実績報告
  • ケアプラス大洲新聞 2019年12月号が更新されました! 大洲だより 2019年12月01日

    皆さん、こんにちは。如何お過ごしでしょうか。

    こちら大洲は師走に入り、いよいよ靄のかかった大洲らしい冬を迎えております。今年は暖冬ともいわれていますが、盆地だけに朝晩はかなり冷え込んでいます。風邪の流行もあり、体調を崩される方々もいらっしゃいますが、今年も残りわずかとなりましたので体調管理には気をつけ元気に過ごしていきましょう。

     

     

    それでは、今回も先月のイベント情報についてお伝えします。

    まずは、11月14日に開催されましたボランティア様によるイベントです。

    今回は利用者様のご紹介にて、初披露となったボランティア様ではありましたが、歌や踊りなどを1時間にわたり披露して頂きました。

    利用者様の中には馴染みある曲に涙される場面もみられるなど楽しい時間となり、利用者様の中にはお知り合いの方がいらっしゃるなど久しぶりの再会となりました。

     

    次は11月20日に開催された職員によるイベントです。

    測ってみよう!では、卵と同じ重さになるよう利用者様に卵と同じ重さ分のビーズなどを容器に入れて頂き、卵の重さにどれだけ近づけることができるか挑戦して頂きました。簡単そうで難しく、利用者様からは、「重すぎた!意外と同じようにするのは難しいね」といった言葉も飛び交っていました。

    またケアプラス大洲ではカラオケ好きな利用者様も多く、毎日の恒例として皆様の十八番を聴かせて頂いております。

     

    最後になりましたが、12月のイベント情報になります。

    • 18日(水)カラオケボランティア絆様
    • 19日(木)消防訓練
    • 23日(月)クリスマスイベント

    ●26日(木)ケアプラス大洲忘年会

     

    師走の忙しさにあわせて、様々な企画を用意しておりますので皆さん楽しみにお待ちください!