実績報告
  • ケアプラス宇和島 看護師便り~生活習慣~ 宇和島だより 看護師だより 2020年05月26日

    こんにちは。ケアプラス宇和島 看護師田村です。

    全国的に感染者数が減少傾向になり、先月7日から出されていた緊急事態宣言は全面解除の方向に向かいましたね。しかし、私たちの暮らす愛媛県においては松山市の病院で発生したクラスターにより、今なお警戒意識を高く持っての行動が必要だと思います。特に外出時や人と会う用事がある時には十分に予防を図り、まだまだ油断しないように生活を継続していきましょう。

    それでは、今回は感染予防に関連付けて免疫力アップに繋がる食事や生活リズムについてのお話をさせて頂きます。

    免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳を超えると免疫力は落ちていきます。免疫とは、体内で発生したがん細胞や外から侵入した細菌・ウイルス等を常に監視し、侵入があれば撃退し、自己防衛をする身体のしくみです。この免疫力が下がってしまうと、ウイルスによる感染症などに罹りやすくなります(見た目で分かりやすい症状→肌荒れを起こしやすくなる)。また、下痢気味になったり疲れやすくもなります。

    改善の為に、先ずは腸内環境を整えましょう(発酵食品には、乳酸菌をはじめ、腐敗物質の増加を抑制する善玉菌が豊富に含まれています。善玉菌には、外から入ってくる病原体の侵入を防ぐ免疫細胞を活性化させる働きがあります)

    そして体温を上げることで免疫力アップ!免疫力を保てる体温は36.5℃。免疫力は体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするといわれています。体温を上げる事は、とても重要ですね。

     

    さて・・ここからは生活習慣の見直しを一緒にしていきましょう。

    ・適度な運動

    体を温め、免疫力を高めるために欠かせないのが運動です。無理をせず、ご自分のおペースで適度な運動を生活の中に取り入れましょう。当事業所では毎朝ラジオ体操を皆さまと一緒にして頂いています。身体が触れないように座席の間隔を空けて体をねじったり、両手を広げたり「1,2,3」

     

    ・ぐっすり眠る

    心も体も緊張から解放され心底リラックスしているのが睡眠中です。

    ・栄養バランス

     

    ・入浴で体を温める

    38~40℃位のお湯に20~30分ゆっくりつかると良いでしょう。

    ・おもいっきり笑う

    笑う事で血行が良くなり、穏やかになる効果がありますね。

     

    外出先では「『自分が感染しているかもしれない』という前提で、他人に感染させない」ための配慮を欠かさず、コロナウイルスが収束から終息へ向かうように・・もうしばらく一致団結、協力しあって頑張りましょう。

    それでは次回もよろしくお願いいたします<(_ _)>