実績報告

心うきうきだより一覧

  • 皆さんこんにちは。ケアプラス宇和島 介護員の坂本です。

    2月も中旬になり、春の暖かな気候の日が多くなってきましたね。春が近づくと、スギ・ヒノキ花粉が飛び始め、花粉症の方は少し辛い季節になります。私も花粉症なので、少し辛いですが、色々な花が咲き始め、辺り一帯明るく華やかに色づく春は、心も温かく明るくなるので早く春が来ることが待ち遠しく感じます。

     

    さて、今回のブログでは「節分」の様子をお伝えしたいと思います。今年の節分は124年ぶりの「2月2日」でした。人生初めての1日早い節分だったので、朝お迎え時の車中から節分の話で盛り上がっていました。例年、節分にケアプラス宇和島にも鬼がやってきて、豆まきをしていたのですが、今年はコロナウィルスの感染拡大のため、残念ながら豆まきは中止となりました。その代わりとして、頭すっきり体操を「節分特別バージョン」として節分や鬼に関するクイズをしました。

    また、レクレーションも節分バージョンにし、鬼を使ったピンポン玉ゲームを行いました。ピンポン玉を机に1回バウンドさせて、的に入ったら100ガンバを獲得でします。今回は特別に鬼が付いた的に入ると1000ガンバ獲得!

    皆さん、流石の集中力で鬼の的を狙って、高額のガンバを獲得されていました。

    普段とは特別な節分。豆まきが出来なかったのは少し残念でしたが、クイズやレクレーションで皆さんの笑顔がたくさん拝見することが出来ました。

     

    来月は桃の節句がありますので、また楽しいレクレーションをご用意しています。

    また、その様子は次回お伝えしますので、お楽しみに!

     

  • ケアプラス道後持田 介護員だより~2月といえば~ 道後持田だより 介護員だより 2021年02月10日

    皆様こんにちは、ケアプラス道後持田介護職員の石川です。

     

    2月に入り寒さはありますがお天気のいい日が続き春が近づいてきた感じがしますね。

    今年も椿さんが露店なしではありますが開催決定しました。

    「椿さんが終わると春が来たっていう感じがする」と利用者様がお話ししてくださいました。

    皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    2月といえば節分!

    今年の恵方は南南東でしたね。皆様豆まきはしましたか?

    利用者様にもお伺いすると「孫と豆まきしたの」とお話ししていただきました。

     

    デイでも節分らしいものを見つけましたのでご紹介します。

    折り紙が趣味のS様が「赤鬼、青鬼を作ってみたの」と見せていただきました。

    そして毎月持ち帰りカレンダーを作ることを楽しみにされているT様から

    節分らしいカレンダーを見せていただきました。

    そして2月といえばバレンタインです。

    毎年沢山チョコレートを食べるのが楽しみです!

     

    という事で先日の日曜レクリエーションでは「ハートのモビール」を作りました。

    「今週も日曜日が待ち遠しかった」と楽しみにしていただけておりました。

    早速作品作りです。

    まずはハート型に切った段ボールに毛糸を巻き付けていきます。

    「どうなるか想像ができない、ドキドキする」とお話しされながら巻き付けていきます。

    「真っ赤なハートが可愛いねえ、完成が楽しみ」とワクワクされながら作っていきます。

    仕上げは先程作ったハートに糸を通していきますが、、、

    「入ったと思ったのに入らんかった~」

    「私上手に糸を通せた」と会話を楽しみながら仕上げていきます。

     

    そして完成品です。

    完成した作品をみて「どうなるのか楽しみだったけど毎回可愛く出来るからうれしい」

    「バレンタインらしいね」と喜んでいただけました。

    来週の日曜日も楽しみですね。

     

    2月も中旬を迎え春が近づいてきました。

    先日近所の花屋さんに行くとチューリップが飾ってあり少し春を感じました。

     

    引き続きコロナウイルス対策を行い2月も頑張りましょう!

