実績報告
  • ケアプラス垣生 リハビリ便り 目指せ庭仕事 垣生だより 2017年02月08日

    皆様こんにちは。

    ケアプラスデイサービスセンター垣生の学習療法マスター・理学療法士の岡田です。椿祭りも終わり寒さのピークも過ぎようとしていますね。あとは暖かくなるのみ!でも、まだまだ寒い日もありますよね。体調には気をつけましょう。

    今回はケアプラスの心頭体の体を紹介します。体は身体で機能訓練のメインです。今回は転倒から歩行困難となり歩行器を使われているR様をご紹介します。

    まずは約3か月前のビデオをご覧下さい。

    歩行器を押して歩かれていますが、左右へのふらつきがみられています。この時はまだ手放しでの歩行は困難です。

     

    足腰を鍛えて田畑仕事や庭仕事がしたいとの思いから各種機能訓練を積極的に行われています。

    真剣な顔で取り組まれています。

    スリングリハビリで体幹の筋力を鍛えたり、バランスの取り方の訓練も行っています。エアロバイクでは下肢筋力増強や協調運動による歩能力の回復を図っています。ちなみにエアロバイクは最近の研究で下肢筋力や体力だけでなく、歩行能力の向上と歩行時の転倒予防にも効果があると発表されています。

    そして現在の歩行状況です。少し緊張されています。

    歩行器や杖もなく歩けることが出来るようになりました。が、屋外や長距離移動時には体力面や不安感から歩行器を使用しています。ケアプラス垣生内では訓練も兼ねて見守りレベルで歩行して頂いています。

    やりたいことへの第一歩が完成に近づきつつあります。次はしゃがみ動作や座った状態からの立ち上がりと言った作業動作の基礎となる部分を練習して頂こうと考えております。

    勿論、立位や歩行のさらなる安定性の向上も図っていきます。ご利用者のみなさんは少しずつですが日々の訓練に励まれた分夢や希望に近づいて行っていらっしゃいます。

    ブログを読んで頂きありがとうございました。季節も暦の上では春になりました。

    新たな気持ちで新たな出会いや発見があるかもしれません。やりたいこと、やれることも増えるかもしれません。これからも色々な出会いを大切にしていきたいと思います。

    では、ケアプラス垣生でお待ちしております。