実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り マルチタスクによる余暇活動の充実 道後持田だより 2017年02月25日

    皆様、如何お過ごしでしょうか? ケアプラス道後持田、理学療法士の中野です。

    椿祭りを終えると気温が暖かくなる。」とお聞きしましたが、まだまだ寒い日和が続きますね。インフルエンザも徐々に減少傾向にあるとの事ですが、皆さま引き続き手洗いなどの健康管理に努めて下さいね。

    今回は「運動する機会を増やしたい」と交換された「体しっかり」リハビリグッズを使用し、当デイサービス及び在宅でも意欲的に運動に取り組まれた利用者さまについてご紹介させて頂きたいと思います。

    最初は手を挙げる際「普段何にもしないから肩が痛いのよ。」と、肩の三分の二程挙げたところで顔をしかめる場面が見受けられていました。また、歩く時には「右足が出しにくいから危ないのよ。」と、自身なさそうな発言もみられました。

    そこで、椅子に座った状態で行える『着替えよう♪鍛えよう♪グッズ』を提供しました。

     

    自宅でのリハビリを持続して頂くことにより、手の挙がり方がスムーズになり、力も以前より強くなっています。

     

    姿勢を正す事で体幹筋力の向上にも効果が表れています。

    「前より手も挙がりやすくなったし、足にも力がついたので足が出しやすい」という事を笑顔で言われていました。徐々に効果が現れた事で「もう少し暖かくなったら散歩にも行ってみたい。」と仰って頂いております。今回の運動で関節可動域の拡大や筋力の向上が更なる自信となり、趣味活動など生活の活動範囲拡大にも繋がればと思います。

    ケアプラスでは最新機器とリハビリスタッフの知識を最大限に活かし、皆さまのニーズに対応できるよう努めております。この他にも様々な機能訓練を実施しておりますので一度ケアプラス道後持田へお越し下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。