実績報告

実践報告一覧

  • ケアプラス道後持田新聞 2021年5月号が更新されました!

     

     

    先日より愛媛県にて新型コロナの感染が広がっていることがニュースでも盛んに報道されておりますが、ついに令和3年4月25日から令和3年5月11日にかけて松山市が『まん延防止等重点措置』の対象となりました。

     

    『まん延防止等重点措置』では主に以下の様な措置がとられることになります。

    ・飲食店に対して、酒類及びカラオケ設備提供の終日自粛の要請

    ・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動に対して必要な注意喚起

    ・飲食店等以外の大規模な集客施設に対する営業時間短縮

    ・緊急事態宣言区域との往来については、自粛を徹底

     

    ※『まん延防止等重点措置の強化策について』より一部抜粋

    https://corona.go.jp/emergency/pdf/manbou_kyokasaku_20210423.pdf

     

    皆様も引き続き感染予防対策に取り組まれるなどご注意ください。

     

     

    壁面を大きく飾るカレンダーを皆様ご覧になっていますか?

    いつもご覧になっている方はよく知っておられるかと思いますが、お風呂やトイレへの道中の壁に掲げられています。

    ちなみに今月のカレンダーは鯉のぼりですね。話によれば初期の鯉のぼりは真鯉(黒い鯉)の一色のみだったようですが、明治時代後半から大正時代にかけて真鯉(黒い鯉)と緋鯉(赤い鯉)の二匹になり、昭和に入ってからは青鯉も加えられるなど時代によって変わってきたとのこと。お風呂やトイレご利用の際に見かけられましたら是非ともご覧ください。

     

     

    今年の花見は、例年と異なり楽しみことができなかったのではないでしょうか。季節を感じる春の置物でお楽しみください。

     

    季節が夏に近づくにつれて空が鮮やかな青に変わっております。青地に映える鯉のぼりと共にお楽しみください!

     

     

    ケアプラス道後持田では、施設見学・体験利用のほか、お休みされた場合の他曜日への振替ご利用も承っておりますので是非ともご一考ください。

    皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

     

  • 皆様こんにちは!

    風薫るすがすがしい季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

    相変わらず全国で猛威を振るっている「新型コロナウイルス」。

    いつまで続くのか、不安の広がりとともに様々な場面で影響が出ております。

    私達ケアプラスは、最大限予防のために出来る事を日々徹底し、ご利用者様に

    安心してお過ごしいただけるよう対応しております。

    事態の収束を願うとともに、これまで同様笑顔いっぱいでご利用いただけるよう

    引き続き全力で臨んで参ります。

     

    さて、ケアプラス今治新聞5月号のご紹介。

    今回は4月23日(金曜日)に開催された初の看護師イベント、

    【コロナに負けるな!免疫力アップクイズ】の様子をご紹介いたします。

    ウイルスに負けない身体を作るために、日々の生活の中でウイルスに対抗するべき知識をクイズ形式でわかりやすく紹介いたしました。

    先ずは、午前中から免疫力チェックリストをお配りし、自分自身の免疫力はどうなのか?体調や生活習慣を見直すことで免疫についてしっかり学んでいただきます。午後からのイベントへ向けて否が応でも盛り上がります。

    問題は厳選した16問。

    10チームに分かれて競い、一問一答で解説も交えて紹介します。

    歓声やため息が出る中、みなさん一生懸命に考えて答えてくださりました。

    結果はなんと、13問正解した5チームの同時優勝となりました~~。

    そして、おやつは免疫力アップには欠かせない、乳酸菌入りのビスケットとカテキンたっぷりの緑茶で体の中から免疫力を高めていただきました。

    「おいしかった。」「勉強になった。」とにこにこ。

    免疫力を上げるための抗酸化力やアレルギー抑制効果のある食材のパンフレットもお渡しし大好評でしたよ。

    おかげさまで、4月をもちましてケアプラス今治は3周年を迎えました。

    今後も利用者様、利用者様を取り巻く方々、そして職員全てが幸せな日々を

    送れるよう、精いっぱい頑張って参ります。

    次回は5月20日(水)に介護イベント【ケアプラス今治3周年記念トレジャーダービー】を開催します。

    以前行わせていただいた、施設内での宝さがしイベントになります。

    さらにパワーアップした宝探しゲームをお楽しみに!

