実績報告

体しっかりだより一覧

  • みなさま、こんにちは!6月より、ケアプラス今治から、三津に移ってきました。作業療法士の大森です。

    先日の台風は全国的にも被害が多くありましたが、松山市は大きな被害もなく、霊峰石鎚山のお陰様ですよね。やはり、西日本最大の山の偉大さを強く感じました。台風通過後は、非常に涼しい風が吹き、『秋が来たのかね?』と利用者様と話していた今日この頃です。

     

    ケアプラス三津に移ってきて4か月が経過しようとしていますが、大森の現場での動きは、相変わらず明るく・前向きをモットーに利用者様と毎日ケラケラと大きな声で笑っています。はじめは、『浮くかな~』という心配……は全くなく、常に全力前進です!!

     

     

    常に考えている事ですが、真っ暗闇で虫は明るい電気に集まりますよね?これって人間も同じではないかな~と思います。

    明るい人には明るさを持った人が集まり、明るさに触れたい人が集まり、すると自然と明るい集団になります。反対に暗い所には暗い人、暗い言葉が集まります。みなさんはどっちに行きたいですか??

    私は断然明るい方が良いです!むしろみなさまに明るさを配りたい!!!大森の明るさウイルスはコロナよりも感染力が強いですよ(笑)

     

     

    そんな風に、ケアプラス三津でもどんどん利用者様の笑顔を引き出すために、仲間と共に提供できるように頑張っていきますよ!!!

     

     

    今回紹介したい方は、お休み明けで体の状態が低下して、現状からの回復を目的に共に頑張っておられます。以前までは自宅から700mほど離れている畑に1時間かけてノンストップで行かれていました。しかし、入院中に動かないため、体が弱り戻ってこられました。

    『また畑に行きたい!薬の撒き方を息子に教えないかん!』という思いがあるようです。

     

     

    日々の基本動作訓練(寝返り、起き上がり、立ち上がり、立位保持、室内歩行)を経て、『外、歩行歩いてみます?』と私が言うと、『おお!ええな』とノリノリの写真です。

     

     

    普段口数の少ない方ではありますが、この後屋外で椅子に座りお話すると、これまでの人生の事、家族への思い、今後の目標など熱く多くの話をして下さった。

    ここでセラピストとして、目標を常々利用者様と話して決める事の重要性を再認識しました。

     

     

    他のセラピストとは、手の浮腫み改善のための運動に取り組んでいます。このようにセラピストと役割分担して、アプローチしていくことで、体全体の底上げになっていくということです!!

     

    ケアプラス三津にも、プロ意識の高い職員がたくさんいます。スタッフみんなが利用者様に愛を持って、思いやりを持って関わっていくことで、愛が溢れるデイサービスになってたくさんの仲間が増えると信じています!!!

     

     

    これからどんどん、たくさんの利用者様の出会いを一期一会と思い、素敵な時間を提供していく所存でございます!!!!

     

     

    ぜひ、大森やケアプラス三津に興味が湧いた方は、お気軽にお問い合わせください。

     

    ではまた次回をお楽しみに~!!!

  • ケアプラス垣生 リハビリ便り AIチェックリハビリを基にした介入 垣生だより AIチェックリハビリ 2022年09月23日

    皆さんこんにちは。

    ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

    朝晩が大分涼しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

    着るものや寝具の調整を行い、風邪を引かないように注意していきましょう!

     

    今回は姿勢評価(AIチェックリハビリ)で生活動作に変化が見られたY様のご紹介をします。

     

    まず5月の評価結果です。

    左肩少し上がっており、膝が曲がっている代償として重心が前へ傾いているのが分かります。結果として重心が右前方にあり、右半身に負担が掛かりやすい姿勢となっています。

    また、歩行では右太ももに痛みがあり歩幅が狭い状態になっています。

     

     

     

    そこで姿勢評価をもとに肩や腰はマッサージング・ストレッチを行いました。

    下肢は大腿四頭筋のみでなく、下肢全体の筋力が重要と考えられるためお尻上げや両膝の間にクッションなど挟み力を入れるなど筋トレ中心に行いました。

    さらにスリング、平行棒内訓練時に重錘を着けての歩行訓練を行い全身的な筋力強化や振り子運動、足を挙げる歩行や姿勢など鏡を利用し確認するように意識付けの助言を続けました。