    それでは次回のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲新年会~ 大洲だより 介護員だより 2021年02月04日

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲介護職員の城戸です。

    2021年、早くも2月に入り「ついこないだ、新年の挨拶をしたばっかなのに、もう2月になったね」とお話されるご利用者様もいらっしゃいます。よく、「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉を耳にしますが、本当にその通りだなと感じております。まだまだ、寒い日もありますので、皆様風邪などひかないように気を付けてお過ごしくださいね。

     

    さて、今回は1月に行ったイベントを紹介します。ケアプラスでは、「心・頭・体」のリハビリを提供しております。イベントもそれに合わせて開催しております。

    今回は、心うきうきということで、介護職員が中心となり考えた「ケアプラス大洲新年会」をご紹介します。毎年1月の恒例イベントとなり、楽しみにされているご利用者様もいらっしゃいます。今年は、「以心伝心伝言ゲーム」「職員カルタ」「天国と地獄ゲーム」を行いました。職員を4チームに分け、ご利用者様に優勝するチームを予想して頂き、応援してもらいました。

    伝言ゲームは、職員1人が出されたお題への答えを10秒で絵を描き、ペアの職員がその絵を見て回答しました。参加職員全員に描いてもらいましたが、絵心があるのか、はたまたペアの職員の推理力があるのか、どのチームもほぼ全問正解でした。中には利用者様も「えー!!」と思う絵もあり、たくさん笑って頂きました。

    続いて、職員カルタは名前の通り、職員の写真にひらがなを書いた札を用意しました。職員も気合が入っており、どのチームも勢いよく札を取り合いました。いつになく真剣に戦う職員の姿にご利用者様も大笑いしながら、一生懸命応援して下さりました。カルタなので読み切る前に、札を取ってしまうので、取った後に写真を紹介しながらもう一度読み上げました。各職員の性格等について書いてあり、ご利用者様には意外に感じた職員もいたようで、終わった後に質問が飛び交いました。

    最後に行ったのは、天国と地獄ゲームです。各チームの代表に箱の中に隠してあるジュースを選んで飲んでもらいました。しかし、おいしいジュースをただ飲むだけでは面白くないと、いたずら好きの介護職員によって、1つはおいしいジュース。もう1つをタバスコ1本分、もしくはレモン汁を用意し2つの中から選びました。普通のジュースを選び、おいしく飲み切った職員もいましたが、タバスコを選んだ職員もおり、険しい顔をしながらも飲み干し、ご利用者様から拍手をして頂きました。

    終わってみると、4チームが接戦となった結果となりました。厳しい競技もありましたがご利用者様からの応援に職員も体を張ることができました。また、「今日は新年最初から楽しませてもらった」、「今日に振替て参加してよかった」との声をご利用者様よりかけて頂きました。

     

    まだまだ、コロナの影響で制限されることも多くありますが、その中でもご利用者様にたのしんで頂けることを職員一同考えていきたいと思いますので、今年も各種イベントを楽しみにしていて下さいね。

  • ケアプラス道後持田新聞 2021年2月号が更新されました!

     

    つい先日新しい年になったかと思えば、もうひと月過ぎてしまいました。

    「1月は行く」、「2月は逃げる」、「3月は去る」との言葉もありますが、新型コロナウイルスもあり世の中が大きく変わっている今、例年よりも時が経つのを早く感じているのかもしれませんね。

    新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言もあり県内の感染者数増加を抑えることができてきていますが、未だに油断できない状況でもあります。引き続きスタッフ一同気を引き締めてまいります。

     

    さて、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出の機会が取りにくい日々が続いておりますが、この度は新聞にてご紹介させていただいたすごろくゲームについて皆様にも楽しんでいただけるよう大きく取り上げさせていただきます。時間のある時にお楽しみいただければ幸いです。

     

     

    すごろくはいかがでしたか!

    すごろくイベントで皆様が楽しまれたコースとは少し変えていますが、楽しんで頂ければ幸いです。今後も楽しめる催しを考えておりますので是非ともご参加ください!

     

    ケアプラス道後持田では、お休みなどの際の振替ご利用、新規体験利用などもスタッフ一同、心よりお待ちしております。

     

  • ケアプラス今治新聞 2021年2月号が更新されました!

    皆様こんにちは!

