実績報告
  • ケアプラス今治 介護員だより~秋の訪れ~ 今治だより 介護員だより 2020年10月11日

    皆様、こんにちは!ケアプラス今治介護職員チームです。

    10月に入り、朝夕は寒い日も増えてまいりました。夜になるとさまざまな秋の虫たちが、心地良い鳴き声を響かせております。日中との気温差の大きい時期ですので、皆様、体調にお気を付けくださいませ。

     

    ケアプラス今治は、おかげさまで、ご利用者様も40名近くになり、日々賑やかに楽しく過ごしております。

    日中、気持ちの良い秋風を感じながら、外の空気を楽しみに、そしてリハビリを兼ねて、午後のお散歩に出られるご利用者様の姿もみられるようになりました。「この前までは、暑くて出れんかったけど 気持ちがええね~」「この木の花、まだ咲いとるよ!」などと、お話にも花がさいておりました。これから、ますますお散歩が楽しい季節になってきますので、季節を感じながらのお散歩も良いですね。

    フロアーでは、洗濯ができたタオルなどを、干してくださっている利用者様も。職員が、物干しなどの用意を始めるとどこからともなく来て、一枚一枚しわを伸ばしては、丁寧に干してくださいます。さすが先輩主婦!! 私も、見習わないといけません・・・「これくらいのこと、いつでもやってあげるけん!」と、いきいきとしたお顔を見ると、やらされるリハビリではなく、一日の生活の中に溶け込み、自然と気が付けばやってしまっているリハビリって、素晴らしいな~と感じた一場面でした。

    そして、最近行われましたスーパーガンバタイムの様子をお伝えしたいと思います。

    一つ目は「スプーンでポトリ。。。要注意!」です。

    皆様にスプーンを持ってもらい、ペットボトルのふた、ピン球、ボールをリレーして運んでいっていただきました。

    それぞれの大きさで点数が決められており、時間内に何を何個、運ぶことができたか、そしてその点数を集計し、得点を競っていくゲームです。ペットボトルのふたは、小さくてバランスもとりやすいので、スムーズにお隣からお隣へと渡すことができていましたが、大きなボールがやって来ると、慎重にゆっくりと、バランスを取りながら受け取り、またお隣の方へと。見ている職員も、集中して力が入ってしまいました!

    二つ目は「揺れて~カップin!」です。このゲームは以前にもしたことのあるゲームの進化版です。以前はコロナ対策前だったのですが、今回はチーム分けや、使用する道具にも配慮し準備させていただきました。この段ボールの中には、二つの円〇があり、4人で力を合わせ、紐を揺らし、ペットボトルのふたを円〇の中にカップin!させていくゲームです。

    週の後半には円〇を半円にして徐々に難易度を上げていき、楽しんでいただきました!ペットボトルのふたが残り3個ほどになり、入らなくなってくると、皆さんの腕にも力が入り、「そっちを上にあげてー」「なかなかはいらんがねぇ~」とさらに気合が入ります。そして、見事 全てをカップin!できた時には、拍手をして喜び笑顔に包まれていました。

    このゲームの途中、職員達は思いました。皆さんが段ボールを揺らしている姿はまるで「亥の子」のようだと!地域によっては今も旧暦の10月 亥の日に、子供たちが歌を歌いながら一軒、一軒家を回り、石をつき、子孫繁栄・無病息災を願い行われています。

    ここにも、秋の訪れを感じました。

     

    スーパーガンバタイムは週替わりで体と頭を使うゲームを皆さん楽しんで行っていただいております。そしてガンバをたくさん稼いでいただけています。

    また、どんなゲームが行われているか、次回のお楽しみです!