実績報告

実践報告一覧

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『梅雨の楽しみ方』 道後持田だより 相談員だより 2020年06月24日

    みなさま、こんにちは。

    ケアプラス道後持田 生活相談員の松浦です。

     

    梅雨に入り、ジメジメした気分的にもどんよりした毎日が続いていますね。

    そんな中、雲一つないお天気の日があると、普段の晴天の日より嬉しさが倍増しているような気がします。

    近所では田植えも終わり、夜中はカエルの合唱。

    犬の散歩しながら、秋にかけてまたお米の成長をみたいと思っております。

     

    そんな風情ある「梅雨」の時季ですが、注意しないといけないことたくさんありますね。

    湿気で体の水分が出にくくなりむくみが出たり、だるさ、頭痛、腹痛の症状が現れます。

    そんな時、ビタミンB群の摂取が梅雨時期の体調維持に良いようです。

    玄米や鶏のもも肉、魚介類、牛乳乳製品、きのこ類、緑黄色野菜など。

    気温は髙くなりますが、梅雨時期は食べる物で体を温めるネギやしょうがの摂取がおすすめとのこと。

    まだしばらく梅雨は続きますので、身体も心もしっかり管理していきましょう。

     

    道後持田では梅雨の飾りや、7月のカレンダー作り真っ最中です!

    7月はハワイアン♪が聞こえてきそうですね。

    ハイビスカスを作っております。

     

     

     

     

     

    製作中「早いねえ」「もう7月か」とのお声がよく聞こえました。

    感染防止対策で例年とは違う時間の経ち方、みなさま一緒のようです。

     

     

     

    私の梅雨の楽しみ方は、雨傘やこれから必要になる日傘を「今年はどんな傘があるかな」と調べること。

    もっぱら、欲しいものがありすぎてデザインをみて…終わることが多いです。

    それも、毎年この時期の楽しみであります。

     

    梅雨から真夏にかけて、外へ出る機会が減ってきます。

    ご自宅での運動不足解消のため、家でも出来る運動をぜひ実施してみてください。

    どんな運動をしていいのかわからないと思われる方は、是非スタッフへご相談ください。

     

    まだデイサービスをご利用されていらっしゃらない方、ケアプラスでは体験利用もお受けしております。

    一緒に体を動かし、楽しい時間を過ごしませんか。

     

    気温が高くなっております。

    しっかり水分補給をし、これからの暑い夏に負けない体作りをしていきましょう。

  • ケアプラス宇和島 看護師便り ~快適なⅠ日を~ 宇和島だより 看護師だより 2020年06月23日

    こんにちは。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

    蒸し暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?青やピンク色に色づいた花を咲かせる「アジサイ」もあちらこちらで見られるようになりました。300品種近くあるアジサイですが最近では母の日に送られる方も多いみたいです。花言葉は「辛抱強い愛」だとか。 ドイツ人医師シーボルトと日本人妻のお滝さんにまつわる秘話があるそうで、江戸時代に起きたエピソードが花言葉の由来だそうです。

    利用者様が持ってきてくださったアジサイの花です。四季折々の花を飾っていただき周りが華やかになります。

    こちらのアジサイは皆さまが色紙を細かくちぎって貼って下さったものです。

    どんなに美しい花でもかないませんね。

     

    今にも動き出しそうな「てるてる坊主!」

    「笑顔のてるてる坊主」「悲しい顔のてるてる坊主」全員が何かを訴えているかのようです。私たちの生活の中と一緒ですね。

    ♪あーしたてんきにしておくれ♪

     

    さて皆様、この時期快適な温・湿度のコントロールが出来ているでしょうか?湿度が低すぎると、肌や粘膜が乾燥して喉の痛み等、時期的にインフルエンザに感染しやすくなりウイルスが活発になる危険性があります。逆に湿度が高すぎて、食中毒の原因になる菌やカビが繁殖しやすい環境になります。快適かつ健康的な環境を維持するには、1年間を通じて50%~60%の湿度を維持するのを目指す事が大切ですね。

    温・湿度コントロールの目安は夏季:温度2528℃  湿度5565

    湿った空気を外に出して、空気がよどまないようにすることが大切。エアコン、除湿機、扇風機を活用する事効能的だしこまめに換気を行って、空気を循環させましょう。しかし雨が降っている日に窓を開けるのは禁物です。蒸すのでつい窓を開けたくなりますが、雨の水分が室内に充満して一層湿度が上昇してしまいます。

     

    ケアプラスでは暑く感じる時にはエアコンや扇風機を上手に活用してこのような素晴らしい笑顔にして頂けるように対応させて頂いております。

    皆さまもスマイルな1日を!

