実績報告

実践報告一覧

  • ケアプラス三津 看護師便り~弱点をリカバリー~ 三津だより 看護師だより 2021年01月11日

    2021年の始まりを皆様どのように迎えられたでしょうか。

    大変な状況で迎えられている方もいらっしゃると思いますので、大きな声でおめでとうございますとは言いづらいですが、皆様の頑張りが一日でも早く報われる年になることを祈りたいと思います。

    話は変わりますが、年末年始からぐっと冷え込み雪がちらついたりもしてますね(見てるだけなら綺麗ですけど^^;)。

    「寒いから身体が弱ってしまうなぁ」と思われてる方がいらっしゃったら、実は・・・免疫力が低下するのは、一年を通して見ると「夏」なんだそうです。人間も動物も、冬には寒さに備えて栄養を蓄える習性があるために、免疫力は秋から冬にかけてが最も高い状態でキープされているそうです。そして、春からは蓄えていたエネルギーを消費して活動していくため、免疫力もエネルギーも夏が終わるころには最も低くなってしまってるそうです(夏バテの一因もこれだそうです)。

    なるほど。今の時期は私たちの免疫力が高い状態。しかし!私達の身体に悪さを仕掛けてくるウイルス達に「空気の乾燥」という好条件を満たしているのもこの時期。せっかく免疫力を高い状態でキープしていても、不規則な生活やストレスで自らリスクを背負ってしまうと、ウイルスに弱点を掴まれてしまいますので要注意です。

    注意するポイントは、とにかくバランスの良い生活。

    主に以下の様な点ですね。

    ・十分な栄養素を摂ること

    ・腸内環境を整えること

    ・適度な運動を続けること

    ・良質な睡眠、休養を取ること

     

    自分の免疫力が今何パーセントなのかが分かる計器でもあれば、リカバリーすることにもっと意識を持つ人が増えるかもしれませんが、残念ながらテクノロジーの発達したこの時代でもそんなものはありません。自分の身体が弱まる前に、疲労や睡眠不足はその都度リセットするように注意して頂き、毎日リラックスできる時間を作って下さい。

    他のブログでも紹介されていますが、「笑う事」も免疫力を高めてくれます。今は人と密に接することは出来ませんが、出来ないままで諦めず他の手段を考えることが今は必要ですね。

     

    色んな人と協力しながら、この一年が良い方向へ向かってくれるように頑張っていきましょう。

    では、次回もどうぞ宜しくお願い致します。

  • みなさま、明けましておめでとうございます。本年も何卒、宜しくお願い致します。

    2021年を迎えました!昨年は、コロナ・コロナ・コロナ…な1年でありましたが、年が変わっても猛威は衰えませんね。。。

    それに加えて、今年の冬は何といっても寒いっっ!!!

     

    私大森が松山から今治に通い始めて2年を迎えようとしています。石手を抜けて水ヶ峠を越えて、玉川に抜ける道にやっと慣れました。

     

    昨年よりはるかに気温が低く、出勤中の最低気温は−6℃!!積雪や凍結もあり、命がけの出勤です!(笑)

    しかし、そんなの問題ではありません!なぜなら大事な利用者様が待っていてくれるから!!寒い日には必ず利用者様から

    『先生、朝寒かったやろ?道中大丈夫だった??顔見たら安心したよ!』と。朝からウルウルしますやん!

     

    だから私は、満面の笑みで『気にかけてくれて有難うございます!今日も一緒にがんばりますよ!』としっかり期待に応えていきます!!!

     

     

     

    さて、いつもは運動を頑張っている方のピックアップですが、今回はいつも使っている車椅子を正しく乗れば

    体が疲れにくいことを実感された方の紹介をしていきます!

