実績報告
  • ケアプラス宇和島 リハビリ便り 貯金ならぬ貯筋で「体しっかり」 宇和島だより 2016年12月10日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス宇和島、理学療法士の宮本です。

     

    最近はめっきり寒くなり、風邪の流行も徐々に兆しをみせつつあります。風邪対策の為、免疫を下げないためにも適度な運動もまた大事ですね。

    私もここ数年、各地のマラソン大会に参加し、運動すること、走ることの楽しさを改めて感じております。そんなマラソンの練習中や大会に出場して『中殿筋』が、歩くのに非常に大切な筋肉である事を改めて感じた時がありました。

    そこで今回のブログでは『中殿筋』の話をさせて頂きます。

     

    『中殿筋』はどこにあるかご存知ですか?お尻の筋肉の1つなのですがお尻には主に3つの筋肉、小殿筋・中殿筋・大殿筋があります。この中で中殿筋は骨盤の側面に位置しています。

    『中殿筋』の主な役割は太ももを外側へ振る動作で、他にも太ももを回したり前後へ蹴り出したりといった動作でも働きます。骨盤を安定的に支える役目や、歩行の際に地についていない足側の骨盤が落ちないように支える役割を持っています。これとは逆に地面についている足で、片足にかかった体重を支えて骨盤を安定させる働きをしています。その他にも細い場所を通る際に太ももを外側へ出し横歩きするのに役立っています。

    『中殿筋』が弱くなってしまったり固くなってしまうと、直立時や歩行時の安定性が低下するため、無駄な体の体重移動により疲れやすくなったり転倒の危険性があります。

    『中殿筋』のストレッチ:仰向けで寝転がり中殿筋のストレッチをしたい方の足の膝を曲げてもう一方の側へゆっくりと倒します。この時、体は上を向いたままにしておいて下さい。

     『中殿筋』の筋トレ:横向きに寝て頭~体幹直線上になるように頭には枕で少し高さを作り、下側の足は膝を曲げ姿勢を安定させ、上側の足を真っ直ぐ伸ばしたまま上げ、ゆっくりと下ろします。この時、体~足は直線上の位置関係を保つようにします。

    骨盤と股関節の安定性を高め安定歩行の獲得を目的とした『中殿筋』の話は、いかがだったでしょうか?寒さが増す今日この頃。「体しっかり」身体を十分に動かし貯筋しましょう。