実績報告

実践報告一覧

  • みなさん!こんにちは!ケアプラス今治作業療法士の大森です!

    7月は大雨による水害や都心でのコロナウイルス第2波などの話で世間は『また自粛か~』と落ち込む人・もどかしい思いになる人も少なくないでしょう。

     

     

    しかし、ケアプラス今治は相変わらずコロナ対策を行いながら、明るく元気にスタッフが利用者様をお迎えしています!!

     

    『ここ(ケアプラス)に来たら元気もらうわ!』『ここで頑張る癖をつけんと!!』など、決して利用者様を陰気にさせません!!!

     

     

    リハビリでマンツーマンの関わりの時に『最近歩くとふらふらするんよ』とポロっと出ると、様々な点から原因を追究します。不自然さを出さず、会話から要因を絞り

    体を評価する。そこで手間のかからない運動を提示したり、必要とあらばご自宅リハビリパックの提案など、多様的なアプローチをしています。

     

    最近は特にコロナ自粛で輪をかけて利用者様の外出頻度・活動量が減少しています。それによる弊害で体の不調が出る。悪循環です!

     

     

    私は日ごろから、つい漏らしてしまった本音をとことん付き合い解決出来るよう関わっています。

    今回は、歩行がふらふらする方にご自宅リハビリパックの提案をし、自宅で取り組んで頂く約束をしました。

     

     

    非常に喜ばれ、毎回来所時に『台所で料理の合間とか台所に行ったついでにやってるよ!』と嬉しい報告をしてくださります。

    もちろん、やりっぱなしではなく、経過を追って変化を伝えていきますよ!!

     

     

    他にも外反母趾で悩んでるとポロっと。

    その方にもご自宅リハビリパック!!※押し売りではありませんよ。

     

     

    このように様々なアドバイスや手段で体の改善やメンテナンスのお手伝いをさせていただいています。

     

     

    日ごろから人生の先輩(利用者様)からいろんなお話を聞かせていただいて、自身の人間力の向上をさせていただいています。

    そのため、私は健康のお手伝いという面から恩返しをしているつもりです!

     

     

    まだまだ、強敵コロナは全滅していませんが、持久戦なら負けません(笑)

    みんなまとめて健康にしていきます!!!

     

    ではまた次回をお楽しみに~!!

  • 皆さま、こんにちは。

    少しずつ落ち着いてきた新型コロナも、第2波とも取れる状況が全国的なニュースとなっています。

    感染しないよう引き続き、手洗い、消毒等の対策は徹底しましょう。

     

    7月も後半に入りましたが、未だ梅雨明けのニュースは聞くことができず。

    気温だけが夏を感じさせています。

     

    さて、今回の看護ブログはこの時期に耳にすることが多い食中毒についてです。

    梅雨時から夏にかけて心配なものに「食中毒」があります。

    夏の食中毒は菌が体内に入り、その菌が体内で毒素を作り出すことで発生するものが多いです。

    主な原因菌としてサルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌などが挙げられます。

     

    サルモネラ菌は鶏肉や鶏卵に付着していることが多い細菌です。

    少量のサルモネラ菌を摂取しても食中毒になることはなく、卵1個や少量の鶏肉で発症することはまれです。

    理論上は1gほど鶏のフンを食べなければ発症しません。

    しかし、高温・高湿度では、爆発的に増殖するため、サルモネラ菌のついた食品を、夏の室温で放置しておくと危険です。

    6時間程度で発症レベルにまで増殖するといわれています。

    ちなみにサルモネラ菌は、低温に強く、冷凍保存しても死滅はしません。

     

    カンピロバクターは動物のフンにいる菌です。比較的少ない菌量(100個程度)で発症するといわれています。

    こちらも低温に強く、4℃でも長期間生存します。冷蔵庫の温度では死滅しません。

    近年、細菌性食中毒の中では発生件数が最も多く、年間300件、患者数にして2,000人程度おられるようです。

    またお肉だけではなく、魚介類を生で食べた場合にも発症する可能性があります。

     

    病原性大腸菌は、様々な種類があるのですが、最も注意しなければならないのが、腸管出血性大腸菌です。

    代表的なものにO-157があり、ニュースなどで見聞きしたことがあるかと思います。

    こちらも少量の菌(100個程度)で発症します。

    ベロ毒素という強い毒素を出し、溶血性尿毒症症候群というものを引き起こす場合があります。

    毒素によって赤血球が破壊され溶血がおき、腎不全を引き起こし、尿毒症を発症します。

    最近では、冷蔵・冷凍技術が上がり、夏の食中毒は少なくなってきています。

    とはいえ、油断は禁物です。どの菌が引き起こす食中毒も、生食や加熱不足による感染が多くなっています。

    夏場はしっかりと食品に火を通して食べるようにしましょう。

     

