実績報告
  • ケアプラス大洲 介護員だより~季節を感じるイベントを開催~ 大洲だより 介護員だより 2020年11月12日

    皆様こんにちは。ケアプラス大洲、介護職員の城戸です。

    本来ならば11月3日は大洲の地方祭で毎年獅子舞やお神輿で市内が賑やかになるのですが、今年はコロナの影響で祭りも中止となりました。朝のお迎え時にご利用者様から「今年は太鼓の音も聞こえんし、やっぱり寂しいね。」と言われました。普段通りのイベントが来年には開催されることを祈るばかりです。

     

    さて、ケアプラス大洲でも大規模なイベントは自粛しておりますが、ご利用者様に季節を感じて頂けるようなイベントを開催しました。

    10月末にはハロウィンイベントとしまして、紙皿を使ったリース作りと、ジャックオランタンの顔を目をつぶった状態で作って頂き、福笑いを行いました。リース作りでは、マーカーペンや折り紙を使い、自由にデザインして頂きました。利用者様同士が楽しく「それいいね。ここはこうしてみたら?」と相談もしながら作って頂きました。

     

    福笑いでは、目を閉じているので職員や近くに座っているご利用者様が指示を出しながらここと思った場所に顔のパーツを置いていき皆様個性的なジャックオランタンが完成しました。完成したものをそれぞれ見せあい、たくさん笑って頂きました。

     

    ハロウィンの時期は過ぎましたが、ご利用者様のご自宅に送迎に伺うとお部屋に飾って下さっている方もいらっしゃり、私達も季節のイベントを開催して良かったと思えました。

    また、11月に入り文化の日もありました。そこで、自宅ではなかなか行う機会の少ない習字をしてみよう!と計画し開催しました。テーマは「自分の好きなもの」として各自好きなものを書いて頂きました。

    久しぶりに習字をされた方の方が多く「私こんなに字汚かったかなぁ」と言いながらも、皆様好きな食べ物や動物を書かれておりました。ご利用者様から、職員へのリクエストもあり、職員も各自好きなものを書きました。「買い物」と書いたり「昼寝」と書く職員がおり、ご利用者様に笑って頂きました。

    また、ただ書くだけでなくそれぞれが書いたものを発表しあい、楽しんで頂きました。

     

    終わった後には、「昔しよったことを久しぶりにしてみたら楽しいもんやね」と言って頂き好評でした。次回は新年に書初めを行おうと考えております。

     

    今月は他にもご利用者様に楽しんで頂けるようなイベントを計画しております。また、来月以降も楽しいイベントを開催しますので、ぜひ皆様ご参加ください。