実績報告

体しっかりだより一覧

  • 皆さんこんにちは!ケアプラス宇和島作業療法士の千頭です。

     

    最近は徐々に気温が上がり、蒸し暑い日が続いています。

    皆様は体調崩されることなく過ごせていますか?ケアプラス宇和島のご利用者様も利用時は「暑いね。」「汗が出るね。」などお話しながら過ごされています。

     

    さて今回のブログは、オールタイムリハビリとしてのトイレ動作についてです。

    利用者様が改善した身体機能が安全に生かせるようトイレ動作での介助方法を職員間で統一した症例を報告していきたいと思います。

     

    トイレでの転倒リスクは高く、安全性を高めた介助や誘導は日々の課題になっています。これらが上手くいくことで利用者様の生活で介助量の軽減にも繋がっていきます。

    A様は病気により上肢や下肢の運動コントロールが上手く行えませんでした。リハビリテーションを繰り返し立位保持が行える様になった為、その改善を活かしトイレ動作の介助量軽減を図っています。

     

    まだ立位保持時間が短いため、トイレ動作は二段階に分けて行われています。

    まず、車椅子から便座への移乗をします。

     

    それから、下衣操作を行うため手すりと車椅子のアームレストを持ち、立ち上がっている様子です。

    以前は立位保持が5秒行えず、膝折れが見られていましたが、日々のトイレ動作や立位訓練により20秒程安定して行われています。

     

    しかし立位を保持した際に両膝の力がガクンと抜け座り込むことも考えられます。

    そこで、移乗の際に介助者が膝を使い転倒予防を行いながらトイレ動作を遂行する方法を行っています。

     

    最後に訓練を行い回復した身体機能が生活に活かせるようになる為、転倒のリスクをしっかり把握し技術ある介護力は重要と考えられます。今後も一人一人にあった介助方法を追求し多くの知識や技術が向上するよう今度も取り組んでいきたいと思います。有難うございました。

  • 皆さんこんにちは機能訓練指導員の長谷部です。

     

    春から夏へと季節も変わり、体調も変化しやすい時期となりました。体調の変化が起こりやすいという事は転倒などのリスクが高まるという事なので注意していきましょう。

     

    今回はリハビリスタッフを中心にトイレ内介助が必要な方への安全な介助方法の動作指導を本人様・スタッフに実施した様子をご紹介します。

     

    ご紹介させて頂く利用者様は足が動かしにくく車椅子を使用している利用者様です。

    立位保持が困難なので転倒リスクを減らすためにトイレ介助は二人で行います。

    本人様に対しては車椅子をしっかりと固定し移乗動作前に手すりをしっかり握ってもらう事や、重心位置の確認と修正を実施しました。

    スタッフに対しては、利用者様の動きの特徴や後方介助のポイントなど確認しながら実場面で動作指導を実施しました。

     

     

     

    介助方法を利用者様、全スタッフ統一する事で安全なトイレ動作に繋げる事が出来ています。

     

    その他にも様々な状態の方を想定した介助方法統一の話し合いを実施しております。

     

     

    介助する人も介助方法をしっかり理解する必要があります。介助者全員が介助方法を理解し安全なデイの運営とトイレ動作の自立支援に向けて取り組んでいきたいと思います。

     

    これからも安全にケアプラスをご利用して頂き、在宅へも落とし込めるよう取り組んで参ります。

  • ケアプラスデイサービスセンター道後持田 柔道整復師の蒲池です。

     

    色々なお楽しみ行事と一緒に暑い夏がやってきました。

    暑さも日々増していき、本格的な夏もすぐそこまで来ているようです。今年の夏は特に暑いとの話もありますので、くれぐれも熱中症には気を付けて水分補給をこまめに取るようにしましょう。

     

    ケアプラスでは、利用者様宅へお迎えに行った時から施設内での入浴やレクリエーション・食事・トイレ・運動、そして帰りの送迎に至るまで全ての時間がリハビリであると考えています。その名もオールタイムリハビリです。

     

    今回は、その中からトイレ動作についてご紹介させていただきます。

     

    トイレ場面では、立ち・座りに不安がある方を中心に正しくできているか、危険ではないかという点に注目し評価させていただいております。

     

     

     