     

  • 梅雨となりジメジメとする日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    悪天候の影響で痛みが増強してしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時こそ運動を実施し気を逸らしてみましょう。

    今回ブログをご紹介させて頂くのはケアプラス三津の作業療法士髙橋が担当致します。

     

    今回のブログでは今年度よりケアプラスに導入した新リハビリグッズ【マッスルスーツ】についてご紹介させて頂きます。

    マッスルスーツは、空気圧を利用した人工筋肉で運動のアシストや抵抗運動を実施します。物の持ち上げ、立ち上がり、円背修正、

    高いものを取る動作等のアシストを行い、歩行や段差昇降動作対する運動学習にも繋がります。

     

     

    今回ご紹介させて頂くH様は、歩行時の前傾姿勢が強く、屋外歩行においては一部介助が必要でした。体を起こす機能をマッスルスーツで補う事で

    見守りレベルで屋外歩行訓練が可能になりました。

     

     

    H様も歩行時に身体が楽に起きる事で足の上りがスムースになり、一人で歩く喜びを感じられている様子でした。今回の体験により

    歩くことへの意欲が向上し、以前よりもっとリハビリに意欲的に取り組まれている様子です。

     

    今年度ケアプラスでは姿勢に着目したリハビリグッズを3点導入致しました。

    1 姿勢測定装置、2 マッスルスーツ、3 作業アシストスーツ

    どのリハビリグッズも利用者様から好評です。自分の姿勢の課題を知り、目的に沿った的確なリハビリを受けてみませんか?

    各種スーツに関しては事業所間で持ち回りですが、姿勢測定装置についてはいつでも体験できます。一度ケアプラスへお越しいただき体験してみてはいかがでしょうか?

    スタッフ一同心よりお待ちしております。

  • ケアプラス学習療法だより 2020年6月号 三津だより 2020年06月21日

    みなさまこんにちは。

    今年の梅雨は雨が多く、青空が恋しくなるこの頃ですよね。青空が見えない分、田植えが終わったばかりでまだ可愛らしい小さな苗の緑を見てはひそかに成長が楽しみだったりもします。

    ケアプラスでは、コロナ感染予防対策を継続しながらも皆様お元気な表情で過ごされていらっしゃいます。身体のリハビリもさることながら、頭のリハビリ(認知機能改善、予防)の為になるコミュニケーションで、日々賑やかな雰囲気に包まれています^^

    日々、ご希望者の方のみ対象に「学習療法」も行っていますが、これは脳細胞を活性化させることが目的の「頭のリハビリ」です。

    本日、真剣に学習実施中のM様に写真を撮らせていただきましたら、しっかりカメラ目線も頂きました♪

     

    それでは、頭のリハビリに関連して【加齢による記憶力の低下】と【認知症】の違いについて少しお話をさせていただこうと思います。

    記憶を司っているのは、大脳辺縁系の海馬(かいば)という組織です。生理的な加齢に伴い、記憶力、判断力は低下していきます。これは、加齢に伴うもの忘れであり、認知症とは異なります。

    加齢によるもの忘れの特徴は「忘れた自覚がある」ことです。例えば、どこかに財布を置き忘れても、自分の行動をたどることによって思い出します。人の名前が出てこなくても、会った時の記憶をたどることで思い出せます。

    認知症の場合「ヒントがあっても思い出せない、忘れたという自覚がありません」また、新しいことが覚えられないため、例えば、病院の受診の日を忘れてしまう、外出したもののどこに行こうとしていたのか忘れてしまうなどが起こります。その一方で、古い記憶は影響がありません。

