実績報告

実践報告一覧

  • ケアプラス垣生 看護師便り~花粉シ-ズン~ 垣生だより 看護師だより 2021年02月12日

    皆さまこんにちは。ケアプラス垣生 看護師です。

    今年は124年ぶりの2月2日の節分も終わり、もうすぐバレンタインデーですね。1年で1番チョコレートが売れるそうですよ。。。そもそもバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、1958年頃から一説によると都内のデパートで『バレンタインデーはチョコを贈ろう‼』と広告を出したキャンペーンが発端だそうで…

    そんなバレンタインデーを前にある日の日曜日の利用者です。ボンドで作る「ウインドーステッカー」です。ドライヤーで乾かすのが大変そうですが、楽しまれてましたよ。

    さて、そろそろ時期的に?!コロナ禍で迎える花粉シーズンがやってきました。既に垣生の職員の中でも目のかゆみが出ている人もいますし、私もくしゃみが連続出て周囲の人達に笑われしまうこともありますが、皆さまは花粉症大丈夫ですか?花粉飛散予測は前シーズンの花粉飛散結果、今後の気温予測などの気象データ、現地調査の結果などをふまえて予測しているそうです。花粉の飛散は2月上旬からスタートして、3月はスギ花粉がピークになりそうです。花粉症の三大症状とされる くしゃみ・鼻水・鼻づまりは風邪と同じ花粉の症状でもありますが、花粉症の鼻水は透明でサラサラしています。一方、コロナや風邪の感染症の場合は途中で粘り気が出て黄色っぽいなります。

    花粉症のこのほかの特徴としては…

    ・高熱は出にくい。

    ・晴天時に悪化する。

    ・症状が長く続く。などです。

    コロナ禍の花粉エチケットとして。。

    •鼻をかみ終わったティッシュは、感染リスクがあるため机の上に置きっぱなしにしない。

    •マスクを付けていても、咳やくしゃみをする時は、下を向いて手でマスクを抑える。

    その際に手にウイルスが付いているかもしれないので、手をすぐに消毒する。

    ❖コロナ禍で増えている手作り布マスクは目が荒いので、完全にウイルスを防げないため、不織布マスクは、花粉対策にも効果が期待できるそうです。

     

    さて、1番の問題点はコロナ禍での花粉対策です。

    【換気は大事だけど花粉が…】

    そんな花粉の流入を少なくするためには、窓開け幅を10cm程にして、レースのカーテンをすると、花粉の流入を4分の1に抑えられるそうです。時間帯としては、日中は気温が上がって多く飛散しているので、朝の気温が低い午前10時までは飛散量が少ないというデーターがあるようです。ちなみに夜は、上空の花粉が地上に落下するので、意外と花粉の量は多いらしいですよ。

     

    花粉が飛び始める前から治療を開始する「初期治療」がおすすめです。かゆみの少ない目を作るためには、花粉症の時期に、かゆみが起きてから点眼をするのではなく、症状がなくても用法(回数・タイミング)を守ってアレルギー用の点眼薬を使用するのが有効のようです。症状が悪化する前に早く適切な薬を使うことが大切だと思います!

    これからがスタートの花粉シーズンですが、色々と駆使して乗り切りましょう!!

    それではまた次回。よろしくお願いします。

  • 皆様こんにちは。

    ケアプラス大洲、機能訓練指導員の中田です。

     

    2021年の1月が早終わり一日一日の時間の早さにただただ驚きます。今年は節分が2月2日となっており、124年ぶりとの事でした。

    地球は太陽の周囲を一年かけ回るのですが、厳密には365日と6時間かかる様です。この小さなズレが重なり124年ぶりの2月2日の節分となったようです。

    今回の報告は小さい事を繰り返し行って頑張った結果、生活に変化をもたらしたSさんについて報告していきたいと思います。

     

     

    Sさんは左半身に軽い麻痺を発症しています。さらに動作時の息切れが著明でした。訴えは主に歩いた時の左足の重さと二階に上がるのが疲れるとの事でした。

    訓練は去年の7月頃からトレッドミル歩行を実施。2分間から始め10秒ずつ延長していきました。

    訓練を行い始めた時は「帰ってから疲れがでて2、3日しんどい」と訴えが聴かれました。

     

