実績報告
  • ケアプラス三津 介護員便り ~節分~ 三津だより 介護員だより 2017年02月10日

    みなさん、こんにちは。ケアプラス三津・介護員の渡部です。

    椿祭りも終わりました、例年なら椿さんが終わった頃に暖かくなるといいますが、天気予報では雪マークがついている日なんていうのもありますね。もう少しこの寒さが続きそうな気もしますね(-_-;)

    車を走らせていると、愛媛マラソンに向けて走っている人が多い気がしますね。開催も間近です!!ケアプラス三津でもマラソン当日はテレビの前から利用者様と一緒に応援するのを楽しみにしています!!

     

    2月は椿祭りと愛媛マラソンだけではありません!2月3日、9日の2回に渡って節分のイベントを行いました。「節分イベント第1弾」は、節分に関する○×クイズと豆まきです。毎年恒例の豆まきですが、今年は誰が鬼になったのでしょう??

     

    大きい鬼と細い鬼と小さい鬼の三人に皆さん一生懸命に玉を投げます!後から聞くと結構痛かったみたいです(^_^;) 利用者様からは「楽しかった」「えぇ運動になった」と大好評でした!

    では、ここでイベントから出た問題からひとつ。

    「節分にまく豆は本来、生の豆でなければならない」      ○か×か?

    答えは下にあります(^^♪

    「節分イベント第2弾」では、恵方巻に見立てたフランスパンで職員が早食い対決をしました。昨年は実際に恵方巻を1本丸かじりを行い、私、渡部が一番早く食べ終わり見事優勝しました。さて、今年はケアプラス三津の横綱こと、柔道整復師の岡本が加わり混戦が予想されますが、果たして優勝は誰の手に!?

    今年の早食い対決は昨年からいる2人を除きメンバーを一新し計6人で行われました。

    フランスパンは男性スタッフが丸々1本、女性スタッフが半分で早食いスタートです。準備をしたスタッフによると中には何も入れていないはず・・・が、スタッフ全員安心して大胆にかぶりついたところで数名動きが止まりました。なんと中にはクリームではなく大量のワサビが入っていました( ;∀;)

    女性スタッフ有利で始まったこの勝負。ワサビに苦戦しつつも優勝したのは・・・なんとリハビリスタッフの長谷川でした。

     

    では先ほど出した問題の答えですが、答えは「×」です。炒った豆でないとダメみたいです。“豆を炒る”という文字は“魔目を射る”と、厄除けの意味合いも併せてかけているそうですね。

     2回に渡る節分イベント、大盛り上がりのケアプラス三津でしたが、これからも様々なイベントをご用意していますのでお楽しみに!

     

    松山はありがたいことに、あまり雪が降らないですが、まだまだ風が強く寒い日が続きます。防寒対策をしっかりして、体調を崩さないよう身体に気を付けて過ごしてください。

     

    ~今日よりプラスの明日へ~