    また、徐々に進行して、季節や年月日が分からない、家電製品の使い方が分からないなど日常生活に支障が生じてきます。厚生労働省によると、生活習慣病とは《食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等》の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことと定義しています。 生活習慣病は、様々な要因が重なり合って認知症の発症を高めると言われています。生活習慣病は、日々の生活を見直すことで改善できるものですので、気の掛かる点がある方には、認知症予防の為にも是非見直してみて欲しいと思います。

    そうは言っても、お一人で食習慣や運動習慣の改善を継続して行うことは、なかなか難しいものだとも思います・・・

     

    そういう方には、ケアプラスでの一日がどういうものか一度体験していただくのも良いかと思います。身体も頭も楽しみながらしっかり活性化していきましょう^^

     

    それでは次回もどうぞ宜しくお願い致します。

     

  • ケアプラス今治 介護員だより~梅雨の中でもストレッチ~ 今治だより 介護員だより 2020年06月21日

    皆様、こんにちは!ケアプラス今治介護職員です!

    6月となり、相変わらずのコロナでの自粛生活や梅雨の始まりという事で、運動不足で悩まれている方も多いのではないでしょうか?

    一週目には、主に下肢を使った内容のレクリエーションを行いました。下の写真はその時のものです。

    1チーム6人に分かれ一列に並んでもらい、靴の上にお手玉を乗せ、そのお手玉を蹴って飛んだ場所の得点の合計で競い合って頂きました。ブルーシート上に10~50点と跳ばす距離を定め、そこに届かない、もしくは50点を超えた場合は0点とするというルールを決めました。靴の上に乗せたお手玉はバランスを取るのが難しくぼてぼての距離も中にはありましたが思っていた以上に落とす事のないよう上手に蹴り上げていました。スタッフもハンデ付き(利き足と逆・目を隠す)での参加でしたが、利用者様の蹴り上げの方が断トツに上手に感じました。中には、二回連続で50点ゾーンに蹴りこまれる方もいらっしゃり「まだまだ現役よ~」と誇らしげに行われた利用者様もいらっしゃいました。

    二週目は棒倒しゲームです。1チーム4人ずつのグループを作り、棒の周りに新聞紙で作ったボールを積み重ね、時間内に中央の棒を倒すことなく、いかに多くのボールを枠の外に出せるかを競い合って頂きました。時間より早く棒が倒れる場合も多々あり、男性チームより女性チームの方が多くのボールを出せたグループもあったりと、見ていた人も一緒にエキサイティングして頂きました。

     

    さて、お次はイベントの内容をお伝えしていきたいと思います。

    イベント名は「ケロケロストレッチイベント」です。その名の通り、梅雨らしいジメジメした季節の中でもイキイキと運動をしていただき体を元気に動かしていただきました。リハビリの先生の声に合わせて「1、2、1,2」と元気に発声をしていただきながら「痛い!限界~」と弱音を吐きながらも頑張る利用者様の姿に職員も元気をいただきました。

    ケアプラス今治では,体の体操が終われば「水分補給」と「脳トレ」を行って頂くことが習慣となっており、この日もイベントらしい脳トレを行って頂きました。

    今回行っていただいた脳トレの内容としては、二人ずつでチームを組んでいただき、対面に別のチームの方に座っていただきます。そして、紙コップを10個ほど用意し、ペットボトルのキャップ1個を隠し、当てていただく脳トレをしていただきました。

    「あれ?どこかで見たことあるような。」と思われてた方もいらっしゃるのではないでしょうか?そうです!マジックで披露しているものです。しかしながら、実際にはマジックのように変な場所や違う場所に入っているのではなく正確な場所を当てやっていただくことができました。

    ちなみに、隠す側のチームでは…「紙コップの動かす腕のリハビリ」見つける側のチームでは…「動体視力や反射神経のリハビリ」と双方にとって良い脳のリハビリになるんですよ!

    と、こんな感じに説明をさせていただきましたが、利用者様も大盛り上がりで行うことができました。

     

    来月以降も、コロナ自粛でなかなか自分の思うような運動ができない利用者様にも「楽しく」「しっかり」動けるイベントを提供してまいりたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

     

  • 皆さま、こんにちは。

    ケアプラス北宇和島の柔道整復師の芳村です。

     

    梅雨に入りました!梅雨の長雨と湿気で気分が憂鬱になりがちですが、こんな時こそ気分転換になりますので

    デイサービスに通い心をうきうきさせ体しっかりリハビリをがんばりましょう。

     

    さて今回のブログは、タイトルもある通り『家でもしっかり運動を!』…おうちで簡単にできるトレーニングについてご紹介いたします!