    それらを実施する事で体幹やバランスを鍛えることで骨盤の歪みや姿勢を改善しました。

     

    8月の評価結果です。

    三ヶ月前と比較して、スコア6点向上しております。特に横から見た写真では下半身の前後の傾き、腰の位置、膝の曲がりが軽減しています。これらの姿勢改善と全身の筋力向上に伴い、歩行時の下肢の振り出しがスムースになり段差昇降などの安定性の向上に繋がっています。

     

     

     

    今後も、AIチェックリハビリを用いて、さらに良いリハビリが提供できるよう利用者様と情報共有を行い、経過を追っていきたいと思います。

     

    このようにケアプラスでは利用者一人一人の生活課題や姿勢など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

  • ケアプラス宇和島 リハビリ便り AIチェックリハビリによる介入 宇和島だより AIチェックリハビリ 2022年09月19日

    皆様こんにちは、ケアプラス宇和島 作業療法士の神崎です。

     

    少し涼しくなったと思いましたが、今年はまだ暑い日が続きそうですね。

    水分補給を行い涼しくなるまでは熱中症に気を付けてください。

     

    皆様にご紹介するのは、ケアプラスで実施しているAIチェックリハビリによるアプローチです。AIチェックリハビリでは、利用者様の身体状況を画像診断で測定して数値化することで客観的に観察でき、リハビリに役立てています。

     

    今回はケアプラスで杖歩行訓練を行っているA様の様子をご紹介させて頂きます。

     

     

     

    診断結果よりA氏は上半身が左側へ、下半身は右側への傾きがみられました。

    この姿勢で生活を継続すると骨盤のゆがみに繋がる恐れや、肩や首周りに負担がかかりやすいことが推測されます。

     

    分析結果から、筋肉の凝りが発生しやすい部位へのリラクゼーションやストレッチ、杖歩行訓練の際の姿勢修正に役立っています。

     

    分析した結果は本人様・家族様に印刷して渡しし、結果や経過を共有でき、モチベーション向上にも繋がります。

     

    ケアプラスではAIチェックリハビリなど最新の機器を使用したリハビリを積極的に取り入れ、利用者様の生活自立のお手伝いさせて頂いております。

     

    気になる方は是非お近くのケアプラスへお問い合わせ下さい。

  • 皆さんこんにちは、ケアプラス大洲 機能訓指導員の長谷部です。

     

    段々と日暮れの時間も早くなり、朝晩と昼の寒暖差も大きくなり体調の変化も起きやすい時期になりました。皆様も服装なら脱ぎ着がしやすい服を着用する、そして涼しくなったからと油断せず昼間の時間帯なら水分をしっかりとって熱中症の対策も行って健康に過ごしましょう。

     

    今回はケアプラスで実施しているオールタイムリハビリの一環で安心安全なデイサービス作りを目標とした介助方法の統一化の様子をご紹介します。

     

    介助方法の統一とは、、、全利用者様の介助方法を統一するのではなく、利用者様一人一人の介助方法は異なるため、その方に合った方法をリハビリスタッフが考案し全スタッフに広めていく事を目的としております。

    当たり前の方法の中にも細かなポイントがあり、そのポイントについても説明します。また“当たり前の方法の見直しも安全なサービス作りの一つ”です。

     

    今回は安全なベッドへの移乗動作について介護職員とともに確認しました。

    移乗動作開始姿勢の確認も含めて実施しました。

    介護事故のリスクを減らすためには職員全体の知識の共有が必要です。これからも利用者様が安心してケアプラスをご利用出来るように努力していきたいと思います。

    皆様も体調を崩さないようにこれからも一緒に元気に頑張っていきましょう!

  • ケアプラスデイサービスセンター道後持田 機能訓練士の和田です。

     

    日中の日差しはまだまだ強く、残暑厳しい日々が続いております。また、一時期より落ち着いてはきましたが、新型コロナについても感染者数がまだまだ多い日々が続いております。皆様、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

     

    さて、皆様は自身の歩行(歩き方)について意識されたことがありますか?