     

    二月の肌寒い中、まだまだコロナウイルスが猛威を振るっておりますが二月といえば何を思い浮かべるでしょうか?節分やバレンタインデーなどの各イベントも例年どおり、というわけにはいかないと思いますが、不安なく過ごせる日々が戻ってくることを祈りながら、日々安全に過ごしていただけるよう職員一同業務に臨んで参ります。

     

    それではケアプラス今治令和3年2月号のご紹介です。

    今回掲載しております写真は【ケアプラス今治リハビリテーションの様子】です。

    ケアプラス今治にて利用者様が健康維持のために普段どのようにリハビリに取り組んでいるのかという様子をご紹介させていただきます。

    ダイナミックなスリングでの全身運動、エアロバイクでの快活な疾走などとても楽しんでいるご様子ですね。

    リハビリの目的は身体的および精神的な機能の回復を最大限に図り、可能な限り独立して生活しうる能力を取り戻すことです。

    運動を習慣にし、楽しく健康づくりが出来れば良いですね。

     

    さてさて、2月のイベントについてご紹介です。

    2月18日(木)に

    【肩こり・膝の痛みが楽になる講座】が開催となります

    利用者様に健康上でのお悩みを聞くと多いのが肩こりと膝の痛みのツートップです。少しでも改善に向けたお話が出来たらと思います。「年だから」と諦める前にまだ出来ることがあるかもしれませんよ!

     

    今年はケアプラス今治の設立3年目を迎えます。

    これまでと変わらず、利用者様のために何が出来るかを追求し、利用者様の満足に応えられるよう業務に励みたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

     

     

  • 皆さんこんにちは。

    令和3年になり、はや1か月が過ぎました。

    1月は年はじめと共に雪の日が多く、ものすごく寒かった印象です。

    まだまだコロナウィルスの感染が広がり、過ごし難い環境が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

     

     

    さて、先月を振り返ってみると、暗いニュースが多になか、ケアプラス宇和島ではさまざまなレクレーションやリハビリをしてご利用者様の笑顔をたくさん拝見することが出来ました。

    「書初め」をして、新年を迎えて新たな気持ちを書にして頂きました。

    「賀正」や「謹賀新年」等、お正月らしい言葉を書かれる方が多くいる中、「ダイエット」や「健康第一」など今年の新たな目標を書かれる方もいらっしゃいました。

     

    また、正月休みでなかなかご自宅では取り組めていなかった、「脳トレ」も積極的に取り組まれています。

    パズルを隣の利用者様と考えながら取り組まれている方もたくさん見られ、皆さん楽しそうに過ごされていました。

     

    2月もたくさんのレクレーションやリハビリでご利用者様の楽しみをより多く提供していきたいと思います。

    まだまだ寒い日が続き、感染症も流行していますので、体調には気を付けてお過ごしください。

     

  • 皆様、こんにちは!

     

    北宇和島も、寒さが一段と厳しくなってまいりました。

    雪がちらつく日もありますが、暦の上ではもうすぐ立春。

    これからは少しずつ暖かい日も増えてまいります。

    暖かい日はゆっくりと体を動かしてまいりましょう。

     

     

    ケアプラス北宇和島新聞2月号では、

    年が明けての元気な皆様の写真をお届けいたします。

    お正月休みでなまった体を、しっかりと動かして鍛えておられるご利用者様や、

    久々に仲の良いご利用者様に会い、満面の笑顔で年始のご挨拶をされるご利用者様。

    そんな様子をスナップ写真にしてみました。

    そんな笑顔を見て、皆様も元気にお過ごしくださいね。

    写真を見て、お気づきの方も多いかもしれませんが、

    現在コロナ予防ということで、

    ご利用者様に来所時から手指消毒を行っていただき、

    マスク着用で運動やレクリエーションを行っていただいています。

    もちろん職員もマスク着用、手指やホールの消毒を行っております。

    これからもより一層予防に努めてまいりますので、

    安心してご利用いただけたらと思います。

     

    もう少し寒い日が続きますので、体調を崩しやすくなっています。

    暖かくして、ゆっくりお過ごしくださいませ。

  • ケアプラス今治 介護員だより~今年もたくさんの喜びを~ 今治だより 介護員だより 2021年01月31日

    皆様こんにちは、そして明けましておめでとうございます! ケアプラス今治の介護職員大澤です。

    寒さが激しさを増す日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?私はお正月に味わったあの暖かさが忘れられず、コタツに籠もってしまう毎日が続いております。そのせいで体重が+●.▲キロ(自主規制)。さて、今年こそ私は痩せたマッチョの身体を手に入れる事ができるのでしょうか!乞うご期待!(期待しないでください)

