実績報告
  • ケアプラス北宇和島 リハビリ便り ズボンよ上がれ! 北宇和島だより 2022年08月05日

    まだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

    ケアプラス北宇和島、理学療法士の宮岡です。

     

    今回は、トイレでズボンがスムーズに上げられないで困っているY様のために「道具」を作ってみたので紹介したいと思います。

     

    その道具は「自助具」と呼ばれるものです。

    「自助具」とは日常の生活動作をより便利に、より容易にできるように工夫された『自らを助ける道具』です。

     

    Y様は両肩の痛みのため十分に腕が上がらず、ズボンをスムーズに上げることができません。

     

    そこで、

    試作品その1

    この「自助具」の使い方のイメージは

    ズボンの後ろを引っ張って

    ハンドルを下に押し下げズボンを上げる。

     

    でしたが、素材が柔らかすぎて失敗‼ 自助具自体が曲がってしまいました。

     

    試作品その2

    ならばと塩ビパイプで作ってみましたが…

    今度は硬すぎて、ただただズボンが伸びるだけ。これも失敗。

     

    試作品その3

    虫取り網を分解して輪っかを利用。

    イメージはズボンを開いたまま上げる感じです。

    今度は何とか上げられました!!

     

    しかしながら

    Y様にとっては、まだまだ課題の残る自助具です。

    Y様が少しでも使いやすいものになるよう、これからも考えていきたいと思っています。

    皆様が笑顔になりますように。これからもケアプラスを宜しくお願いします。