    ゆっくり、ゆっくり着実にトレッドミルを行い現在は4分間実施。帰った後の疲れはなく、二階への昇降が楽になったと伝えて頂けました。

    写真はトレッドミル訓練の姿です。

     

     

    さらに姿勢的な変化は、以前の立位姿勢より体の左への傾きや円背の軽減となっています。S様が地道に利用を休まれることなく運動を行った結果だと感じています。

    写真は姿勢の変化を以前と現在で比べたものです。

     

    今回は動作時の息切れの改善・生活の変化・姿勢の変化をお伝えしました。私の経験では急に体が良くなる事は稀だと思っています。今回の節分が124年ぶりに2月2日となったように、小さな努力の積み重ねは人生の充実に繋がっていくと考えています。これからも、皆様の生活にいい変化訪れるよう全力で支援を行って行きたいと思います。今回のブログ作成にあたり協力して頂いたS様やスタッフの方にも感謝していきたいと思います。ありがとうございました。

  • ケアプラス道後持田 介護員だより~2月といえば~ 道後持田だより 介護員だより 2021年02月10日

    皆様こんにちは、ケアプラス道後持田介護職員の石川です。

     

    2月に入り寒さはありますがお天気のいい日が続き春が近づいてきた感じがしますね。

    今年も椿さんが露店なしではありますが開催決定しました。

    「椿さんが終わると春が来たっていう感じがする」と利用者様がお話ししてくださいました。

    皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    2月といえば節分!

    今年の恵方は南南東でしたね。皆様豆まきはしましたか?

    利用者様にもお伺いすると「孫と豆まきしたの」とお話ししていただきました。

     

    デイでも節分らしいものを見つけましたのでご紹介します。

    折り紙が趣味のS様が「赤鬼、青鬼を作ってみたの」と見せていただきました。

    そして毎月持ち帰りカレンダーを作ることを楽しみにされているT様から

    節分らしいカレンダーを見せていただきました。

    そして2月といえばバレンタインです。

    毎年沢山チョコレートを食べるのが楽しみです!

     

    という事で先日の日曜レクリエーションでは「ハートのモビール」を作りました。

    「今週も日曜日が待ち遠しかった」と楽しみにしていただけておりました。

    早速作品作りです。

    まずはハート型に切った段ボールに毛糸を巻き付けていきます。

    「どうなるか想像ができない、ドキドキする」とお話しされながら巻き付けていきます。

    「真っ赤なハートが可愛いねえ、完成が楽しみ」とワクワクされながら作っていきます。

    仕上げは先程作ったハートに糸を通していきますが、、、

    「入ったと思ったのに入らんかった~」

    「私上手に糸を通せた」と会話を楽しみながら仕上げていきます。

     

    そして完成品です。

    完成した作品をみて「どうなるのか楽しみだったけど毎回可愛く出来るからうれしい」

    「バレンタインらしいね」と喜んでいただけました。

    来週の日曜日も楽しみですね。

     

    2月も中旬を迎え春が近づいてきました。

    先日近所の花屋さんに行くとチューリップが飾ってあり少し春を感じました。

     

    引き続きコロナウイルス対策を行い2月も頑張りましょう!

    それでは次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス宇和島 ~相談員便り~ 『日常』 宇和島だより 相談員だより 2021年02月09日

    みなさま、こんにちは。

    2月になりました。暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています。

    皆様、体調はいかがでしょうか。

    未だ、新型コロナウイルスが流行しており、ご自宅で過ごす時間も多いのではないでしょうか。

    ご利用者様は室内で出来る様々なレクリエーションをして過ごされています。

     

    塗り絵をされたり、パズルをされたりしています。

     

    こちらでは手のリハビリの為に洗濯物を畳んでいます。

     

