実績報告

実践報告一覧

  • 皆さんこんにちは、ケアプラス道後持田 理学療法士の神崎です。

     

    1月に入ってから日ごとに気温の差が大きくなり体調を安定させるのが難しくなってきましたね。水分補給や部屋の換気、

    ご自宅で体を元気よく大きく動かして健康な体を保っていきましょう。

     

    今回は運動器具での訓練を毎回欠かさず実施したことにより半年で姿勢が改善した利用者様をご紹介したいと思います。

     

    A様はケアプラスに来ると必ず以下の写真の器具を使用しております。

     

    これらの運動器具を使用したことで上肢・下肢・体幹筋力と体力の増加に繋がったことにより姿勢が改善されました。

     

    正面から見た状態は左の写真が5月で右の写真が11月の写真です。

    左に比べて右の方の姿勢が真っすぐになっております。

     

    この利用者様は大腿四頭筋の筋力低下があり、それにより体幹が前傾しておりました。また、体幹筋の柔軟性も低かったため左右差が出ていましたが

    運動器具により全身の筋の柔軟性向上及び筋力増加が図れたため姿勢の改善が改善されました。

     

    本人様も比較写真を見て良くなっている状態を喜んでおられました。

     

    姿勢が気になっている皆さんも今回の利用者様の様に体を動かす時間を確保して健康的な体を作ってみませんか?

     

    ケアプラスデイサービスセンターでは自身の体と心と向き合い心身共に成長・改善できるように機能訓練指導員などの職員がサポートして参ります。

    元気で楽しく生活をしたいと思っている方はぜひ体験利用しに来てみませんか?

  • ケアプラス宇和島 介護員だより~デイサービスでの様子~ 宇和島だより 介護員だより 2021年01月19日

    皆さんこんにちは。ケアプラス宇和島 介護員の坂本です。

    2021年になり、はや半月が過ぎましたね。今年は年明けから、寒波が到来して普段はあまり雪が積もらない宇和島でも10㎝ほどの雪が積もりました。家のあちらこちらでは可愛い雪だるまが顔を出し、送迎中の車内で「可愛いなぁ~」や「昔はかまくらとかも作りよったな。」と会話が弾みました。

    寒波が到来した後、まるで春になったかのような暖かな日がありました。今まで寒くて外に出るのを躊躇っていた方も久々のお散歩を楽しまれました。ケアプラス宇和島がある青葉台は車通りが少なく、安心してお散歩が出来ます。

    ケアプラス宇和島の周辺にはお花を植えている家が多くあり、そのお花を眺めながら気分転換をされる方が多くいらっしゃいました。お散歩から帰ってくると、手指消毒と温かい緑茶を提供しています。ちなみに、緑茶にはインフルエンザや現在、感染拡大しているコロナウィルスを無害化させる効果があるそうです。皆さんも緑茶を飲んで水分補給しながら、感染予防をしていきましょう。

    お散歩以外にも、お正月の間に休まれていた脳トレを取り組む方も多くいらっしゃいます。「頭すっきり体操」ではお正月にちなんだクイズや漢字のなぞなぞクイズ等、様々なバリエーションの脳トレに熱心に取り組まれています。

    また、リハビリをしながら同時に脳トレをする「マルチタスクトレーニング」にも取り組まれています。皆さんの熱心さには、スタッフ一同いつも驚かされています。

     

    ケアプラス宇和島では様々なレクリエーションやリハビリを提供して、ご自宅での生活意欲向上を目指しています。

    また、今後も様々なレクリエーションを考えておりますので、お楽しみに!

     

  • ケアプラス三津 ~相談員便り~ 『年始のご挨拶』 三津だより 相談員だより 2021年01月18日

    新年明けましておめでとうございます。

    皆様、こんにちは、ケアプラス三津の西原です。

     

     

    ケアプラス公式ホームページでもご報告がありました様に、

    昨年末にケアプラス三津のご利用者様が医療機関クラスター関連によって新型コロナウイルスに罹患され、

    2週間程ケアプラス三津が営業停止となっておりました。

    その件ではご利用者様及びご家族様・ケアマネージャー様には大変ご迷惑・ご心配をお掛け致しました。報連相の重要性を改めて痛感致しました。

     

    ケアプラス三津の営業再開前には独自の抗原検査を職員全員が行い、無事全員陰性が出て一安心です。

    また、施設内や送迎車も消毒を実施しており、12日から無事営業を再開しております。

    営業再開のご連絡時には有り難い事にご利用者様から「大変だったね」「デイに行けない間が退屈だった、また早く行きたい」等、励ましのお言葉を頂きました。

     

     

     

