実績報告
  • ケアプラス垣生 リハビリ便り AIチェックリハビリによる変化 垣生だより AIチェックリハビリ 2022年12月12日

    皆さんこんにちは。

    ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

    気付けば日もすっかり短くなり朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

    手洗いうがいをしっかり行い、感染予防対策しましょう!

     

    今回はAIチェックリハビリを用いた方で生活動作に変化が見られた方の紹介をします。

    I様の8月時点での姿勢評価では上半身は左、頭は右に傾き、左肩が上がっていました。

    横側の写真からは骨盤は後傾し腰の位置が後方にあり膝が曲がっている状態です。

    そのため重心は左前方へ移動し、左半身に負担が掛かりやすい姿勢となっています。

    姿勢の乱れにより全身的な筋力の低下や関節の動きにくさを認めました。

     

     

    姿勢評価結果をもとに下記のリハビリを行いました。

    ・肩周囲はマッサージ・ストレッチ。

    ・腹筋・ハムストリングスを中心としたストレッチ・トレーニング。

    ・全身鏡を使用した姿勢修正の助言。

    ・各種筋力トレーニング:下半身を鍛える目的でエアロバイク。全身のバランス向上を図るスリングリハビリ。平行棒内訓練での応用歩行やバランス訓練。振り子運動。

    ・ご自宅での自主訓練

     

    リハビリを3ヶ月間継続する事でスコア14点向上しております。また、体幹やバランス向上により骨盤の歪みや姿勢が改善しました。生活動作に関しては、歩行時の躓きやふらつき軽減、下肢の振り出しがスムーズになりました。

     

     

    今後も、この姿勢評価を用いて、さらに良いリハビリが提供できるよう利用者様と情報共有を行い、経過を追っていきたいと思います。

    このようにケアプラスでは利用者一人一人の生活課題や姿勢など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!