実績報告

体しっかりだより一覧

  • こんにちは、ケアプラス三津柔道整復師の長谷川です。

     

    朝晩寒さが増してきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

    服装で調整し、風邪予防していきましょう。

     

    ケアプラスでは10月から、リハビリ要素を含む心うきうきできるリハビリ介入に挑戦しています。

    利用者様が利用時に暇を持て余すことなく楽しみながらリハビリができるようこちらのパズルを提供させていただきました。

     

    こちらのパズルはウボンゴというパズルゲームです。

    ルールは決められた枠内に、決められたピースを埋めるパズルゲームです。

     

     

    こちらの枠組みとピースの場合は、

     

     

    このように組み合わせることができます。

     

    こちらのパズルゲームをしていただくことで、楽しみながら認知機能維持向上や手先の運動が行えます。

     

    実際にこちらのパズルゲームをしていただいた様子です。

     

     

     

     

    実際にパズルをして頂いた利用者様は、すごい集中力で行ってくださいました。ピースをいろいろ動かしながら、枠組みにはめ込めた時に「できたよー」と笑顔で教えて下さり楽しんで頂けました。

     

    こちらのゲームをリハビリイベントの際も実施させていただいています。

    興味のある方がいらっしゃいましたら、新規ご利用、振替・追加利用お待ちしております。

  • 皆さんこんにちは。

    ケアプラス北宇和島 柔道整復師の芳村です。

     

    朝晩が涼しくなってきましたね。寒暖の差が大きいと体調を崩しやすくなってきますので、風邪の予防にはしっかりと気を付けてくださいね!

     

    今回はオールタイムリハビリについてお話させて頂きます。

    まずオールタイムリハビリって何?という方もいらっしゃると思います。オールタイムリハビリとはデイでの行動すべてがリハビリで、普段の生活に繋がるという考えです。

    例えば、椅子から立つ・お箸を使ってご飯を食べる・廊下を歩く…などどの動作をとってもリハビリに繋がっています。

     

    そこで今回は来所時にはしっかりとトレーニングされ、いつも笑顔のSさんをご紹介させていただきます!

    Sさんはちょっと指の動きにくさがあり、洋服を脱ぎ着する際にボタンを掛け違えることが多くあります。ご自宅でも時間をかけてゆっくりと行われているそうですが、気付いたらボタンが段違いになっていることが多くなっているといわれていました。「昔みたいにもっとちゃっちゃっと服が着れたらいいんやけどねぇ」と言われていましたので、

    1・時間がかかっても一つずつ行う。

    2・全体を完成させてから細かい部分を手直しする。

    などお話をさせていただきました。

     

    手指の動きにくさ改善のために、ご自宅リハビリパックを利用したトレーニングも行われていいます。

     

     

     

    他にも上肢の可動域の拡大と全身の動きやすさの獲得の為に、周りのお席の方々と一緒に棒体操にも積極的に取り組まれています。

    またオールタイムリハビリとして、来所時の上着の着脱やハンガーにかけることや、入浴時の着替えなどご自分でできる事はしっかりと行っていただいています。

     

     

     

     

    毎日トレーニングを続けるのって結構大変ですよね?

    でも毎日頑張っていると身体にもいい影響がどんどん出てきます。

    まさしく『継続は力なり』ってやつですね。

     

    皆さんもご自宅でトレーニングしてみてはいかがでしょうか!

    わからないことがあればいつでもリハビリスタッフに聞いてもらえれば、快くお答えさせていただきますよ!

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様のお気持ちに寄り添い、心・頭・体が清々しい状態を提供できるようしっかりサポートさせていただきますので、いつでもご相談くださいね。スタッフ一同楽しみにお待ちしております!

  • 皆様こんにちは、ケアプラス宇和島の作業療法士、神崎です。

     

    朝晩寒い日が続きますね。

    気温の変化が激しい日は体調を崩しやすいので気を付けていきましょう。

     

    今回ケアプラスの取り組みで紹介しますのは、オールタイムリハビリです。

    オールタイムリハビリとは、デイで過ごして頂く時間全てがリハビリに繋がるという意味です。

    リハビリ室の機能訓練だけでなく、座席にいる時も入浴もトイレの時も、ありとあらゆる時間がリハビリに繋がっています。

     

     

     

     

    この写真は座席の方で行える手指の巧緻性動作訓練に取り組んで頂いている場面です。

    一見遊んでいるように見えますが、指先を用いることで心身機能面に刺激を与え、巧緻性動作だけでなく脳機能へも良い影響を与えております。

    このように遊びの中に日常生活で用いる動作を組み込むことで、一人だけでなく、様々な人と楽しみを分かち合いながら機能訓練に取り組むことが出来ます。

     