    年始から閑散としたホールに利用者様が戻ってきて下さった事をとても嬉しく感じております。

    都心部では緊急事態宣言が発令され、県内でも新型コロナウイルス感染者数が増加傾向です。

    ひとり一人が注意深く予防行動を取っていても何時何処で罹患するか判らない状況下になってまいりました。

    ケアプラス三津でも今まで以上に予防・消毒を行い、万が一にでも同じ様な事態が再発した場合は今回の教訓を生かした対応に努める所存でございます。

     

    今後ともご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

     

     

    ~今日よりプラスの明日へ~

  • 「赤い實の一つこぼれて霜の橋」

    正岡子規の句には赤色が多く使われてますが、この句の赤い實とは万両や千両でしょうか。クリスマスを連想させるヒイラギモチとか難を転ずる意味のある南天の可能性もありますね。

    冬の時期の赤い実の成る植物のことを詠んだものだと思います。万両などは常緑小低木で、七月頃に白い花を咲かせ冬に赤い実をつけています。お金にまつわる名前から正月の縁起木とされているため、めでたい雰囲気を味わえる一句ですね。

     

    ご挨拶が遅れました。

    明けましておめでとうございます。ケアプラス今治の看護師川下です。

    無事に年も明け、皆様に置かれましては、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。

    一月も半ばを過ぎ、お正月気分も抜けつつあると思いますが、今年もコロナを始め感染症が猛威を振るう気配がしているのは私だけではないと存じます。怖がってばかりもいられませんので、日頃から私たちができる対策をしていきましょう。

     

    <免疫力を上げる>

    手洗いやマスクなどの対策は既に大前提でしていただいてるでしょうから、私からはウイルスや細菌から体を守るための、免疫力を上げる方法をご紹介したいと思います。

     

    免疫力を上げる方法には運動、睡眠、ストレスを溜めないことなどもとても大事なことですが、今回は普段の食生活のお話をしたいと思います。

    特に免疫システムの要とも言われているのが「腸」で、腸には消化吸収の働き意外にも体中の免疫細胞の7割が集結しており、私たちの体をウイルスや細菌の侵入から守る大切な働きをしてくれています。

    そしてその腸を整える方法が善玉菌を増やす食事を意識することです。

     

    <発酵食品>

    毎日の食事に取り入れて欲しいのが納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品です。これは一つだけを集中して食べるのではなく、なるべく種類が違う発酵食品を摂り、善玉菌の多様性をもたせる様にしましょう。

    体が温まるみそ汁なども良いですね。

    <食物繊維>

    次に善玉菌の栄養となる食物繊維を多く含む食品を食べることです。

    りんご、キウイなどのフルーツ。きのこ類、ごぼう、キャベツなどが特におすすめです。

    フルーツは果糖が多く含まれており、糖分も多いため血糖値を上げ過ぎないよう食後に食べる様にしてください。

    発酵食品や食物繊維は便秘対策にもなりますのでバランス良く積極的に摂りましょう。

     

    <唾液>

    咀嚼回数を増やして唾液を多く出すことも大切です。

    口腔内の粘膜免疫を担っているのが、免疫物質のIgA(免疫グロブリンA)です。口内に侵入してきた病原体は、IgAがくっつくことで無力化されます。細菌だけではなくウイルスにもはたらきかけるため、風邪やインフルエンザなどウイルス性の病気の発症を防ぐには、なくてはならない存在です。

    唾液を多く分泌させるためにリズムよく噛んで、自律神経もついでに整えておきましょう。

     

    <食べてはいけないもの>

    ファストフードや菓子パンなど、トランス脂肪酸を多く含む食べ物は腸内の悪玉菌を喜ばす上に肥満の原因にもなります。なるべく自然のものを食べるようにしましょう。

     

    今年から心機一転、腸内環境を見直して免疫力アップを目指してみましょう。

    お互い良い年にしたいですね。今年も何卒ケアプラスデイサービスセンターをよろしくお願い申し上げます。

  • 皆さん、こんにちは。ケアプラス宇和島学習療法ブログです。

     

    ケアプラス宇和島が位置する愛媛県の南予地方は、比較的暖かい地方との印象がある方も多いと思いますが、先日の大寒波により近年まれにみる積雪となり、ご利用者様からも「何十年もここで住んどるけどこんなに積もったのは初めてよ。」「綺麗な雪化粧やな」と普段見る事の無い景色に、皆様心うきうきされていました。中にはスタッフを誘い雪合戦をされるご利用者様もおられました。

