実績報告

未分類一覧

  • 皆様、こんにちは。

    今年もはや4月を迎えました。

    日中汗ばむこともあり暖かくなってきましたね。各地でコロナ感染の話も上がっており第四波とも思われる状況にあります。

    引き続き、感染予防を徹底し元気に過ごせるよう努めましょう。

     

    さて、今回の看護ブログは服薬に関してのお話です。

    そもそも服薬とは薬を飲むことを言います。なぜ服を使うのか?

    これには「服」という漢字の語源に理由があるそうです。

    薬草などを「衣服」のように体にまとい病気の原因となる邪気を防ぐことを「外服」

    体の中に入れて体内で邪気を防ぐことを「内服」と言い表しています。

    この「内服」が、「服」が使われている薬についての語源であると言われています。

     

     

    服薬をすることで現在の健康状態の維持、もしくは改善につながりますので習慣付けることが必要ですね。

    薬の飲み忘れは、高齢であることや認知症の有無に限らず何気ない習慣で起こることもあります。

    毎日のむ薬がなぜか残る、たまにのむ薬はつい飲み忘れる、

    体調が良くなって飲まなくなった薬がそのまま等…心当たりのある方はいませんか?

     

     

    デイサービスでは昼食の前後、○時指定等の薬に対し、看護師が責任をもって服薬管理し飲み忘れのないようにしています。

     

     

    デイサービスご利用時は管理することができますが、

    一番重要なのはご自宅での生活における服薬管理です。

    飲み忘れのないための工夫をするようにしましょう。

    そのために、まずは薬を正しく保管しましょう。

    薬袋のまま中身の薬が見えない状態での保管、保管場所をついつい変えてしまう、いつの薬か分からないなどの経験のある方がより注意が必要です。

    透明な服ををパッと見て、いつの薬か、効能が分かるか、薬の中身がしっかり見えるか等が分かるようにしてください。

     

    また「服薬管理」とは、一般的に医療・介護などの専門職が薬の量や時間、使う期間が処方どおりになされるようサポートし、

    経過を観察することですが、本来は専門職だけでなく自身も意識する必要があるのです。

    そのため次に必要なことは習慣化とツールです。

    飲み忘れの予防法として1日ごとに飲むタイミングで仕切られたケースを使用します。

    1週間分ほどセットして1日一マスずつのむ方法はわかりやすいです。

     

    次に分かりやすい方法がポケット付きカレンダーです。

    最近の薬は一包化されていることが多くなり取り違えることも少ないです。

    一包化した薬をポケット付きのカレンダーにセットし決まった時間に飲むことで、飲み忘れに気づきやすくなります。

    あくまで習慣化の一例ですが、本人が管理するのか、または介護者が管理するのかでどういったツールを使用するかで、

    薬の飲み忘れが起きないように注意しましょう。

  • 皆さんこんにちは!

    4月となり新しい年度が始まり、なんとなくわくわくとするような気がしてきますね。

    送迎時にも車窓から見える色とりどりのお花に、乗車されている利用者様といっしょに思わずにっこりとしてしまいますね。(もちろん安全運転には十分に気を付けていますのでご安心ください)

     

    さて外のお花も色とりどりではありますが、デイのご利用者様の笑顔も色とりどりです!

    ケアプラス垣生新聞4月号のご紹介をしたいと思います。

     

    まず今年度より【オールタイムリハビリ】をケアプラスグループ全体で取り組むことになりました。

    【デイでの行動全てが日常の動作訓練に繋がるよう、心・頭・体のリハビリプログラムを構成】しています。いつまでも皆様が自分らしい生活を送れるように応援していきたいと思います。

     

    コロナ禍ですっかりレクの定番となってきました、ビンゴゲーム!!

    ある利用者様はご自身が来られる曜日にビンゴゲームがないと「今月は当たらんかったわ」とがっかりされるほどです。(そんな時はご利用曜日の振替や追加などが出来ますのでご安心ください)

    単純なルールではありますが、皆さんご自身のカードとにらめっこしながら呼ばれる数字で一喜一憂されています。

     

    その他日曜日も恒例の手工芸レクを実施しています。

    季節に合わせた作品が次々と完成しています。中にはご自宅でやってみたいと話される方もおられたり、飾ってある作品を見てご自宅で真似して作ってみたりなど。

    難しい工程も職員がしっかりとサポートさせて頂きますので、ご安心下さい。

     

    何か気になるレクリエーションや、リハビリの事などお気軽にご相談下さい。

     

    それでは4月も皆様と笑顔でお会いできるのを楽しみにしています。

  • 皆様こんにちは。

     