    ケアプラスでリハビリに取り組んで頂いたり、他者との交流機会を作ることで日常生活を健康的に過ごして頂く支援をさせて頂いております。

     

    これから寒さも厳しくなってくると思いますが、体調に気を付けてお過ごしください。

  • 皆さん、こんにちは。
    ケアプラス垣生の作業療法士 福田です。

     

    日中も過ごしやすくなって秋になったなと感じます。

    皆様は季節の変わり目は体調崩しやすいので気をつけていきましょう。

     

    今回は、靴の着脱動作が以前よりやり易くなったA様について紹介させて頂きます。

     

    A様は靴を脱ぎ履きされる時に体幹を前かがみになって行っており、腰の硬さと呼吸が苦しくてしんどいとの訴えがありました。そのため、前かがみになるデメリットを説明させて頂いた後、靴の着脱動作のワンポイントアドバイスをオールタイムリハビリ川柳を確認しながら指導を実施しました。

     

     

    オールタイムリハビリ川柳の写真と実際に横で動作指導することですぐに理解され、実践すると「これはやりやすい」とA氏も実感されていました。

     

     

     

    今回、靴の着脱についてはやり方を変えることでA氏の訴えに対し解決することが出来ました。その他の利用者様でもやり方を一つでも変えることにより介助なく自分自身でできることが増えることもあります。自身で行うことが増えることにより、今後のリハ意欲の向上に繋がり、活動性の維持、向上を図れると思いました。

     

    今後もA様にだけに限らず、より多くのご利用者様にも出来るようになる実感して頂き、QOLの向上や生活のサポートを行っていきたいと思います。

     

    ケアプラスでは見学・体験受付を随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 皆さまこんにちは。

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田 柔道整復師の菅居です。

     

    もうすっかり秋となってきました。皆さんは秋と言えば何を思い浮かべますか?

    私は、サンマ、さつまいも、栗、柿、芋炊き、、、食の秋です。

    運動の秋、読書の秋、たくさんの秋を見つけていきましょう!!

     

     

    今回、ご紹介しますのは、オールタイムリハビリについてです。

    オールタイムリハビリとは、日常生活動作全てがリハビリに繋がるというものです。

    ケアプラスでは、オールタイムリハビリを川柳にして、ご利用者様に紹介しております。

     

    みなさんは、お手洗いが終わった後最初に何をされますか?

    外から帰って一番最初に何をしますか?

    ………。!!

    手洗いですよね。

     

    この度は、麻痺により動作制限を感じられるご利用者様と、川柳をもとに手洗いを実践致しました。

     

     

     

     

    丁寧に手全体から手首にかけて、手洗いを行います。

    指の動きに制限がある中、指の間は、良い方の手を使い指一本ずつ洗い上げます。

    こちらのご利用者様は、「手を洗うのも億劫に感じる時もあってパパッと終わらせてしまうが、大事なことやね」と、一緒に実践したあとお話しされていました。

     

     

    身だしなみを整える動作を「整容動作」と言いますが、手洗いもその一つです。

    手洗いは、手指の細やかな動きに対するリハビリになります。

    未だ終息の見えない新型コロナウイルスの感染予防として、また、これからインフルエンザなど季節風邪のシーズンとなりますが、その対策にもなります。

     

    このようにケアプラスでは、日常生活動作が改善するようご利用者様に合ったリハビリを提案させて頂いております。

    ケアプラスでは施設見学や体験利用についても承っておりますので、興味のある方は是非ともご一考ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス大洲 リハビリ便り 姿勢改善で日常を過ごしやすく 大洲だより AIチェックリハビリ 2022年10月10日

    皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲柔道整復師の冨士渕です。

     

    朝晩肌寒くなってきましたが日中も過ごしやすくなってきました。ようやく秋がやって来ましたね。

    読書の秋、運動の秋、芸術の秋、食欲の秋など様々な秋がありますが皆様はどの様な秋を過ごされますか?

    僕はもちろん運動の…ではなく食欲の秋になってしまっています!笑

    ですがもちろんケアプラス大洲ではご利用者様たちと毎日リハビリテーションで運動の秋の真最中です!過ごしやすい秋はリハビリテーションにもってこいですね。

     

    さて、今月は年齢が90歳を超えても元気で過ごされているО様の様子をご紹介させて頂きます。

     

    現在ケアプラスではAIチェックリハビリというAIを用いた評価方法を取り入れています。

    О様の姿勢を撮影させて頂いたところ、前傾姿勢の詳細が分かりました。

    そこで前傾姿勢の改善のために下肢の柔軟性の向上を図るためのストレッチ、下肢や体幹の筋力強化訓練を行って頂いております。

    こちらは訓練の様子です。

     

     

     

     

    こちらの画像は以前撮影したものと比較したものです。

     

     

    左が以前、右が今回撮影したものです。以前に比べて前傾姿勢の改善が見られております。

    前傾姿勢が改善することで歩行動作の改善にもつながっております。

     

    ↑歩いている写真です。

     

    90歳を超えても前向きな気持ちでリハビリテーションに取り組まれているО様の姿にはスタッフも元気を頂いています。

    安全に歩けることは日常生活を送る上でとても大切な事です。

    引き続きО様の日常生活の質の向上に繋げ、安心して過ごせるようお手伝いをさせて頂きたいと思います!

