実績報告
  • ケアプラス宇和島 リハビリ便り マルチタスクトレーニングによる歩行訓練 宇和島だより リハビリNEWS 2015年08月29日

    こんにちは!   ケアプラス宇和島 柔道整復師の佐々木です!

    最近は朝晩も涼しくなってきており以前より過ごしやすい気候になってきたんではないでしょうか?

    ですが、季節の変わり目ということで風邪をこじらせ易い季節でもあるので皆様体調管理に気を付けて元気に楽しく毎日を過ごしていきましょう!

     

    さて、今回の宇和島ブログはケアプラスグループで力を入れているマルチタスクトレーニングによる歩行訓練風景をご紹介致します。

     

    もう皆様も「マルチタスク」という言葉は何度か耳にされているかもしれませんね。

     

    今回ご紹介させて頂く方は、最近利用され始めたご利用者様で歩くことに集中している間は一部介助にて安全に歩行出来ています。

    ですが、集中力が途切れたり、誰かに話しかけられると、「周りに注意を向ける」・「足を動かす」、という2つの課題を遂行するのが困難となり、歩行に支障をきたしてしまします。

     

    そこで!

    提供させて頂いているのが、現在ケアプラスで実施しているマルチタスクトレーニングです。

     

    今回は歩行中に「夏といえば」などをテーマにした連想ゲームや計算問題をしながら5メートルの線の上を真っすぐ歩くというマルチタスクを実施しています。

    写真1 写真2

    写真1

    計算などで頭を使いながら歩行を行って頂くと、「足が止まる」・「麻痺側がなかなか出ない」・左に左に歩いてしまう」など普段の歩行を行うことが難しくなっていました。

    写真4 写真5

    5メートルの間でも少しずつ左に反れてしまっているのがおわかりでしょうか?

     

    現在は訓練開始から半月程で、効果が表れてきた段階ですが今後も訓練継続して1カ月後、3カ月後と経過観察を行い、マルチタスク効果をお伝えできたらと思っています。

     

    まだまだ日中は暑苦しい日が続きますので、水分補給を忘れずに体調管理に気を付けていきましょう。

    では、次回の宇和島ブログもお楽しみに!