    今回のブログでは少し遅く感じるとは思いますが、昨年末に行わせて頂いた「ケアプラス今治忘年会2020」の様子と2021年最初のイベント「新春BINGO大会2021」の様子、1月のカレンダー紹介をさせていただきます。

    さて、はじめは「ケアプラス今治忘年会2020」のご紹介からです。忘年会では恒例の「職員対抗尻相撲ダービー」を行わせていただいており毎年歓声が上がっております。年末のイベントは当日発表のサプライズで行わせて頂いているため、当日のご利用者様からは「去年もやってくれたよね!」「前は当たらんかったんよ〜」と皆様興奮気味でワクワクされておりました。

    ゲームの内容を簡単に説明させていただくと、「自分が優勝すると思う職員を予想してもらい日頃から使って頂いているガンバを賭けていただく」というゲームなのですが、去年の年末よりも職員が倍に増えているためご利用者様方は本気モードで悩まれておりました。(そうですよね〜悩みますよね。自分だったら誰に投票するだろう…自分かな。)なんて、会話をしながら投票をしていただいているわけでありまして、票が集まる職員にも緊張が集まります。私自身もたくさんのご利用者様からたくさんの票を頂きまして直前予想で第3位でございます。(去年2位だったのに、2位だったのに、2位だったのに、)がんばります。

    試合が始まりますと、より拍手が響き渡ります。負けて吹っ飛ぶ職員、誇らしげな表情をする職員、緊張で準備運動をする職員。それ以上にガンバを賭けているご利用者様は緊張の一瞬です。「あんたに全財産賭けとんやけんね!」※ガンバです「負けたら破産するけん勝たないかんよー!」※ガンバです。なんて声も聞こえてきました。

    たくさん見どころはあったわけですが、特に見ごたえのあったベストショットを御覧ください。

    それぞれ良い吹っ飛び方していますね。毎年派手になっております。これも見どころの一つ何でしょうか。

    え?私の結果ですか?     初戦敗退であります‼

    今年も吹っ飛びました。いやぁ皆さん強いですね。実際やって見ると一瞬で決着がついてしまい手加減なんてもちろんできないです。来年こそ、来年こそ絶対勝てるように頑張って精進いたします。(目標2回戦出場ですね)

    そんなこんなで、人気な職員が初戦で負けたり予想以上の成績を残した職員がいたりと今年の尻相撲大会も大盛りあがりでございました。そして、優勝した職員にも大きな拍手と賭けに勝った利用者さまには大量のガンバが…すごいですね。たくさん貯めてたくさん使ってくださいね‼

    (ちなみに、このあとすぐにガンバグッズを大量に交換されておりました。)

    最後に、記念写真をパシャリ!(撮影用にアクリルボードは一時的に撤去しております)マスクをしていながらもいい笑顔です。たくさん笑って楽しんだ最高の1日でございました。2021年も楽しんで行きましょう!

    さて、年を跨ぎまして2021年「丑年」でございます。1月4日には「新春BINGO大会2021」を行わせていただきました。「新春」ということで毎月のBINGO大会よりもグレードアップ!景品やお年玉をたくさんご用意して開催となりました。皆様新年の運勢を占われるように黙々と取り組まれておりましたよ‼

    お年玉を獲得されたご利用者様は「お年玉なんて貰うの何年ぶりかな〜」なんて喜ばれておりました。

    最後に、ケアプラス今治1月のカレンダーと壁面飾りのご紹介をさせていただきたいと思います。まずは、壁面飾りをご覧ください!

    「一富士二鷹三茄子」をテーマに製作させていただきました!力強い鷹が利用者様のこだわりポイントとなっております。富士山や茄子もたくさんのご利用者様が一つ一つ丁寧に仕上げてくださいました。創作チーム頼もしい限りでございました。

    そして、1月のカレンダーです。オレンジのグラデーションがとても美しいものになりました。謹賀新年の文字のもちろんご利用者様が一文字一文字丁寧に切り出していただきお正月らしい金色で装飾させていただきました。背景の松も力強さが伝わってきますね!

