実績報告
  • ケアプラス北宇和島 リハビリ便り ~折り紙使ってしっかりリハビリ!~ 北宇和島だより 2019年07月20日

    皆さん,こんにちは。ケアプラス北宇和島、柔道整復師の芳村です。

     

    なかなか梅雨のジメジメが取れなくてしんどいですね。湿気が多いのでカビにも気をつけてください!

    最近の研究でもアルツハイマー型認知症の原因の一つにカビも関係しているとのことですので注意していきましょう。

     

    さて、今回は『折り紙』を利用したリハビリについてお話していきます!

    折り紙は指先や指の腹・親指の付け根などを器用に使い分けて細かい作業をするため、良い頭の体操になります。

    角や辺を重ね合わせる注意力や、平面と立体の空間認識能力も鍛えられ脳に良い刺激を与えることができるので認知症にも効果があると言われています。

    しかも折り紙は短時間でひとつの作品を作ることができるので、達成感を得やすいというのもメリットの1つになっています。折り紙はほとんどの人が子供の頃に遊んだことがあると思います。折り方を覚えているものから初めて徐々に難しいものに挑戦していくことで本人のモチベーションの維持にも繋がってくると思います。

     

    そういうことで、今回は片手が動きにくいご利用者様3名にモデルになって頂きました。

     

    こちらのご利用者様は左手の親指が動きにくいのですが、器用に折り紙をされています。

     

     

    最初に見たときは何を作っているのかな?と不思議に思っていましたが、こちらの方はデイではパーツを作成し、ご自宅で完成させているとの事でした。器用ですよね…

    うらやましいです

     

    こちらの利用者様には今回のご自宅リハビリパックのグッズを利用して折り紙にチャレンジして頂きました!顔出しは恥ずかしいとの事でしたので手元だけを撮らせて頂きました!

     

     

    左半身が動きにくい方なのですが、グッズを上手く利用して折り紙を折られていました。

    完成したハト(折り紙)は連絡帳に貼付して持って帰って頂きましたよ!

     

    こちらのご利用者様は右腕が動かしづらいため新聞広告でゴミ箱を作って頂きました。

     

     

    小さなパーツを組み合わせて大きな作品を作っていく努力も細かいことを積み重ねてしっかりとリハビリを続けていけることも本当に凄いなって思います。少しづつ少しづつ成果を積み上げて、大きな結果を得られるように頑張れるってすごい事ですよね!

     

    皆さんも是非この機会に折り紙をはじめてみませんか?

    認知症の予防だけじゃなく、作品が完成した時の喜びもいいものですよ!

     

    これからもご利用者様とコミュニケーションを取りながら一緒に目標を設定して効果的なリハビリを提案していきますので、皆さんも是非リハビリスタッフに相談してみて下さいね!

     

    ケアプラスではこれからもご利用者様のお気持ちに寄り添い、心・頭・体が清々しい状態を提供できるようしっかりサポートさせて頂きますので、いつでもご相談下さいね!

    興味のある方は是非ケアプラス北宇和島までおいで下さい!

    スタッフ一同、楽しみにお待ちしております!