実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 散歩や趣味活動の再開 道後持田だより 2017年10月04日

    今回、ブログを担当するのはケアプラス道後持田、理学療法士の神﨑です。

    秋になってから日中の寒暖差が激しくなってきましたね。寒暖差によって風を引きやすくなるので、体調管理には気を付けて下さいね。

     今回ご紹介する利用者様は身体機能の向上により歩行動作が安定し、運動する機会が増えた方です。

    ご利用当初は歩行動作にふらつきが観察されましたが、H2〇年〇月の段階で機能的移動能力が11.87秒と安定した複合動作の基準は満たすことが出来ておりました。

    より安定した複合動作を遂行出来るようにバランス能力の向上目的で下肢体幹筋力訓練、歩行動作訓練を実施しました。また、散歩する際周囲への注意が必要となるのでマルチタスクトレーニングにより注意力向上及び複合動作能力の向上を図りました。

     

    それにより機能的移動能力がH2.〇月には10.84秒と、最初の測定よりも1秒ほど短縮しており、また複合動作の安定性が向上しておりました。

    歩行能力はというと、通常歩行はH2〇年10月には6.1秒に対し、H2〇年8月には5.04秒、最大歩行はH2〇年10月は5.12秒に対し、H2〇年8月には4.62秒と向上し、安全に外出する基準を満たすことができました。

    また複合動作の安定性向上によりご自宅の庭周囲を散歩されたり、趣味であるゴルフのスイング練習をされたりと活動的になったようです。今後も安定した複合動作の維持向上を目的に機能訓練を実施し、趣味活動及びご自宅での安全な運動が続けられるよう支援させて頂きたいと思います。

    趣味をもう一度出来るようにしたい、また、新たな趣味活動を見つけたいと思っている方は、一度ケアプラス道後持田を体験してみてはいかがでしょうか?スタッフ一同、お待ちしております。