実績報告
  • ケアプラス道後持田新聞14年1月号が更新されました 道後持田だより 2014年01月04日

    ケアプラス道後持田新聞14年1月号が更新されました!

    CPDM新聞1401

    言語聴覚士より口腔ケア第1弾です。

    高齢になるにつれ、咀嚼・嚥下状態の低下にともない誤嚥性肺炎を引き起こしてしまう場合が増えております。そんな中、口腔ケアをしっかりと行う事により誤嚥性肺炎のリスクを軽減する事ができると言われております。後期高齢者社会を迎えるにつれ口腔ケアが重要視されております。新年を迎えるにあたって、今行っている口腔ケアを見直し、口腔機能の維持に努めて行きましょう。

    日本人の死因は、悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患となっています。平成23年に肺炎が4位から3位に変更となりました。高齢になるにつれ、肺炎で亡くなる方が増加傾向が見られます。

    日々の生活にてお困りの事がありましたらご相談ください。