     

    それでは皆様、引き続き体調管理には十分注意して5月も元気に

    楽しい時間を過ごしていきましょう。

  • 皆様、こんにちは。

    今年もはや4月を迎えました。

    日中汗ばむこともあり暖かくなってきましたね。各地でコロナ感染の話も上がっており第四波とも思われる状況にあります。

    引き続き、感染予防を徹底し元気に過ごせるよう努めましょう。

     

    さて、今回の看護ブログは服薬に関してのお話です。

    そもそも服薬とは薬を飲むことを言います。なぜ服を使うのか?

    これには「服」という漢字の語源に理由があるそうです。

    薬草などを「衣服」のように体にまとい病気の原因となる邪気を防ぐことを「外服」

    体の中に入れて体内で邪気を防ぐことを「内服」と言い表しています。

    この「内服」が、「服」が使われている薬についての語源であると言われています。

     

     

    服薬をすることで現在の健康状態の維持、もしくは改善につながりますので習慣付けることが必要ですね。

    薬の飲み忘れは、高齢であることや認知症の有無に限らず何気ない習慣で起こることもあります。

    毎日のむ薬がなぜか残る、たまにのむ薬はつい飲み忘れる、

    体調が良くなって飲まなくなった薬がそのまま等…心当たりのある方はいませんか?

     

     

    デイサービスでは昼食の前後、○時指定等の薬に対し、看護師が責任をもって服薬管理し飲み忘れのないようにしています。

     

     

    デイサービスご利用時は管理することができますが、

    一番重要なのはご自宅での生活における服薬管理です。

    飲み忘れのないための工夫をするようにしましょう。

    そのために、まずは薬を正しく保管しましょう。

    薬袋のまま中身の薬が見えない状態での保管、保管場所をついつい変えてしまう、いつの薬か分からないなどの経験のある方がより注意が必要です。

    透明な服ををパッと見て、いつの薬か、効能が分かるか、薬の中身がしっかり見えるか等が分かるようにしてください。

     

    また「服薬管理」とは、一般的に医療・介護などの専門職が薬の量や時間、使う期間が処方どおりになされるようサポートし、

    経過を観察することですが、本来は専門職だけでなく自身も意識する必要があるのです。

    そのため次に必要なことは習慣化とツールです。

    飲み忘れの予防法として1日ごとに飲むタイミングで仕切られたケースを使用します。

    1週間分ほどセットして1日一マスずつのむ方法はわかりやすいです。

     

    次に分かりやすい方法がポケット付きカレンダーです。

    最近の薬は一包化されていることが多くなり取り違えることも少ないです。

    一包化した薬をポケット付きのカレンダーにセットし決まった時間に飲むことで、飲み忘れに気づきやすくなります。

    あくまで習慣化の一例ですが、本人が管理するのか、または介護者が管理するのかでどういったツールを使用するかで、

    薬の飲み忘れが起きないように注意しましょう。

  • 皆さんこんにちは。

    ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

     

    日中は暑くなりましたが、朝晩はまだ冷え込みますね。

    寒暖差による風邪やコロナの予防を今まで以上にしっかりしましょう!

     

     

    今回は姿勢評価をもとにリハビリを行った利用者様のご紹介です。

    3月から垣生を利用されているK様。身体を動かすことが好きで、意欲的に運動やレクレーションにも取り組まれています。

    K様は脊柱管狭窄症の為、前傾姿勢になることが多いです。正面から見た姿勢は特にずれはなく問題はありませんが、O脚レベル3でした。

    横から見た姿勢は前傾姿勢で猫背になっている為、重心の位置は前方で骨盤や下半身の位置は後方にあります。

     

     

    そこで姿勢評価をもとに肩や腰はマッサージング・ストレッチを行いました。また大腿四頭筋の外側が硬く、

    内側が弱っていることが考えられたのでストレッチを行い、そして下半身を鍛える為エアロバイクを15分行いました。

    さらにスリング・平行棒内歩行時に体幹筋やバランスを鍛えることで骨盤の歪みや前傾姿勢を改善することにしました。

    K様が自分の歩行が気になるとのことだったので踵からつま先に足底が床にしっかり着くよう鏡で姿勢を確認する意識付けの指導を行いました。

     

    このリハビリを継続し再度姿勢評価を行ったときにK様の姿勢改善に繋がればと思います。

    日々の積み重ねや意識付けを心掛けて行うことが大切だとK様は気づかれたのでさらに意欲向上へと繋がったと思います。

     

    K様だけでなく他の利用者様のリハビリにも取り入れ情報共有し経過を追っていきたいと思います!!

     

    このようにケアプラスでは一人一人にあったストレッチや運動を行っております。

    そして姿勢や生活動作など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!

    読んで頂き、ありがとうございました!

