実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 姿勢維持図れてます 道後持田だより 2020年08月28日

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田 作業療法士の平岡です。

     

    この度はT様のリハビリのご様子を紹介させていただきます。

    この度ご紹介させていただくT様、歩行時にシルバーカーを用いられておりますが、次第に下肢の衰えを感じられるとの訴えがございました。

    そのため、機能訓練においては下肢筋力の強化に加え、立位姿勢でのバランス機能の向上を目指す訓練を行うなど、身体機能の強化に取り組みました。

     

     

    当初、姿勢解析ツールを用い測定したところ、立位姿勢の維持はできていますが下肢が少々不安定な様子が見られておりました。

    この時、5メートルの距離を通常の速度と最大の速度で歩いていただくと8.36秒と7.56秒という結果となりました。

     

    これに対して、マシンを用いた下肢筋力の強化、

     

    およびバランス能力の強化に取り組んでいただきました。

     

    これら訓練の結果、立位姿勢が同じように維持できているほか、通常の速度と最大の速度で歩いた場合の時間が7.66秒と7.0秒という結果となり改善傾向が見られるようになってきました。

     

     

    ご利用者様からも最近足に力が入るようになってきたとの言葉のほか、周囲からも下肢がしっかりしてきている様子が見られるなど、

    訓練を通じて身体機能の向上が見られるようになってきました。

     

    今年は猛暑続きにより身体を動かす意欲が低減気味となっている方々が多いかと思いますが、身体を動かさないことで身体機能は段々と低下してまいります。

    ケアプラスに通っていただくことで、ご自宅とは環境が変わり運動への取り組みを増やすことができます。まだまだ、暑い日々は続いてまいりますが、

    スタッフと共に訓練に取り組んでいただき今年の夏を乗り越えて頂ければと思います。