実績報告
  • ケアプラス垣生 リハビリ便り 姿勢評価を用いたリハビリ 垣生だより AIチェックリハビリ 2023年11月20日

    皆さんこんにちは。

    ケアプラス垣生、柔道整復師の越智です。

    暑い日が過ぎ、寒さが増してきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

    引き続き手洗いうがいをしっかり行い、コロナウイルス・インフルエンザ感染予防対策しましょう!!

     

     

    今回は姿勢測定評価を用いた方で姿勢評価の変化が見られた方の紹介をします。

    ご紹介する利用者のO様ですが、8月の段階での姿勢評価の写真では上半身は左、頭は傾きなし、右肩の位置が上にずれています。

    O様は腰痛や左ひざ痛による屈曲制限により正座ができないと訴えがありました。

    その為重心は前方へ移動し、右半身に負担が掛かりやすい姿勢となっています。

    そのため影響として全身的な筋力の低下や関節の動き悪さを認めました。

     

    そこで姿勢評価をもとに肩周囲はマッサージング・ストレッチを行いました。腹筋やハムストリングスが硬いと考えられる為ハムストリングスを中心としたストレッチや腹筋・背筋のトレーニングを行い、鏡の利用し腰を起こした姿勢の意識付けの助言を続けました。そして下半身をより鍛える為エアロバイクも15分、全身のバランス向上を図る為スリングを行いました。さらに四頭筋を鍛える為レッグカールも使用しました。

    体幹やバランスを鍛えることで骨盤の歪みや姿勢改善を行いました。

     

     

    その後再度11月に評価を行いました。

     

    三ヶ月前と比較して、スコア10点向上しております。全身・頭・腰の左右の傾き、O・X 脚の度合いが改善され膝が伸びた状態になっています。重心の位置は正中に近い位置になりました。これらの姿勢改善と全身の筋力・バランス向上に伴い、歩行時の躓きやふらつき軽減、下肢の振り出しがスムーズになりました。ご自宅でもストレッチを続けていたため痛みが軽減したと言われていました。

     

     

    今後も、この姿勢評価を用いて、さらに良いリハビリが提供できるよう利用者様と情報共有を行い、経過を追っていきたいと思います。

    このようにケアプラスでは利用者一人一人の生活課題や姿勢など悩みにあったリハビリテーションが提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります!

    気になるという方は是非見学や体験利用をお待ちしております!