     

  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲での一日~ 大洲だより 介護員だより 2021年04月29日

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の城戸です。

    4月も終わりに差し掛かり、冨士山の山頂付近はツツジが咲き始めた為、綺麗なピンク色に染まっております。今年は残念なことに新型コロナウイルスの影響にて、先週末から冨士山へ車で上がることは禁止となり、せっかく咲いた花も誰にも見られることなく今年は散ってしまう事を考えると、何だか残念でなりません。先日、東京オリンピックの聖火リレーも大洲で行われましたが、実際に観に行かれたというご利用者様からは「もう少し人がおるかなと思ってたけど、そんなに人もいなくて逆にびっくりしたんよ」とお話を聞きました。本来であれば、貴重なイベントのはずなのに制限された中で素直に開催を喜べないと話をされるご利用者様もいらっしゃいます。どうかオリンピックが開催されるまでには現状よりコロナが落ち着いていけばいいなと願うばかりです。

     

    暗い話になってしまいましたが、今月2度目の大洲介護ブログです!まだまだケアプラス大洲の明るい話題と魅力をお伝えしていきたいと思います。

    今回は新年度に突入したということで、改めましてケアプラス大洲での1日のご様子をお伝えしていきたいと思います。

    まず、ご利用者様が揃いましたら朝の挨拶を行います。お一人ずつお名前を呼ばせて頂くのですが、大洲のご利用者様は元気なお返事をして下さる方がたくさんいらっしゃる為、私の方が元気を頂くことが多くあります。挨拶が終わりましたら、お席でラジオ体操と脳体操を行います。まだまだ眠たい(それは私だけ?)体と頭をまず動かすことで、ケアプラスで1日元気に過ごして頂きます。

    その後はお風呂に入ったり、リハに呼ばれた方は運動をされます。それまでの間の時間では塗り絵や脳トレの問題に取り組まれる方や、ご利用者様同士でお喋りを楽しまれるなどして過ごされます。スリングリハをされる方や、どこまでも行くぞと気合を入れてエアロバイクを漕がれる方がいらっしゃいます。

    また、束の間のリラックスタイムで仲良しの方同士、マッサージチェアにてお喋りをしながら気持ちよさそうに過ごされる方もいらっしゃいます。カメラを向けると素敵な笑顔を見せて下さりました。

    昼食を挟み、午後からはフロアでレクリエーションを行います。脳トレ問題には皆様熱心に参加して下さります。

    頭を働かせた後は体を動かします。リハスタッフによるマルチタスクの体操です。この時は、小さく膨らませた風船をできるだけたくさん握っています。力を入れ過ぎて風船を割ってしまうご利用者様もいらっしゃいますが、そのようなハプニングも全員で笑って楽しく取り組んでいます。

    最後にスーパーガンバタイムを行います。今回はうちわの柄に切った牛乳パックを引っ掛けて隣の人に渡してリレーを行い、曲を流す間に幾つ運べるかを競います。皆様勝負ごとになるととても真剣な表情になり、「はよはよ」と頑張られます。

    一日笑顔で楽しく過ごして頂き、ご利用者様から「今日も楽しかった」と言って頂けるのが私たちスタッフの励みにもなります。

     

    なかなか大きなイベントが出来ない状況が続いており、ご迷惑をおかけしてしまうことも多々ありますが、皆様に楽しんで過ごして頂けるよう今年度も職員一同励んで参ります。

     

  • みなさま、こんにちは。

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田 相談員の松浦です。

     

    雨が降った翌日は木々の間から見える朝日も眩しく感じ、緑も鮮やかで気持ちよく感じます。

    犬の散歩をしていると近所の畑には麦がたくさん。

     

     

    季節は間違いなく春を終え、夏へ向かう準備をしているようです。

    送迎に伺うとオレンジ色のクンシランの花をよく見かけます。

    ご家族から「見てーきれいに咲いたよ」と、少し見せていただくことがありました。

    コロナ禍でまだまだマスクが外せない毎日ですが、夏に向かう今の季節を是非楽しんでいただきたいと思います。

     

     

    デイサービスをご利用いただく皆様は、いろいろな人とお話をしたい、転ばないように運動をしたいなど、いろいろなご希望があります。

    その中でも「ちょっとの段差でもつまずきそうになる」「玄関上がるときが怖い」などお話を伺う事が多くあります。

     

     

    機能訓練ではご自宅の様子(玄関に段がある・階段がある等)もお伺いし、皆様のご希望に沿った機能訓練を

    させていただいております。

     

     

     

