実績報告
  • ケアプラス今治 看護師便り~日光浴の効果~ 今治だより 看護師だより 2020年04月12日

    皆様こんにちは、ケアプラス今治の看護師です。

    ケアプラス今治も2019419日のオープンから、まもなく1周年を迎えようとしています。利用者定員も40名となり、日々賑やかに楽しく過ごしております。最近暖かくなりお天気の良い日はケアプラス今治でもデイサービスセンターの前でスタッフと一緒にお散歩をする方も多くいらっしゃいます。今回は日光浴の効果についてのお話をさせて頂きます。

    日光浴の効果

    日光浴の効果は知らない人が多く、室内で一日を過ごしてしまうことが多い現代人にとっては、意外な健康法になります。たまに屋外で過ごすと日光浴のメリットよりも、紫外線による肌のダメージを気にする人のほうが多いかもしれません。 しかし日光浴の正しいやり方をマスターすれば、あらゆる効果が実感できる可能性があります。

    日光不足になると体はどうなるか?

    室内で過ごす時間が多くなり、日光不足になると健康を整えるビタミンDの生成が劣ってしまいます。紫外線はビタミンDを作り出す作用が期待でき、食べ物から摂取するだけでなく、日光を皮膚に吸収して生成できる可能性があります。
    ビタミンDは加齢により生成が減少していきますので、年齢と共にビタミンD不足になるリスクが高くなります。結果的に日光浴が不足するとビタミンDが減るため、カルシウムの吸収が低下、免疫力が低下するといったデメリットにつながる可能性も。

    日光浴のメリットについて

    血液の流れがよくなるとリンパの流れも活発になり、デトックスにもメリットが期待できます。日光浴は、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を高めるので、ストレス解消や不眠解消などにもつながります。朝目覚めた時に、カーテンを開けて日光をたっぷりと室内に取り込むと、体内時計が整い睡眠サイクルが安定するかもしれません。

    日光浴の正しいやり方をマスターしよう

    日光浴をしたいけれど、紫外線を浴びたくないと思う人も多いでしょう。日光浴で効率的に効果を実感するためには、午前中の早い時間がオススメです。午後は紫外線の量が増えますし、午前のほうがセロトニンを増やし、体内時計を整える作用も期待できます。日光浴の頻度は週に三回、一日15分を目安にして続けてください。

    手のひらの日光浴も試してみよう

    全身日光浴をする時間や場所がなくてできない人、また日焼けしたくない人にオススメなのが「手のひら日光浴」です。日光は骨を丈夫にし、美容や健康にもメリットが期待できるのですが、やはり気になるのは日焼けです。手のひらは体の他の部位と比べると、メラニン色素が少ないので日焼けするリスクが低いのがメリットといえるでしょう。

    ケアプラス今治では、スタッフと一緒に安全にお散歩を楽しむことができます。お試しで一日の体験利用も出来ますので、是非とも皆様のお越しをお待ちしております。

    では次回のブログもお楽しみにしてください!どうぞ宜しくお願い致します。