    食中毒に陥ると体力の低下も懸念されます。

    暑い夏を乗り切るには何より体力が必要ですので、安全に食し体力作りに努めましょう。

    また、ケアプラスで『心・頭・体』のリハビリにしっかり取り組みましょう。

  • みなさん、こんにちは。

    今年度の6月に、三津から異動になりました作業療法士の福住です。

     

    梅雨も明け、初夏の陽気に包まれる今日この頃いかかお過ごしでしょうか。

    今年は夏の暑さに加えて「コロナ」という新しい脅威にさらされている中、なかなか外へ出るということが難しい日々が続きますね。

     

    そんな中!今回ブログにてご紹介するのは、数えて早くも9回目となりました「FC垣生」です!FCとはフィットネスクラブの略で

    健康増進を目的に体操やトレーニングをするという意味です。

     

    今回のテーマは「お家でもできる肩の運動」についてです。

    まず初めに肩とはどんな構造なのか、肩の痛みにはどんな種類があるのかを簡単に説明させて頂きました。

    特に高齢の方では、多くの方が肩に何らかの障害を抱えていることが多く、その中でも腱板損傷や変形性の肩関節症が多いことをお話させて頂きました。

    皆様自身の肩がどんな痛みなのか興味をもって聞いて頂けました。

     

    続いて、お家で出来るエクササイズの時間です。

    肩を竦ませるようにしてから、ストンと力を抜く運動や、指先を組んで肘を伸ばすようにしてバンザイをする運動、肩に手を当てて、肘を大きく回すことで

    肩甲骨の可動性を拡大する運動などを行って頂きました。

    エクササイズ開始前は左右で肩の上がり方が異なっている方も、エクササイズ後は左右差が軽減したり、軽くなったと喜ばれる声も聴かれました。

     

     

     

    その後に、一度水分補給などの休憩を挟み、ボールリレーと、タオル投げリレーを行いました。この目的としては、皆様に楽しんで頂くことは勿論、

    エクササイズ後の自分の肩の動きがどうなっているか実感して頂くことにあります。

    ボールリレーでは自身の隣の人へ、なるべく肩は90°、肘は伸展した状態で回して行くように伝えました。エクササイズ前は上がっていなかった人も

    ゲームに集中することで無意識に行えている様子が見られました。

     

     

    タオル投げリレーでは、前の人へ一つ結びしたタオルを投げて、キャッチしたら投げてを繰りかえす動きをリレー形式で行いました。

    一度目はどの程度の距離感で投げたら良いか、力加減はどの程度かと戸惑う方もいらっしゃいましたが、繰り返すことで、自然と肩の動きが大きくなっている様子が見られました。

    また、キャッチする側も、自然とタオルを迎えに行くように手を伸ばす動きが徐々に見られていました。

     

     

    このように、FC垣生では皆様に楽しんでもらいながらリハビリの観点からもアプローチを行っています。イベント後も「肩が軽い」「この体操なら家でもできる」と

    前向きなお話も頂けました。参加して頂いた皆様の笑顔と、また楽しみにしているとのお言葉で我々スタッフも喜びで一杯です。今後もこのように楽しみながら

    リハビリにもなる。そんなイベントを提供出来たらと思います。

    少しでも興味を持たれたならいつでも体験、見学お待ちしております!

     

    今日よりプラスの明日へ

     

    以上、作業療法士の福住恭平でした。

  • ケアプラス大洲 介護員だより~七夕イベントを行って~ 大洲だより 介護員だより 2020年07月23日

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲 介護職員の松浦です。

    梅雨が明けたのかと思うくらい暑い日が続きますが、皆さま体調は大丈夫でしょうか?年々暑さが増しているので、熱中症にならないように水分補給や、部屋を涼しくしたり、対策をしながら過ごして行きましょう。

     

    今回は、7月ならではの「七夕イベント」について紹介したいと思います。

    七夕といえば、短冊!まず、利用者様に短冊を書いて頂きました。今年の目標だったり、お願い事を書いてもらい、笹に飾りました。「なんて書こうかしら。」「ひ孫の顔がみたいなぁ」「何書いてもいいのか?」などいろんな声が聞こえてきました。中には職員のことを書いておられる利用者様もおられました。書き終わった後、利用者様同士で「何書いたの?」「私は○○って書いたよ」と楽しそうにお話されていました。

    午後からは、ビンゴ大会を行いました。ビンゴ大会は結構人気で、皆さん張り切ってされています。始まる前からソワソワしていて、一番最初が肝心と言われていました。一人ずつ回してもらって、数字を発表すると、あった!!と言われたり、こっちはないよ。と言われる方もおられました。一番最初にビンゴされた方は記念に職員とツーショット!!

