実績報告

体しっかりだより一覧

  • 新年度となりどこか清々しい気持ちになりますね。

    春は花が綺麗に咲き、景色も良いのでドライブや散歩など気分転換にはもってこいの季節ですね。

    今回はケアプラス三津 作業療法士の高橋がケアプラスで実施しているオールタイムリハビリ川柳を活用し、生活動作に介入した症例をご紹介させて頂きます。

     

    自宅のベッド上では右側に起き上がりを実施されるX様。

    起き上がりの際に左側の腕を上手くコントロールできないとの訴えがありました。

     

    移乗方法を観察すると腹筋をフル活用し、上体と足を挙げる事に必死になり筋の緊張が亢進している様子でした。

    それに伴い左肩甲帯をベッドへ押し付けるような形となっていました。

     

     

    上体の分離運動の訓練等を機能訓練で実施し、正しい起き上がり方法をオールタイムリハビリ川柳でお教えしました。

     

     

    数か月経過し、自宅での起き上がり動作においてミスが少なくなったとお話しされています。

    また、できる事が増加する事で新たな生活動作にチャレンジされています。

     

    3月には全事業所のリハビリスタッフが新たなリハビリ川柳の作成を実施してくれました。

    オールタイムリハビリもバージョンアップしており、アドバイスできる幅も更に拡大しております。

    一度ケアプラスへ見に来てください。

  • 桜の花もほころび、すっかり春になりました。

    皆さんこんにちは。ケアプラス北宇和島、柔道整復師の芳村です。

     

    さて皆さん。

    今回はオールタイムリハビリについてお話させていただこうと思います。

    まずオールタイムリハビリって何?という方もいらっしゃると思います。

    オールタイムリハビリとはデイでの行動すべてがリハビリで、普段の生活に繋がるという考えです。

    例えば、椅子から立つ・お箸を使ってご飯を食べる・廊下を歩く…などとなっています。

     

    そこで今回は来所時やご自宅でもしっかりとトレーニングされているYさんをご紹介させていただきます!

     

    2月中旬よりご利用開始されたYさん。

    股関節の動きにくさもあり、背もたれだけを倒す機能と椅子ごと傾けることができる機能のある車椅子を利用されています。

    体の動きも悪く、ご利用開始当初は車椅子とベッド間の乗り移りは二人介助で行っていました。

     

    最初の内は少し動かすだけでも痛がられていましたが、少しでもご自宅での生活が楽になるようにとトレーニングを提案させていただきました。

     

     

    まず車椅子の背もたれの角度と背もたれと足台両方の角度の頻回な調整。

     

    そしてマルチタスク体操やスリング運動による体幹の前屈やねじる運動などに取り組んでいただきました。

     

    他にも生活に即した立ち上がり訓練として、脱衣場で車椅子からシャワーキャリーへの乗り換え時や洗体時に手すりを把持しての立位保持をお願いしています。

     

    利用初期と比較して、現在では寝返り~起き上がり~端座位保持は独力で行えるようになられています。

     

     

    また立ち上がりは一部介助で、移乗も一部介助でできるようになられています。

     

    お風呂の介護スタッフからも『思った以上に立つことができている。ご自分で動いてもらうことで痛みの訴えが少ない』との感想ももらっています。

     

    毎日続けるのって結構大変ですよね?

    でも毎日頑張っていると身体にもいい影響がどんどん出てきます。

    まさしく『継続は力なり』ってやつですね。

     

    皆さんもご自宅やデイサービスなどで身体を動かしてみてはいかがでしょうか!

    わからないことがあればいつでもリハビリスタッフに聞いてもらえれば、快くお答えさせていただきますよ!

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様のお気持ちに寄り添い、心・頭・体が清々しい状態を提供できるようしっかりサポートさせていただきますので

    いつでもご相談くださいね。スタッフ一同楽しみにお待ちしております!

  • ケアプラス宇和島作業療法士の神﨑です。

    最近は先月より気温が上昇しており、ウグイスが鳴く声も聞こえるようになりました。」

    季節の変わり目になりますので体調を崩さないように気を付けて参りましょう

     

    本日は脳の病気により右半身の運動障害を患ったY様の話をしていきたいと思います。

    以前Y様は右上肢の動作時痛と右膝関節を伸ばすことが困難な状態にありました。

    デイサービスに通い始めて半年。徐々に右上肢の動作時痛の軽減と右下肢のコントロール改善が見られるようになりました。

    訓練は関節可動域訓練や自動運動訓練を中心に行いました。

    更にオールタイムリハビリとして、ベッドから起き上がる動作を自力で出来るように反復練習を行いました。

     

    この写真は起き上がりにおいて他のスタッフが同じように支援を行えるよう動作の確認を行っています。

     

