実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 姿勢もやる気も変わっていく  道後持田だより 2020年09月02日

    こんにちは。暦は既に秋ですが、一向に秋の気配がなく、ただ暑い日が続きますね。熱中症で倒れないように水分補給をしっかりとしていきましょう。

    ケアプラス道後持田の理学療法士の神崎がこのブログをお送りしたいと思います。

     

    今回ご紹介する方は、ご自宅での生活を元気に続けられるように、機能訓練を熱心に取り組まれている方です。この方は、歩行時にふらつくため

    安心してご自宅内の移動ができないので、転倒せずに安心して歩きたいと仰っておりました。

     

    デイサービスではスリングリハビリで安定した歩行に必要な、姿勢の改善及び動的バランス能力の向上を図っております。

     

     

    また、この利用者様は、ご自宅でも自主訓練として散歩を頑張っているとの事でした。散歩されるようになったのも、元気にご自宅での生活を続けたい強い意志からだそうです。

     

    3か月間訓練を続けた結果

      

    この写真は、姿勢解析システムの写真で、5月と8月に撮影した姿勢を比較したものとなっております。5月よりも8月の方が、姿勢の点数が増加しております。

     

    また、月に1回実施している身体測定でも歩行速度の数値は、

    ・5月が5mを歩くのに、7.20秒

    ・8月が5mを歩くのに、5.19秒

    その結果、5月よりも8月の方が良くなっておりました。5mを5秒で歩ければ、横断歩道を安全に渡れることが出来る数値となっております。

    また、歩行能力、動的バランス能力、敏捷性を総合的に判断するテストの数値は、

    ・5月が20.11秒

    ・8月が15.28秒

    と、5秒も改善されました。15秒で移動する事が出来ているため、ご自宅内での転倒リスクは低いことが判断できます。

     

    姿勢が良くなったことで、歩く速度や歩行時の安定性が向上しており、ご自宅内での移動も安定しているようです。また、近所の散歩は、今でも転倒なく毎日行っているようです。

     

    本人様にも、この結果をご報告したところ、「本当に?良かった!」と喜ばれておりました。また、ご自宅での生活は、いつも通りに過ごす事が出来ているようです。

     

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田では、一人ひとりに合った運動を的確に提供しております。家でどんな運動をしたらいいのかな?

    また、一人だとなかなか運動が続かないなと悩んでいる方は、是非、お近くのケアプラスデイサービスセンターまでお問い合わせください。随時、利用体験を受け付けております!

    それでは皆さん良い一日をお過ごしください。