    でも皆さん楽しくビンゴをされていて、いつもに増して笑顔だったと思います。

    また来月も色んなイベントを考えていますので、是非ご参加ください。

     

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『新鮮な気持ちで』 道後持田だより 相談員だより 2020年07月22日

    皆様、こんにちは。今回初めてブログを書かせていただきます、ケアプラス道後持田の北川です。よろしくお願いします。

     

    7月も後半に入り、セミの鳴き声が夏本番を感じさせる時期になりましたね。

    やっと長い梅雨が明けそうで気持ちは晴れ晴れしています。

    しかし、大雨によって甚大な被害を受けている地域もあります。

    今年は心痛むニュースが多い梅雨時期でしたが、1日でも早い復興を願うばかりです。

     

    そんな中ですが、先日、あるご利用者様とお話している際に、

    「雨がひどかったけん休もうと思ったけど、みんなとお話したいけん来たんよ」と笑顔で言って下さり、

    私の心の天気は雲ひとつない快晴になりました。このように言っていただけるのであれば、

    雨も悪い事ばかりではないのかなとしみじみと感じました。

     

    さて、道後持田では8月に向けて夏の風情あふれるカレンダーを制作中です。

    海の中で涼しげに泳ぐ魚とカニ。カニといえば赤色やオレンジ色を想像していたのですが、

    「折り紙だからこそ現実には無い色で作ってみたい」と言われ、青色やすみれ色のカニもちらほら。

    皆様の素敵な発想のお陰でとても幻想的な海になりそうですね。できあがりが楽しみです。

     

     

    また、日曜レクでも涼しげな色合いの飾りを作っていただきました。

    「見てるだけでも涼しくなった気がする」と暑い中でも笑顔が。

     

     

    これを飾って夏本番の暑さを少しでも和らげる事ができればと思います。

     

    そして個人的なお話にはなりますが、今私は少しずつ相談員のお仕事を学ばせてもらっています。

    そんな私を見て、ご利用者様が「頑張ってね」とエールをくださいました。やはりこういった声は力になるものですね。

    まだまだ駆け出し中の身ではありますが、

    ご利用者様やご家族様に「この人に相談したら安心できる」と思っていただけるような相談員になれるよう日々精進していきたいと思います。

     

     

    また、最近ご利用者様から、ご家族様に関するお話を聞くことが増えたように感じます。

    今まで知らなかった一面を新たに知ることで、その方の人となりや、意外性を発見できて毎日が新鮮だと感じています。

    この新鮮だと感じる感性を今後も忘れることなく過ごしていきたいです。

     

     

    暑い日々が続きますがこれからは更に夏が深まり、本格的な暑さが襲ってきます。

    熱中症にならないようにこまめな水分補給、充分な睡眠を心がけて、夏に打ち勝ちましょう!

  • ケアプラス宇和島 看護師便り~夏血栓~ 宇和島だより 看護師だより 2020年07月21日

    皆様こんにちは^^  ケアプラス宇和島 看護師の田村です。

    涼しい朝を迎える時もありますが日中は蒸し暑いですね。感染予防の為、欠かさずマスクを着用しているのでマスクの中は蒸し風呂状態・・・マスクを着けていることで、ついつい水分補給を忘れがちにも・・・^^;

    皆さんは、水分をしっかり摂っていますか?汗をかくことで体の水分が奪われ、血液の濃度が高くなって血の固まり「血栓」が出来ます。夏は知らぬまに血管が詰まりやすくなるとの事で、気温32℃を超えるとできやすく、猛暑日が増えるこれからが特に危険みたいですよ。

    そしてこれが「夏血栓」。耳にしたことないでしょうか?原因は日頃の何気ない行動による大きな落とし穴があるので、一緒に振り返ってみましょう(^o^)

    ・マスクを付けていると喉の渇きが感じにくいですか?

    ・お酒を飲みますか?

    ・椅子に座っている時間が長いですか?