    利用者様の状態によってどの課題に困難があるかは異なりますが、特にズボンの上げ・下げ動作には下へ手を伸ばす動作が必要になり、立位で行う場合にはバランス能力も求められる為困難に感じる利用者様が多くいらっしゃいます。

     

    このような動作に不安を感じる方にとって、すぐに使える手段としては手すりを利用することが考えられます。施設内は勿論ですがご自宅トイレに手すりを設置されているご家庭も多いかと思います。

     

    まずは機能訓練室で場面を想定した手すりを使用した立ち座り訓練、立位動作訓練を実施します。

     

     

     

    このような動作訓練を行うことで、手すりを用いた場合の体の動き、そして動作時のバランス能力などを高めることができます。

    トイレ動作は日常生活において必須不可欠な動作となります。どうしても立ち上がり・座り場面では姿勢を変化させるため不安定な場面が出てきますが、支持物を利用することでリスクを軽減することができます。

    ちょっとしたことですが、皆様も是非、注意して安全に日常生活を送っていただければと思います。

     

     

    ケアプラスデイサービスセンターでは、より良い生活を送って頂けるよう機能訓練指導員によるリハビリを提供したおります。

    元気で楽しく生活を送りたいと思っている方はぜひ体験利用してみませんか?

    職員一同、お待ちしております。

  • こんにちは、ケアプラス今治の柔道整復師の西之谷です。

     

    ここ最近になって突然暑さが増してきましたが、皆様体調に問題はありませんでしょうか?私は日課として朝か晩にランニングをしておりますが、かなり体に堪えております!熱中症にはなってはおりませんが、疲労感が普段よりも大きかったように思います!

    大きな気温の上昇により利用者様の中にも体調を崩しそうになる方が出てきております。そのほとんどは思うように寝つけなかったり、2時間おきに起きてしまうといった睡眠の量と質の低下によるものが多かったです。皆さんも就寝の際には、エアコンや扇風機を適切に使っていきましょう。

     

    今回は安全なトイレ介助方法指導についてご紹介します。

    ケアプラス今治では、右半身が不自由な方への転倒による事故を起こさないための介助方法の統一についてご紹介します。

     

    トイレ内は、見守りでない限りは用を足している間は介助の手が行き届かないことが多いでしょう。よって、確率としては低いとはいえ、転倒のリスクが存在します。

    そのリスクを軽減するためにこのような方法をとっております。

     

     

    便座に着いたら、このように手すりをしっかりと持ってもらいます。

    そして、足元が滑りやすくなっていないかチェックをし、下着を下ろし便座に腰掛けるまで見守ります。

     

     

    また、膝裏を便座に付けて、不安定感を軽減するようにしてもらいます。そして職員がカーテン越しに見守り、声掛けを行う事で転倒のリスクを回避する方法をとります。

    トイレ場面はプライバシーの空間になりますのでまずは我々職員と利用者様の信頼関係を築いていくことが大事なことになりますね。

     

     

    今回、トイレ動作について考えるにあたって、介助が行き届かない部分で、どのように転倒など事故のリスクを軽減するかという視点で介助方法のうちの一つを述べさせてもらいましたが、いかがでしたでしょうか。

     

    ケアプラス今治では、安心・安全なサービスの提供はもちろんのこと、利用者様を笑顔にし楽しい時間を過ごしてもらえるよう、職員一同、日々奮闘しております。このブログを見て気になられた方は、ケアプラス今治に見学に来てください!!

  • 皆様、こんにちは。

     

    6月に開設したケアプラスデイサービスセンター新居浜の理学療法士の足立斉志です。

    今回が初めての投稿になります。

    今後ともよろしくお願い致します。

     

    さて、本日はタイトルにもあるように【ご自宅での運動を続けるコツ】をお伝えします。

    皆さんの中にも、

    「運動が大切なのは分かっているけど、重い腰が上がらない」

    「なかなか自分一人では運動が続かない」

    「チャレンジはしてみるけど、三日坊主で終わってしまう」など

    という方も多いのではないでしょうか?