     

    歩行は普段何気なく行っている事ですので、あまり意識されてない方も多いのではないかと思います。

    今回はケアプラスで実施しているAIチェックリハビリの歩行分析についてご紹介したいと思います。

     

     

     

    こちらの写真は、歩行分析中の様子と歩行時の様子を撮影したものになります。

    なかなか自身の歩行状態を確認することは難しいですが、こうして映像化することで、姿勢や足の運びなど歩行時の様子を見える化することができます。

     

    見える化により自身の歩行状態を把握することで、歩行の改善を図ることができます。さらにその改善が痛みや疲れにくい身体づくりとなり、転倒や怪我の予防にもつながります。

     

    コロナ禍で外出機会が減りご自宅で過ごされる時間が長くなってきております。転倒や怪我のリスクを軽減することは安全な在宅生活の継続にもつながりますので興味のある方は是非お試しください。

     

    ケアプラスでは施設見学や体験利用についても承っておりますのでお気軽にご相談ください。

  • ケアプラス今治 リハビリ便り 柔軟性向上で生活改善 今治だより AIチェックリハビリ 2022年09月09日

    みなさん、こんにちは。ケアプラス今治 柔道整復師の西之谷です。

     

    突然ですが、皆様は柔道整復師という資格をご存じでしょうか?

    接骨院の先生と言い換えたら、分かる人が多いと思います。しかし、仕事内容について詳しく知らない人が多いのではないでしょうか?

     

    柔道整復師の提供できる治療範囲は法律で定められていますが、それが柔道整復師の働き方の全てではありません。

    私が感じる柔道整復師の特徴として、ほとんどの柔道整復師の方が何かしらのスポーツを経験されており、運動器系つまり骨や筋肉に詳しい方が多いです。よって、運動指導やトレーナー活動を行う柔道整復師の方もいます。

    私自身もランニングで少しでも効率の良い走り方を追求した結果、人体について勉強を重ね、資格を取るに至りました。1人でも多くの人に運動の素晴らしさ・面白さを伝えられればと思い活動しております。皆様にとって、柔道整復師が身近な存在となれるよう日々精進していきますので、これからもよろしくお願いします。

     

    今月は姿勢分析で素晴らしい結果を維持されているご利用者様の紹介をしていきます。

     

    こちらはA様が来所されたばかりの頃の写真です。

    ご利用開始時は非常に体が硬く、膝の曲げ伸ばしや前屈が難しい状態でした。立ち姿勢も猫背気味になることが多く、身体を動かす際のぎこちなさが目立ちました。

     

    そしてこちらが、数か月後の比較写真です。

    初回と比較すると体のアライメント全体が真っ直ぐ整っており、立位動作が安定しているのが分かると思います。

     

    今回ご紹介したように、デイサービスと自宅での努力が生活の質の改善にも繋がります。このブログを見て、「デイに行って現状を変えてみたい」と思われたら、私達セラピスト全力でサポート致します。ぜひ、ケアプラス今治にご連絡ください!!

  • ケアプラス新居浜 リハビリ便り AIチェックリハビリを使った介入 新居浜だより AIチェックリハビリ 2022年09月05日

    皆様、こんにちは。

    ケアプラスデイサービスセンター新居浜の柔道整復師の柴垣です。

     

    今回はAIチェックリハビリを機能訓練の評価に活用することで、肩関節可動域が向上した症例をご紹介したいと思います。

     

    まずAIチェックリハビリとは、利用者様の姿勢の写真を撮影することで、姿勢の特徴や可動域等をAIが導き出してくれる評価のシステムです。所要時間は数分で、ケアプラスではAIチェックリハビリを活用し、3カ月に1回利用者様の身体機能の評価、機能訓練のプログラムの作成・見直しに役立てています。

     

    初回のAIチェックリハビリで、肩関節に可動域の制限があることが分かりました。そして、機能訓練指導員が実際に触診してみると、肩関節周囲の筋肉に硬さがあることも判明しました。

     

    そこで、機能訓練のプログラムとして、①徒手での上肢(肩関節)の関節可動域訓練と②スリング体操を立案しました。それぞれ1回15分程度、週2回の頻度で約1か月半実施しました。

     

    再度AIリハビリチェックで評価を行うと、肩関節の可動域が向上していることが分かりました。肩関節の可動域が十分に保たれていることは、洗濯物を干すなど日常生活においても重要な要素です。

     