    どうでしょう。当てはまる事はありましたか?

     

    血栓症の予防として大きく二つに分けてみました。

    1 定期的な運動(下肢を積極的に動かし、血液を滞らせない)

    座って出来る簡単な足の運動です。

    足先を上下に5~10回動かします。

    足首を回します。

    ふくらはぎを下から上に向かってマッサージしてみて下さい。

     

    下半身の血流はふくらはぎやふとももの大きな筋肉が収縮する事によりポンプの様な役割をし、下肢の血流を心臓までポンプの様に運んでくれます。そういえばふくらはぎは「第2の心臓」とも言われますね。

     

    2 次に食生活に気を付け、水分をこまめに摂る。

    味噌汁は味噌の塩分も入っているため脱水予防に最適なメニューです。食事に味噌汁一品追加するだけでも脱水症予防につながるでしょう。また、水はキンキンに冷えたものは体には吸収されずに尿として体外に排出されるため、人肌程度のぬるめの物をこまめに摂る事が良いでしょうね。

     

    今日は利用者様と足の体操をして頂きましたが、今度は皆さまも一緒に参加してくださいね。お待ちしています<(_ _)>

  • 皆さん、こんにちは。

    ケアプラス三津、柔道整復師、橋本です。

     

    コロナウイルスが流行し、以前とは違う生活にはなってきていますが

    皆様はどのように過ごされていますか?

    愛媛県ではだいぶ落ち着いてきましたが、しっかりと予防していきましょう。

     

    今回は、前回行ったリハビリイベントの紹介をしていきます。

     

     

    今回は記憶力向上に向けたリハビリイベントを行いました。

    記憶力とは、物事を忘れずに覚えておくことを「記憶」と言いますが

    記憶力は、「覚えておくための力」のことを指します。

     

     

    今回はトランプを使って利用者様達とゲームを行いました。

    ルールは、同じ図柄や絵をそろえて、ペアの数が多い方が勝ちというやり方で行いました。

     

     

    皆様、真剣に思い出しながら行ってました。

    利用者様からも、「簡単そうだけど難しい」「覚えてたはずなのに。」

    といった声が上がって盛り上がりました。

     

    記憶力を付ける事で、認知症や物忘れなど予防することができます。

    年齢を重ねることにより、記憶力の維持低下や理解力、判断力の低下もみられるため、頭の体操をすることが大切です。

     

    最後になりますが、ケアプラスでは月に1度リハビリイベントやその他にも、沢山の楽しいイベントを計画しています。

    ご興味のある方は是非一度、ご参加ください。

     

  • 皆様、こんにちは。

    7月に入り暑い日が続いておりましたが一変、毎日雷雨や新型コロナウイルス等の心配なニュースばかりですが、ケアプラス宇和島のご利用者様、しっかりと感染対策に取り組みながら毎日元気にご利用いただいております。

    本日は心頭体の三本柱の「頭」の取り組みとして、実施している学習療法についてお伝えしたいと思います。

    学習療法とは、前頭前野の活性化を促し、認知症の改善を目指すための療法です。先月より学習療法を開始されたS様。週4~5回のご利用でご利用時には毎回学習療法に取り組まれています。

    計算、読み書きを実施します。

    最後は数字盤です。30、50、100とその方のレベルに合わせて実施します。声に出しながら並べていきます。

    音読や数唱、「こんなの簡単過ぎよ」「小学生の問題よ」と言われるご利用者様もおられますが、簡単な計算こそが脳を活性化させます。

    初めは慣れない活動に、戸惑っておられましたが、今ではスムーズに実施することが出来ています。ケアプラス宇和島で「頭すっきり」してみませんか?

     

    まだまだこれからが夏本番ですが、今年の夏は新型コロナウイルス感染症の対策と同時に熱中症にも気を付けていきましょう。

    心うきうき、体しっかり、頭すっきり。ケアプラスでお待ちしております。

  • ケアプラス今治 介護員だより~夏本番をたのしみに~ 今治だより 介護員だより 2020年07月19日

    皆様、こんにちは。ケアプラス今治の介護員です。

    例年よりも梅雨明けが遅く、長雨が続いており、ジメジメと湿度も高く、体調を崩しやすくなりがちですが、いかがおすごしでしょうか?

