に同時に片手・片足を出し、10秒キープします。この時、しっかり手や足を伸ばすことがポイントです!

     

     

    立位バランス訓練・体幹回旋運動!

    バランスが良くなると関節に関わる負担が減り、制御能力が向上します。

     

    N様の場合、四つん這い状態からゆっくり立ち上がります。

    この時、倒れないように後ろからしっかり支えます。時計を見て時間の確認や周りにある物を数えたり

    ポスターなどの文字を読んでもらうなど体幹の回旋も同時に鍛えます。

     

    N様に行っているリハビリは、ご自宅でも簡単にできますので皆様ぜひ実践してみてください!

     

    このようにケアプラスは、リハビリに力を入れており、気になる方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

    読んで頂きありがとうございました!

    これから夏本番となり暑い日が続きますので、皆様こまめな水運補給をしましょう!

    そしてコロナに負けないように手洗い・うがいも引き続き忘れずに!!

    以上、ケアプラス垣生、柔道整復師の越智でした!

     

  • 梅雨となりジメジメとする日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    悪天候の影響で痛みが増強してしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時こそ運動を実施し気を逸らしてみましょう。

    今回ブログをご紹介させて頂くのはケアプラス三津の作業療法士髙橋が担当致します。

     

    今回のブログでは今年度よりケアプラスに導入した新リハビリグッズ【マッスルスーツ】についてご紹介させて頂きます。

    マッスルスーツは、空気圧を利用した人工筋肉で運動のアシストや抵抗運動を実施します。物の持ち上げ、立ち上がり、円背修正、

    高いものを取る動作等のアシストを行い、歩行や段差昇降動作対する運動学習にも繋がります。

     

     

    今回ご紹介させて頂くH様は、歩行時の前傾姿勢が強く、屋外歩行においては一部介助が必要でした。体を起こす機能をマッスルスーツで補う事で

    見守りレベルで屋外歩行訓練が可能になりました。

     

     

    H様も歩行時に身体が楽に起きる事で足の上りがスムースになり、一人で歩く喜びを感じられている様子でした。今回の体験により

    歩くことへの意欲が向上し、以前よりもっとリハビリに意欲的に取り組まれている様子です。

     

    今年度ケアプラスでは姿勢に着目したリハビリグッズを3点導入致しました。

    1 シセイカルテ、2 マッスルスーツ、3 作業アシストスーツ

    どのリハビリグッズも利用者様から好評です。自分の姿勢の課題を知り、目的に沿った的確なリハビリを受けてみませんか?

    各種スーツに関しては事業所間で持ち回りですが、シセイカルテについてはいつでも体験できます。一度ケアプラスへお越しいただき体験してみてはいかがでしょうか?

    スタッフ一同心よりお待ちしております。

  • 皆さま、こんにちは。

    ケアプラス北宇和島の柔道整復師の芳村です。

     

    梅雨に入りました!梅雨の長雨と湿気で気分が憂鬱になりがちですが、こんな時こそ気分転換になりますので

    デイサービスに通い心をうきうきさせ体しっかりリハビリをがんばりましょう。

     

    さて今回のブログは、タイトルもある通り『家でもしっかり運動を!』…おうちで簡単にできるトレーニングについてご紹介いたします!

     

    トレーニングにも様々な種類がありますが、今回は座ってできる全身運動の紹介です!

     

    まず1つ目は有酸素運動です。普段の呼吸が浅く短くなっていませんか?

    呼吸量が減る=心肺機能が低下してくると動きたくないと思うようになってやる気の低下につながります。

    やる気を取り戻すためにも有酸素運動は非常に大切になってきます!

    オススメの運動ですが、椅子に座ったままの足踏みなんてどうでしょうか。座ったままなので転倒する心配もありません!

    足踏みに合わせて腕もしっかり振ると全身を動かせていい運動になりますよ!

     

     

     

    次に顔の運動です。これもとても大切なトレーニングです。顔のトレーニングをしっかり行うことで嚥下機能を鍛えることができます。

    最近、呂律が回らなくて……そんな悩みはありませんか?

    これに効果的なのは早口言葉です!『生麦生米生卵』や『隣の客はよく柿食う客だ』など、最初は言えなくてもだんだん上手になってくると思います。

    楽しみながら嚥下機能も鍛えましょう!

