実績報告
  • ケアプラス道後持田 リハビリ便り 妻の介助負担を減らすために! 道後持田だより AIチェックリハビリ 2023年04月23日

    皆様、こんにちは。

    ケアプラスデイサービスセンター道後持田 機能訓練指導員の和田です。

     

    色とりどりの花が咲き競う、美しい季節を迎えました。春の陽気が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時折雨に見舞われるなど天気の移り変わりの激しい季節ではございますが、春の日差しを感じ穏やかに過ごしていただければと思います。

     

     

    今回は機能訓練により変化のみられたF様についてご紹介させて頂きます。

     

    F様は奥様と2人で暮らされており、ADLの向上を目的にケアプラスをご利用されております。

     

    左半身に動かしにくさがあり、利用開始当初は座位保持が難しく、立位動作時に左膝折れがありました。機能訓練では、立ち上がり動作や移乗動作、歩行動作に介入しました。

     

    【リハビリ実施前】

     

     

    課題となるADLから下肢だけでなく体幹の支持性や耐久力も必要であると分析し訓練を行いました。また、ADL訓練では左側にしっかりと体重がかかることを意識しながら行っていただきました。

     

     

    【リハビリ実施後】

     

    立位時の左膝折れや移乗時の介助負担の軽減が図れることで、トイレ動作時等の移乗がスムーズに行えるようになりました。

     

    さらに最近では、平行棒内での段差昇降も可能となるほか、玄関内の段差昇降もできるようになりたいと仰られるなど意欲的に機能訓練に取り組んでおられます。

     

     

    また、杖を用いた歩行も安定してきており歩行距離も伸ばす事が出来ました。(当初6m)→(現在54m)

     

    このような改善が見られたF様、「最近妻が優しくなった気がする」との喜びの声もあるなど、ご家族様にも成果を感じていただくことができました。今後も継続して機能訓練に取り組んでいただくことでより改善を実感していただくことができると考えております。

     

    ケアプラスでは見学会や体験会も行っておりますのでお気軽にご相談ください。