     

    みなさんもご存じかと思いますが、車椅子は移動手段(自力・他力)として用いますよね。他にも上肢が動きやすいセッティングをすれば、

    上半身の動きの効率化が図れたり、体に沿わせると安楽な姿勢にも一役買います。

     

     

     

    今回紹介するA様は、車椅子のサイズが合っていないために段々体が前に倒れてきたり、それによってお尻が痛くなったりと、座ることが苦痛に感じていました。

    その話から、ケアマネジャーさんに許可を頂き、福祉用具業者の方と直接お話をさせてもらいA様に必要な車椅子の形や付属品の検討をしました。

     

     

    その要望に沿った車椅子・クッションをA様に乗っていただいて、微調整をしました。すると姿勢の崩れやお尻の痛みが大幅に軽減しました。

     

     

     

    これにA様も非常に喜ばれました。

     

     

    体に合った車椅子は変形の進行予防や易疲労性の軽減に大きく役立ちます。『体が右(左)に倒れてくる。』『座っているとお尻が痛くなる』

    という方、また家族様がそう感じている方、案外多いんではないでしょうか?

     

    リハビリを頑張っていきたいという方ももちろん、私の使っている車椅子や福祉用具、杖(歩行器)は私に合っているのかな?などを感じている方、

    ぜひ1度体験利用で調整させていただきますよ!!!

     

    まだまだ寒さが厳しくなりますが、寒さに負けにように防寒や運動を駆使して健康にお過ごしくださいませ↑↑

     

     

    ではまた来月~

  • 皆様、新年あけましておめでとうございます。

    昨年は世界的にも未曾有な状況が続き、気が重くなるニュースなども日々報道されていました。残念ながら、未だに気が休まらない状況が続きますが、

    箱根駅伝での選手たちの諦めない姿勢や頑張りなど勇気がもらえる出来事もありました。

    皆様も、今できる事として、引き続き、マスクや手洗い、換気など自分にできる事を精一杯して頑張って行きましょう。

     

    さて、そのような状況の中でも日々頑張っている方は多くいらっしゃいます。ケアプラス垣生でも自分のことを出来るように、もっと身体が動くようにと

    リハビリを頑張っている姿がよく見られます。今回は、タイトルにもある通り、「歩くこと」に重点を置かれている方をご紹介させて頂きます。

     

    Y様はご自宅での歩行には歩行器を使用し、デイ内での歩行でも軽度の介助を要する方です。「足が思うように動かない、足の力が入りにくい」との訴えがあり

    リハビリでもその点に対しての重点を置いて実施して参りました。3か月前の姿勢では上半身の左右差に対し、下肢が内側に入り、重心が後方へ偏ることで

    歩行時の不安定さが助長されていました。また、歩行時には足の筋力不足に対する不安から、肩に力が入り、余計に不安定になる場面が見られていました。

     

    そこで、体幹と骨盤の動きの調整や、股関節の可動域を確保しながら、特に筋力低下が著明であった大腿四頭筋を強化するために、重錘を装着しての平行棒歩行訓練、

    マシンを使用しての下肢筋力訓練を実施致しました。初めは足が挙がらずすり足傾向や体幹が左右へ揺れるなど、難しい様子が見られていましたが、3か月続けること

    で、現在では足の振り上げや、バランスパットの上を歩くことも出来るようになって参りました。

     

    このように努力された結果、現在ではデイ内での歩行は見守りで行え、自宅周囲の歩行も以前のような不安定性や上肢の過剰な緊張なく行えるようになってきました。

    今後も本人様の目標に寄り添ったリハビリを提供できればと思います。

    今回のように、ケアプラスでは利用者それぞれの生活課題や目標などに沿ったリハビリテーションが提供できるよう日々取り組んでおります。

    少しでも興味がありましたら、見学や体験いつでもお待ちしております。

  • 新年 明けましておめでとうございます。

    ケアプラス大洲 介護職員の松浦です。

     

    昨年は、コロナウイルスが流行した為、旅行にも遊びにも行く事ができず、一日でも早く落ち着いて欲しいです。また、ケアプラスの様々なイベントやカラオケなども中止になってしまうなど、皆さんにはご迷惑をおかけすることも多く申し訳ございませんでした。今年は少しずつケアプラスらしいイベントを行っていけたらいいなと思っております。そして、元気に皆様と新しい年を過ごせれるよう職員一同頑張って参ります。

     

    今回は12月に行った「クリスマス会」についてご紹介いたします。

    12月といえば「クリスマス」がメインだと思います。そこでケアプラスでは、クリスマスプレゼントを用意して、ビンゴ大会を行いました。「どんなプレゼントがあるんかな?」「いつも最後の方だから、今回は早く終わりたいなぁ」と言われる方がおられました。職員はサンタクロースの帽子を被ったり、トナカイさんのカチューシャを付けたり、盛り上げていきました。

