実績報告
  • ケアプラス北宇和島 リハビリ便り ~安全な入浴を行うために~ 北宇和島だより 2019年10月12日

    こんにちは、ケアプラス北宇和島、柔道整復師の實成です。

    10月になり暦では秋になりましたが、日中は暑い日が続いていますね。

     

    今回は自宅での入浴動作が安全に行えるように、入浴を想定して跨ぎ動作の訓練をされているU様をご紹介させて頂きます。

     

    U様のご自宅のお風呂は半埋め込み式の深い浴槽になっており、跨いで浴槽に入ることが必要な状態です。そのため、お風呂場を想定し、立った状態での跨ぎ訓練を行うことにしました。

     

     

    ところが、立った状態での訓練では膝の痛みの訴えがあり、中止せざるを得なくなりました。

    そこで、本人様の状態に応じた訓練を考えてみました。膝の痛みに関しては体重がかかる事で痛みがでる様子でしたので、座って跨ぐ訓練を提案させて頂きました。

     

     

    座位での訓練では痛みの訴えはありませんでした。

     

    ご自宅での安全な入浴方法は、立って浴槽の縁を跨ぐのではなく、座って跨ぐ方法が適切だということです。U様は跨ぎの訓練に加え、バランス機能の向上のためにスリング運動、マシントレーニングによる足の筋力向上も頑張っておられます。

     

    これからも利用者様と相談しながら、利用者様の状態に合わせたリハビリを行って参ります。

     

     

    朝と昼との寒暖差があり体調を崩しやすい時期です。手洗い、うがいなどを行い体調管理には十分にお気を付け下さい。

     

    ケアプラスでは随時、体験利用や見学を受け付けております。

    気になることがあればお気軽にご連絡ください。