    しっかり感染対策をした上で散歩にも出かけています。

    自宅に籠りきりになってしまうと運動不足や筋力低下を引き起こす可能性があるため、感染対策に注意しながら、適度な運動も取り入れるようにしましょう。

     

    ケアプラス宇和島では体験利用や見学を随時募集しております。

    興味のある方はお気軽にご連絡ください。

  • ケアプラス三津 看護師便り~花粉症シーズン直前~ 三津だより 看護師だより 2021年02月08日

    春到来を感じるようになってきました・・・ということは、本格的な花粉のシーズン直前の時期にもなりました。

    花粉症関連のニュースではコロナ禍の今、目や鼻をさわると感染のリスクが高まるとして、例年よりも徹底した花粉症対策を取るよう呼びかけていますね。日本気象協会が公表したスギ花粉飛散予測では、12日ごろから飛び始めるとみられています。そして、四国地方の飛散量は前シーズンと比較すると210%!!・・非常に多い量です。これは花粉症の方にはとても辛い状況になりそうです・・

    ※日本気象協会(tenki.jp)より画像引用

     

    コロナ禍での花粉症対策について

    ・目や鼻をこすることで感染するリスクがある

    ・くしゃみをすることで飛沫を飛ばす可能性もある

    と指摘されており、くしゃみや目のかゆみなどの症状を抑えられるよう対策を取って欲しいとされています。

    具体的には

    ・これまでマスクのみで対応してきた人は花粉症の市販薬を買って服用する。

    ・症状がでる人は医療機関で治療を受ける。

    ・コロナ禍で医療機関に行くのが不安な場合はオンライン診療もあるので、今年はステップアップした対策が必要

    ・・・ということです。

    また、

    ・くしゃみをしたらマスクは替えた方が良いので複数持っておく

    ・多くの人が共有する箱形ティッシュはウイルスが付着している可能性もあるため、自分のティッシュを持ち歩く

    この2点のアイテム、花粉症の方であれば日頃から携帯していらっしゃると思います。持っていないと困りますよね。

     

    花粉症の初期症状ですが、これは新型コロナウイルスの症状と似ている点があります。発熱、鼻づまり、目の痒みなどの症状に注目して、判断がつかない場合にはかかりつけ医に相談してもらえればと思います。

    新型コロナウイルスの影響によって、生活スタイルや考え方が変化する中、花粉シーズンを乗り切っていくにもやはり今までと違った対策が必要になってきます。室内の換気においても、今までは花粉が入り込むので外気を遮断するようにして過ごしていたけれど、花粉の飛散の少ない時間帯や風向きで花粉が入り込む量の少ないタイミングで換気を行うなど・・・

     

    待ち遠しい「春」とともにやってくる「花粉」に備え、ケアプラスでも症状の判別ミスにならないように健康管理に努めたいと思います。

    それでは、次回も宜しくお願い致します^^

     

  • みなさま、こんにちは!ケアプラス今治の作業療法士の大森です。

    少しずつ寒さは落ち着き始めて、日中は温かい日差しを感じられるようになってきましたね↑↑↑

    しかし、三寒四温。この言葉通りそう簡単には春のような温かさは来ませんよね~(泣)

    昔の人たちは、現代にまで残る言葉を作れたのでしょう。とても不思議に思う今日この頃です。

    愛媛県民は、『椿さんが終わったら、暖かくなるけん!』とよく言います。毎年、2月上旬に商売繁盛の神様が祀られている伊豫豆比古命神社のお祭りの事です。

    全国から商売人の人たちが来訪される大きなお祭りです。

     

    今年はコロナ拡大の影響で出店も自粛で開催されるようです。もし、行かれる方はマスクの着用は必須、そして祈願をして長居は控えましょうね!!

    一人一人の心がけで愛媛県は守られますよ!!!

     

     

     

    さて今回は、タイトルにもあるように私が日ごろから利用者様との関わりで心掛けていることの成果が表れてきたので、書きたいと思います。

    心掛けていること、名付けて『前向き変換習慣』です!!!

    えーっと、ネーミングセンスはあまり良くありません。自覚はしています。(笑)

     

     

    例えば、『もう歳やけん~』と諦める理由にしている人!多くないですか?

