実績報告
  • ケアプラス三津 リハビリ便り 「リハビリテーション講話」 三津だより 2016年10月28日

    皆様、こんにちは!

    10月も終わりが近づき、本格的に寒い時期が近づきつつあります。皆様、気温や天候の変化で体調は崩されていませんか?

     

    ケアプラス三津では、10月27日に機能訓練指導員がメインになって、リハビリのレクリエーションを開催いたしました。

    今回は、ヘルス体操と言う体操について説明し、実際にご利用者様と一緒に行い、リハビリレクレーション「風船グラグラゲーム」をご利用者様に提供させて頂きました。

    ヘルス体操は、関節の運動範囲を維持拡大することと、それに伴って筋肉をストレッチすることを主眼において行う体操で、ご利用者様に座って行う体操を一緒に行いました。

     「風船グラグラゲーム」は、二人一組のご利用者様が一方は風船を投げて、もう一方はかごで風船をキャッチするゲームとなっています。

    %e5%86%99%e7%9c%9f1

    かごの中に全ての風船を入れることが出来るでしょうか?

    %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

    いつもと違うレクリエーションなので、ご利用者様同士が話し合いながら、真剣に取り組んでいる姿が見られましたね。

    %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93

    今回「風船グラグラゲーム」では、ご利用者様が風船を投げることで、腕の運動や風船をかごの中に入れることで体幹のバランス向上を目的としており、ご利用者様同士で行うレクリエーションで、チームワークや交流機会が作れる内容となっており、楽しめたのではないかと思います。

     

    今後も、機能訓練指導員による「リハビリテーション講話」のイベントを開催いたしますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。