    これからもAIチェックリハビリを機能訓練の評価の一つとして活用しながら、利用者様の身体機能や日常生活動作の維持向上に繋げていきたいと思います。AIチェックリハビリのメリットとしては、利用者様の負担が少ない点と、結果を印刷して書面で説明するので目で見て変化を感じることができる点です。体験時もAIチェックリハビリを実施していますので、ぜひ体験のお申し込みやお問い合わせをお待ちしております。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • こんにちは、ケアプラス三津柔道整復師の長谷川です。

     

    今年の夏は暑いですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    9月になりましたがまだまだ暑い日が続いておりますので、熱中症対策をしっかり行っていきましょう!

     

    ケアプラスでは3ヶ月に1度の頻度で利用者様の姿勢測定を実施しています。

    今回は結果の良くなった利用者様の普段のリハビリ風景をご紹介したいと思います。

     

    まずは、6月に撮影した状況です。

    立った姿勢がやや左に傾いているのが分かると思います。

     

    傾きを修正するために下記のリハビリを実施しました。

    下肢筋力強化のためにエアロバイクエクササイズ。

     

    立位バランス維持向上のためにスリングリハビリ。

     

    平行棒内でのバランスクッションを用いたバランストレーニング。

     

    傾き修正のためのリハビリを実施して3カ月後、、、頭や肩の位置のずれが修正されています。

     

    頭の位置のずれがなくなることで、バランスが取りやすくなり歩行時のふらつきの軽減につながります。

    今後も姿勢が改善し少しでも普段の生活が楽になるように支援していければと思っております。

     

    ケアプラスでは引き続き体験利用や見学等随時受け付けておりますので、ぜひ興味を持たれた方はお問合せください。

  • ケアプラスリハビリNEWS ~立位・歩行姿勢を分析して転倒予防!~ AIチェックリハビリ リハビリNEWS 2022年09月01日

    ケアプラスデイサービスセンターのリハビリは姿勢評価を大切に行っております。その中で最も重要視している点は、姿勢が崩れると転倒のリスクが高くなるという点です。

    東京消防庁の救急搬送データから見る65歳以上の高齢者の日常生活事故を検討すると、実に80%以上が転倒による搬送であるとされております。

    では、転倒しないために大切なことは何でしょうか?筋力や関節可動域を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか?それよりも最も大切なことはバランス能力だと思います。バランス能力にはもちろん筋力や関節可動域が関与してはおりますが、一番関与しているのは姿勢だと思います。思い浮かべてみて下さい。

    悪い姿勢や変な姿勢では綱渡りはできませんよね。良い姿勢を獲得することで、よりバランス反応を引き出すことができ、転倒予防へ繋がると考えております。

    ケアプラスでは3カ月に1回必ず姿勢測定を行っております。良姿勢を確保し転倒予防に努めていきましょう。姿勢を測定してみたい方はどなたでもケアプラスリハビリスタッフにお声掛けくださいね。

    ケアプラスの公式LINEでも姿勢測定のAIチェックリハビリを回覧することができます。是非、見てみて下さいね。

  • 皆さんこんにちは。

    ケアプラス北宇和島 機能訓練指導員の竹田です。

     

    8月も残りわずかとなりました。この時期になると学生時代、夏休みの宿題に追われていた自分を思い出します。

    あの頃の計画性の無さは今思い出すと呆れるばかりです。

     

    さて、本日はADL向上の為デイ内で行って頂いております棒体操をご紹介いたします。

    新聞紙を丸めて作った棒を使い体の動きにくくなった部分を動かすことで身体の柔軟性を高めます。

     

    また、目標物として使用する事でより効果的な運動や目的に沿った動きにも繋がります。

     

    棒体操は体の柔軟性向上、バランス感覚や反射神経・集中力などを養えるほか、最近では転倒予防としての高齢者の身体機能の維持向上のために注目されています。

     

    一対一で体操をしていると自然と2人、3人とご利用者様が集まって来られる事が多く、時には5~6名のご利用者様と一緒に棒体操を行っております。

     

    私としても皆さんと楽しい時間が過ごせて何よりです。

     

    座っている時間が長くならないよう少しでも運動機会を増やし、全ての時間がリハビリに繋がる(オールタイムリハビリ)よう取り組んで参ります。