実績報告
  • ケアプラスリハビリNEWS 12月号 ~卓越な歩行分析機能で多角的視点で課題解決!~ リハビリNEWS 2021年12月01日

    ケアプラスで取り組んでいるAI姿勢分析システムにて、今回歩行分析を行いました。これまでの静止画像解析に加え、歩行解析ではAIによる全身の骨格ポイントを自動でプロットしてくれるため姿勢解析だけでは得られなかった問題点にも総合的に評価基準として大きく貢献しています。歩行解析では歩行時の上下左右のバランス変化や歩幅・歩行スピードなどを多角的視点から確認・評価することができ、現状課題と歩行異常をリンク付けすることでき今後取り組むべき方向性について利用者様と共有することができます。また過去のデーターも蓄積することができ、定期的に比較・情報共有することでリハビリ効果を可視化・実感し易いものとなっており、利用者様のモチベーションアップにも貢献できるツールとして活用しております。

     

    寒い季節となりましたが運動不足に陥ってないでしょうか。寒さによる心理的な外出意欲低下や運動機会減少は在宅生活における転倒リスクを高める要因になります。昨年から続くコロナ禍でも高齢者の運動機能低下が懸念されており、これらも同様の理由から生じています。つまり、自宅で起きている大半の転倒要因は活動機会減少に伴い起きているのです。規則的な生活リズム構築と活動機会を得るためにも定期的な外出機会を設け、心身ともに活動的に過ごしていきましょう。ケアプラスではオールタイムリハビリを合言葉に利用時間全てがリハビリ行為であることを全職員が共通認識として利用者様のQOL維持・改善に努めております。一緒に体を動かしていきましょう!