実績報告
  • ケアプラスリハビリNEWS 2月号 ~やればできる! できるためのリハビリテーション~ リハビリNEWS 2021年02月01日

     

    コロナ禍のもと、ケアプラスの各事業所からはご利用者の元気な様子が報告されております。弊社のできるためのリハビリではご利用者のニーズや身体の状況を評価し、機能訓練指導員による視点も入れながら優先的課題を見極めリハビリを行っております。また課題を早期に克服するため、ご自宅でも行えるオリジナルの「ご自宅リハビリパック」を提供しており、在宅でも課題に向けたリハビリが行える環境を整え効果の声を多数頂戴しております。

    愛媛県下7事業所では日々専門的な知識・技術を備えた療法士(理学・作業)・言語聴覚士・柔道整師による、定期的なADL評価や姿勢評価を行い、ご利用者へのフィードバックと共に、体のメンテナンス・生活動作獲得に向けた運動指導を行っております。また重度な障害を患っているご利用者にも個別にて対応し、残存機能の回復と安全な環境を第一にQOL向上へ向けたリハビリを行っております。ホームページの実績報告で毎日更新しております。

     

    高齢者の姿勢の特徴として頭部が前方に変位し、それを補うかのように骨盤が後継、猫背体系となっている方々が多い傾向にあります。これは重力を受けながら生活している人類において無意識にバランスを取っており、何十年にわたる生活習慣の中で構築されてきます。ケアプラスでは姿勢分析システムで評価し、利用者様に客観的視点にて自身を見直す機会をつくり、主訴がどのような原因で起きているのかお伝えさせて頂いております。また日々、取り組んで頂いているリハビリ効果の検証方法として定期的に全利用者様を対象に実施しております。問題解決のツールとして利用者様のモチベーションアップに繋がることを願っております。