    今治に来た頃、この運動家でもやってみませんか?というと『もう歳やけん筋肉つかんやろ』と。ちゃんとつきますから!筋肉!!

     

    しかし、この言葉が出るのは仕方ない部分もあります。だって、病院に定期受診で行き、長い待ち時間の果てに医者から言われることが

    『まあ、年ですからしょうがないですよ』って言われる人がとても多い!!

    そんなことを医者から言われたら、もう頼れるところ無くなっちゃうでしょ!!

     

    私はこれまでの経験の中で、当時89歳の方との出会いがありました。その方は病気を宣告されて自身の身体の衰えに対して抗い、毎日決められた運動を続けました。

    半年後に体重・筋肉量を測定すると、下肢の筋量が大幅に増加していました。この方のおかげで『年のせい』は諦める理由にはならないこと、

    毎日コツコツ続けることの大切さを学びました。

     

    そこから私は、利用者様が『年も年だし』という言葉に対して、これまで立派に生きてこられたことへの敬意、

    命繋いできたからこそ今出逢えていることへの感謝を伝えています。

     

     

    するとケアプラス今治の利用者様から年齢のせいにする発言は減少してきました。

     

    ケアプラス今治の利用者様からは笑顔があふれ、笑い声が響き、役割を担い、協力する想いがあります!!

     

    新しく体験に来られた方にも、温かく受け入れ言葉をかけてくださります。それがまた仲間となり、今では40人を超える日もあります。

     

    皆さんもぜひ、興味が湧いていた方はお気軽にお問い合わせください!!

    それでは、また来月の投稿をお楽しみに!!!

  • ケアプラス北宇和島 ~看護師便り~ 『マスクの重要性』 北宇和島だより 看護師だより 2021年02月06日

    皆さま、こんにちは。

    新年を迎え早くも2月に入りましたが、毎日寒い日が続いています。

    ケアプラス北宇和島でも先月は雪が降り、一面雪景色になりました。

     

    寒さも一段と深まり、感染症のシーズンの真っただ中。

    毎年、この時期になると『インフルエンザ』が流行りますが、今年は例年になくインフルエンザの話を聞くことも少なくなりました。

    一つの要因として、新型コロナウィルス感染予防のためマスクの着用、消毒を徹底しているからと言われています。

     

    そこで、今回は改めてマスクの着用に関しておさらいしてみましょう。

    残念ながらマスク着用だけでは、感染症を効果的に予防することはできません。

    むしろ、不適切なマスク着用に より感染症に罹患するリスクが高まることがあります。

    今回は、よく見かける誤ったマスク着用と正しい着用方法についてご説明します。

     

     

    通称、鼻マスク

    露出した鼻腔から病原体を吸い込んだり、

    特に、病原 体を含んだ飛沫が鼻腔から飛び出したりするので、咳やくしゃみ時に、

    病原体を周囲へ拡散させるリスクが高くなります

     

     

     

    通称顎マスク

    マスクで覆われていない顔の表面には病原体が付着し ている。

    一度、あごにマスクをずらし、再度装着する と、病原体が口や鼻に付着し、感染するリスクが高くなります。

     

    正しいマスクの着用方法で感染予防に努めてください。

    ■自分の顔のあったサイズを選ぶ

    サイズが合っていないと、ゴムひもの影響により耳が痛く なり、鼻マスクや顎マスクになりやすいです。

     

    ■プリーツのひだが下を向く面が表

    プリ―ツのひだが上向きだと、プリーツの段差部分に空気中のホコリやゴミがたまります。

    せっかく気を付けてマスク着用しているので、台無しにならないよう着用してください!

     

    ■マスクと紐の接着面が外側についている方が表

    マスクの裏表、これは意外と間違えていませんか?