     

    トレーニングにも様々な種類がありますが、今回は座ってできる全身運動の紹介です!

     

    まず1つ目は有酸素運動です。普段の呼吸が浅く短くなっていませんか?

    呼吸量が減る=心肺機能が低下してくると動きたくないと思うようになってやる気の低下につながります。

    やる気を取り戻すためにも有酸素運動は非常に大切になってきます!

    オススメの運動ですが、椅子に座ったままの足踏みなんてどうでしょうか。座ったままなので転倒する心配もありません!

    足踏みに合わせて腕もしっかり振ると全身を動かせていい運動になりますよ!

     

     

     

    次に顔の運動です。これもとても大切なトレーニングです。顔のトレーニングをしっかり行うことで嚥下機能を鍛えることができます。

    最近、呂律が回らなくて……そんな悩みはありませんか?

    これに効果的なのは早口言葉です!『生麦生米生卵』や『隣の客はよく柿食う客だ』など、最初は言えなくてもだんだん上手になってくると思います。

    楽しみながら嚥下機能も鍛えましょう!

     

     

    3つ目は体幹トレーニングです!体幹の筋力を鍛えることで、バランス能力や転倒防止といった効果が期待できますから、ぜひぜひトレーニングしてみてください。

    今回オススメするのはおじぎ体操です。膝に手を置いて身体を前に倒しましょう。

    もちろん椅子に座って行ってください。余裕があれば手を下に伸ばして地面につくまで身体を倒してみてください。

    この運動がスムーズにできるようになると、くつを脱いだり履いたりすることが少しずつ楽にできるようになると思います!

     

     

     

    今回は座ってできる簡単な運動を紹介いたしました。

    簡単だからこそ、ぜひご自宅で実践してみましょう!ご興味のある方、ご不明な点のある方は、お気軽にリハビリスタッフまでお問合せください。

    スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様に寄り添い、心、頭、体が清々しい状態を維持できるようしっかりサポートいたします。

     

  • 皆様、こんにちは。ケアプラス垣生 介護職員の森野です。

    今年も梅雨の季節がやってまいりました。蒸し暑く、鬱陶しくて気分が滅入ってしまいそうです。ですが、雨だからこそ濡れたアジサイの花が鮮やかに見えますね。

    梅雨が明ければ灼熱の季節の到来です。今年は様々な祭りも中止になり、いつもとは違った夏になりそうです。静かな夏もたまにはいいかな?と気持ちを切り替え、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

    さて今回のブログでは、5月末にケアプラス垣生で行われたゲリライベントの様子を紹介します。5月27日水曜日、相談員の寺川さんと私で『心うきうきゲリライベント』を開催しました。

    まず始めに寺川さんからの『私は誰でしょう?』クイズ!3つのヒントで答えを当てていただきました。寺川さんのユニークなしゃべりに皆様、笑顔で楽しまれていました。正解者にはガンバのプレゼントです。

    その後は司会者交代で『めくってチャンス!』を行いました。これは今年の2月に行われたイベント『ケアプラスダービー』で使われたスライドクイズですが、ダービーの当日、時間の都合で全問出来なかったのが勿体ないと思っておりました。更にダービーの実施日とは曜日も違う為、利用者様方は問題を知らない方が殆どです。そこで今回、再利用をしようとスライドを引っ張り出してきました。最初の一問目、なんと海しか写ってない写真で『来島海峡大橋』と正解が!ビックリです!

    その後のパネルではなかなか正解は出ませんでしたが、皆様、写真とにらめっこして「あれかな?いや、違うかな?」と首を捻っていらっしゃいました。

    最後はジャンケン大会です!ご夫婦対決になったり、親しい人どうしで対決されたりと盛り上がっていました。

    ゲリライベントは6月にも実施予定です。その詳細はまた次のブログで紹介させていただきますね。

     

    更に6月7日日曜日には梅雨入りビンゴ大会を実施しました。

    今回は利用者様方に順番にビンゴの玉を引いていただきました。なかなかビンゴにならなくても、自分で引いたから仕方ないと皆様、苦笑されていました。

     

    それでは、次は利用者様方の創作レクでの作品紹介です。

    まずは貼り絵。6月のホールを飾る貼り絵は、トト〇!

