実績報告
  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲での一日~ 大洲だより 介護員だより 2021年04月29日

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の城戸です。

    4月も終わりに差し掛かり、冨士山の山頂付近はツツジが咲き始めた為、綺麗なピンク色に染まっております。今年は残念なことに新型コロナウイルスの影響にて、先週末から冨士山へ車で上がることは禁止となり、せっかく咲いた花も誰にも見られることなく今年は散ってしまう事を考えると、何だか残念でなりません。先日、東京オリンピックの聖火リレーも大洲で行われましたが、実際に観に行かれたというご利用者様からは「もう少し人がおるかなと思ってたけど、そんなに人もいなくて逆にびっくりしたんよ」とお話を聞きました。本来であれば、貴重なイベントのはずなのに制限された中で素直に開催を喜べないと話をされるご利用者様もいらっしゃいます。どうかオリンピックが開催されるまでには現状よりコロナが落ち着いていけばいいなと願うばかりです。

     

    暗い話になってしまいましたが、今月2度目の大洲介護ブログです!まだまだケアプラス大洲の明るい話題と魅力をお伝えしていきたいと思います。

    今回は新年度に突入したということで、改めましてケアプラス大洲での1日のご様子をお伝えしていきたいと思います。

    まず、ご利用者様が揃いましたら朝の挨拶を行います。お一人ずつお名前を呼ばせて頂くのですが、大洲のご利用者様は元気なお返事をして下さる方がたくさんいらっしゃる為、私の方が元気を頂くことが多くあります。挨拶が終わりましたら、お席でラジオ体操と脳体操を行います。まだまだ眠たい(それは私だけ?)体と頭をまず動かすことで、ケアプラスで1日元気に過ごして頂きます。

    その後はお風呂に入ったり、リハに呼ばれた方は運動をされます。それまでの間の時間では塗り絵や脳トレの問題に取り組まれる方や、ご利用者様同士でお喋りを楽しまれるなどして過ごされます。スリングリハをされる方や、どこまでも行くぞと気合を入れてエアロバイクを漕がれる方がいらっしゃいます。

    また、束の間のリラックスタイムで仲良しの方同士、マッサージチェアにてお喋りをしながら気持ちよさそうに過ごされる方もいらっしゃいます。カメラを向けると素敵な笑顔を見せて下さりました。

    昼食を挟み、午後からはフロアでレクリエーションを行います。脳トレ問題には皆様熱心に参加して下さります。

    頭を働かせた後は体を動かします。リハスタッフによるマルチタスクの体操です。この時は、小さく膨らませた風船をできるだけたくさん握っています。力を入れ過ぎて風船を割ってしまうご利用者様もいらっしゃいますが、そのようなハプニングも全員で笑って楽しく取り組んでいます。

    最後にスーパーガンバタイムを行います。今回はうちわの柄に切った牛乳パックを引っ掛けて隣の人に渡してリレーを行い、曲を流す間に幾つ運べるかを競います。皆様勝負ごとになるととても真剣な表情になり、「はよはよ」と頑張られます。

    一日笑顔で楽しく過ごして頂き、ご利用者様から「今日も楽しかった」と言って頂けるのが私たちスタッフの励みにもなります。

     

    なかなか大きなイベントが出来ない状況が続いており、ご迷惑をおかけしてしまうことも多々ありますが、皆様に楽しんで過ごして頂けるよう今年度も職員一同励んで参ります。