    運動はコツコツ継続してこそ効果が現れます。

    今回の内容を参考に、運動を習慣化するキッカケにしていただければ幸いです。

     

    先日、当事業所に体験に来られた利用者様が「自宅でできる運動を教えてほしい」とのことで、その利用者様に合った自主トレメニューを作成し、お渡しさせていただきました。

     

     

    ありがたいことに7月よりご利用いただくことになり、初回利用の時に自主トレが継続できているか確認すると、「少しずつだけどやっているよ!」とのことでした。

    このことからも分かるようにまず運動を続けるにあたって大切なことは、「(自分が)何のために運動するのか目的を理解し、運動に対して関心を持つこと」です。

    運動に関心を持ってさえいれば、運動を習慣化するためのスタートラインに立っているといっても過言ではありません。

    次に重要なことは、「頻度や量は少なくてもいいから始めること」です。

    いきなり目標は毎日○○回!と決めて意気込んでも長続きはしません。

    まずは週1回でも、気が向いた時でもいいから始めてみることです。

     

    ケアプラスでは、AIチェックリハビリの結果等を基に、利用者様の状態に応じて、ATR(オールタイムリハビリ)川柳、ご自宅リハビリパックなどオーダーメイドの自主トレメニューの提案を行います。

    また提案して終わりではなく、ご利用者様の状況に合わせてご自宅での運動を続けやすくするためのサポートをし、運動したことでの効果を丁寧にご説明致します。

     

    今回は【ご自宅での運動を続けるコツ】をお伝えしました。他にも運動を続けるコツは沢山ありますので、またの機会に説明させていただきます。ケアプラスでは、老化や病気などにより自宅に閉じこもりがちで体が衰えてきている方、自分一人では運動がなかなか続かない方のリハビリを全力でサポート致します。体験の申し込みも各事業所で受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    ケアプラス三津の作業療法士伊野です。

    例年より早い梅雨明けとなり松山市の水不足が心配です。

    しかし水分摂取は必須ですので水を大切に使っていきましょう。

     

    今回はケアプラスで実施しているオールタイムリハビリを活用したトイレ介助方法の統一症例をご紹介します。

     

    ご紹介する方は左側が少し使いにくいと訴えのあるX様です。

    この方は動作スピードが早くなりやすく、移乗の際に介助者との息が合わないこともあるため転倒リスクが比較的高い状態でした。

    また、立ち上がる際に左足関節が内側に向きやすく、足の支持性低下や立位バランス不良がみられていました。

    そのため、介助者だけでなく、ご本人様にも移乗の際は必ず左足関節が内反していないか確認していただくこと、

     

     

    「12の3」など声掛けを行い立ち上がりのタイミングを合わせることを意識づけていただきました。

     

     

    今後、全スタッフで介助方法を統一していきX様と介助者様が双方が安心して生活できるように取り組んでいきます。

     

    このようにケアプラスではリハビリセクションから適切な介助方法指導を実施し、ADL・QOL向上、また安心安全なデイサービスの構築に取り組んでいます。気になる方は是非一度ケアプラスへお越しください。

  • みなさんこんにちは。柔道整復師の浦田です。

    四国地方も梅雨入りし、雨の日が多くなりましたね。

    さて今回ご紹介するブログは、トイレ時におけるズボンの上げ下ろしに大切な立位姿勢についてお話していこうと思います。

     

    当デイサービスご利用のO様。左の手足が少し動かしにくい方です。

    トイレ時は声掛けを行い、時にはお手伝いを行っておズボンを履いております。

    さらに左脚に動きにくさと筋力低下があるため、立った時の姿勢も少し不安定で転倒の危険性もあります。

    リハビリでは、足の筋力強化や全身の柔軟体操を行い、手足の可動域を向上させる運動を行っております。

    そして、安定した立位姿勢がとれるように体重移動の運動や、姿勢を保つ運動なども行っております。

     

     

     

    そしてゴムバンドを使って、ズボンの上げ下ろしの練習なども行います。

     

     