    傘を持ったト〇ロ、可愛いですね。もう一つの貼り絵は、アジサイです。

    味のある出来上がりです。

     

    ミニカレンダー、7月用は海と七夕をテーマにした絵柄です。イルカを上手くアレンジされている方がいますね。

    日曜工作は梅雨なのでテルテル坊主を作りました。皆様、頑張ってお花紙を蛇腹に折っていましたよ!目を付ける位置で表情が微妙に違って見えます。どれも可愛いですね。

    テルテル坊主は好評で、ご自宅の玄関に飾って下さったり、後日送迎で訪れた職員に見せる方がいたりと喜んで下さった様子で、発案者としては嬉しく思いました。別の日曜日には相談員の堀川さん発案でフェルトのアジサイを作ったそうです。

    テルテル坊主と一緒にこのアジサイもご自宅に飾られている方がいました。他にもデイのフロアには利用者様方が協力して作成して下さる合作塗り絵のカレンダーがあります。

     

    今月も来月用のカレンダーを頑張って作成して下さっています。

    仕上がりが楽しみですね。

    これからも利用者様方の楽しみ兼リハビリとなります様、イベントや創作レク等を提供して参ります。暑さに負けないよう、皆様、御自愛下さい。

    ではまた次のブログでお会いしましょう♪

     

  • 皆さん、こんにちは!ケアプラス大洲 相談員の美國です。

    コロナもだいぶ落ち着いてきているようですが、都会の方ではまだ感染者が出てきているようです。

    緩和されつつありますが、「自粛から自衛」へ 。お互い頑張りましょう!

     

    デイでも今はカラオケを中止しているため、利用者な方の中には「まだ、カラオケはできないのか!!」との声があがってきています

    もう少しの辛抱です。歌えるようになれば、たくさん歌ってくださいね

     

    午後から行っている「マルチタスク運動」ですが、両足、右手、左手を同時に動かしながら違う動作をするのは、ちょっと頭がこんがらがってしまうものです。

    足踏みしながら、両手でじゃんけん(右手がグーなら左手はチョキとか違う動きになります。)

    足に意識が向けば両手の動きが止まり、両手に意識がむけば足の動きが止まる。

    セラピストに「足が止まっとるよ~」と言われながら足を動かされていました。

     

     

     

    私でも、途中からついていけなくなったりしています。

     

     

    掛け声とともに皆さん一生懸命に動きについてこられます。頑張ってついて行かれ頑張った分ガンバをプレゼント!その度に皆さんから歓喜の声が^^

    (たくさんガンバをゲットしてくださいね)

     

     

    今度は、両手をたたいて風船をキャッチ

    一回叩いてキャッチ、二回叩いてキャッチ、と段々叩く回数が増えていきます。

     

     

     

    上手く風船をキャッチ出来なくて、皆さん大笑いいながら楽しまれた様子です。

     

    たくさんガンバをゲットして、これからも楽しくリハビリを続けていってくださいね。

     

     

    お家の中でも、体を動かしてくださいね。そして水分補給もしっかりとして、脱水症を予防しましょう。

  • ケアプラス道後持田 看護師便り~今年の夏、マスクの夏?~ 道後持田だより 看護師だより 2020年06月17日

    皆様こんにちは、道後持田の看護師です。

    ここ最近雨降りの日もありますが、日中気温も上がり汗ばむ季節となりました。今年は異例のマスク着用の夏となりそうで、暑さも倍増。より一層の水分補給が重要となってきますね。気温も高くなるとコロナ対策に加え「夏バテ」を注意する必要があります。

     

    「夏バテ」とは・・・

    夏にばてることを総称して「夏バテ」と言われています。夏になると高温、多湿の状態が長く続きますが、その状態に身体が上手についていくことができず、様々な症状を来してしまいます。

    主な原因として、体内の水分またはミネラル不足による脱水症状。気温上昇から食欲が低下し栄養不足となる。室温管理でエアコンを使用しますが、体温調節がうまくコントロール出来ないことによる自律神経の乱れなどがあるようです。自律神経が乱れると多岐にわたり症状が現れ、体調不調に陥りいわゆる夏バテといわれる状態になります。

    症状として、以下の内容が代表的にあげられます。

    ・全身の怠さ、疲労感

    ・イライラする

    ・無気力

    ・食欲不振

    ・胃腸症状(便秘、下痢等)

    では今年の夏、マスクの夏をどう過ごしましょう?