    この写真はY様が自身の力で右膝を伸ばし端坐位姿勢になる途中の動作です。

    デイサービスでの日常動作の訓練は右半身の運動機能や身体失認を大きく改善してきました。

    上肢機能の方も機能向上が見られており、家族様より「右手でお茶を普通に飲んでいる時もありますよ。」と喜びの声にもなっています。

    このようにデイサービス参加時間が少しでも身体機能の向上に繋がる様に利用者様一人一人に合ったオールタイムリハビリを提供できるように

    今後も尽力していきたいと思います。

    有難うございました。

     

  • ケアプラスのリハビリでは、姿勢解析ソフトを用いて、姿勢改善に日々取り組んでおります。

    今回ご紹介させて頂きます画像右上のA様は、病院退院後、ケアプラスでリハビリを継続し、社会復帰に向けた就労支援事業所での作業活動が出来るようになりました。

    まず、姿勢解析ソフトで背骨や骨盤の歪みを評価し、歪みの原因となっている関節や筋肉に対して、徒手療法で調整をいたしました。さらには歩行や作業活動での運動姿勢を評価し、効率の良い運動パフォーマンスが獲得できるようにアプローチを行いました。

    その結果、姿勢解析で21点、点数アップがみられ、退院時より目標としていた就労支援事業所で作業活動が行えるようになりました。将来的には一般就労を目指して日々リハビリに励んでおられます。

    このように目的のあるリハビリを姿勢といった観点から突き詰めていくことで、生活の質が向上できると考えております。

     

    最後にケアプラスでは公式LINEアカウントを作成しております。実践報告では、毎日ブログも更新しておりますので是非、友達登録お願い致します。

  • 皆さん、こんにちは。

    ケアプラス道後持田、理学療法士の宮中です。

     

    最近、気温も上がって暑く感じられる日が多くなりましたね。

    桜も満開になりつつありますが、まだまだ朝夕は肌寒い日もありますので

    体調管理に気を付けて下さいね。

     

    それでは、今回はケアプラスで定期的に行っている姿勢評価を活用したリハビリの活用事例についてご紹介させて頂きます。

    今回、ご紹介するN様は入院による廃用により筋力低下を患い、利用再開時は車椅子利用だった利用者様になります。

    退院後は自宅内は這って移動しており、送迎車両への乗り降りも昇降座席を使用するなど施設内は車椅子対応での再開でした。

     

    そこで平行棒内での立位保持や立ち上がり訓練などから始め、次いで平行棒内歩行→平行棒内片手支持歩行→

    腋窩介助+杖歩行と段階を経た運動メニューに取り組んで頂きました。

     

    その際、今回のお題である姿勢評価の過去のデーターが活きたわけです。

    それというのが、目標設定として過去の姿勢写真が後押しとなり、「1年前の自分に戻らないと!」となり、より一層リハビリに力が入るきっかけになったわけです。

     

    その時の写真と現在の写真がこちらになります。

    ※因みに左写真が1年前になります。

     

    CPDM2

     

     

    ビフォーアフターではないですが、良かった頃の過去の自分を目標に取り組んでいくという活用もできるわけです。

    その後のN様は身近に感じる目標設定に触発されたことで、リハビリも順調に進み、現在では自宅内は伝い歩き

    施設利用時も車椅子を使わず介助歩行にて利用頂くまでに回復されております。

     

    私達もまた、引き続き利用者様の支援となる定期的な姿勢フィードバックを行っていきながら利用者様のモチベーションアップに

    繋がる支援を行っていきたいと考えております。

     

    ケアプラスでは体験利用を随時受け付けております。

    お気軽にケアプラスにお問い合わせ下さい。

  • 皆さんこんにちは、ケアプラス大洲、機能訓練指導員の竹田です。

    少しずつ暖かい日が増え始め、いよいよ春本番といったところですが皆様いかがお過ごしでしょうか。心地よい春の息吹を感じながら毎日を過ごしていきたいですね。

     

    さて、今回は最近、ケアプラス大洲をご利用されている方のご紹介です。

     

    歩行状態の改善のご要望がありました。

    ご自宅では横になられている時間が長く移動の際は車椅子に座っていることが多い方でしたので車いすに座った状態での姿勢を見させて頂きました。

    横から見させて頂いた際、お尻が前方の滑っており浅く腰掛けられている状態でした。

     

    この状態では背骨へ負担が大きくなりますので座面の調整を行い深く腰掛けて頂きました。

     

     

    次は背骨が地面から垂直に伸びておりますが、頭が前方に出ておりました。

    この状態では呼吸が浅くなり疲労がたまりやすく活動量の低下に繋がりますので

    セラバンドを使用しての肩甲骨の動きを改善するトレーニングを行い姿勢の改善を図りました。

     

     

