実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り ご自宅リハビリパックを使用した立ち上がり動作訓練 道後持田だより 2019年09月04日

    ブログをご紹介させて頂くのは、ケアプラス道後持田 作業療法士の高橋です。

    令和最初の夏はいかがでしたか?私は平成と何ら変わりなく過ごしていました。

    今年の夏も熱中症による事故が多く聞かれております。まだまだ暑さが続く予報となっていますのでエアコンや水分摂取を適時実施し、安全に過ごして下さい。

     

    今回ご紹介させて頂くM様は立ち上がり後の強いふらつきがみられた方です。

    ご自宅リハビリパックを使用し、一部ふらつきが改善できたのでご報告させて頂きます。

     

    ブログをご覧の方の中に「おへそを見ながらお辞儀するようにして立ちましょう」と言われた事がある方もいると思います。この動作には、重心を立ち上がり易い位置へ移動させる効果があります。立ち上がりの際に適切に重心を動かさないと必要以上の筋力や反動などの勢いが必要になり、双方ともふらつきを助長させる要因となります。

     

    M様のふらつきには様々な要因がありますが、まずは安全な手順を習得して頂くため、「丈夫な体幹を獲得しようグッズ」を使用し、安静座位~離殿動作までの自主訓練を実施して頂きました。

     

    このグッズは空気を入れる事で円柱になります。

    下写真のように、このグッズを両手で前後方向に転がして頂く事で、各時期におけるお尻の浮き具合を実感して頂きます。

     

    機能訓練と並行し、この訓練を実施して頂く事で立ち上がりの手順にも変化がみられ、以前のような強いふらつきが軽減できました。本人様からも「立ちやすくなった。」とのお言葉を頂きました。

     

    ケアプラスではご自宅リハビリパックを使用した機能訓練・自主訓練の提案をしております。様々なものを利用し、その方にあった効果的な機能訓練を考案しているので気になる方は一度ケアプラスへお越し下さい。ご自宅リハビリパックを使用した症例報告も毎月実施しております。