実績報告

体しっかりだより一覧

  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 痛みと姿勢変化 道後持田だより AIチェックリハビリ 2022年06月24日

    皆様こんにちは。ケアプラス道後持田 柔道整復師の菅居です。

     

    段々と日中の暑さも増し雨の日も増えてくる季節となりました。

    東洋医学では湿気が多い時期は、身体にも湿が停滞し、だるさや消化不良を引き起こしやすいと考えられています。

    それが続くと夏バテにもつながりますので、今の時期から汗をしっかりかく準備をしていきましょう!

     

     

    さて、この度は「AIチェックリハビリ」についてご紹介させていただきます。

    ケアプラスでは、ご利用者様の姿勢(立位姿勢・歩行姿勢・重心位置など)を、AIを使ってチェックし数値化することで、お一人お一人に沿ったリハビリプログラムをご案内しています。このAIチェックを3ヶ月毎に実施することで、デイサービス内でのリハビリやご自宅での自主トレーニングについて目標を持って行うことができます。

     

    今回撮影させていただいたS様ですが、以前から膝に痛みがあるとの訴えがございました。

    このような場合、痛みをかばうため立位姿勢において重心が偏ることがあります。

    そこで、立ち上がりの瞬間から立位姿勢に至るまでの体の動きについてお伝えし、実践して頂いたところ、重心の偏りも少なくなり、膝痛も軽減されるようになってきました。

     

     

     

    S様からは、膝の痛みが減り、立ち上がりから歩行までスムーズに動けるようになってきたと喜んでいただけることも増えてきました。また、AIチェックについても、「前回撮影した写真があるので今と見比べることができていいね、違いが分かりやすくなっていい」との感想をいただけました。

     

     

    姿勢というものは、自分では正しい姿勢と思っていても、実は癖でできた姿勢であることがあります。これは、人に言われて初めて気づく方も多いと思います。その姿勢について、自身の目で見て気づき、再認識することが今後の目標へと繋がっていきます。ご利用者様にもその変化を楽しんで頂きながらモチベーションアップにも繋がるよう、私達も支援を行っていきたいと考えております。

     

    ご不明な点等ございましたら是非ともご相談ください。

    スタッフ一同お待ちしております。

  • 皆様、こんにちは。

    『ケアプラスデイサービスセンター新居浜』の柔道整復師の柴垣です。

     

    四国地方は梅雨入りが発表されて、ジメジメとした季節になってきましたね。

    気温もだんだんと上がってきて、室内での熱中症にも注意しなくてはならない季節になってきました。皆様も体調管理に十分注意してリハビリ後の水分補給を忘れずにお過ごしください。

    ケアプラス新居浜では優秀なリハビリスタッフに加え、多数の機器を取り揃えています。

     

    今回のブログではリハビリフロアの機器を三つ紹介させて頂きます。

     

     

    一つ目がマッサージチェアです。

    腰や肩の痛みを和らげたい時に座って頂きます。こちらの機器の特徴としては様々な方に利用して頂くことが可能です。足のマッサージ機能もついています。揉み方が強くて痛く感じたら、背中にクッションや枕を挟み込んでご利用頂きます。ご利用者様に人気になることが予想されます。

     

     

    二つ目は低周波です。

    腰痛などの痛みに対し活躍します。

    肩・腕や足には小さな端子を、腰には大きな端子を部位に応じて使い分けができ、ご利用者様の症状に沿った対応が可能です。

     

     

    三つ目は二台同時の紹介です。

    エアロバイクとエルゴメーターです。どちらの機器も老化、活動量の低下を補いつつ、主に持久力のトレーニングに使用いたします。エアロバイクは股関節や膝関節が曲がりにくい方でもトレーニングがしやすくなっていると思います。エルゴメーターは立ったままで、歩くのが少し苦手な方でも持久力のトレーニングに活かせると思います。

    どちらの機器もそれぞれペダルへの距離やサドル調節も可能ですのでご利用者様のお体の状態に合わせて機能訓練士が各種調節を行い、機器の使い分けができるように準備しております。

     

     

    ケアプラス新居浜は6月にオープンした新設デイサービスです。今まさに新居浜一綺麗なデイサービスであり、優秀なスタッフも揃っています。是非一度見学にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

  • ケアプラス今治 リハビリ便り 今治の新たなる挑戦!! 今治だより AIチェックリハビリ 2022年06月13日

    こんにちは、柔道整復師の西之谷です!