     

     

    3つ目は体幹トレーニングです!体幹の筋力を鍛えることで、バランス能力や転倒防止といった効果が期待できますから、ぜひぜひトレーニングしてみてください。

    今回オススメするのはおじぎ体操です。膝に手を置いて身体を前に倒しましょう。

    もちろん椅子に座って行ってください。余裕があれば手を下に伸ばして地面につくまで身体を倒してみてください。

    この運動がスムーズにできるようになると、くつを脱いだり履いたりすることが少しずつ楽にできるようになると思います!

     

     

     

    今回は座ってできる簡単な運動を紹介いたしました。

    簡単だからこそ、ぜひご自宅で実践してみましょう!ご興味のある方、ご不明な点のある方は、お気軽にリハビリスタッフまでお問合せください。

    スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様に寄り添い、心、頭、体が清々しい状態を維持できるようしっかりサポートいたします。

     

  • 皆様こんにちは。ケアプラス宇和島作業療法士の千頭です。

     

    梅雨入り宣言の後もお天気が続いていましたが、ここ最近ついに本格的な梅雨の季節がやってきましたね。

    天気予報も外れることがしばしばで、その日にならないと天気が分からず、日々洗濯物と格闘しております。(笑)

     

    6月の平均湿度は78%程になるそうなので、カビや虫の問題も出てきます。

    カビを吸い込むと健康を害する恐れがありますので、こまめな換気や掃除などでしっかりと予防していきましょう!

    またケアプラスの周辺にもムカデがちらほら出没しております。ご自宅では除去剤の散布や殺虫剤を用意しておくと安心だと思います。

    あとは、十分に水分を取って体調管理を行い、夏に向けた体つくりを一緒に頑張って行きましょう!

     

     

    さて、今回ご紹介させて頂くのは、現在ケアプラスで導入されているAI姿勢診断を用いた取り組みです。

    これは現在の姿勢を撮影・解析させて頂き、未来の姿勢を予測するという物です。それにより体のどの部分が硬くなりやすいか、

    どの部分が太りやすいのかを推定し、現在の課題にアプローチした運動方法の提案が提供できるようになっております。

     

    今回は、Aさんに体験して頂いた一連の流れをご説明させて頂きます。

     

    まず、決められた6パターンの姿勢を撮影します。

    その後、写真をAIが解析し、結果をプリントを見ながらAさんと確認していきます。

     

    正面と左右から姿勢解析を行い、身体の傾きはどの程度なのか、それによる影響はどこに現れるのか等の評価が記載されています。

    他の4パターンからは関節の可動域を図り、柔軟性を調べています。

     

    重心の位置や未来姿勢の予測を提示し、それに伴ったエクササイズやプログラムを提案しています。

     

    今回は太ももの筋肉バランスが課題との結果だったので、内転筋強化のプログラムを一緒に実践させて頂きました。

     

    このように課題に合わせたプログラムを継続して取り組んで頂く事で、未来姿勢をより良いものに変えていきましょう!

     

    現在、ケアプラスではこのような新しい取り組みも行っておりますので、試案されている方、ご興味をもたれた方はお気軽にご連絡をお待ちしております。

     

     

     

  • 皆さんこんにちは。

    このブログは、コロナウイルスの影響で大好きな野球やソフトボールが出来なくなり悲しみに暮れている櫛辺がお送りいたします。

    今回のブログはケアプラスで行っているマルチタスクトレーニングについてご紹介します。

    そもそもマルチタスクトレーニングとは…

    おしゃべりしながら散歩するとか、料理を作る、洗濯しながら掃除をするなど日常動作でよく行っています。

    これは複数のことに注意を向けられる能力とも言えますね。

    歩くときにも周囲を気にして歩かないと転倒することがあります。注意を分散する能力の維持向上により転倒予防にもマルチタスクトレーニングは効果があります。

    そして今月のテーマは「集中力」と「注意喚起」です。

    集中したままの状態であっても複数の物に視線をおくれるように視野を広げたり、注意力をあげようという取り組みです。

    では、さっそく紹介していきます。見てくださってる方もご一緒に行ってみてください。

    まず、右手はジャンケンでいうグーとパーを繰り返します。以降右手はグーとパーで固定します。続いて左手は円を描きます。これを同時に行います。

     