    ケアプラス今治では、梅雨明け後の夏本番が待ち遠しくなる様な可愛らしく楽しい雰囲気の壁面づくりを行っています。

    発泡スチロールで型をとった海の生き物達をカラフルな色で貼り絵を行って頂きました。「私、タコやけど、あんたは何作りよるん?」とお互いの作品の出来上がりを楽しみながら取り組まれていました。完成した作品を展示すると、「ちょっと近くで見てみたい。」と興味津々。真近で眺められ、「うわ~。可愛らしい!」「あれ(岩)新聞でできとん?アイディアやね~。」「魚が跳ねよる。」「あれ、私が作ったんよ!」等たくさんの方からの大絶賛の嵐!!ますます、夏が楽しみになりますね。

     

    そして、夏を楽しむ作品が他にも・・・

    これは、男性ご利用者様の作品です。

    ケアプラス今治一、手先の器用な方といっても過言ではございません。ご覧の通り、作品の完成度は高く、利用者様もスタッフもみんな毎回、作品に目を奪われてしまいます。素晴らしい作品に感動した女性のご利用者様から、作品の折り方を教えてほしいと助言を求められる事も度々。その度、優しく丁寧に教えてくださいます。その姿は、折り紙教室の先生の様です。

     

    夏を代表する花の一つと言っても過言ではない花… そう!朝顔です。

    去年、ケアプラス今治で咲いた朝顔から種をとって育てています。芽が出て少しずつツルが伸びてきたので、男性のご利用者様と一緒に支柱を作成していただきました。朝顔のツルは巻き付くものがなければ枯れてしまうそうなので、皆様が作ってくださった支柱があれば安心ですね。まだまだ、ツルは短くこれからですが、皆様と一緒に水やり等のお世話をしながら、可愛らしい花がたくさん咲くのが楽しみですね‼

     

    では、次のイベントのお話をしていきたいと思います。

    皆さん、7月7日といえば、何を思い浮かべますか?年に一度の七夕の日。七夕イベントを行いました!4人一組のテーブルに魚の名前を漢字1字で書いたカードを並べ、読み上げたカードを取るという、いわゆるカルタ取りです。これがなかなか難しさ!

    いつもは1テーブルで協力をしながらのゲームが多いですが、今回は、4人がライバルです。先にカードを見つけた人がとっていくルールになってます。私たちスタッフも一緒になって探したりしましたが、すぐには見つけれません。魚の漢字って難しい・・・

    ふと気づくと利用者様同士で、カードの譲り合いをしていました。「あんたが取りよ。」「そこにあるぞ。」「そこ、そこ。取れるでー。」最終的には、最高取得者は14枚。ケアプラス今治の漢字博士!!かっこよかったです。

    この後、少し室内の電気を暗くして、テレビモニターに注目していただきました。スタッフ顔写真によるパネルクイズ。初めて行う方にもわかりやすく、眉毛・鼻・耳・目元と、少しずつ顔写真をゆっくりとパネルを開いていきます。顔の一部分ではなかなかわからないだろうと思っていましたが、普段の姿をいつのまにかしっかりと見られていた様です。正解時間の速さといったら‼参りました。

     

    8月には、「ケアプラス うきうき夏祭り」が開催されます。今治の予定は8月26日です。さて、どんなゲームをするんでしょうか?ワクワクドキドキの夏祭り、お楽しみに!!

  • 7月に入りジメジメした日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    こんにちは、ケアプラス北宇和島、柔道整復師の實成です。

     

    今回は車椅子で生活をされているT様をご紹介いたします。

    T様は今年5月よりご利用いただいています。リハビリにも意欲的に取り組まれており、ご自身でできることを増やしたいとリハビリを頑張られています。

     

     

     

     

    ご自宅での車椅子の移動がスムーズになるよう、施設内でも車椅子をご自分で駆動してもらっています。

    車椅子からベッド、ベッドから車椅子への乗り移りも少しの介助で行っています。

     

     

     

     

     

    座った状態で腕の力を使って体を浮かす訓練も行い、それに伴う腕の筋肉トレーニングとしてゴムチューブやおもりを使っての訓練も行っています。

     

    ご本人様の頑張りもあって、現在では利用当初に比べかなり動きがスムーズになっています。

     

     

     

     

    車椅子に座って手を使う訓練も行っています。利用時には自助具を使用して左手のみでしか食べられなかった食事も、現在では右手でも食べられるようになりました。

     

    これからも頑張るT様をサポートさせていただきます。

     

    暑くなり汗もかく時期です。水分補給をしっかりと熱中症には十分お気を付け下さい。

     

    ケアプラスでは随時、体験利用や見学を受け付けております。

    気になることがあればお気軽にご連絡ください。