実績報告
  • ケアプラス垣生 ~相談員便り~ 『リハビリイベント開催』 垣生だより 介護員だより 2023年01月29日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス垣生の堀川です。

    年が明けて早くも1か月ほど経ちましたね。冬らしい寒さが続いておりますが、皆様お変わりないでしょうか。

    今年は、コロナだけでなくインフルエンザの流行も予想されています。

    これまで通り手洗いや手指消毒、マスクの着用などの対策を行い、今年も元気に過ごしていきましょう。

     

    さて今回のブログですが、1/18に行いましたリハビリイベントの紹介をします。

    毎回、様々なテーマを決め行っておりますが、今回は「ロコモティブシンドローム」についてでした。

    「ロコモティブシンドローム」聞き慣れない言葉ですよね。私もなんとなく聞いた事あるかな…という程度だったのですが、

    利用者様も皆「?」という反応をされていました。

    ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、筋力低下や関節等の病気によって立ったり歩いたりといった運動機能が低下した状態の事を言うそうです。

    利用者様の中にも日ごろ、膝の痛みや歩行の不安定さを気にされている方も多く、興味津々に耳を傾けられていました。

     

     

     

    また、こんな状態になると要注意!という7つのチェック項目の紹介もありました。

    因みに、その7つとは

    • 片膝立ちで靴下が履けない
    • 家の中でつまずいたり滑ったりする
    • 階段を上がるのに手すりが必要である
    • 家の、やや重い仕事が困難である
    • 2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
    • 15分くらい続けて歩く事が出来ない
    • 横断歩道を青信号で渡り切れない

    以上の7つになります。このチェック項目を聞いて、皆様、大体幾つかは当てはまる項目があった様で、

    中には「私全部あてはまっとる!」と言われる方もいらっしゃいました。

     

    続いてロコモティブシンドロームを防止するエクササイズの紹介がありました。

    何れの体操も簡単に行えたり座ったままで出来るものばかりで、職員が実践しながら利用者様も一緒に身体を動かされていました。

     

     

    最後にロコモティブシンドロームに関する〇✕クイズを出題しました。今回のイベントをしっかり聞いておけば答えられるものばかりでしたが、中々の難問だったようで、皆様口々に「なんやったっけ?」と言われながら考えられていました。正解した方にはガンバをプレゼントさせていただきました。

     

     

    ケアプラス垣生では今後も様々なイベントを予定しております。参加してみたいという方はお気軽に職員までお申し付けください。振替や追加利用も承っております。

    まだまだ寒さ厳しい日が続きますが、皆さん体調には十分お気をつけてお過ごしくださいね。それではまた次回のブログでお会いしましょう。