     

    季節の変わり目は体調を崩しやすい季節でもあります。体調管理を万全に元気に過ごしていきましょう!

     

    AIチェックリハビリなどを用いてケアプラスではご利用者様が日常生活を安心して過ごしていただけるようスタッフ一同取り組んでおります。

    気になった方はぜひケアプラスまでご連絡ください。

  • 皆さん、こんにちは。ケアプラスデイサービスセンター新居浜の理学療法士 足立斉志です。

     

    今回は、ズボンの更衣動作の安定性向上を目指し介入を行ったケースを紹介させて頂きます。

     

    ケアプラスでは機能訓練を開始する前に利用者様のご希望をお聞きします。今回もデイでの機能訓練時に希望をお尋ねすると、「立った状態でズボンを履ける(脱げる)ようになりたい」とのことでした。そこで、立位での下衣の更衣動作が安全にできるようになることを目標に評価、介入を実施しました。

     

    まず、デイでの入浴時に介護職員と一緒に更衣場面を見させていただくと、立位でのズボンの更衣動作の際に後方へのふらつきがみられました。また利用者様の体の状態をより詳しく確認するために、足の筋力やバランスなど身体機能の評価を実施しました。すると、お尻周りに筋力低下を認め、バランスの問題があることが分かりました。

    バランスの評価である開眼片脚立位を測定すると、右17.3秒・左16.8秒でした。

     

    一般的に20秒以下で転倒のリスクが高まる(参考文献:高齢者の運動機能と理学療法,PTジャーナル)と言われています。また下衣の更衣において、お尻周りの筋肉(中殿筋や大殿筋)の活動が重要である(参考文献:下衣着脱における身体機能について,関西理学療法)とも言われています。

     

    今回の利用者様はバランスが低下しており、転倒リスクが高い状態でした。バランスの問題にお尻周りの筋力低下も加わることで、立位でのズボンの更衣動作が不安定になっている可能性がありました。

     

    そこで、機能訓練時に手すりやセラバンドを用いたバランス練習、お尻周りの筋力トレーニングを実施しました。また自宅でも同様のメニューを自主トレとして実施してもらうように説明しました。さらにデイでの入浴時にも介護スタッフ見守りのもと、実際の場面で立位でのズボンの更衣動作練習を行いました。

     

     

     

     

    そして、約2週間後に再度、立位での下衣の更衣動作を見せていただくと、残念ながら依然ふらつきがある状態でした。

    しかし、開眼片脚立位は右15.1秒・左25.1秒と少しではありますが初期と比べて向上を認めました。

     

    今回、約2週間という短期間では立位での更衣動作の獲得につながりませんでしたが、今後も引き続きデイでの機能訓練および更衣動作練習、自主トレを継続し、利用者様の目標達成に向けて一緒に取り組んでいきたいと思います。

     

    ケアプラスでは、機能訓練の時間だけでなく、デイでの1日の活動全てが利用者様のリハビリにつながるようにオールタイムリハビリ(ATR)を推進しています。また、デイ以外の自宅でも目標達成に向けて運動が行えるように個々の状態に応じた自主トレの提案、実施のサポートを行っています。

     

    「ケアプラスでリハビリに取り組みたい!」という希望をお持ちの方は、ぜひ一度ご連絡ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  • みなさん、こんにちは。ケアプラス今治の柔道整復師、西之谷です。

    日中はまだまだ暑いですが、朝晩は冷える日が多くなってきました。また、日も短くなり、金木犀の香りを感じはじめるなど、秋を感じることが多くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    秋と言えば、「〇〇の秋」とよく言いますが、皆様にとって〇〇には何が当てはまるでしょうか?

    私にとっては「スポーツの秋」でしょうか。私はランニングをやっておりまして、来年2月の愛媛マラソンに向けて練習を積んでおります。10月からは県内各地で短い距離のレースが行われるので、まずそこで良い走りをしたい。というのが今の目標です!

     

    何かを始める上で私が心がけている事をお教えします。

     

    その1:とりあえず、やってみる!

    手を付けてみる事で、やりやすい事ややりにくい事など色々出てきます。難しいと感じていたことが、意外と簡単にできることだってあります。

     

    その2:80パーセントの出来を目指そう!