    2021年もあっという間に1ヶ月が過ぎましたね。

    体調はお変わりなくお過ごしでしょうか?
    少し気温が上がり、温かく感じる日もありますね。

    日中と朝晩との温度差が大きくなるので体調管理には気を付けましょう。

    さて、先月行われたイベントのご紹介です。

     

    まずは「新年会」です。

    職員がペアで「以心伝心伝言ゲーム」「カルタ取りゲーム」「天国と地獄ゲーム」を行い、どのペアが優勝するか予想して頂きました。

    職員の頑張りにご利用者様は楽しんで頂けました。

     

    続いて「クイズ大会」です。

    「漢字パズル」「難読地名クイズ」「実写版間違い探し」を行いました。

    地元付近の難読地名クイズだったので正解する方が多数おられましたが、読めないものもあり…職員も勉強になりました(笑)

     

    2月もイベントを3つ開催予定です。

    新型コロナウイルスで大変な時期ですが、負けないようにケアプラスでリハビリ・イベント等に取り組んでいきましょう!!

    追加・振替希望承っておりますので、お問合せください。

  • ケアプラス宇和島 介護員だより~クリスマスツリーを煌びやかに・・・~ 宇和島だより 介護員だより 未分類 2020年12月22日

    皆さん、こんにちは。ケアプラス宇和島介護員 坂本です。

    先週は寒気が到来して、宇和島も初雪が降るほど冷え込みましたが、今週は過ごしやすい気温に戻ってきました。といってももう12月下旬に近づいているので、寒いですが、、、

     

    12月下旬と言えば、一大行事がありますよね?そうです!クリスマス!毎年、クリスマスにはイベントを行って、楽しく過ごしていましたが、今年はコロナウィルスの感染症対策としてイベントが出来ません。そこで、皆さんに少しでもクリスマス気分を味わって頂こうと、クリスマスツリーの飾りを作成しました。

    折り紙でクリスマスツリーを作り、そのツリーに皆さんでキラキラの飾りを付けて頂きました。

    皆さんのアイディアが冴えわたり、個性的でかわいらしいクリスマスツリーが完成しました。

     

    今年はなかなか外へ出歩くことが出来ませんが、家の中で家族と一緒にこのような飾りを作るのも今年ならではの楽しみかもしれません。皆さんもぜひ、いろんな飾りを作って、楽しくクリスマスを過ごしましょう。もしかしたら、ホワイトクリスマスになるかも(^-^)

     

    まだまだ冷え込みが激しくなりますので、体調には気を付けて年末を迎えましょう。

  • 皆さん、こんにちは。

     

    9月の下旬から肌寒くなり、だんだんと秋を感じるようになりましたね。

    だんだんと木の葉も色づいていき、10月は鮮やかな紅葉が楽しめそうです。

    さて、9月もケアプラス宇和島では室内でも楽しめる様々なレクレーションを行いました。

    毎月恒例のちぎり絵カレンダーでは「秋と言えば運動会!」と連想される方が多く、「運動会」とテーマに作成しました。

    作成中も「どんな絵になるんやろ~?」と楽しみにされる方が多くいらっしゃいます。

    完成したカレンダーはケアプラス宇和島の壁に飾られていますので、ぜひご覧になって下さい。

     

    「頭すっきり」のレクレーションでは全体で行う「頭すっきり体操」を昼食後に取り組まれています。

    「頭すっきり体操」はしりとりに「3文字」や「4文字」とルールを提示して少し難しくしたり、秋を連想するものを出し合ったりと様々な脳トレを行っています。

     

    また、それ以外にも個人での「ビーズつまみ」や「ブロックパズル」等、手先のリハビリと脳トレが同時に出来るレクレーションにも取り組まれています。

    時折、隣のお席の方と談笑したり、協力しながら、取り組まれています。

     

    10月も様々なレクレーションをご用意しておりますので、お楽しみに!