    あまり運動はしたくないな…と最初はお話されていた方も、徐々に体力がついて、ご利用者との会話を

    楽みながら体を動かすことで「あれ?早10分経った?」「前より楽になった」と笑いながらご自分のお席に戻られています。

     

    今、ご利用いただいている方はこれからも、まだデイサービスをご利用になられていらっしゃらない方は、

    是非ご利用いただき楽しく体を動かすことを体験されてみてはいかがでしょうか。

     

    セラピストがしっかり対応させていただきます。

     

    気温も徐々に上がっております。熱中症に注意しましょうとニュースでも注意喚起がありました。

    こまめな水分補給をしてくださいね。

     

    次回の道後持田相談員ブログも宜しくお願いいたします。

     

  • ケアプラス宇和島 看護師だより~毎日を楽しく~ 宇和島だより 看護師だより 2021年04月27日

    皆さまこんにちは。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

     

    あと3日ほどで5月を迎えます。今が一番過ごしやすい気候となりました。5月といえば晴れる日が多く、すがすがしいといった印象があります。「五月」のつく言葉を探してみると沢山ありびっくりしました。端午の節句に絡んだ言葉は、五月人形、五月のぼり、五月鯉。端午の節句に絡んだ言葉の他にも、五月雨(さみだれ)、五月躑躅(さつきつつじ)、五月蠅い(うるさい)。「蠅」は「ハエ」のことと云われているそうです。旧暦5月の梅雨時期に入ると、そろそろハエが出てきます。古代からハエは「うるさい」といわれ、やがて「五月蠅い」という文字をあてるようになったそうです。

    「五月」は、梅雨の頃の印象を含んだ言葉として残っているようなので季節を感じてみてはいかがでしょうか?

     

    現在、新型コロナウイルス感染症の影響により外出を控え自宅で長時間過ごされている方も多いかと思います。

    心と身体の健康を維持するための「あかさたなはまやらわ」あ(歩く)・か(かがむ)・さ(ささえる)・た(立つ)・な(何でも食べる)・は(吐く)・ま(回す)・や(休む)・ら(ラジオ体操)・わ(笑う)」という言葉に沿って、ストレッチ体操や日常動作などを紹介されていたのを目にしました。

    ご利用者様の真剣な顔でのゲームやタオル体操の一部をご紹介いたしましょう。

    棒体操で足首の曲げ伸ばしや肩甲骨を開いたり、閉じたり。ウエストも細くなったかしら?

    ジェンガ、トランプで「ワイワイ」「あっ、あっ」と言いながら楽しい時間を皆さまと過ごして頂きました。

     

    最後に、お帰り際に利用者様へ宛てたお手紙をご紹介いたします。

    とてもすてきな言葉です。「あなたと仲良くしようという希望。これは私の希望です。」これはほんの一部です。帰りの車の所で「今日はとても楽しかった(^_^)」と一言言われて帰られました。

     

    「とっても楽しかった。また来るけんね」この一言はとっても大きく響き、うれしい一言でした。

     

  • 毎日の習慣で皆さん、こんにちは。ケアプラス三津の長谷川です。

    皆さん、こんにちは。ケアプラス三津の長谷川です。

     

    若葉の緑が眩しい季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

    朝晩はまだ冷え込む事がありますので、風邪にはお気を付けください。

     

    ケアプラスではご自宅リハビリパックという形で、ご利用者様にご自宅でもご自身でケアを出来るように提案をさせて頂いております。

     

    本日はこちらのグッズを利用してケアして頂いているご利用者様をご紹介したいと思います。

     

    こちらは、ツボ押しの器具です。

    使い方としては肩や背中の気になる部位に、丸い所をあてて腕を下に引いていきます。

    そんなに力を込めなくても、腕を下すだけで、利用者様でも簡単に肩や背中をケアする事が出来ます。

    こちらの利用者様は、寝る前にこちらのツボ押しをお自身で習慣づけされているそうです。

     

    こちらをお渡しする前は、肩回りの筋肉の緊張が強く出ていましたが、ツボ押しを始めてから筋肉の柔軟性が高くなっています。

    以前は肩まわり中心のリハビリを実施していました。現在、肩まわりの筋肉の緊張の強さは改善されて下肢のリハビリ中心にリハビリを実施しております。

    これからも、ご自身で身体のケアをして頂ければと思います。

     

    ケアプラス三津では、毎月1回機能訓練指導員がリハビリイベントを開催しております。

    今回は、身体に関するクイズ大会を行いました。

     

     