    日中は暑い日が増え始め、天気もぼんやりとした日が多くなってきました。まもなく梅雨入りかというこの時期、皆様どう過ごされているでしょうか?このような時期だからこそ、規則正しい生活を送り、旬の物を食べて、来るべき夏に備えましょう!!

     

    季節の話はさておき…

    今月からケアプラス今治は新体制となり、職員の顔触れが少し変わりました!

    私がリハビリの中心となってご利用者様と関わらせていただくこととなりました!

    前任者が築き上げたものをしっかりと引き継ぎ、より良いデイサービスを作り上げていくよう頑張ります!!

     

    ケアプラスでは、既にAIチェックリハビリがスタートしており、3カ月後良い変化を見いだせるよう皆様しっかりリハビリに励まれております。

     

    私がケアプラス今治に来てからずっと感じていたことですが、今治の方は本当に真面目にコツコツと頑張られる方が多いですね!!

    最近はリハビリを楽しみにして下さる利用者様が増えて、この方々のために出来ることは一生懸命にやっていこうという思いが強いです。

     

    「ご利用者様のためにもっと出来ることはないか?」私なりにケアプラス今治を盛り上げていきたいと考えております!

    今回の写真をご覧頂き、デイへ興味のある方は是非ケアプラス今治の見学にお越しください!!

  • ケアプラス北宇和島 リハビリ便り 楽しい買い物を実施しよう。 北宇和島だより AIチェックリハビリ 2022年06月10日

    皆さんこんにちは。ケアプラス北宇和島、機能訓練指導員の竹田です。

     

    愛媛県内も梅雨入りし、ジメジメした気候が続いておりますが、お体の調子はいかがでしょうか。

    木々の緑が雨に濡れ、ひときわ色鮮やかに目に映りますね。

     

    さて、今回はケアプラス北宇和島の利用者様をご紹介させて頂きます。

    今年の3月よりご利用開始となられたH様。

    体験利用時、普段は疲れやすい、横になることが多い。とのお話がありましたので

    姿勢測定にてお体の状態を見させて頂きました。

    その際、腹筋やお尻の筋肉が少なかったため、ご自宅でできる運動を二つお伝えさせて頂きました。

     

     

    横になった状態でお尻を上げて頂く運動と

     

     

    同じく横になった状態で頭を上げて頂く運動をお伝えしました。

     

    その後、デイご利用の際も同様の運動を行いながらご自宅でも継続的に運動を行って頂きました。

    2カ月後、再度、姿勢測定にてお体の変化を見させて頂いた際、下記のような変化がみられておりました。

     

     

     

    2枚目の写真より、骨盤の前後の傾きのバランスが改善されているのがわかります。

     

     

    また、体幹が安定することにより肩の動きも安定されており、可動域が大きくなられておりました。

    お話を伺うと、以前は買い物に出かけてもすぐに疲れていたのが、ほとんど休まず買い物ができるようになり、買い物に行くのが楽しくなった。家族にも「「休まなくなったね。」と褒めてもらえ嬉しかった。」とのお言葉を頂きました。

    姿勢が整うことで、体に余計な負担が減り活動量の増加に繋がりました。

     

    しっかりと生活の変化を感じて頂けた事はこちらとしても嬉しい限りです。

    今後も、ご利用者様の生活がより良くなる機能訓練をご提供していければと思います。

  • ケアプラス三津 リハビリ便り ~AIによる姿勢分析~ 三津だより AIチェックリハビリ 2022年06月06日

    皆様こんにちは。ケアプラス三津 作業療法士の伊野です。

     

    あっという間にGWも終了し6月となりました。

    これから梅雨入りし雨が続くと思うとどんよりとした気持ちになりますが、色とりどりにアジサイが咲いていくのが楽しみですね。

     

    さて今回は、AIチェックリハビリを用いた取り組みについてご紹介させていただきます。

    こちらのご利用者様は以前より臀部周囲の痛みに悩まされており、腰痛の影響もあり歩行が少し不安定でした。

    姿勢測定を行ったところ、重心位置が後方に偏っている状況でした。

     