    ビンゴ大会を始めると、まず初めにガラポンを回す人を選ぶのですが、いつも回したい人が沢山おられて、回す事を楽しんで頂いています。数字を発表する際、「早く言って~」「私その数字ないよ~」「お!ここにあった!」など様々な声が聞こえて私自身も楽しむことができました。

    徐々にビンゴになる方が増えてきて、「これは家で使える!」「孫にあげれるプレゼントが出来た」「これ欲しかったのよ」など喜びの声を聞くことが出来ました。

    利用者様が「私もそのカチューシャ被りたい」「サンタさんになれるかな?」と言われておられたので、皆さんにもして頂きました。とても可愛いトナカイさん。かっこいいサンタさんがケアプラス大洲にいました。

    職員とも一緒に写真撮影!!

    コロナ禍の中で大変な時期ですが、皆さん楽しんで参加されていました。

     

    今月も3つのイベントを考えております。ぜひ皆様参加してください。

  • 新年あけましておめでとうございます。

    道後持田の北川です。

     

     

    皆様は年末年始をどのように過ごされましたか?

    私は大掃除をして、テレビを見て、年越しそばを食べて、恙無く過ごしました。今年は初詣に行かず家でゆっくりお正月を堪能しました。

     

    去年はコロナの影響でイレギュラーな1年となりました。

    こまめな手指消毒、マスク着用の徹底、アクリルパーテーションの設置等、様々な制約があったと思います。

    今年は皆様にとって楽しいことがたくさんあるといいなと願うばかりです。

     

     

    年が明けてご利用者様にも2020年はどうだったかを聞いてみました。

    「コロナの影響で色々大変だった」「なかなか孫に会えなかった」と渋い表情をされる方。「コロナ対策の新しいゲームが楽しかったよ!」「家で家族とゆっくり過ごす時間の大切さを改めて実感した」と、

    コロナ禍だからこそ発見できた新たなことに笑顔を見せて下さる方も。この状況をプラスに捉えるポジティブ思考…私もぜひ身につけたいものです。

    どんな大雨でもやまない雨はありません。「去年は大変な1年でしたね」とマスクをとって笑い合えるような日が必ず来るはずです。いつか来るその日を待ち遠しく思います。

     

     

    さて、“一年の計は元旦にあり”ということわざがありますが、皆様は今年の抱負はもう決めましたか?

    ちなみに私の今年の抱負は、責任感を持ち、律儀であることです。

    相談員としても社会人としてもまだまだ勉強中で未熟な身。一つひとつの事に対してそうありたいと思います。

     

     

    皆様も抱負が決まったらぜひお聞かせください。ともに達成できるように一日一日をケアプラスで過ごしていきましょう!

     

     

    今年も皆様とたくさんお話できるのを楽しみにしています!

    2021年もケアプラス道後持田をどうぞよろしくお願いします!

     

     

  • ケアプラス宇和島 看護師便り~日々の血圧~ 宇和島だより 看護師だより 2021年01月05日

    令和3年1月5日 火曜日  新しい年を迎えて初のブログとなりました。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

    今年もよろしくお願いいたします。

     

    12月下旬には雪が降ったりして寒い日々が続きましたが体調を崩された方はおられませんか?今年のお正月は例年とは違った形でご家族と過ごされたかと思いますが良い年を迎えたられた事と思います(^o^)私ごとですが、テレビに映された日の出を携帯の待ち受け画面にしてみました。テレビに向かって手を「パン パン」とたたき神社も参拝して参りました。今年も健康に気を付けて良い年にしていきましょう。

     

    そこで寒くなると気になるのが「血圧」皆さまはご自分の正常時の血圧はご存知ですか?