    皆さん、身体の事を学びながら楽しんで頂けました。

    今回は座学でしたが、違う回ではご自宅でも行える簡単なストレッチや筋トレ方法のレクチャーを音楽に合わせて楽しく行う事もあります。

    皆さんに楽しんで安全で快適に過ごして頂けるようケアプラスでは毎月楽しいイベントやレクレーションを開催しています。

     

    見学や体験利用も可能ですので興味のある方は是非ケアプラス三津までお越しください。

    スタッフ一同お待ちしております。

     

  • ケアプラス今治 介護員だより~「4月」はじまりのとき 今治だより 介護員だより 2021年04月25日

    皆様こんにちはケアプラス今治の介護職員大澤です。

    色づいた満開の桜から青々とした葉桜へと変わり、新しい季節を迎えたような気がする昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は身体を動かす機会が増え、日焼けや脱水が気になる日々を過ごしております。

     

    さて皆様、ここで突然ですが「4月19日」は何の日だったかご存知でしたでしょうか?

    正解は、ケアプラス今治の「オープン記念日」でございます。

    たくさんの方々に支えられ、ケアプラス今治は令和3年4月19日に3周年目を迎えました。2年前はまだまだご利用者様の人数も少なかったと思いますが、活気が溢れ笑顔の多き日々を過ごしていたな。と私自身感じております。現在では、このコロナ禍にも関わらずたくさんのご利用者様にご愛好いただき、ありがたい限りでございます。今後もこの幸せな時間が続くよう願って、3周年のご挨拶とさせていただきます。

    その3周年に合わせて施設内もカレンダー制作や記念の飾り付け等で賑わっております。

    こちらは少し時間を遡りまして3月下旬の様子になりますが、4月のカレンダーの制作風景です。4月のカレンダーはクローバー畑を意識した仕上がりとなっております。特に四つ葉のクローバーの小葉が指す「希望・誠実・愛情・幸運」がケアプラス今治の3周年と新型コロナウイルス感染症からの少しでも早い復興を願ってコンセプトとさせていただきました。

    上の写真は完成した4月のカレンダーの写真になりますが、たくさんの四つ葉のクローバーが隠れています。ぜひ探してみてくださいね!

     

    施設の飾り付けには「輪つなぎ」を採用させていただきました。たくさんのご利用者様がせっせと輪をつなぎどっさりと輪つなぎが完成しました。

    最後は、4月16日に行わせていただきました。消火訓練の様子になります。こちらもケアプラス今治が始まってはや何回目にもなる消火訓練ですが、今回はケアプラスお得意の「脳トレ」や「ガンバ」を活用した消火訓練にさせていただきました。

    上の写真は職員と外に避難されている写真と職員が実際に水消火器を使用しながら鎮火に取り組んでいる写真になりますが、皆様落ち着いた様子で安全に避難されておりました。普段は使うことのない消火器もいざとなったときは必要ですからね。

    その後は「火事に関するクイズ」です。

    皆様も当たり前のように知っていることを振り返り・復習を兼ねてクイズ形式での勉強会をご利用者様と行って参りました。

    「火事のときに通報する番号は次の内どれでしょうか?」

    「消火器には使用期限は次の内何年でしょうか?」

    「年間で火事は何件程起こっているでしょうか?」

    「火事で亡くなられてしまう高齢者の割合は何割でしょうか?」

    など、改めて火事の恐ろしさを再認識していただけるような問題を全部で10問行いました。「備えあれば憂いなし」皆様も家を見回して火事に対する理解を深めてみてくださいね。

     

    この他にも4月は看護師主体のイベントも行わせていただきました。どんなイベントになったかは看護師ブログを是非御覧ください!

     

    最後までお呼びいただきありがとうございました。

    それでは、次回のブログでお会いしましょう!

     

  • こんにちは!

    ケアプラス北宇和島相談員の酒井里です。

    木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    コロナの第四波の到来でなかなか気を休められませんね。

    ケアプラス北宇和島ではご利用者様のお席にアクリル板を使用させていただいています。

    また、マスクの徹底、換気、密を避ける等、感染予防に努めております。

     

     

     

    感染の不安や、自粛によるお気持ちの疲れなどあるかと存じますが、くれぐれもお体を大切になさってください。

     

     

    さてさて、新しいスタッフのご紹介です。

    看護師の田中園江さんです。

     

     

    優しくてさわやかな笑顔でご利用者様に接してくれています。

    ケアプラス北宇和島のナイチンゲールです(^_-)-☆

     

     

    振替ご利用や追加ご利用等、いつでもご相談下さい。

    また来月お会いしましょう(^^♪