    これからますます朝夕と日中の寒暖差が激しくなっていくと思いますので、体調には十分に気を付けてお過ごしください。

  • 皆さま、こんにちは。

    毎日、暑い日が続いていますがいかがおすごしでしょうか。

    私が幼かった頃は、毎日のように夕立があり夕方になると涼しく過ごしていた思い出がありますが、

    昨今夕立にすら会うことが無くなりました。

    脱水症、熱中症には十分注意し水分補給を忘れることなく過ごしましょう。

    さて、こう毎日暑いと食欲不振に陥りやすいことがあるかと思います。

    そこで今回の看護ブログは『食の大切さ』をお伝えいたします。

     

     

    私たちは日々、ご利用者様に対し「安全においしく食べてもらうにはどうしたらよいか?」と食事形態を含めいろいろと考えています。

    高齢になると低栄養状態に陥りやすくなります。

    これは生命の維持・生活活動に必要なエネルギーやタンパク質が欠乏した状態です。

     

    加齢に伴い身体機能は様々に変化し、筋肉・感覚機能・精神機能・免疫機能・嚥下機能・栄養状態などが絡み合いながら低下していきます。

    加えて疾患や転倒のリスクが増加するため活動量が低下し、

    その流れのなかで食事摂取量や水分量も減少してさらに筋力低下が進み、やがて寝たきりになってしまうという悪循環を招いてしまうのです。

    この低栄養状態は身体機能の低下だけが原因ではありません。

    独居や高齢世帯では買い物や調理に支障をきたすこともあり、そういった社会的・環境的要因によって低栄養状態に陥ってしまうケースも少なくありません。

    施設と在宅では食の環境が違いますが、しっかり栄養を摂って低栄養状態を予防しましょう。

     

    栄養を摂る手段には、静脈栄養法・経腸栄養法・経口栄養法がありますが、最も生理的(自然)なのが経口栄養法、つまり口から食べることです。

    口から食べることにはたくさんのメリットがあります。

    口を使うことで知覚や感覚機能に刺激を与え、脳の活性化につながります。また、口腔内の自浄作用も働き、免疫力の向上も期待できます。

    同時に、精神的かつ社会的な側面ももち合わせています。口から食べる(味わう)ことで季節を感じたり、懐かしい味を思い出したり……。

    満足感や充実感を得ることでQOL(生活の質)も向上します。

    高齢になったり嚥下障害になると、従来の食事がうまく食べられないこともあり、そのため様々な工夫が必要になってきます。

    利用者さんの食事の様子を多職種で多角的にしっかり見て、どのように食事を摂っていただくのが良いかを考えています。

    また“○○食”と同じ名称であっても、他の病院・施設と自分の施設とでは硬さや大きさがかなり違っていた……という残念なケースも散見されます。

    このときお困りになるのは利用者様です。

    そうならないためにも、個々の食事形態の情報を把握してより快適に食事をしていただけるよう取り組んでいます。

     

    デイサービスで食事を摂ることは供食にもなり、いつもと違った味わいもありますし、それが楽しみにもなります。

    楽しくお食事を摂りたい方、デイサービスを是非ご利用くださいませ。

  • 皆さんこんにちは

     

    そよ風が心地よい季節となりましたね。

    今年のゴールデンウィークは、外出自粛傾向にあるのが残念で仕方ありません。

    不安になるニュースが多い時期ではありますが、そのような空気を吹き飛ばせるように

    ケアプラス大洲をご利用された皆様に楽しんで頂きたいと思っております。

     

     

    さて、ケアプラス大洲では先月も様々なイベントを行って参りました。

     

    9日に行いました『お絵描きイベント』

    お題に対して職員が何も見ずにその場でイラストを描きました。

    それを、ご利用者様にお披露目すると歓声が上がったり、目が点になったりと、職員とご利用者様が一緒に楽しい時間を過ごせました。

     

    27日に行いました『リハビリイベント』

    リハビリスタッフが中心となり、頭と体を動かしたイベントを行いました。

    ゲームを通して体を動かす事により実生活に必要な集中力、対応力、記憶力を活性化されます。

     

    また、自分の体は自分で守る!をコンセプトにご利用者様に手作りマスクを作成して頂きました。マスクが品薄でなかなか手に入りにくい状況でもこれで安心ですね。

     

    コロナウィルスの終息の目途が立たず、先が見えない状況ではありますが

    心うきうきするような明るく楽しい時間をご提供できるよう今月も職員一同頑張って参ります。

     

     

  • こんにちは!桜の開花ももうすぐのようですが、まだまだ寒さを感じるこの頃です。

    今回は桜が満開になれば祖母を連れて遊びに行こうと思っているケアプラス道後持田の理学療法士の神崎がこのブログをお送りしたいと思います。

     

    寒い日はなかなか外出しにくいですが、温かくなれば外出したいものですよね。今回ご紹介するのは、来所時は杖歩行でふらつきながら歩かれ、

    家族様と買い物に行くのもなかなか難しく家で寝たきりだったのが、機能訓練を数か月続けたことにより、「安定した歩きの獲得」と「活動意欲の向上」に繋がった方です。

     

     

    これはケアプラスに取り付けてある吊り下げ式免荷歩行機器です。

     

