実績報告
  • ケアプラス大洲 看護ブログ~「冬のトラブル第3弾」 身体の芯からポッカポカ~ 大洲だより 看護師だより 2017年02月02日

    皆さまこんにちは、ケアプラス大洲看護師の石川です。

    お正月気分も抜け、一年間で一番に寒さが身にしみる時期となりましたが、皆さん体調の方は、お変わりないでしょうか。

    私達は、知らず知らずのうちに、「身体を冷やすもの」をたくさん食べてしまってる事がよくあります。

    そこで、「身体を温めるもの」を積極的に食べる事で冷え性を改善することが出来ます。

    それともう一つ、身体を温める食事に心掛けても、血液がドロドロだと熱を手足まで運ぶ事ができません。

    血液をサラサラにすることが大切です。

     

    それでは、おすすめしたい食べ物を紹介いたしましょう。

     

    まず野菜では、人参・ごぼう・南京・玉ねぎなど・・・

    あ~、南京は、冬至に食べるものでもありますね。

    鶏肉・鯛・鰤・小豆・わかめ・チーズなどなど。

    飲み物では、烏龍茶・紅茶・などです。

     

    「身体を冷やしてしまう食べ物」は、なす・ピーマン・きゅうり・豆腐など・・・。

    水分を多く含む食品のようです。

    それと、お菓子・アイスクリーム・チョコレート・菓子パン・コーヒーなど・・・。

    (私は甘いものが大好きですが・・・(笑))

     

    身体を温めるもの・冷やすものを紹介してきましたが、一番大切なことは、バランスよく食べる事です。

    もうひとつは、何を食べるかは、とても大切なことですが、何より重要なのが、食事を楽しむことです。

    見て下さい、この笑顔・・・

    皆様で召し上がられるお食事になると美味しさが増すのではないでしょうか?

     

    ケアプラス大洲は、バランスのとれた食事を提供しています。

    是非、いつでもお気軽に見学にいらしてください。

    では、

    冬のトラブル対策、まだまだ続きます。

     

    今後ともよろしくお願いいたします。