    完璧を求めがちな方には特におススメの考え方です。ゆる~く、大体でも良いという柔軟な考え、大事ですよ。

     

    その3:まず、20~30パーセントでも良いからやってみる!

    少しだけでも手を付けておくと、そこから徐々にでも物事を進めていこうという気持ちを持ちやすいです。

     

    その4:やれない理由・やりたくない理由を紙に書き出す!または口に出してみる!

    理由を明確にすることで、それに対する対処法を考えていくことができますよね?1人が難しいなら、他の誰かの力を借りるのも1つの手ですよ。

     

    いかがでしょうか?皆様の参考になれば幸いです。

     

    今回、秋から挑戦を開始された利用者様がおられます。

     

     

    この方は右半身が動きにくいのですが、それよりもデイに初めて来所された際には腰痛がひどく、様々な動作に支障をきたしていました。そこで、腰痛改善のための試みをいくつかやってみたところ、大幅な改善をすることができました。

     

     

    デイに来られるようになってから、靴のテープをつける試みをずっと行ってきました!当初は徒手後に行っていましたが、最近では、徒手前の靴を脱ぐ際にこの動作を行うことができるようになりました。話を聞いていくと、自宅でもテレビのリモコンを使って同じような前屈動作を行っているとのことです。自宅でのリハビリが反映されており、こちらも非常に嬉しかったです。

     

     

    こちらは腰痛改善のための自宅でできる用具を使ったリハビリを紹介させてもらっているところです。徒手の際に話を聞くと、現在も使用してリハビリに取り組まれているとおっしゃられていました。

     

     

    いかがでしたでしょうか?以上の話から、ケアプラス今治ではデイに来られた時のリハビリだけでなく、自宅でできるリハビリも提供しており、様々な方面から自宅での生活を向上させる働きかけを行っております!「とりあえず、やってみよう!」この考えから全て始まっております。

    今回紹介させていただいたご利用者様も、腰痛改善に少しずつ取り組んでいった結果、一定の成果をつかむことができました。このブログをご覧になられている皆様、ケアプラス今治のリハビリに興味がありましたら、見学にお越しください。宜しくお願い致します。

  • ケアプラスデイサービスセンターでのリハビリは、実際のリハビリ時間のみならず、日常生活動作すべてがリハビリに繋がると考えております。

    朝の送迎から夕方の送りまで、行う動作すべてが少し見方を変え、介助方法を見直すことでリハビリに繋がります。

    例えば、靴の着脱ですが、ついつい職員が介助しがちな行為です。靴の着脱動作は体幹の前屈、股関節の屈曲に伴う、上肢の下方リーチと様々な応用動作が融合した動きです。その動作を介助せず、安全に見守る事だけで、その人の機能維持となりま

    す。手伝わない優しさもあるということです。その他、食事動作・更衣動作・整容動作・トイレ動作・入浴動作などの日常生活動作をすべてを必要最小限の介助をするだけで、オールタイムリハビリとなります。各動作のポイントも川柳として施設各所に設置しておりますので、参考にすることで、コツを掴み円滑に動作が可能となります。

    最後にケアプラスでは公式LINEアカウントを作成しております。利用者様の日々のご様子も確認できますので是非、友達登録お願いします。

  • みなさん、こんにちは。柔道整復師の浦田です。

    朝晩が少し涼しくなって、日の傾きも早くなってきたように感じますね。

    秋が少しずつ近づいてきているようですね。

     

    みなさんは歩くとき杖を使用されますか?杖は歩くときに体重を分散したり、支えになる便利な道具です。ですが杖を正しく使わないとかえって転倒するなど、危険な歩き方になってしまいます。

    今回はI様を事例にお話を進めていきます。

    I様は普段四点杖を使って歩かれています。最初I様は四点杖をうまく使いこなせていませんでした。

    そこでリハビリの時間を利用し、杖の使い方を練習し、今はリズム良く杖を使って歩くことができております。

    時々、杖のつき方がバラバラになることはありますが、声掛けを行うと元のリズムに戻り安定して歩くことができます。

     

     

     

    I様の杖歩行は、杖を持つ手(右手)と左足を同時に出す方法で行っております。

    この歩行方法がI様に適した歩行になります。リズミカルに安定して歩くことができます。

     

    杖の種類や、その人の身体状況によって杖歩行の仕方は変わってきます。

    杖歩行は慣れないと少し難しいですが、慣れると自分で安定して歩けるようになります。

     

    杖の使い方が分からない方は沢山いらっしゃいます。この使い方で合っているのだろうか?杖を使って歩いているが、なんだかふらふらして歩きづらい。などのお悩みがございましたらお気軽に私たちにご相談ください。

    リハビリを通じて歩く楽しさや、身体を動かす喜びをもう一度体感しましょう。