    まずは規則正しい生活を心がけましょう。

    食事:どこかで食事を抜かず3食きちんと摂取しましょう。栄養分も偏らないように色々な物を適度に召し上がりましょう。

    水分:夏の時期は汗もたくさん出るので、こまめに水分補給、塩分摂取を行って下さい。特に今年はコロナ対策をしながらの生活になると思いますので、例年よりより気を付けて水分摂取を行う必要がありそうですね。

    運動:暑さから身体を動かすのが億劫になりがちですが、適度に身体を動かすことも夏バテ予防に繋がります。ただ気温が高い日は無理して屋外等に出ての運動せず、涼しい場所での運動を心がけて下さい。ここでも重要なのが水分補給です。喉が渇く前に補給することを習慣づけましょう。

    入浴:高温浴は避け温めのお湯にゆっくり入る事で、自律神経を整え心身ともにリラックスし、体調改善に繋がります。

    よく耳にするのは「エアコンは体に悪い」という事を聞きますが、エアコンもうまく使い室温をコントロールすることが大事で、自然の風にだけ頼らず、エアコン、扇風機なども稼働し、外気との温度差が無いようにして下さい。

    どうしても食欲のわかない日はうどん、そうめんなどのど越しの良い物を食べ、低栄養にならないようにしましょう。

    発熱、著しい食欲の低下等みられる時は無理せず安静にし、適宜病院受診をするのも良いでしょう。

     

    さあ、今年の夏、コロナ対策の夏! 元気に乗り切りましょう!!!!

     

  • 皆様こんにちは。ケアプラス宇和島作業療法士の千頭です。

     

    梅雨入り宣言の後もお天気が続いていましたが、ここ最近ついに本格的な梅雨の季節がやってきましたね。

    天気予報も外れることがしばしばで、その日にならないと天気が分からず、日々洗濯物と格闘しております。(笑)

     

    6月の平均湿度は78%程になるそうなので、カビや虫の問題も出てきます。

    カビを吸い込むと健康を害する恐れがありますので、こまめな換気や掃除などでしっかりと予防していきましょう!

    またケアプラスの周辺にもムカデがちらほら出没しております。ご自宅では除去剤の散布や殺虫剤を用意しておくと安心だと思います。

    あとは、十分に水分を取って体調管理を行い、夏に向けた体つくりを一緒に頑張って行きましょう!

     

     

    さて、今回ご紹介させて頂くのは、現在ケアプラスで導入されているAI姿勢診断を用いた取り組みです。

    これは現在の姿勢を撮影・解析させて頂き、未来の姿勢を予測するという物です。それにより体のどの部分が硬くなりやすいか、

    どの部分が太りやすいのかを推定し、現在の課題にアプローチした運動方法の提案が提供できるようになっております。

     

    今回は、Aさんに体験して頂いた一連の流れをご説明させて頂きます。

     

    まず、決められた6パターンの姿勢を撮影します。

    その後、写真をAIが解析し、結果をプリントを見ながらAさんと確認していきます。

     

    正面と左右から姿勢解析を行い、身体の傾きはどの程度なのか、それによる影響はどこに現れるのか等の評価が記載されています。

    他の4パターンからは関節の可動域を図り、柔軟性を調べています。

     

    重心の位置や未来姿勢の予測を提示し、それに伴ったエクササイズやプログラムを提案しています。

     

    今回は太ももの筋肉バランスが課題との結果だったので、内転筋強化のプログラムを一緒に実践させて頂きました。

     

    このように課題に合わせたプログラムを継続して取り組んで頂く事で、未来姿勢をより良いものに変えていきましょう!

     

    現在、ケアプラスではこのような新しい取り組みも行っておりますので、試案されている方、ご興味をもたれた方はお気軽にご連絡をお待ちしております。