    そこで、リハビリスタッフによって徒手的に筋肉や骨の位置関係の修正を行ったり、腰痛改善を目的に電気治療などを実施しました。

    そして再度姿勢測定を行った結果、重心位置が大幅に改善され、腰痛の訴えも軽減しました。

    今回、AIチェックリハビリの結果をもとに、効果的に徒手や運動療法が行えたことにより結果的に姿勢改善に繋がったのではないかと思われます。今後もAIを併用しつつご利用者様の姿勢や身体機能改善を目指していきたいと思います。

     

    ケアプラスでは、AIチェックリハビリ以外にも作業療法士を中心とした脳機能へのアプローチ等、病院で受けられるような様々な症例に対するリハビリを提供しております。是非一度見学へお越し下さい。心よりお待ちしております。

  • ケアプラス垣生 リハビリ便り 姿勢改善を目的としたリハビリ 垣生だより AIチェックリハビリ 2022年06月03日

    皆さん、こんにちは。

    ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

    そろそろ梅雨入りも近いようですが、いかがお過ごしでしょうか?

     

     

    今回はAIチェックリハビリで経過を追い、変化が見られたW様を紹介します。

    W様は、今年2月の姿勢測定で左後方に傾きがみられました。

    傾きと筋力低下により歩行時のふらつきがあり、段差昇降や車の乗り降りなどの動作が不安定になっていました。

     

     

    リハビリとして、傾き改善を目標にした筋力強化訓練と痛みの軽減、肩甲帯と下肢のストレッチを実施しました。

    動いている際の傾き修正として鏡を利用し目視で確認・修正確認を継続しました。

     

    それらリハビリを頑張って続けて頂き3カ月後、

    姿勢測定のスコア13点向上し、DランクからCランクになっています。

    特に立位での傾きが改善され、歩行時下肢の振り出しがスムーズとなり、玄関前の段差昇降や車の乗り降りなどの安定性の向上に繋がっています。

     

     

    今後も、この姿勢評価を用いて、さらに良いリハビリが提供できるよう利用者様と情報共有を行い、経過を追っていきたいと思います。

    このようにケアプラスでは利用者一人一人の生活課題や姿勢など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

    読んで頂き、ありがとうございました!

  • ケアプラスリハビリNEWS 6月号 ~AIチェックで姿勢を変える!~ AIチェックリハビリ リハビリNEWS 2022年06月01日

    ケアプラスデイサービスセンターでは全利用者様に3ヶ月毎AIチェックによる姿勢測定を実施。立位姿勢のみならず、座位姿勢・歩行分析まで幅広く姿勢を分析し、個々に応じたリハビリプログラムを行っております。

    では姿勢が変わればどのような利点があるのでしょうか?まず一つは見た目が美しくなることです。良い姿勢が保てると年齢を感じさせないことにも繋がります。もう一つは関節の歪みが改善され、痛みが緩和されることです。関節の歪みは周りの筋肉に負担をかけ痛みを作るためです。最後の一つは内臓の位置が

    良くなることです。内臓の位置が改善されると消化効率がよくなり、しっかりと栄養を摂取することに繋がります。

    食事は主に座位で行うものです。座位姿勢が整うと消化効率向上の他に誤嚥防止や褥瘡予防など様々な効果が期待できます。しっかり栄養が摂れ、美しい姿勢を保ち痛みのない身体を作ることができれば、人生を変えられると言っても過言ではないと思います。ぜひ一度ケアプラスで姿勢測定をしてみませんか?

