実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り マルチタスクによる余暇活動の充実 道後持田だより 2018年07月11日

    ケアプラス道後持田、理学療法士の中野です。

    暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?水分をしっかりと摂り、適度に運動もして体調を崩さないように気をつけましょう。

     

    今回は、「運動して足腰が弱らないようにしたい。」と意欲的に歩行訓練やエアロバイクなどに取り組まれた方にマルチタスクトレーニングを取り入れた機能訓練を行った結果、有意義な変化が観察されましたのでご紹介させて頂きます。

     

    以前、平地では比較的スムーズに歩けていましたが、段差の多い所や長い所を歩く時には前傾姿勢で、時折ふらつきそうになるとの事…年齢により筋力の低下を実感する事が多かったそうです。

     

    平行棒内で質疑応答を行いながら歩行訓練(マルチタスクトレーニング)を提供しました。

     

     

    前頭前野や身体機能への効果はもちろんの事、スタッフの問いかけに視線が上がり、背筋が伸びました。慣れてくると余裕も出てきて、冗談を交え笑顔でされております。

     

     

    エアロバイクではタブレットを使用し、クイズや計算問題を解きながら実施されました。

     

    今回の歩行改善が更なる自信となり、買い物や畑作業に出かけるなど生活の活動範囲拡大に繋がればと思います。

     

    ケアプラスでは最新機器とリハビリスタッフの知識を最大限に活かし、皆さまのニーズに対応できるよう努めております。この他にも様々な機能訓練を実施しておりますので一度ケアプラス道後持田へお越し下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。