    今年はどんなカレンダーが登場するのか楽しみですね‼

     

    少し長くなってしまいましたが、ケアプラス今治の年末年始の様子をお届けさせていただきました。

    明日から2月になりますがまだまだ今年は始まったばかり、今年も楽しい思い出をたくさん作ることができるよう職員一同全力で頑張って参りますので皆様今年もよろしくお願いいたします。

    それでは、次回のブログでまたお会いしましょう‼

  • 遅ればせながら…皆様、謹んで新春のお祝いを申し上げます!

    こんにちは!ケアプラス垣生 介護職員の森野です。

    令和3年が早くも1ヶ月間過ぎようとしておりますが、今年初めてのケアプラス垣生の介護ブログとなりますので、改めてご挨拶いたします。利用者の皆様、ご家族様、関係者の皆様、旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。これからも利用者の皆様が安心してデイでお過ごし出来ますよう、職員一同、気持ちを新たに取り組んで参ります。変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げます。

    さて、年が明けてもコロナ禍の今、お正月もその後もステイホームということで、殆どの時間をご自宅で過ごされている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?かく言う私も、お正月休みは近所の氏神様に初詣に(田舎の神社なので人は数名しか居ませんでした。)行ったのみで、殆どの時間をダラダラと過ごしてしまいました。その後の休みもスーパーに買い物に行くくらい…。

    運動不足は明らか!自宅では畳座りなので、正月休みの終盤にはついに背中に痛みが…(^^;

    重心のとれない座り方の為、背中や腰に負担がかかってしまったのですね。そこで不調軽減ストレッチというのを行ってみました。詳細は長くなるので割愛しますが、少し行っただけで身体が楽になった感じです。やっぱり積極的に身体を動かさないといけませんね。ストレッチのやり方をお知りになりたい方は、リハビリスタッフにお問い合わせ下さいね。それぞれに適した方法を教えて下さる事でしょう!

     

    前置きが長くなりましたが今回のブログでは、昨年末に職員主催で行ったミニイベントの様子を紹介いたします。ビンゴ大会の様子や利用者様方が創作レクで作製された作品等も、もちろん紹介しますね。

    12月24日(木曜日)はクリスマスイブということで『クリスマスイブ ミニイベント』を開催いたしました。テレビを使ったクイズ大会です。テレビから遠くて画面が見づらい方の為には職員が後方で問題を記した紙を見せて回りました。始めは『歌詞穴埋めクイズ』で、有名な歌の歌詞の一部分を当てていただくクイズです。

    昔懐かしい歌は若いスタッフからは「知らないよー!」との声があがるも、利用者様方からは次々と答えが飛び出しておりました。「知ってるんだけど、あれ?ここまで出てるのに、なんだっけ?」と、なかなか答えの出ない歌があったり、問題が出た瞬間にあちこちから一斉に手があがったり、歌詞を思い出す為に「ふんふ~んふん」と頭の中で歌ってみたりと皆様の様々なご様子が見られました。

    次のクイズは『私はだぁれ?』で、ケアプラス垣生の職員の苗字を全く違う漢字に置き換えて、誰の事か当てていただくというものでした。

    『飯吐鵜』『夜魔半』『南鯉馬通』パッと見、誰の名前がわかりませんよね。でもコツさえつかめば大丈夫!コツをつかんで、すぐ手のあがる利用者様もいましたが、「はぁ?」と首を捻る方々にはヒントも沢山、出しました。因みに答えは順番に『伊藤』さん『山中』さん『成松』所長、です。

    「今日のは面白かったよー。」「よく考えているね。よかったよー。」等々の感想お声をいただきました。皆様、楽しまれたようで良かったです。

    12月28日(月曜日)は『くじ引きビンゴ大会!』と銘打ったちょっと変わったビンゴ大会を行いました。

    いわゆる、年末ジャンボガンバくじビンゴ大会です!ビンゴになった方からくじを引いていただき、そのくじに書かれているガンバの額が当選額となります。ですので、早くビンゴになっても引いたくじのガンバ額がたったの200ガンバという方がいたり、終盤にビンゴになった方が高額ガンバのくじが当たったりと波瀾万丈、悲喜交々の展開となりました!