    この吊り下げ式免荷歩行機器は、ベストを装着し、体を吊り下げてレール内を自由に歩くことのできる訓練器具です。体を吊り下げることにより

    体重を免荷し足の負担を軽減して、筋力の低下した利用者様が安全に歩く訓練ができる訓練器具となっております。

     

    これを2か月続けたことにより杖歩行は安定し、活動意欲の向上にも繋がりました。また、歩く際の姿勢やスピードも改善されておりました。

     

    これにより最近、家族様と買い物にも行かれたようです。

    本人様も「最近体が良くなってきた」と喜ばれておりました。

     

    ケアプラスには、このような他の施設に無い歩行機器を取り揃えております。また、常により良い機能訓練を提供できるように新しい機器を導入しております。

     

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田では、一人ひとりに合った運動を的確に提供しております。家でどんな運動をしたらいいのかな?

    また、一人だとなかなか運動が続かないなと悩んでいる方は、是非、お近くのケアプラスデイサービスセンターまでお問い合わせください。

    随時、利用体験を受け付けております!それでは皆さん良い一日をお過ごしください。

  • ケアプラス大洲 ~相談員便り~ 『お年玉ビンゴ大会』 大洲だより 相談員だより 未分類 2020年01月30日

    皆さん、こんにちは!ケアプラス大洲相談員の美國です。

    暖かい日が続いていたのが、急に寒くなったりして、温度差がありますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

     

     

     

    今回は、「お年玉ビンゴ大会」について書かせていただきます。

     

     

     

    定期的に行っているガンバ祭りを、新年ということもあり、お年玉としてご利用者様にプレゼント!

     

     

     

    1回目は、職員の名前で、2回目は、1月といえば? というタイトルで開催しました。

    1番にビンゴになった方には、なんと!1万ガンバ

    皆さん、真剣な眼差しでビンゴの用紙に記入していました。

     

     

    記入しながら、ビンゴになりますが、あと一つがなかなか揃わずに、苦笑いをされながらも楽しまれていました

     

    利用者様からの評判も良く、中には毎日でもいいからビンゴゲームをしてほしいとの声も

    あがりました。

    次回の、ビンゴゲームを楽しみに待っていて下さいね!

     

     

     

    見学、体験利用などありましたら、いつでもお声かけ下さいね。

  • ケアプラス道後持田 ~相談員便り~ 『もうすぐクリスマス』 道後持田だより 相談員だより 未分類 2019年12月11日

    皆様こんにちは。

    ケアプラス道後持田 相談員の松浦です。

     

    今年も残すところ半月となりました。

    まだクリスマスも終わっていないせいか、まだ年末の大掃除の気分にはなれないなと言い訳をしながら過ごしております。

    皆様はいかがでしょうか。

     

    先日、自宅の玄関に花を飾ろうとお花屋さんに行きいろいろみておりましたら、ポインセチアがたくさん並んでおりました。なぜクリスマス=ポインセチアかご存じでしょうか。

    まずはポインセチアの色。赤や白、緑。

    花や苞の形が星の形に見える事。

    そして花言葉が「聖夜」だそうです。

     

    最近はピンクや白の色違いだけでなくプリンセチアという品種もあり、この時期のお花屋さんはいるだけで楽しくなる私の癒しの場所となっております。

     

    11月末に道後持田もクリスマスツリーの準備を終え、25日までのクリスマス気分を楽しんでおります。

    毎年ご利用者と一緒に飾り付けをしておりますクリスマスツリー。

    やっぱりこれがないとクリスマスの気分が味わえないですね。

    飾り付けをする際には、みなさん全体をみながらバランスよく飾りをつけてくださいました。

     

     

    今回、フロアには緑と赤の輪っかで作った飾りつけでますます賑やかに。

     

     

    作品作りもクリスマス一色です。

    トナカイを作成している途中も「これは鹿?」など大笑い。

     

     

    ケーキ食べたいね、キラキラしたもの飾りたいね、道が混むね…。

    まるで連想ゲームのようにクリスマスのお話で楽しく、作品も完成しました。

     

     

    毎日毎日「今日は寒かったね!」と当たり前のように挨拶をしております。

    朝が得意な私も少し布団から出るのに時間がかかるようになりました。

    体調崩さないようお気をつけください。

     

    ケアプラス道後持田の年内の営業は1228日(土)までとなっております。

    今年も一年本当にありがとうございました。

    来年もケアプラス道後持田相談員ブログをお楽しみにお待ちいただけたらと思います。

    少し早いですが、皆様よい年をお迎えください!