    血圧は1日の生活の中で変化しています。通常、血圧は夜間に下がり、早朝の目覚めとともに上昇していきます。早朝に血圧が高くなるのは、自律神経のバランスが変わるためといわれています。寝ている間は「副交感神経」が働いてくれるのでリラックスしているので血圧も安定しています。早朝には体を活動させようとするため「交感神経」が働き緊張状態になり、血管が収縮して血圧が上昇します。もともと高血圧にこうした早朝の血圧上昇が加わる為に脳卒中や心筋梗塞などを発症する危険度が高まるということです。

     

    朝の最高血圧-夜の最高血圧=ME差(15mmHg以上あると脳卒中発症の危険性が高まる)

    皆さまも一度試されてみてはいかがでしょうか。今回は血圧測定までの流れをブログの上で見学をして頂けたらと思います。

     

    利用者様がケアプラス宇和島にご到着されました。「おはようございます♪」

    「温かいお茶です。ゆっくりしていてくださいね」

    「バイタルを計らせて頂きますね」

    「お体の調子はどうでしょう。お変わりはないでしょうか?」

     

    当日担当の看護師が健康チエックをさせていただいております。病院への受診の際に持って行かれる「血圧手帳」への記入もしてお返しする時もあります。

     

    ブログの中での見学だけではなく、実際にお越し頂いてケアプラスの一日を体感していただければ幸いに思います。

    では次回もよろしくお願いいたします。

  • ケアプラス道後持田新聞 2021年1月号が更新されました!

     

     

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。

    気がつけば2020年も過ぎ去り新しい年が始まりました。昨年は今まで経験したことがないような新型コロナウイルスの話題一色の年となったように思います。日本では2月に新型コロナウイルスのワクチン接種が開始される予定となっておりますので、今しばらくではありますが新型コロナウイルス対策を継続して感染拡大防止に努めていきましょう。

     

    なお、新型コロナウイルス対策について政府より『5つの場面に気をつけよう』との周知が出されております。これは、これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面を明らかにしたものですのでご紹介させていただきます。

     

     

    〇5つの場面 ~https://corona.go.jp/proposal/ より引用~

     

    1.飲食を伴う懇親会

    飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。

    また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。

    特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。

    また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

    2.大人数や長時間の飲食

    長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。

    大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

    3.マスクなしでの会話

    マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。

    マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。

    車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

     

    4.狭い空間での共同生活

    狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。

    寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

     

    5.居場所の切り替わり

    仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。

    休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

     

     

    【スーパーガンバタイムご紹介】

    たまごケースに入ったピンポン玉をひっくり返す『たこ焼きゲーム』、割り箸で器用にピンポン玉をひっくり返します。割り箸の先に輪ゴムを巻いているので、上手く輪ゴムの摩擦を利用できるかがポイントです。

     

    『輪ゴムリレー』では輪ゴムを割り箸に引っ掛けて隣へ隣へ渡していきます。これは割り箸を使って輪ゴムをすくい取る技術はもちろん、隣の人が取りやすいように輪ゴムを持っていくのも大事なゲームです。

     

    細断された牛乳パックを上へ上へ積んでいくのが『牛乳パックジェンガ』です。牛乳パックは四角の形をしていますので、下に積んだ牛乳パックと角をずらすのが高く積むポイントでしょうか。皆様苦戦しつつも高く高く積み上げることができました!

     

     

    ケアプラス道後持田では、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス今治新聞 2021年1月号が更新されました!

    皆様こんにちは!

    先日、毎年の恒例行事である京都の清水寺で発表される「今年の漢字」が発表されました。

    「今年の漢字」は「密」。コロナウイルスの蔓延、東京オリンピックの中止などその意味の通り内容の濃い一年だったと思います。

    生活様式もこれまでと一変。昨年の今頃、こんな状況になるなんで全く予想もつきませんでしたね。

    不安なく過ごせる日々が戻ってくることを祈りながら、日々安全に過ごしていただけるよう職員一同業務に臨んで参ります。

     

    それではケアプラス今治令和3年1月号のご紹介。

    今回掲載しております写真は12月26日に開催させていただいた

    【年末SP「超」BINGO大会】の模様となります。

    年末SP(スペシャル)という事で月末恒例のBINGO大会が更にパワーアップ!

    ご利用者様の大好きなガンバ通貨の増額に加えて今回は景品もご用意!

    さらにさらに今年は2Days(2日間連続)での開催となりましたよ!