    ケアプラス公式ラインアカウントでは、日々の活動をご紹介しております。是非、友達登録お願い致します。

  • 皆様こんにちは、ケアプラス宇和島作業療法士の神崎です。

     

    最近、気温も上がってきており夏日になる日も出てきていますね。

    熱中症にならないように水分補給を忘れないようにしていきましょう。

     

    今回はリハビリスタッフのみならず、介護職員協力のもと日常的に行えている取り組みについてご紹介します。

    ケアプラスではオールタイムリハビリを率先して行っており、デイサービス内における活動がリハビリテーションに繋がるきっかけ作りを行っています。

    しかし、リハビリスタッフの活動だけでは一人一人に関わる時間が限られてくることから

    介護職員の協力のもと手指巧緻性機能向上訓練や脳トレに繋がるサービスを提供しております。

     

    上記写真は介護職員がリハビリ道具の使い方を理解したうえで利用者様に促して活動して頂いている場面になります。

    現在は利用者様から「あれをやりたい」「これをやりたい」といった声が上がる様になっています。

    今後も利用時間が利用者様にとって充実した時間になるよう、リハ職員一同、新たな企画を探求していきたいと思います。

  • ケアプラスデイサービスセンター道後持田 作業療法士の平岡です。

     

    朝夕に寒さを感じることも少なくなり、夏の到来を感じさせる暑い日が増えてまいりました。新型コロナの流行もあり室内で過ごすことが多いですが、

    夏に近づき暑さが増しておりますので水分補給や適度な休憩を忘れずに体調管理に努めていただければと思います。

     

     

    では、この度は楽しみながら取り組むことができる点つなぎゲームをご紹介したいと思います。

     

    皆様、点つなぎゲームについて聞いたことがある、またはされたことがある方も多いかと思いますが

    点つなぎゲームとは、数字で示された点を順番通りに最後まで線でつないでいくと絵が出来上がるゲームです。

     

     

     

    このゲームでは鉛筆を片手に点と点をつないでいきますが、細かく動作を見ていくと用紙を注意深く観察し数字を認識する、次の番号の数字を見つけ出す、

    鉛筆を操作し点と点をつなぐといった様々な動作が必要になってきます。

    慣れていないとこの点なかなか難しく、このゲームに取り組んでいただいたA様も最初は線が途中で途切れてしまう様子が見られました。

     

     

    そのため、点の配置を意識していただくとともに、何度も繰り返しゲームに取り組んでいただくことで線の途切れも軽減している様子が見られるようになりました。

     

     

     

    この利用者様は趣味活動として将棋にも取り組まれておられます。用紙上で数字を探し出す観察力は盤上で駒を扱う将棋にも役立つものがありますので、

    合間合間に取り組んでいただき今後も将棋を楽しんでいただきたいと思います。

    ケアプラスでは様々なグッズを取り扱っておりますので興味のある方は是非お試しください。

     

    最後に、ケアプラスでは施設見学や体験利用についても承っておりますので是非ともご一考ください。

     

  • ケアプラス大洲、作業療法士の菊池です。

    最近、日中は暖かくなってきましたが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

    今回は高次脳機能に対するリハビリについてケアプラス大洲で行っている取り組みについて報告します。

     

    以下の写真は点つなぎを用いた注意力克服を狙ったリハビリになりますが、実施時は時間を計りレベル(点の数)を上げながら行いました。

    レベル1が1から20、レベル2が1から50と点の数を増やしていきました。

     

    はじめは指示を入れないとできないことが多々ありましたが、1か月ぐらい経つとレベル1では指示なしで行うことができるようになりました。

    しかしレベル2以上となるとやはり時間はかかりますが、何とか最後まで集中して行えております。

    今後も速度正確性が向上していることが確認できればレベルを上げて利用者様の注意の分配の向上を図りたいと考えております。

     

    ボディーイメージをつかむ訓練に関しましては、仰臥位にて実施しています。

    麻痺側を私が様々な方向へ動かし、それを開眼時5回非麻痺側で触っていただき、閉眼時にも同様に行っていただきました。

    開眼時に比べて精度は落ちますが、手探りで触る時もあればすぐに触ることができることもあります。

    今後も閉眼時で5回ともすぐに麻痺側を触れることができるように継続してリハビリを実施していきます。

     

    声かけに関しましては車いす走行時、平行棒内歩行時にて麻痺側を注目できるように声を掛けており、徐々に麻痺側を目でみて意識することができています。

    また、ケアプラス大洲では簡単に高次脳機能に対しての訓練を実施できるようにするため空いた時間で3種類の机上リハビリを行えるように準備しております。

    本リハビリが気になった方は、ぜひ、スタッフまでお声かけ頂けたら思います。これからもケアプラス大洲をよろしくお願いいたします。