    上の写真のマスクの場合は、写真の部分が外側です。

    こなるべく顔とマスクとの隙間を少なくすることで顔へのフィット感が高まるので、ゴミやホコリ・細菌などの侵入を極力遮断することができるためです。

    マスクには種類がありますので、説明書きを読んで表裏を間違わないようにしましょう。

     

    ■鼻から顎までを確実に覆う

    ノーズワイヤー部分を鼻の形に 折り曲げて、鼻から顎ま でマスクで覆う プリーツを 広げる

     

    ■定期的に交換する

    マスクが濡れるとフィルターの性能がおちる。飛沫を浴びた時などは、定期的な交換が必要です。

     

    せっかく予防で着けるマスクですので、機能を最大限に活かすためにも正しい着け方をお願いいたします。

     

     

     

     

  • 皆さんこんにちは。

    ケアプラス垣生、作業療法士の福田です。

    寒さや乾燥が益々気になる時期になりました。

    インフルエンザだけでなく、コロナにも負けず予防に気を配りながら元気に過ごしていきましょう!!

     

     

    今回は姿勢測定評価を参考にリハビリを行い、変化が見られた方を紹介します。

    ご紹介する利用者のS様ですが、右膝の問題により可動域制限が見られ歩行が不安定な傾向があります。11月の段階での姿勢評価は左右や前後のバランスが悪く、上半身が左と後方への傾き、下半身が右への傾きがありO脚のレベルは3でした。右膝が不安定なため、重心は左後方に移動しています。

     

     

    そこでリハビリとしては、大腿四頭筋の外側が硬く、内側が弱っていることが考えられたのでストレッチをしました。そしてスリング・平行棒内歩行時に体幹筋やバランスを鍛えることで骨盤の歪みや後傾姿勢を改善し、安定した歩行が行えるよう踵からつま先に足底が床にしっかり着くよう鏡で姿勢を確認する意識付けの指導を続けました。

     

    その後再度2月に評価を行いました。

    三ヶ月前と比較して、スコア9点向上しました。

    重心の位置が左へ傾きはありますが、正中線上にあります。そして骨盤の歪みや後傾姿勢の軽減による姿勢改善が図れています。

    これらの姿勢改善を目的としたリハビリを続けたことで歩行やバランス、さらに段差昇降などの安定性の向上に繋がっています。

     

     

    今後も、この姿勢評価を用いて、視覚的に利用者様と情報共有を行い、経過を追っていきたいと思います。

     

    このようにケアプラスでは利用者一人一人の姿勢や生活動作など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

    読んで頂き、ありがとうございました!

     

  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲新年会~ 大洲だより 介護員だより 2021年02月04日

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の城戸です。

    2021年、早くも2月に入り「ついこないだ、新年の挨拶をしたばっかなのに、もう2月になったね」とお話されるご利用者様もいらっしゃいます。よく、「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉を耳にしますが、本当にその通りだなと感じております。まだまだ、寒い日もありますので、皆様風邪などひかないように気を付けてお過ごしくださいね。

     

    さて、今回は1月に行ったイベントを紹介します。ケアプラスでは、「心・頭・体」のリハビリを提供しております。イベントもそれに合わせて開催しております。

    今回は、心うきうきということで、介護職員が中心となり考えた「ケアプラス大洲新年会」をご紹介します。毎年1月の恒例イベントとなり、楽しみにされているご利用者様もいらっしゃいます。今年は、「以心伝心伝言ゲーム」「職員カルタ」「天国と地獄ゲーム」を行いました。職員を4チームに分け、ご利用者様に優勝するチームを予想して頂き、応援してもらいました。

    伝言ゲームは、職員1人が出されたお題への答えを10秒で絵を描き、ペアの職員がその絵を見て回答しました。参加職員全員に描いてもらいましたが、絵心があるのか、はたまたペアの職員の推理力があるのか、どのチームもほぼ全問正解でした。中には利用者様も「えー!!」と思う絵もあり、たくさん笑って頂きました。

    続いて、職員カルタは名前の通り、職員の写真にひらがなを書いた札を用意しました。職員も気合が入っており、どのチームも勢いよく札を取り合いました。いつになく真剣に戦う職員の姿にご利用者様も大笑いしながら、一生懸命応援して下さりました。カルタなので読み切る前に、札を取ってしまうので、取った後に写真を紹介しながらもう一度読み上げました。各職員の性格等について書いてあり、ご利用者様には意外に感じた職員もいたようで、終わった後に質問が飛び交いました。