    そんな今年も元気いっぱいのご利用者様ですが本日はケアプラスで取り組んでいる学習療法についてお伝えさせていただきます。

    学習療法とは簡単な計算や文章の音読などの教材を使用しご利用者様とスタッフがコミュニケーションを取りながら行う、非薬物療法です。

    難しい問題を解いていくのではなく、簡単な問題を解いているとき、脳の前頭前野が最も活性化され、楽しく実施していく事が学習療法の特徴です。

    まずは数字盤です。

    1~30、1~50、1~100の3つのレベルからその方に合わせた数字盤をタイムを図りながら実施します。

    「今日はどうやった?」と前回のタイムを振り返り「早よなった」と自信に繋がっています。

    読み書き教材では、東京オリンピック等の内容が記入されており、読み書きを終えた後、内容についても楽しくお話しされます。

    計算問題では数式からしっかりと声に出し答えを記入されております。

    声に出すことにより前頭前野が刺激されます。

    これらの学習療法の取り組みにより、自発的な会話が増え、活動が活発になられる等の効果がみられています。

    皆様も、ケアプラス宇和島で頭すっきり学習療法に取り組んでみませんか?

  • こんにちは!

    ケアプラス北宇和島相談員の酒井里です。

    1月も半ばを過ぎ、お正月の気分はだいぶ落ち着きましたね。

     

    年末の寒波、そして今月の大寒波の影響で身体を動かす機会が減っていませんか?(^^)

    ケアプラス北宇和島では数多くの体操に取り組んで頂いています。

    「ラジオ体操」「頭の体操」「口腔体操」「リフレッシュ体操」「マルチタスクトレーニング」などなどです。

    今回はリフレッシュ体操のご様子をご紹介いたします。手、首、足、腰などさまざまなパターンで取り組んで頂いています。

     

     

     

     

    皆様、真剣ときどき笑顔です。

     

     

    振替ご利用や追加ご利用等、いつでもご相談下さいね。

    また次回お会いしましょう(^^♪

     

     

  • ケアプラス垣生 看護師便り~血圧注意!!【減塩力】 ~ 垣生だより 看護師だより 2021年01月15日

    2021年(令和3年)今年始めてのブログになります。ケアプラス垣生 看護師です。本年もよろしくお願いいたします。

    年末~年始にかけては特に、今までとは違い家で過ごす時間が多かったのではないでしょうか?…そんな私も 毎年のように行ってた香川県のこんぴらさん。785段の階段は私たち夫婦にとって恒例の体力測定だったのですが、今年は近くの神社へ初詣に行ってきました。そんなに人は多くなく、初詣という実感もないままでしたが、嬉しいことに おみくじが大吉でした!!【ぎゅ~と良いことが詰まった1年にしたい】と思ってますので 今年も 宜しくお願いします。

    さて、まだまだ寒い日がありますが、寒くなると体温を逃がさないように血管が収縮するので血圧は上がりやすくなりますよね。血圧が高くなると、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす恐れがあります。

    そこで高血圧対策の基本である【減塩】・・・日々の食生活の中で[塩分摂取量は1日6g未満]を無理なく続けるには[1日の全体量]で考え、普段使っている調味料の塩分量を知っておきましょう。

    例えば・・・

    しょうゆの塩分量の多い順は?
    (小さじ1杯あたり)
    薄口しょうゆ(1.0g)
    濃口しょうゆ(0.9g)
    減塩しょうゆ(0.5g)
    出し割りしょうゆ(0.4g)

    その他・・・
    辛みそ(0.8g)
    ウスターソース(0.5g)
    トマトケチャップ(0.2g)
    マヨネーズ(0.1g)

    まずは、好きなものを我慢せずに塩分量を把握することが大事です。梅干しは1個にするとか、たくあんは3切れまでにするとか、2日に1回、3日に1回など食べる頻度を減らすことも大事です。

    我が家でも使ってますが、しょうゆは ムラなくかけられるスプレータイプの容器に入れ替えて使うのがお勧めです。(スプレー1押しなら塩分量は0.02gにまで抑えられます)また、青じそや しょうが ・ミョウガなどの香味野菜・酢や柑橘類を使うと味にアクセントができ塩分がなくても美味しく食べれますよ。

    減塩生活を続けるためには、我慢し過ぎず工夫をしましょう。高齢者の場合は無理に食事を制限すると、食事量が減り、たんぱく質などの重要な栄養素が不足するおそれもあります。゛ゆずれない”部分はそのままに、工夫して減塩することが大切です。

    それでは また次回もよろしくお願いします。

  • ケアプラス大洲機能訓練員の中田です。

     