    現在O様は、職員の見守りにてズボンの上げ下ろしが行えていますが、今度はこれらの動作が自宅で1人でも出来るようにするのが、次への課題です。

    私達は利用者様の生活課題を見つけ出し、解決し、自立した生活を送ってもらえることを目指しております。

    もし、悩みごとやお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

  • ケアプラスデイサービスセンター新居浜が6月1日にオープンしました。6月6日~8日まで3日間にわたり内覧会を実施し、地域のケアマネージャーさんなど多くの方々に来所していただきました。内覧会では、ケアプラスの理念やリハビリのコンセプト等を説明し、施設の見学を行っていただきました。また、来所いただいた方々に実際にリハビリ機器やAIチェックを体験していただきました。特にAIチェックリハビリは近隣の施設で行っているところはなく、「利用者さんも目で変化が分かりやすいですね」、「評価も簡単で利用者さんの負担も少ないですね」など好評をいただきました。内覧会後もありがたいことに続々と体験、利用の問い合わせをいただいております。ケアプラスでは理学・作業療法士や柔道整復師などがAIチェックリハビリを活用しながら個別に利用者様の評価を行い、その方に応じたリハビリプログラムを提案し、実施していきます。ケアプラスをご利用いただき、一日通じて心うきうき・頭すっきり・体しっかりのリハビリを共に行っていきましょう。

    ケアプラスでは公式LINEアカウントを作成しております。是非、友達登録お願いします。

  • 皆さんこんにちは。

    ケアプラス宇和島作業療法士の千頭です。

     

    最近は徐々に気温が上がり、梅雨と重なって蒸し暑い日が続いています。

    皆様は体調崩されることなく過ごせていますか?ケアプラス宇和島のご利用者様も利用時は「暑いね。」「汗が出るね。」などお話しながら過ごされています。

     

    さて今回のブログは、オールタイムリハビリとしてのトイレ動作についてです。

    利用者様が改善した身体機能が安全にいかせるようトイレ動作での介助方法を職員間で統一した症例を報告していきたいと思います。

     

    トイレでの転倒リスクは高く、安全性を高めた介助や誘導は日々の課題になっています。これらが上手くいくことで利用者様の生活で介助量の軽減にも繋がっていきます。

     

    A様は手足の運動コントロールが上手く行えませんでした。リハビリテーションを繰り返し立位保持が行える様になった為、その改善を活かしトイレ動作の介助量軽減を図っています。

     

    まだ立位保持時間が短いため、トイレ動作は二段階に分けて行われています。

     

    まず、車椅子から便座への移乗をします。

     

     

    それから、下衣操作を行うため手すりと車椅子のアームレストを持ち、立ち上がっている様子です。

    以前は立位保持が5秒行えず、膝折れが見られていましたが、日々のトイレ動作や立位訓練により20秒程安定して行われています。

     

     

     

    しかしA様の機能面より立位を保持した際に両膝の力がガクンと抜け座り込むことも考えられます。そこで、移乗の際に介助者が膝を使い転倒予防を行いながらトイレ動作を遂行する方法を行っています。

     

    最後に訓練を行い回復した身体機能が生活に活かせるようになる為、転倒のリスクをしっかり把握し技術ある介護力は重要と考えられます。今後も一人一人にあった介助方法を追求し多くの知識や技術が向上するよう今度も取り組んでいきたいと思います。

    有難うございました。

  • 皆さん、こんにちは
    ケアプラス垣生の機能訓練士、福田です。

     

    蒸し暑い季節になってきましたね。

    気温もだんだんと上がってきて、熱中症にも注意しなくてはなりませんね。

    皆様も体調管理に十分注意して運動後には水分補給を忘れずにお過ごしください。

     

    今回は、オールタイムリハビリを活用しトイレの自立を目指したX様をご紹介いたします。

    この方は、体の左側が動かしにくく、家族様から「トイレに自分でいけるようにしてほしい」との訴えありました。

    その為、トイレの際に問題点となっていたズボンの着脱動作の獲得をし、家族の介護負担軽減を目的に訓練を提供させて頂きました。

    実施した内容としては、基本的なリハビリを提供した後オールタイムリハビリを活用しトイレ内でのズボンの着脱動作指導を実施しました。

     

    この方は左側が動かしにくいとの事で右側に手すりや壁がある状況を作り、肩を壁につけて安定させることで上肢がフリーとなり、下衣操作が可能となりました。

     

    身体機能だけでなく環境を整えることで介助量の軽減に繋がります。

    ※写真は職員で撮影

     

    今後もX様にだけに限らず、より多くのご利用者様にも出来るようになる実感をして頂き、QOLの向上や生活のサポートを行っていきたいと思います。

     

    ケアプラスでは見学・体験受付を随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。