    最後に行ったのは、天国と地獄ゲームです。各チームの代表に箱の中に隠してあるジュースを選んで飲んでもらいました。しかし、おいしいジュースをただ飲むだけでは面白くないと、いたずら好きの介護職員によって、1つはおいしいジュース。もう1つをタバスコ1本分、もしくはレモン汁を用意し2つの中から選びました。普通のジュースを選び、おいしく飲み切った職員もいましたが、タバスコを選んだ職員もおり、険しい顔をしながらも飲み干し、ご利用者様から拍手をして頂きました。

    終わってみると、4チームが接戦となった結果となりました。厳しい競技もありましたがご利用者様からの応援に職員も体を張ることができました。また、「今日は新年最初から楽しませてもらった」、「今日に振替て参加してよかった」との声をご利用者様よりかけて頂きました。

     

    まだまだ、コロナの影響で制限されることも多くありますが、その中でもご利用者様にたのしんで頂けることを職員一同考えていきたいと思いますので、今年も各種イベントを楽しみにしていて下さいね。

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『手・手・手』 道後持田だより 相談員だより 2021年02月03日

    みなさま、こんにちは。

    ケアプラス道後持田、相談員の松浦です。

     

    暖かくなったと思ったら、一気に真冬に戻ったりと体調を整えるのが大変な季節です。

    我が家の愛犬は、天気のいい日は日向ぼっこをして気持ちよさそうにしております。

     

    以前、ご利用者の手を見せていただきながらお話させていただいたことをブログで紹介させていただきましたが、

    久しぶりに、いろいろお話を聞かせていただきました。

     

     

    いつも楽しそうに折り紙を切ったり貼ったり。

    「この間、こんなん作ったよ」「これをこうしたらキレイになるやろ」

    ご自宅でもいろいろ作品を作っておられ、出来上がった作品をよく見せてくださいます。

    ご両親がいろいろ習い事をさせてくれ、お茶・お花・着付け…踊りも習わせてくれたそうです。

    どんな踊りですか?とお伺いすると「こんな感じでね」と笑顔で手を広げて教えてくださいました。

    肩凝らないですか?の質問には「凝ったら主人が肩もみしてくれるんよ」

    『ごちそうさまでした☆』

     

     

     

    送迎中「ここのスーパーも昔仕事できたわい」「ここを曲がったとこに大きな家がある」

    知らない場所はないのではと思うくらい、色々な事を知っておられます。

    内装業をされていたとお話をしてくださるご利用者。

    間仕切りが大変やったわい…。

    そんな話から懐かしい言葉が。「墨壺」

    なぜか我が家にもあった墨壺。墨の付いた糸をピンと張りつまみ上げて…離す。

    正確な直線を引くことが出来るんです。

    何年か前にいい機械が出来たとの話。

    何が一番困りました?と聞くと「高さ」とのお返事でした。

    またお仕事のお話聞かせてください。

     

     

    ご両親が学校の先生をされていらっしゃったご利用者。

    「勉強せい勉強せい!」と言われて本当に嫌だったそうです。

    でも負けず嫌いなので勉強はされていたそうです。

    「学校で一番頑張ったのは何ですか?」とお聞きすると笑いながら答えてくださいました。

    「体操」

    この後二人で大笑いしたのは言うまでもありません。

     

     

     

    アルコールでの手指消毒で手が荒れている方もいらっしゃると思いますが、先日テレビを見ていたら手荒れの放置はNGだそうです。アルコールを手のひらに出し、指の先でクルクル。爪の消毒もお忘れなく。

    みなさまの大事な手、大事にしてください。

     

    先日たくさん菜の花がたくさん咲いている場所がありました。

    春はもうすぐです。

    しっかり栄養を摂り、休息をとり、2月も頑張りましょう!

    次回の道後持田ブログお楽しみに。