    次は左手で三角を描きます。

     

    次は左手で八の字を描きます。

    見ていると意外と簡単に見えますが、実際に行っている利用者様からは「難しい…(汗)」「右手と左手が同じ動きになる…(汗)」

    「まるで私達音楽の指揮者みたい…(笑)」という様々な反応が返ってきます。

     

    ですが、利用者様も慣れてくるとノリノリで笑顔で掛け声をかけて下さいます。

    今後も楽しくできる運動をマルチタスクトレーニングをはじめ様々な運動を利用者様に提供していきます。

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております。

     

    それではまた次回のブログでお会いしましょう。

     

  • 皆様こんにちは。

     

    ケアプラス大洲、柔道整復師の冨士渕です。

     

    6月に入りついに愛媛も梅雨入り宣言されました。

    ジメジメとして洗濯物の乾きも悪くすっきりとしない日が続くようになっていきますが、そんな天気に負けず元気に頑張っていきましょう!

     

    さて、今月はH様のリハビリの様子をご紹介させていただきます。

     

    H様は右上下肢に麻痺があり、歩行時の安定性を向上させたいと、リハビリを頑張って下さっています。

     

    マッサージなどで体の状態をチェックした後下肢の操作性を上げるためにいろいろな種類の筋力トレーニングをして頂いています。

      

     

    体幹の筋肉も鍛えられるので立位バランスや座位を取る際にも楽になります。

    おしりの筋肉を鍛えることで下肢の力を伝えやすくなります。

     

    次は立位での訓練を行います。

     

    H様は普段からご自宅周辺を散歩されているのですが、ご自宅環境として周辺に坂道が多いため坂道を歩くための訓練を行います。

     

     

    あえて傾斜をつけた状態で訓練して坂道で踏ん張る力やバランス感覚を養って頂いてます。

    ステップを平行にして階段昇降訓練も行っています。

     

    最後は右膝を曲げた状態で力を入れる訓練をします。

    膝を曲げた状態で力が入ると坂道や階段を歩く際の安定性が向上します。

    在宅生活が転倒などなく安心して送れるように一人一人の在宅環境や身体状態に合わせたリハビリテーションを行って行きたいと思います。

     

     

    これから梅雨が開けると暑くなってきます。今のうちにしっかりと体力をつけて熱中症などにならないように、元気に夏を乗り切りましょう!

     

  • 外出自粛傾向が続く中、ケアプラスではご利用頂いている利用者様・体験利用者様に少しでもより良い提案ができるようAI姿勢診断を用いた新たな提案を提案しております。現在の姿勢を撮影・解析し、未来姿勢を予測することで今後どの部分が硬くなりやすく、どの部分が太りやすいのかを推定し、現状課題を踏まえた運動方法についても提案をさせて頂いております。また、カウンセリングでお渡ししているレポートは利用者様自身の姿を客観的に見ることができ、未来姿勢における課題について3Dアバターで可視化されているため利用者様にも分かりやすい内容となっております。姿勢から見えてくる課題をきっかけに在宅生活を快適にお過ごし頂けるよう、ケアプラスでは個別でのご提案・ご指導を行って参ります。

     

     

    年齢を重ねてくると体の動きが悪くなり、思わぬところでつまづいたり、階段の上り下りでバランスを崩しそうになったりという経験はないでしょうか。つまづいたりすると脚の筋力が衰えたのかなと思うかもしれませんが、実はそれだけではないのです。実は「巧緻性」といわれる頭の中でイメージした通りに体を動かす能力が問題となっていることもあるのです。脳からの指令がうまく伝わらないことで思い通りに体を動かすことができず、年を取ると手作業なども難しくなってくるのはそんな要因からです。ケアプラスでは利用者様に少しでもより良い生活を送って頂けるようこれまでご自宅でも行えるご自宅リハビリパックを推奨してきました。作業を通じて脳と体を一致させる巧緻性トレーニングも兼ねており、楽しく行って頂けるよう作業療法士中心に新たなご提案をさせて頂いております。自粛傾向の時期に是非取り組んでみませんか。