    12月29日(火曜日)は『年忘れ!紅白じゃんけん大会』です!まず、この日にデイに来られている皆様の名前を書いたくじを用意!紅白じゃんけんですので男女別に分けて順番に引いていただきました。そうして、くじ引きで対戦相手を決め、勝った方から景品を獲得!

    早く勝った方からいい景品が獲得出来ます。最後の一人になるまで敗者復活戦が繰り返されました。

    何度も負けて「また負けたー(-_-;)」とテーブルに突っ伏しておられた方もいましたね。(笑)

    恒例の通常のビンゴ大会は12月は4回、1月も4回、開催されました。12月11日は『ユニセフ創立記念日ビンゴ!』

    12月13日は『ビタミンの日ビンゴ!』12月17日は『飛行機の日ビンゴ!』12月21日は『冬至ビンゴ!』新年にはまず、1月11日に『成人の日ビンゴ!』

    1月17日は『おむすびの日ビンゴ!』20日は『大寒ビンゴ!』そして28日には『コピーライターの日ビンゴ!』今回もそれぞれに盛り上がり、皆様に楽しんでいただけました。

    因みにビンゴ大会のタイトルは成松所長による命名です。色々、面白い命名を考案していただいております。

     

    さて、お次は利用者の皆様が作った工作のミニカレンダーを紹介します。1月用は干支の牛さんがいっぱいです。

    2月用は節分とバレンタイン!

    12月製作の貼り絵は、まさしく目出鯛!ですね。

    皆様合作の塗り絵カレンダーの絵柄はお正月。

    日曜日の利用者様メンバーによる合作塗り絵はクリスマスでした。

    日曜日の創作レクリエーションでは、お正月飾りにぴったりな作品が揃いました。ひょうきんな顔の獅子舞!

    玄関に飾るには小さいけれど、部屋のドアならぴったりサイズの御飾り。

    そして年末最後の作品は絵馬!干支の牛さんがいろんなアレンジをされています。

    素敵な作品揃いです。

    そして年明け最初の作品は色紙を切り抜きラミネートしたランチョンマット。花瓶敷きにもなりますね!

    これからも皆様に楽しみながら作っていただける工作を頑張って考案してまいります。

     

    まだまだ寒さが厳しい時節が続きます。皆様、お身体にはくれぐれも御自愛下さい。

    それではまた、次のブログでお会いしましょう。

     

  • ケアプラス三津 介護員だより~門松作り~ 三津だより 介護員だより 2021年01月25日

    皆さん、こんにちは(^^)

    新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します(^^)

    ケアプラス三津 介護員の松岡です!

     

    初雪も降り、冷え込みましたね…。皆さんは体調を崩したりされていませんか?私は大好きな伊達巻きや黒豆、昆布巻きなどをしっかり食べてました^^皆さんはおせちで好きな具材は何ですか?家庭によって入っている物も違うかもしれないですね(^_^)

     

    さて、そんな折に昨年ケアプラス三津ではお正月飾りの定番!門松作りを行いました!門松といってもミニサイズの物ですが・・・(^_^;

    紙コップにオアシスを入れ後は、折り紙で作った竹を入れて完成です。

    最初は「難しそうやな~」「できるかな?」などの声も聞かれましたが、皆さん集中して作業されていました。難しいところはお隣のご利用者様同士で教えあったり、「ここにこれを挿した方がいいんやない?」とアドバイスをしあいながら制作されていました。

    ご利用者様のセンスの光る思い思いの門松ができあがりました!

    皆さん納得の表情に、いい笑顔ですね^^こちらまでうれしくなってしまいます。

     

    ところで門松はなぜ飾られるのかご存じですか?

    門松は家を訪れる年神様のための目印の為の正月飾りの中でも、門や玄関前に飾る門松は、年神様が家へ尋ね入るにあたっての目印だとされているようです。私の祖母からの教えですが、私もその時に初めて知りました(^_^;

    地域によっては、松の枝に水引をかけて飾る門松や、紙に門松の絵を印刷したものを貼るといった飾り方も見られるようです。門松は7日まで飾るのが一般的らしいですよ^^

     

    今年も皆様に楽しんで頂けるように精一杯頑張って楽しいレクリエーションや活動を企画していきたいと思いますのでよろしくお願い致します!

    皆様の1年が幸多き、実り多い一年になりますように(^^)

     

    では、また次回のブログでお会いしましょう^^