実績報告
  • ケアプラス大洲 介護員だより~ケアプラス大洲秋場所~ 大洲だより 介護員だより 2020年09月17日

    皆様、こんにちは。ケアプラス大洲 介護職員の宮内です。

    超大型と言われていた台風10号でしたが、大きな被害も少なく過ぎ去り、ホッと一安心しております。毎日、「暑いですねー」と挨拶代わりのように言っていた一言も、今では「朝・晩が涼しくなりましたね」と変わり、季節が夏から秋へと移ったんだなぁと感じつつある今日です。しかし、まだ全国ではコロナウイルスの感染が流行しており、いち早く落ち着くよう願う事しか出来ませんが、皆様も気を付けて対策していきましょう。

     

    さて、今回の介護ブログでは、先日行われました「ケアプラス大洲秋場所」についての様子をご報告させていただきます。

    ケアプラス大洲では春と秋の年2回職員対抗での相撲大会が行われます。今回は、「腕相撲」「手押し相撲」「新聞じゃんけん相撲」の三つを行いました。

    新しいゲーム「新聞じゃんけん相撲」とは、新聞を広げて自分の陣地を作ります。じゃんけんをして負けたら半分ずつ折って行ってどんどん新聞が小さくなるので、足が自分の陣地から出たら負けという運が試されるゲームです。

    それぞれの相撲で優勝者を決め、当たればガンバが貰えるということもあり、ご利用者様、皆さん「この相撲は○○さんが強そうやね」と話をしながら優勝者を推測されていました。

    相撲が始まると、職員の顔を赤らめながら頑張る姿に、皆さんが「頑張れ」と声援を送ってくださったり、大笑いしたり、拍手をして頂いたりと、とても楽しい時間を過ごしました。

    皆さん盛り上がっており、職員も一緒になって楽しめました。

    相撲大会は、皆さん楽しみにしておられるようなので、また次回も楽しい相撲大会が出来るように頑張りたいと思います。

    少しずつ涼しくなってきたとはいえ、日中はまだまだ暑い日が続いています。

    水分補給などをしっかり行いつつ、楽しい毎日を過ごしていただけるよう支援して参りたいと思います。

     

    また来月も楽しいイベントを考えておりますのでぜひご参加ください。