    その後、歩行訓練を実施しました。

    歩行状態を改善する為に下肢筋力を鍛える事も大事ですが全体のバランスを考え上半身にもアプローチをすることで

    より効果的な機能訓練に繋がったのではないかと思われます。

     

    外出がしづらい状況が続いておりますが、ケアプラスではマスクの着用は当然ですが定期的な室内の換気や手指消毒を行い、感染予防に努めております。

    これからもご利用者様が安心してご利用できる環境をご提供し、楽しい時間を過ごせるようにしていければと思います。

     

  • みなさま、こんにちは!ケアプラス今治の作業療法士の大森です。

    徐々に朝晩の冷え込みが落ち着き、暖かな日差しと少しひんやりとした中に爽やかさを感じられる風に春を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか??

     

    ケアプラス今治も今度の4月を迎えると、丸3年が経過します。今振り返れば、早かったように感じますが、当時は0からのスタートを切り、

    1人、2人と利用者様が来られるようになることをとても嬉しく、毎回ガッツポーズをひっそりとしていたことを懐かしく思います。

    今では、熱い志を持った職員も増え、それぞれの持ち味にファンとなってくださる方も多くおられます。本当に感謝!感謝!感謝!!!です。

     

    この作業療法士の仕事を始めて毎年感じていることですが、特にずっと福祉側での仕事をしているため、在宅を主体とした領域では、

    寒い時期になると圧倒的に利用者人数が一時的に減少しますね~。。。

     

    これは、寒さによる体調不良(風邪や感染症、体の倦怠感etc)や転倒、脳梗塞・脳出血の頻発が見られます。

     

    この原因を追究していくと、血液にたどり着きます。暑い時期に比べると圧倒的に水分量が不足しています。

    すると、体内はもちろんですが、それはすなわち血液がドロドロになっているということです。

     

    これは、以前に風邪と水分摂取の因果関係を書きましたが、今回は転倒との関係を少しお話します。

     

    上述しましたが、血液がドロドロになると、体の末端まで十分に血液が循環しづらくなります。

    よって筋肉が縮こまり動きが悪くなります。頭で思っている動きと実際の動きに差異が出て転倒という流れだと考えます。

     

     

    このことを理解して気を付けることで、冬場の体調変化は予防できると思っています。私は、今治の利用者様にも暖かくなるまで注意喚起していきますよー‼

     

     

    さて今回は、3か月に1回定期的に測定している、姿勢の測定を行いました。

    従来までは、立位姿勢、立位での可動姿勢の測定でしたが、新機能で座位の評価も出来るようになりました!

    そこで紹介したい利用者A様。車椅子での移動は両上下肢で行っています。

    しかし、下肢を使うことで座位も基本的に浅座りとなり、転落の危険性はない現状ないものの、座り直しをしたりせず食事や水分を摂取している。

    そのため、最近むせ込みが見られるようになっています。

     

    姿勢の測定を機会に椅子へ移乗して良肢位で撮影しました。

     

     

     

    どうですか?明らかに良い姿勢でしょう??この姿勢で食事を摂っていただくとむせはなく、安全に食べこぼしも最小限で召し上がられました。

     

     

    ご自宅で介護をされている方も、食事や水分の摂取時にむせや過去に肺炎の既往がある方に対しての姿勢の見直しはとても重要です。誤嚥性肺炎の予防になります。

    また、良姿勢だと上肢の操作性も向上し、作業効率も向上します。

     

     

    上記のような心配を抱えている方、または介護をされていてご家族の姿勢はどうなんだろうと思われた方、ぜひ体験利用で体感されてみてはいかがですか?

     

     

    お問い合わせは随時行っておりますので、お待ちしております。

    ではみなさま、次回をお楽しみに!!!

  • 皆様、こんにちは。ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

    姿勢測定評価をもとに今回は座位に着目し、生活動作に変化が見られた方の紹介をします。

     

    食事、排泄時、入浴時、塗り絵するなど座位で行う動作は様々だと思います。

    安定した座位姿勢とはどんな状態か皆さんはご存じですか?

    足底、大腿部の裏面から座骨が作る面を支持基底面と言い、その中に重心から下ろした線が(座位時は胸付近にある)支持基底面と交わる点、

    圧中心点というものが収まっています。

    安定して座るためには支持基底面を広くしてその中心付近に圧中心点がくるよう配慮するといいです。

    お辞儀をすると椅子から立ち上がりやすくなるのは支持基底面や圧中心点が関わってくるからです。

     

    今回紹介する利用者U様の座位姿勢の状態です。

     

