実績報告
  • ケアプラス今治 介護員だより~残暑の中に秋の訪れを~ 今治だより 介護員だより 2020年09月13日

    皆様こんにちは!ケアプラス今治介護職員の大澤です。

    はじめに、近日のニュースにはなりますが「台風10号」による豪雨など今治で目立った被害はなかったものの全国に見ると家屋の倒壊、記録的な大雨などがありましたね。中でも、長崎県にある「軍艦島」では大正時代の建物や堤防に崩落が見られ世界遺産にも影響が出ているそうです。

    先月、先々月とお話させていただいているケアプラス今治の「アサガオ」も台風10号の影響を避けるために一時的に避難しておりましたが、現在でも毎日綺麗な花を咲かせております。また、最近では種を付けている部分も多く見られており、来年への楽しみが種と共に膨らんでおります。

    もう9月されど9月まだまだ夏が続きます、油断せずに無理なく過ごしていきましょう‼

     

    さて、今回もいつものブログ同様季節のカレンダーのお話からさせていただきたいと思います!ということでお披露目9月のカレンダーです‼

    どうでしょうか?この素晴らしい色合い。少し涼しくなり始めた9月の夜の風景にお月見と言えばの団子、そして輝く黄金色の月、姿は見えぬともススキの間から聞こえてくる虫の声。そんな風景を感じることができるようなカレンダーを目標に作っていただきました。

    続いて、作製風景です。シンプル故、配色や配置が難しく、縁側や満月も完成しいていても最後の最後まで貼ることが出来ませんでした。

    ススキの作製もすべて利用者様に行っていただいております。カレンダー全体の写真で見ていただけるとわかりやすいと思いますが、すごくススキに見えませんか?

    実は、麻紐を全て解いてつまようじに巻き付けただけで簡単にできるんです‼ぜひ皆さんもやってみてくださいね。

    その他にも、9月のカレンダーには利用者様のたくさんの工夫と技術がたくさん詰まっています。ケアプラス今治にお越しの際はぜひ一度ご覧ください。

     

    お次も創作レクリエーションのお話です。9月10月と言えば「紅葉」を頭に思い浮かべられる方も多いはず。皆様は、「こうよう」?「もみじ」?どちらを先に思い浮かべますか?そんな新しい季節の訪れを感じることのできる飾りの作製風景です。

    紅葉型の型に折り紙を貼っていく作業です。簡単なようですごく難しく器用な方は折り紙をあらかじめ切りながら貼り絵を行っています。貼り絵を行う最中にも笑顔や笑い声が聴こえてきます。どの利用者様も楽しみながら行っていただけて職員も楽しませていただいております。

    もちろん、紅葉だけでなくイチョウも作製中です。黄色とオレンジ色のコンビネーションをぜひお楽しみに‼

    最後は、スーパーガンバタイムの様子をお届けさせていただきたいと思います。

    色は赤・青・黄・緑、形は○・△・☆・□・💛 4×5 20種類のカードを使って対戦します。名付けて、「探して、集めて!」

    職員がお題を出しながら「耳で聞き、頭で考え、手で探す」レクリエーションにはもってこいのゲームです。なかなか難しいゲームでもチームで協力しあいながら楽しまれておりました。

    冒頭でもお話させていただいたようにまだまだ夏の暑さは冷めやりません。熱中症や脱水、朝夕の急激な気温の変化に気を付けながら、力を合わせて夏を乗り切りたいですね。

    それでは次回のブログでまたお会いしましょう‼