    2021年が始まりました。本年は東京オリンピックが開催される予定となっており、日本にとっては特別な一年となる事が考えられます。

    さらに新型コロナウイルス対策ではワクチン摂取が始まる事が考えられます。本年は新型コロナウイルスが克服できた記念すべき年となる事を心から願っています。

     

    今回は右半身の運動障害を患ったHさんの身体機能が回復している話をしていきたいと思います。Hさんは運動障害を患って約10年。

    お食事は左手を使い摂取されています。以前は右上肢にてお茶を飲むことさえできなかったHさんでした。

    週二回の利用回数は休まずデイを利用。訓練は肩関節インナーマッスル強化訓練や前腕回内回外運動・手指構築動作運動を行ってきました。

    手指の構築動作は実践練習としてスプーンや箸を使った食事動作訓練です。

     

     

    結果現在は右上肢を使って飲み物を飲むことが出来る様になりました。

    ご本人様も「右手でお茶を飲んだのは10年ぶり」と笑顔で訴えられました。さらに箸を使いビー玉を挟む動作も可能となりました。

    写真は訓練風景のお茶を飲まれる姿と箸でビー玉を挟めるようになった姿です。

     

     

    失敗も多くありましたが、一日一日根気よく訓練を継続し現在の機能獲得となりました。

     

     

    私はH様のように障害があってもその方々には多くの使える機能があると信じています。この可能性が今後も発展していくように目標を持ち

    日々努力していきたいと思っています。自身の体が不自由になり苦しまれている方々。是非ケアプラス大洲に足を運んでください。

    小さな可能性を支援し大きな未来に繋がっていくよう支援いたします。ありがとうございました。

  • 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

    旧年中はケアプラスをご愛顧賜り、誠にありがとうございました。本年も昨年以上に、ご利用の皆様、ご家族様に満足頂けるサービスをご提供出来ますよう、最大限の努力をする所存ですので、変わらぬお引き立ての程よろしくお願いいたします。

     

    堅苦しいご挨拶はこれまでにしまして…

    皆さんこんにちは。ケアプラス道後持田介護スタッフの櫛辺です。

    今冬は特に寒く感じますね。私の場合、手足が冷えてしまい目が覚めることが多いです。そこでまず、朝起きて暖かいお湯で手を温めます。本当は足湯もしたいのですが、時間に余裕が無いので休日の暇な時に足湯を行っております。これ、結構いいんだそうです。冷え性改善、リラックス効果、肩こり改善、手の疲れ緩和、日比谷しもやけの改善などなどに効くのだそうです。皆様も集めのお湯で手湯、やってみてはいかがですか?

    さて、新年最初のブログは1月に行われましたイベントを紹介していきたいと思います。

    ではまず、1/4に行われました「スゴロクゲーム」の様子をお届けします。

    上記の写真のように顔よりも大きなサイコロを転がします。出た目の分だけ進みますが、様々なトラップが仕掛けられておりました。特に面白かったのが「お題カード」ですね。そのマスで止まると複数用意されているお題をクリアしなければなりません。成功すれば進むことが出来ますが、その中には失敗すれば「何マス戻る」なんてことも( ^ω^)・・・

    面白いことに今回のスゴロクは「何マス戻る」がかなり多く利用者様から悲鳴が沢山あがっておりました…それでもぴったりのマス目や大きいマス目が出た時は大盛り上がり。長期戦になりましたが無事終える事が出来ました。利用者様も「楽しかったよ」「また中身を変えてやりたいね」とご好評でした。

    最後に1月の壁面貼り絵は富士山の初日の出をモチーフに作成されました。門松も細かくキレイに貼れていますね!いつも利用者様に楽しくお話しながら丁寧に貼って頂いております。

    それでは皆さん、また次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス宇和島 ~相談員便り~ 『』 宇和島だより 相談員だより 2021年01月12日

    皆様、こんちには。

    「明けましておめでとうございます。」「今年もよろしくお願いします。」との元気な挨拶で始まった、

    令和3年のケアプラス宇和島ですが、早半月が経過しました。

    寒さが厳しくなり、暖かい部屋から出るのが億劫でなりません。

     

    こちら南予地方では、年末の寒波に続き、先日は数年に一度の大寒波到来で辺り一面銀世界に包まれました。

     

    新年1回目のケアプラス宇和島相談員ブログという事で、今回は書き初めの様子をお伝えしたいと思います。

     

     

    スタッフは今年の目標を・・・

     

     

    実行できるでしょうか…?楽しみです。

     

    普段はあまり文字を書かれない男性ご利用者様も負けていません。

     

     

    今年も心うきうき、頭すっきり、体しっかりご利用者様と一緒に過ごして参りたいと思います。

    次回、相談員ブログをお楽しみに。