    全体的に理想的な姿勢であると評価されています。横から見た姿勢は頭が前に出ており、猫背姿勢になっています。

    そのため、U様は首や肩周りに負担が掛かり腕が上がりにくく食事の際も遠くにあるおかずが取れないと言われておりました。

    この評価をもとに首から肩甲帯周囲のリハビリを強化し、さらにスリング・平行棒内歩行時に体幹筋やバランスを鍛えることで骨盤の歪みや前傾姿勢を改善し、

    鏡で姿勢を確認する意識付けの指導も行いました。以前、お渡しした食事動作の改善に繋がるご自宅リハビリパックの強化も行いました。

     

     

    こちらはリハビリ前の状態です。勢いをつけないと左右の腕が上がりにくく、引っ掛かりが見られました。

     

    こちらはリハビリ後の状態です。左右差は少しありますが先程の写真と比較すると腕が上がり引っ掛かりも軽減されています。

    遠くのおかずに手が伸ばせるようになり、首や背中がかゆいときに手が届くようになったと言われておりました。

     

    食事の際の対策としてお膳全体が見え遠くにあるおかずが取りやすくなるよう箱を置き、角度や高さを調節しております。

    U様のように同じようなことが考えられる他利用者様に活用し、より良い食事動作へと繋げていけたらと思います。

     

  • 皆様こんにちは、ケアプラス三津 柔道整復師の村上です。

     

    気温も段々暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね。

    コロナ状況はありますので引き続き感染予防対策に努めていきましょう。

     

    今回はケアプラス三津で実施した姿勢測定についてご紹介します。

     

    今回のテーマは座位姿勢。

    座位姿勢は日常生活において要になる基本姿勢と言っても過言ではありません。

    座位は体幹筋群を強化する事で手足の動きが向上します。

     

    つまり安定した座位姿勢は、日常生活動作の向上に繋がります。

     

    今回は座位姿勢の安定により食事姿勢改善を目指しているH様をご紹介します。

     

    この方はスリングリハビリとバランスパッドを組み合わせた座位姿勢訓練を実施しております。

     

    この訓練により体幹の筋力強化に加え、手の高さの左右差を目視で確認する事で左右の傾きを自身で感じ取り、修正する事が可能です。

     

    訓練を継続する事で座位が徐々に安定しました。

     

    座位の安定が食事姿勢の改善に繋がっています。引き続き、楽しい食事ができるよう機能訓練をご提供して参ります。

     

    ケアプラスでは、座位姿勢の他にも立位姿勢や歩行姿勢の評価も定期的に実施しております。姿勢の改善により、日常生活動作をより良くしてみませんか?

    一度お近くのケアプラスへ見学へお越しください。職員一同心よりお待ちしております。

  • みなさんこんにちは。ケアプラス北宇和島、柔道整復師の芳村です。

     

    3月になりずいぶん春らしくなってきましたね。それでも朝晩はまだまだ寒いので、上着や暖房などで調節して、風邪にはくれぐれも気をつけるようにしてくださいね。

     

    さて、今回は椅子や車椅子に座った姿勢を整えることで、体の調子も変わってくるということについてお話したいと思います。

     

    車椅子で来所されているKさん。施設到着時には左側へ身体全体が傾いている事が多いご利用者様です。

     

    そこで今回はスタッフへの周知を行ったうえで、座位姿勢の修正を行う事にしました。

     

    到着時にはお尻がやや右に寄ってしまい、余計に身体が左へ傾きやすくなっています。そこで、一度手摺りを持って立ち上がっていただき、お尻を左へ寄せます。

    Kさんの車椅子の座面にはクッションが敷かれているのですが、クッションも若干左寄りに配置しました。

    また到着時には、お尻が滑って車椅子座面の前のほうに位置しています。お尻が車椅子の奥にしっかり位置するように介助しました。

     

    座位修正前後の写真を比べるとわかりやすいのですが、身体の傾きが大きく変化しているのがわかると思います。

     

     

     

     

    左右から撮影したもので姿勢を比べてみると、やはり修正前と比較した時には修正後のほうが姿勢が整っていることがわかると思います。

     

    修正後の方が背筋も伸びていますね。

     

    その日のリハビリの時間でも、座ったままでも朝より腰の痛みが楽になったことと、身体が起こしやすくなっているとおっしゃられていました!

     

    悪い姿勢の継続は、身体のどこかに負担がかかり、食事時の誤嚥などにもつながってしまいます。

    姿勢修正をすることで、二次的におこる不具合も防ぐことができます。

     

    皆さんも姿勢測定を利用してみませんか?

    自分の身体の弱いところが明確になると、トレーニングも具体的に行えますよ!!

     

    わからないことがあればいつでもリハビリスタッフに聞いてもらえれば、快くお答えさせていただきます。

     

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様のお気持ちに寄り添い、心・頭・体が清々しい状態を提供できるようしっかりサポートさせていただきますので、いつでもご相談くださいね。スタッフ一同楽しみにお待ちしております!