    盛り上がっているのは利用者様だけではございません。職員もイベントに合わせて気合いの入った仮装での参加となりました。来年の干支を模した仮装をする職員、めでたい鯛を頭にかぶった職員、動物や恐竜を被った職員、はたまた「あの有名な方?」まで登場し、

    センター内は笑いに包まれました。

     

    さて、最後になりますがご利用者様やそのご家族様をはじめケアマネジャー様、施設の職員様など今年一年お世話になった皆様に職員一同改めて心より感謝申し上げます。

    来年はケアプラス今治設立2年を迎えます。

    これまでと変わらず、利用者様の為に何が出来るかを追求し、利用者様の満足に応えれるよう業務に臨みます・。

     

    それでは、皆様よいお年を!

     

  • 新年明けましておめでとうございます。今年もケアプラスを宜しくお願い致します。昨年もケアプラスではコロナ禍の中800名以上の利用者様に県下7事業所にてご利用頂きました。姿勢に特化した測定システムやマッスルスーツ等も導入し、ご利用者様に少しでも日々の成果を感じて頂けるよう見える化する形で提供して参りました。

    またご自宅でも行える運動として印刷物の配布や、身近なものを使ったご自宅リハビリパックなどアイデアリハビリなども提供しております。

    今年もご利用者様が安全に運動できる場を提供し、在宅生活がより良いものになるよう生活動作に繋がるリハビリはもとより、更に楽しんで頂けるリハビリを提供して参ります。昨年に続き、利用者様の様子についてはリハビリNEWSや弊社ホームページのブログ等でも発信していきますので是非チェックして頂ければ幸いです。まだまだ終息止まぬコロナ禍ではありますが、手指消毒・換気・マスク着用など安全には配慮しながら楽しんで頂けるリハビリを今年も提供して参ります。

     

    ケアプラスでは2021年も弊社をご利用頂いている利用者様、並びに体験頂く利用者様の在宅生活をより良いものにできるよう『できるリハビリ』をコンセプトに利用者様のニーズと課題に対する提案・サービスを提供し続けるデイサービスであるよう今年も継続して参ります。要支援者・要介護者に関わらず毎月見える化した評価を行い、利用者様の変化をいつでもお伝えする体制を設け、少しでもできることを増やし、利用者様にとって選ばれるリハビリを提供して参ります。

    また利用者様にとって生活の一部となるデイサービスであり続けられるよう楽しいリハビリを提供できるよう今年もさらなる秘策にて楽しく、そして『できるリハビリ』を提供できるようリハビリ職員一同、尽力して参ります。

  • ケアプラス垣生新聞 2021年1月号が更新されました。

     

     

    皆様、こんにちは。

    謹んで新春をお祝い申し上げます。旧年中はケアプラス垣生をご愛顧頂き

    誠にありがとうございました。

    本年は昨年以上に皆様のお役に立てるよう、スタッフ一同、最大限の努力をする所存ですので、変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

     

    さて、ここからはケアプラス垣生新聞 1月号の紹介をします。

    12月は「ユニセフ創立記念日ビンゴ」や「冬至の日ビンゴ」、「くじ引きビンゴ大会」など計5回ビンゴ大会が開催されました。毎回盛り上がり利用者様も楽しまれています!

    くじ引きビンゴでは上がった方から、くじを引いて出た数字のガンバがもらえるという

    皆様の運が試されるビンゴでした!早く上がった方でも500ガンバ、ビリに近い方でも8000ガンバなど結果は様々でしたが、いつもとは違うビンゴだったのでとても盛り上がりました!!

     

    12月21日のお風呂の日は冬至ということで柚子風呂でした。この時期に旬を迎える柚子は

    香りが強く邪気を払うと考えられているそうです。

    利用者様も柚子風呂でしっかり温まって頂いたのでこれで風邪を引かずに寒い冬を乗り切ることができますね!

     

     

    1月も垣生では利用者様に楽しんで頂けるように感染対策を

    徹底した上での何か楽しいイベントがあるかも...!?

    乞うご期待です。

    また、ビンゴ大会もたくさん用意しております!!

     

    随時、追加利用・振替利用も受け付けております。

     

    これからますます寒くなりますが、皆様コロナやインフルエンザに負けず

    この冬を一緒に乗り切りましょう!!!手洗い・うがい、感染対策も忘れず!!

    そして、ケアプラスの心頭体のリハビリで寒さに負けない体力を付けていきましょう!!

     

     

    ~今日よりプラスの明日へ~