実績報告
  • ケアプラス北宇和島 ~看護便り~ 『元気に夏を乗り切りましょう!』 北宇和島だより 看護師だより 2023年06月21日

    皆さんこんにちは。ケアプラス北宇和島、看護師です。

    今年は梅雨入りも早く、ジメジメした気候が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    今月も皆様に元気に過ごして頂けるよう、これから気を付けて頂きたい事をまとめました。ご参考にして頂けたらと幸いです。

     

    熱中症予防:

    熱中症は体温調節がうまくいき、体内の水分や塩分が失われることがあります。 外出時は水分補給をこまめに行い、水やスポーツドリンクを摂取しましょう。

     

     

    高温の環境での運動や重労働は避け、涼しい場所で適度な休憩をとりましょう。

    熱中症の初期症状として、めまい、吐き気、倦怠感などが現れる場合は、すぐに涼しい場所に移動し、休息を取りましょう。

     

    花粉症対策:

    花粉症の症状を軽減するために、外出時にはマスクを着用し、普段の目や口を眺めるようにします。

    車を運転する場合は、車内に花粉用のフィルターを整えるなどの対策を行いましょう。

    花粉の飛散が多い日は、室内で過ごすか窓を閉め、エアコンを使用して室内の空気を清潔に眺めます。

     

    食中毒予防:

    高温多湿の季節は、細菌やウイルスの増殖が促進されるため、食品の衛生管理が重要です。

    食材を買う際には、新鮮で信頼性の高い店舗や市場を選びましょう。

    調理前には手洗いを徹底し、食材の洗浄や加熱処理を行います。

    食品の保存は、正しい温度や保管方法に気をつけ、賞味期限を守りましょう。

     

    日焼け対策:

    日中の紫外線対策は、日焼け止めの使用が重要です。顔や体の露出した部分に、SPFが正しい日焼け止めを塗りましょう。

    帽子やサングラスを着用して、頭皮や紫外線から守ります。

     

     

    長時間の屋外活動が必要な場合は、涼しい場所や日陰に頻繁に移動し、熱中にも注意しましょう。

     

    これらの詳細なポイントに留意することで、6ヶ月の健康リスクを軽減できます。

    なお、個人の健康状態や特定のアレルギーや疾患に応じて、医師や家の専門的なアドバイスを仰ぐこともおすすめです。

     

    今年の夏も厳しい暑さが予想されます。体力を維持し元気に夏を乗り切りましょう!